jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レジデンス施設

早朝のバスで、智美嬢がチェックアウト。

それを見送り、少し仮眠して、

こちらの部屋のチェックアウトも10時。

8時に起きて、ベッドのシーツをはがし、部屋の大掃除。

この宿は、ジュネーブ市がレジデンスの施設として運営していて、

アーティストは安く泊まれるらしい。

こういう施設があることで、外部からのアーティストを

地域に呼び込むことができる。


東京でも、最近、セゾン文化財団が、スタジオを増築して、レジデンスルームを追加した。

開設前の海外視察では、おすすめの見学施設の情報等を私も提供した。

海外の施設を参考にしたこともあってか、小規模ながら、なかなか良い施設になっている。

アーティストのレジデンス施設はぜひ、日本でも広まって欲しい、

現物支給型のアート支援であると言える。







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 04:08:53|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後はお若い者同士で

28日まで、レジデンスの宿があると聞いていたので

1日の朝のフライトにしたのだが、

よくよく聞いてみると

28日にチェックアウトなんだそうだ。

28日の宿を確保しなければ。

そういうゆるいオーガナイズもまた、ラテンな風土。


スイスは、ドイツ語圏、フランス語圏、イタリア語圏、、、

隣接する国境に近い国の文化や言語の影響を受けている山間の国である。


そのスイスのプロジェクト、スイス人は発起人ともいえる音楽家のPOLだし、

照明もスイス人なのだが、ダンサーは、アフリカンフレンチのルイ-クレモンと日本人のJOU、

映像はフランス人。

フランス人というのは、誤解を恐れずに言えば、洗練されたラテン系。

ラテン系というのは、これまた誤解を恐れずに言えば、

てげてげを基調とする南国気質。

ちなみに「てげてげ」とは、鹿児島弁で「手キトー」ということなんだそうだ。



その洗練されたラテン系と、さらに南国度の高いアフリカ系の血筋を持つ

てげてげ大王のルイ-クレモン26才と、鹿児島と東京のハーフ娘、智美嬢26才、

若者2人と一緒に、深夜のパーティーイベントへ出かけた。


酒と煙草とダンス音楽。

オハイオ大学時代には、毎週通って、

真面目に夜のダンス稽古をしたものだが、

それもまあ、遠い過去。



久しぶりに空気の悪い人ごみに紛れ、

人込みをかき分けて、バーカウンターからビールを運ぶ

人間など、諸々観察を楽しみ、

「後はお若い者同士で」

とばかりに先に帰宅。


明日のチェックアウトに備えて、

再び荷造りに励む。
















My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/27(水) 04:08:34|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリエーション in ジュネーブ第一期まもなく終了

日本を発ったのが2月15日。

ジュネーブでの週末引きこもり数日後、19日よりリハーサル開始。

こういう時間のロスは、予め、予定を教えてくれていたら

生まれないハズなのであるが、

何しろ、間際の人、ルイ-クレモンが窓口な故、

これはもう、そういうものだと飲み込むしかない。


ケセラセラな割には、「やらなきゃいけないことが沢山ある」

と、いきなりプレッシャーを感じて焦ったりするのがご愛嬌である。


彼の突っ込みどころ満載な愛されキャラのお蔭で、

鹿児島にもルイ-クレモンファンが生まれたと言って良い。

アートと社会の関係を育てる上で、

まず何よりも「人と人」のつながりを作りたい、

と日々試行錯誤する我々にとっては、

ストイックな人材より、このゆるキャラ、

本当に有り難い人材であった。


ジュネーブでは「あのルイ-クレモンと、どうやって一緒に仕事してるのか?大丈夫なのか?」

と、彼を知る人々にまず聞かれるほど、

彼のゆるキャラぶりと多動ぶりは、

海を越えて、こちらでも有名らしい。


こうして難なくやっていられるのも、年の功というべきか?



居候中の智美ちゃんのお蔭もあり、

なかなか楽しい滞在第一期が間もなく終わる。







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/26(火) 04:08:14|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒人ヒーローのタランティノのカウボーイ的映画

ジュネーブ クリエイション1週目。

すっかり映画リサーチに浸った週末が過ぎ、

どことなく紋切り型メンタリティのアメリカ映画は食傷気味。

ヨーロッパ的なコメディで、気分転換を図る。

「これ、面白い」

とルイ-クレモンが貸してくれたタランティ-ノ最後の作品は、

黒人奴隷時代に、1人「自由の男」となった闘う男ジャンゴが主人公。


白人が主役で当たり前のカウボーイ的な映画の構造のど真ん中に

黒人のヒーローを置き、容赦なく闘い、勝ち続ける姿を

撮った映画である。

ウィキペディアによる映画「Django」2012年←

派手な流血の様子は、刺激が苦手な自分には

どうも落ち着かないが、


その設定が実に興味深い。


この映画をまた、アフリカンフレンチのルイ-クレモンが推薦している、

という事象もまた、実に興味深い。


世の中、何かが動き始めているということか?









My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/25(月) 04:07:40|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つながりの連鎖がゲームにつながった。

ゲームを最初のイメージとした国際コラボ作品のクリエーションに参加している自分であるが

ゲームはあまりやったことがない。

その割に「浅草ダンスビデオ」というゲーム的なダンスビデオを作って

IDILL2011にノミネートされたりしているのだが。

そもそも、浅草ダンスビデオは、オリジナルバージョン

「JOUDANS」2002年の作品のリメイク版である。

オリジナルバージョンもまた、映像作家氏家君とのコラボレーション映像作品であった。

ダンスに馴染みのない層にも楽しんでもらえるダンス映像を作ろう!

というコンセプトから考えた作品であった。


リメイク版は、台東区の助成を受けたことで

「町を発見する」という要素が加わった。

映像作家の氏家君は、新しい仕事が忙しくなり、

氏家君の了解を得て、新しいコラボレーション相手として、

映像監督の原さんと創作作業した。

原さんを紹介してくれたのは、映画のプロデューサーの齊藤さん、

齊藤さんに出会えたのは、元カンバセーションの前田さんのお蔭。

前田さんとの出会いは、セッションハウスのトークイベント。


などなど、時を経て、いろいろにつながって、助けられている。


そもそも、この企画につながったのも、

2009年の青山トリエンナーレの事務局の仕事を

アテンドスタッフとして手伝った縁で知り合った

ジュネーブの振付家ジルジョバンを、

ヨーロッパツアーのついでに

訊ねていった際のさらにつながりのつながり

だったりする。




また、人のつながりだけでなく、

浅草の各地をロケハンし、撮影交渉した経験は、

今の鹿児島での地域おこし活動にも役に立っている。

人間、何が何処でどうつながるか、本当にわからないものである。


そして、つながっていく中に、決して置き忘れてはならないものがある。

絆、感謝。


ここに至ることができたのも、

良きコラボレーション相手と出会い、良い創作作業ができたからこそなのだ。


その出会いと機会を作ってくれた全ての人々に、感謝している。

その1つ1つを忘れちゃならんと思っている。







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/24(日) 04:06:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ゴジラ」オリジナルバージョン

GAZZILA

日本の名画「ゴジラ」のオリジナル版を見ました。

なかなか味わい深い作品。


当時、原子爆弾実験の影響で事故にあった日本の漁船のニュースがあり、

そこからヒントを得て、作られた映画だったそうです。

ゴジラは、原爆の被害者でもあったという設定は、

回を重ねる中で変容し、いつの間にか消えてしまうわけですが、

なかなか感慨深いものでした。


ウィキペディアによるゴジラ1954年←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2013/02/23(土) 04:00:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジュネーブ寒い

なかなか春が来ないヨーロッパ。

しかも、青空を見ることは少ない。

しかし、今回の滞在、意外に良いお天気には恵まれている。

太陽の日照時間が少ない欧州では、「太陽の光」は、それだけで楽しみであり、

贈り物。

「陽に当たろう」と外に出る。


そして、やはり、寒い。

この辺の体力の差は、欧米人、アフリカ人の持つ強靭さには太刀打ちできない、

とハナから無理をしない。


アジア人には違う意味での強靭さはあるが、もっと精神的なものかもしれない。


それは、西洋化の時代とともに、失われつつあるものでもあるけれど。。。








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2013/02/22(金) 06:40:26|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

creation in Usine theatre in geneva

1月27日に鹿児島県肝付町川上中学校体育館でショーイングをした
JOUとルイ-クレモンのダンス作品の創作の続きが、ジュネーブで始まりました。

これは、もともと、ジュネーブにスタジオを持つ振付家ジル・ジョバン氏が開催した
「ジェノバ・セッション〜音と動き2011」というカンファレンス内の実験トライアルとして
当時、ジルの作品で働いていたスイスの音楽家ポルさんの発案に寄るものでした。

初演は、4月9日ジュネーブのユージンヌ劇場。
ぜひ、観にいらして下さい。

ジュネーブ創作期間の第一週、

踊る地域案内所のオープニングで踊ってくれたバレリーナの玉川智美さんが
遊びに来てくれました。

鹿児島のつながりが、ジュネーブにも続いています。


"PLAY" is started by POL, a musician who had worked with Gilles Jobin in Geneva.

it came out at the Geneva session in 2011 as one of trial showing.

now, somehow, JOU and Louis-clemon are continueing to make this piece with POL.

the premire will be on 9th April at the Usine Theatre in Geneva

just near by Gilles's studio.

please come to see us.






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2013/02/21(木) 06:01:18|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

residence creation in geneva 2013

after the pre-creation and showing in kagoshima,

we again to start our work in geneva.

the show will be on 9th april until 14th at the Usine theatre in geneva.

so, please come to see me, if you are around.

Usine←


月曜日の晩に、鹿児島仲間のバレリーナの智美ちゃんが到着。

ヨーロッパ・オーディションの途中で、訊ねてくれました。

同じく夜につく予定だったLOUが

飛行機に乗り遅れたとかで、

翌朝の便に。

至福の引きこもり週末は、こうして終わり、

今日から3人の共同生活が始まりました。









My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/20(水) 00:09:49|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

happy47☆活動を振り返って

今日はお誕生日☆
新しい1年の始まりです。

この1年の活動を振り返って、
やはり、夫婦で移住した鹿児島での活動が
何しろライフワーク的大冒険。

日々の記録、自分で書いたり、プロの皆さまに
書いて頂いたり...。




総務省地域おこし協力隊blog掲載
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4171/

きもつき情報局コラム掲載
http://kimotsuki.info/pages/read/columns/columnist003/

新聞掲載一覧
http://osumiart.exblog.jp/19325042/

そして、これを書いているのは、アルプスの少女ハイジの国、スイス。

ヨロレリホ〜。

今年も楽しく、頑張ります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2013/02/19(火) 03:14:42|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

至福の引きこもり3日目 ジュネーブ


本当は今日、月曜日、

ジュネーブの劇場に出向いて、

鍵を預からなければならなかったのだが、

今日も引きこもり3日目。


ああもう、このまま1週間位、

こうしていたい。。。


しかしながら、日本はココよりも8時間先に時間が進む。

そして、今夜には、ルームメイトがやってくる。


それはそれで楽しいのだが。

このグダグダ感、心から満喫中。

しかし、書いてますお。

総務省の地域おこし協力隊blogも更新しましたよ。
http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4171/






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/18(月) 02:11:12|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引きこもり週末その2 ジュネーブ

ジュネーブに来て3日目。

コラボレーションの相手の到着が遅れたのを幸いに

今日は、完璧に一歩も外に出ないで

ひたすらパソコンに向かうのであった。


企画書とか、コラムの掲載原稿とか、

あれやこれや、

いろいろと来た順に片付けていく。


リクエストにお答えするのが性分である。


いろんな話を聞いて、

そのヒトにとって一番良い方向を探ると

アイディアが浮かぶ。

それを提案して、実行していく

イタコのような日々。


自分の身体を駆使して踊るという

ホームグランドがなければ、

とっくの昔に、イタコ人生、

辛くなってしまっていたかもしれない。

しかし、ダンスのお蔭で救われているのだった。

こうしてジュネーブにいるのもダンスのお蔭。

ダンスと人助けのアイディアが

良い塩梅にリンクして、

助け合って私を運んでくれている感じだ。


広いレジデンスルームには、シャワーと台所がついている。

1人部屋かと思っていたら、相部屋らしいが、

L字型に広いので、圧迫感は少ないかな。


しかし、月曜の夜からは、至福の引きこもりも終わる...。

忙しく突っ走って来た

ひと区切りとしては、

最高のギフトだったな。。。


感謝。





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/17(日) 02:03:10|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引きこもり週末その1

金曜日の夜にジュネーブに到着。

こちらは日曜日にはお店が閉まるので、
土曜日にトイレットペーパーと週末分の食料を買い込み、
書類&執筆仕事。

時差ぼけも手伝って、寝たり起きたりしながら、

鹿児島とスカイプトークしながら、

書き上げなければならないものを

粛々と書き上げていくのだった。

ネットのお蔭で、どこにいても、こういう仕事はできる

便利な世の中になったものだ。


この道具を使いこなし切れていないのは

作った人間達なのかもしれない。

どこにいても仕事できるよね、

っていう常識に、なかなかシフトしていかない。


どこにいても仕事できるじゃん。

もちろん、最初はきちんと会って確認しなきゃ

わからないことは沢山あるし

いざとなったらやっぱり会わなきゃダメだけど。


お互いの信頼は、会って話して、

言葉や文章だけじゃ伝わらないところが

あるのも人間の面白さ、奥深さ。






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2013/02/16(土) 01:56:54|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛行機の旅

朝6時半に家を出て、
7時の電車に乗り、
成田空港へ。

11時の飛行機で、スイスのチューリヒ。

フライト中、映画の電気系統が故障だとかで

映画を全く見れない状態での12時間。

8時間は眠れるとしても、

残りの4時間、飽きたのなんの。

この12時間という所要時間、

新幹線のように、短縮できる技術はあるのだろうなあ。

高速ジェット機、日本ー欧州6時間

とかって、技術的には可能なんだろうなあ。

そんなことを考えてしまう。

なんとかしてくれ。。


春休みと言うことで、空港は学生らしき若者で混雑しているようであったが、

こうして機内を見ると、若者と老人と外人の割合が、

まさに今の日本の人口比を表しているかのようで

興味深かった。


地域おこしを学んでいると、そんなことばかり

連想してしまう。。



チューリヒからジュネーブ行きの小型飛行機に乗り換え

ジュネーブ空港に着いたのがもう19時近かった。

ジュネーブは、空港から市内まで、電車で1駅。

駅から宿までは、トラムで2駅。

歩いても30分かからない。

この便利さ、懐かしい。


しかし、やはり住むなら鹿児島がいいな。



ジュネーブは、先日降った雪が残り、

まだまだ冬まっただ中であった。

家の中はぽかぽかだけど。







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/15(金) 05:15:36|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッピー☆バレンタインデー!

ハッピー☆バレンタインデー!

朝9時のバスに園子ちゃんを乗せ、

鹿児島市内に送り出す。

それから、相方と鹿児島空港まで、ランデヴー・ドライブ。

少し早めに出たので、

霧島市日当温泉「きのこの里」に寄る。

ここの日帰り温泉、お湯が良い。

地元のおばあちゃんたちとの会話も、心が和む。

今日は時間があったので、おそばを食べてから空港へ。


いろいろ、プロジェクトも仕事も次から次へと尽きないが、

1人じゃないところが、本当に心強い。

家族って、大事だよね。

今日は感謝を込めて、

ハッピー☆バレンタインです。


船橋の両親宅では、

出国前の最後の大仕事、確定申告。

最後の最後まで、ヤマ場は続きます。。

ひいふう〜〜〜;;










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2013/02/14(木) 05:08:09|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

報告会と打ち合わせ

役場の管理職の皆さんが一同に介する会議の前座的に、

踊る地域案内所の報告をさせて頂いた。

数字を整理した所、なかなかの実績にはなった。

この実績を踏まえて、今後どう展開していくか?

それは、各課との連携をどうとれるか、

による所が大きい。

まずは、語ってもらわなければ。

あるいは、何か事業を決める時に、

情報を教えてもらえれば、
アイディアも浮かぶ。

そういう連携ができるようになると、

自分達がここに貢献できることも自ずと増えていく。


ということを伝えたかったのだが、

うまく伝わったのかな...

初めての体験、10分間だけ、という時間で、

これまでのトークやレクチャーとは違う時間配分に

学んだことは沢山あった。

私の拙い言葉を、きもつき情報局がわかり易く整理して、掲載してくださいました。
http://kimotsuki.info/pages/know/local-news/post-1123.html




午後、きもつき情報局の有留さんにお願いして、

高山町のセツばあさんの家に連れて行ってもらった。

波見の祖母の家に行く途中の道沿いにある家だった。

大通りから引っ込んでいるので、入ったことはない。

入ってみると、裏に山があって、とても素敵な所だった。


毎日、薪を燃やしてお風呂に入るというセツさん。

「寒い日は山へ行く。(山道を歩けば)身体が暖かくなるから」

という言葉、今日のヒットだ。


そうだ、寒い日は動けば良い。


セツさんは、素敵な笑顔の90才だった。

九十九里の「のうのうばあちゃん」

と呼んでいた

ひいおばあちゃんを思い出した。

聡明でさわやかな女性だった。




夕方、鹿屋で、打ち合わせ。

渋谷と鹿児島市を行き来する人材に出会った。

複拠点、これから増えて来ると思う。

それができてる人は、フットワークの軽さと

拠点がずれても大丈夫な力がある。

話していて、オモシロイ。


オモシロイ人に会える日々は、宝の時間だ。



きもつき情報局にコラムを掲載中です。
http://kimotsuki.info/pages/read/columns/columnist003/post-884.html







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/13(水) 04:48:22|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨だが

昨日の流れで、園子ちゃんと2人、

朝9時半に再び岸良へ。

学生達にまじって、

タンカンという名のミカンを収穫。

あいにく、雨が降り始め、

1時間もしないうちに終わりになったので、

途中にある湯之谷温泉でひと風呂浴びて帰る。





午後、がんばって資料作り。

夜、打ち合わせ。


明日は、役場の皆さんに向けて、

踊る地域案内所の報告会。


がんばります〜。





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/12(火) 04:43:27|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿児島にお客様再び

朝6時のフライトで、羽田空港から鹿児島へ。

8字半に鹿児島空港到着。

同じ頃、神戸から到着したダンサーの園子ちゃんと待ち合わせして

鹿屋行きのバスに乗り込む。

園子ちゃんとは、関西初ツアーのニブロール公演で共演した。

ちょうど、ASKで同期だった矢内原率いるニブロールがブレイクする時で、

その時は、いろいろな意味で、オモシロイ体験をさせてもらった。


当時、97年頃だったか、

若者だった園子ちゃん、

もはや「ちゃん」ではないのかもしれないが、

大抵の場合、出会った時のまま、人は変わらないものである。


地域おこし協力隊の仕事に興味があるというので、

まずは鹿児島に来てもらって、いろいろと見てもらったり

話を聞くことにした。


聞けば、有機野菜農業とか、食の自給自足にも興味があるという。

どういう人に引き合わせればいいのか、

どこに紹介すれば良いのか、

話を聞きながら、直感と閃きを働かせる。


私自身も、今回は園子ちゃんが滞在する3泊4日のみの鹿児島帰郷で

14日からは再び、ホームタウン鹿児島を不在しなければならない日程。

その間、踊る地域案内所の報告会や打ち合わせ等、

いろいろタイトなスケジュールに連れ回す形での滞在となる。


まずは、1週間ぶりの我が家にホッとする。

今日は穏やかなお天気。

園子ちゃんも、家の回りのお散歩を満喫した模様。


夜は、車で40分程
山道を太平洋側に抜けた所にある

「岸良」きしら

という地区へ。

鹿児島大学農学部と林業学部の学生達と

岸良地区の住民の交流会に参加させてもらった。


岸良の皆さんとは、初めてこうしてゆっくり時間を過ごしたが、

何しろ、明るいキャラ揃いで、エネルギー全開だ。

オモシロイ!!

私たち夫婦が住んでいる川上地区とは、

川上からはお米を、岸良からは魚と塩を、

やり取りする縁で、昔から交流があったらしい。

これからも楽しみな展開。









My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/11(月) 04:27:54|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンスショーイング@横浜赤レンガ倉庫1号館2Fギャラリー

2013年2月10日(日)18:00-
横浜赤レンガ倉庫1号館
2Fギャラリー


入場無料

ダンスショーイングに参加します。
2Fギャラリーでは、dance in 肝付町のJOUダンス映像も
他の皆さんの映像と一緒に上映されます。

18:00-18:15 浜口 彩子
18:15-18:30 北嶋 宏子
18:30-18:45 Lin Yu ju
18:45-19:00 長谷川 風立子/西田 沙耶香 
19:00-19:15 田路 紅瑠美
19:15-19:30 佐成 哲夫
19:30-19:45 JOU
19:45-20:00 井田 亜彩実
20:00-20:15 木野 彩子【くじ引きダンス】


http://ameblo.jp/ydcr/theme-10002878401.html


当日の日記←





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/10(日) 23:56:06|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜赤レンガ倉庫で踊る

横浜赤レンガ倉庫で踊りました。

昨日まで連続5日間、一緒だった

フェリスの学生が観に来てくれました。

鹿児島のパンフレットを配り、

アートやダンスのチラシに混じって、

鹿児島のチラシを置かせてもらいました。

オモシロイ光景に、自分的には、大満足。


ダンスもその後の即興も、

お蔭様でご好評頂きました。

ありがとうございます。


生活そのものを鹿児島に移し、

根本から変化して来ているのを感じます。

鹿児島の力強いエネルギーに溢れた食材を

毎日食べていることの違いかもしれません。

毎日接している人々の、

心の温かさの影響かもしれません。

踊っていても、とても良い感じです。


皆さんも、ぜひ、鹿児島に来てね!!


今日のダンスは「gift」でした。

横浜イベント情報←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2013/02/10(日) 03:47:13|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェリス5日目最終日

9.創作表現
10.振り返り

あっという間の5日間でした。

今日の大学には、合格発表の張り紙が。

春休みのひととき、受験生には大変な期間。

大学2年生達、頑張って通ってくれました。

今日は、簡単なウォームアップとエクササイズの後、

筆記試験の一部として、人体骨格図を描いてもらいました。

書き終わってから、昨日渡した人体骨格図を見て

自分で訂正してもらいました。

後々、自分で自分の身体を科学的に

イメージできるようになることが

この筆記の目的だからです。

初日に描いてもらったガイコツ君から比べると、

皆それぞれ、格段の進歩でした。

ミュージカルが大好きな女子大生達でしたが、

フレーズやコードのない曲やノイズで踊る

即興エクササイズを最後に何通りか、体験してもらいました。


ピアノの鍵盤を1つ叩くだけでは、

作曲にはなりませんが、

舞台上で鍵盤が1つ鳴るだけで、

世界はガラッと変わる力を

音は持っています。



それから、ソロダンスの発表。

緊張しつつも、自分で用意した曲に合わせて、

見事に踊り切りました。


最後までがんばった5日間。

短いながらも、充分な成果が

出たのではないかと思います。

楽しかったね!

ありがとう!!


授業が終わったら、

「先生」から

ただの「JOU」になるよ。



宝物の言葉...☆
【学生の感想】

■このワークショップを経て、今までとは違う自分を発見出来たような気が
します。周りに合わせなくていい、違うからいい。自分にしか出来ない自
分なりの表現があるのだと気づかされました。教えて頂いたストレッチなどを生活に取り入れて健康的な体作りをしていきたいと思います。5日間本当にありがとうございました。

■5日間という短い期間でありながら、身に付いたものはたくさんあった。歩き方一つにしても一歩一歩がとても難しかった一日目から最終日には抵抗もなく歩けた実績があったこと、とてもうれしく思う。

■自分が一番成長できたことは即興性だと思う。今までのわたしだったら、振りを間違えたりわからなくなってしまうと止まってしまったりオドオドしたりしていたのに、今回の集中講義を経て、何をやっても好きに動こうとする意識を持つ大切さを知った。そのことはダンスをする以外でも今後の生き方にも参考になることだ。
そして、固定された考えから抜け出して新しい一歩をこの5日間踏み出した。柔軟な考え方、固定されずのびのびとすること…など身体を通して学ぶことが多くあった。
少ない日数ながらもそのことに気づかせてくれた先生に感謝の気持ちでいっぱいだ。
この授業で学んだことすべてを無駄にしないように一つ一つを心に留めて活かしていきたい。

■授業を受けている間、何度も「すべてを忘れる瞬間」を味わうことができた。これは、普段生きている世界とは違う、別世界を見たような気分だった。自分でも知らなかった自分の内側にある引き出しを開けることができたと思う。また、とりあえずなにかやる!という臨機応変力をつけることができたと思う。

■自分の名前や身近な物を身体を使って表現すると、自分にしかできない作品になる。同じものでも、人によって感じ方がまるで違うので、種類が無限大にあっておもしろい。




back to top←





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2013/02/09(土) 12:50:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェリス女学院4日目

7.時間感覚の基礎演習
8.音楽性と身体性の演習

早くも4日目の集中講義。

今日は、身体感覚によって異なる時間の感覚の体験をしました。

動くスピートやエネルギーの変化で、

世界を捉える身体の感覚も変わりますし、

時間の感覚も変わります。

ゼロになる空間や

ゆっくり動くエクササイズでは、

本当に美しい光景が

立ち現れました。

こういう瞬間に居合わせると、

自分も洗われたような気持ちになります。



【以下、学生からの感想】

⑦時間感覚の基礎演習
■ゆっくり動くと自分がどのように動いているのかを再認識できる。一方、速く動くとその動作を必死に行う。そして停止する瞬間のおもしろさ、「無」状態を感じることを学んだ。

■時間の流れ。5分に感じる1時間と、1時間に感じる5分。

■時間は実際には一定に流れているが、自分の中では早さを自由に操ることができる。

⑧音楽性と身体性の演習
■音楽がなっているところで身体を動かすと不思議なくらい音楽と共存できる。しかしその音楽にメロディラインがなかったり、ビートにのれなかったりするような音(雑音等)でも身体を好きに動かせることができる。どんな状況下でも身体を好きに動かせる人の身体性はすばらしいと実感する。そして音楽があることで動きを膨らませるこたができることより、音楽は大切な共演者である。

■→音楽と身体をリンクさせる。調和したり、あえて真逆のイメージで身体と音楽を組み合わせる。

■音楽と動きを合わせたり、全く音楽と異なる表現を取り入れることもできる。音楽そのものがもつイメージにとらわれず、あえて違うものを入れると面白さが増す。

back to top←





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2013/02/08(金) 12:49:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よりよい人生と踊る感覚

フェリス女学院大学集中講義3日目

5.身体機能の基礎演習
6.空間表現の基礎演習

ストレッチのエクササイズ、自分で覚えて
家でも1人でできるようにしないと
結局、身体は変わらない。

身体が変わらないと、世界も変わらない。

自分の身体と意識が変わったとき、世界も人生も
いとも簡単に一変する。

苦しい辛い人生よりは、
楽しいのびのび明るい人生を
謳歌したいじゃないですか。


そのためにも、身体は資本です。
スッキリした身体には、スッキリした意識が宿ります。

というわけで、ストレッチエクササイズ
記憶を使う練習をしつつ、
詳細な説明を加味していきます。

もう大人なので、科学的な知識を持って身体を動かすことで
効率は、倍になります。


空間の演習、これもまた、意識の枠、感覚の枠をゆるめ、

自由にし、活かすことでもあります。


自分の内側としての空間、外側の空間、
いろいろな空間があります。


沢山の情報と、筋肉痛
辛い峠は、おそらく今日で終わりです。

動かし続ければ、明日からは、どんどん楽になることでしょう。

動けないよりは、動ける方が、
不自由よりは、自由な方が、楽しくないですか?

enjoy your life!


より良い人生の為に、踊る感覚をもった身体、役に立ちますよ。


back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/07(木) 12:39:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェリス集中講義2日目


フェリス女学院大学音楽芸術学科。
今年度から始まった身体表現クラス。

5日間の集中講義2日目。

3.身体表現の種類と実践
4.身体感覚の基礎演習

「何種類のダンスがある?」
という話

様々な感覚とそれによるダンスの動きの違いや空間の違い、
時間の流れの違いなどを
体験し、発見してもらいました。

感覚は、世界を変えることができるんですね。


5日間で、身体表現の基礎と応用のあれこれを伝えるべく、
ゆるい雰囲気ながら、大変に濃度の濃い〜凝縮された内容になっております。

授業の合間に、オフレコトークも炸裂します。
昨日の女子トークは「女子力」でした。

建前上は、男女同権になっておりますが、

実際のところ、男性優位社会に生きる女子達です。

しかし、マッチョな社会構造の中で輝く「女子力」は

マッチョを活かす潤滑油的な役割においても

実は、影に日向に、大活躍、というところなのでしょう。


男子が産めない子孫も産み落とし、社会においても立派な戦力と成りつつ
潤滑油にもなってしまうという、マルチタレントな女子達が、
若いきゃぴきゃぴクリーミーな時間だけでなく、
母になっても、老いて大人の女になっても、
それぞれのタイミングで
それぞれの幸せを感じ、充実した人生を送る為のあれこれ
基礎と応用と実践。

そんなことにも転用できるダンス的身体の授業です。


がんばれ、若者!
輝きをなくさずに、
生き延びるのだよ。

授業の時間をフルに楽しみつつ、
いつもどこか、そんな気持ちです。




back to top←





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/06(水) 12:13:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェリスの女子大生達

フェリス女学院大学
音楽芸術学科

身体表現クラス

集中講義

2013/2/5(火)〜9(土)
13:10-18:00

緑園校舎 体育館


5日間の集中講義です。


最初の授業が終わって、

スタジオにあるピアノで遊びだした時、

音楽芸術の学生達、さすが、歌がうまい。

きれいな歌声です。

ピアノが弾ける。

スゴイことです。

彼女達のキラキラ感は、回りの人達を明るくしてくれます。


こういう人材が、お母さんになったり働いたり、

それぞれの進路でこの感性と能力を花ひらかせてくれたら、

そんな地域に人は住みたいと思うことでしょう。




この先、どこでどういうパートナーを見つけて、

どういう土地に住むのか、

きっと同じキャンパスにいたことが一瞬の夢のように

後々、それぞれの人生を重ねていくのだと思います。


どこでどうなっても、きちんと生き延びることができるように、

自分らしく楽しく温かく、生きていけるように、

ダンスという身体表現を通してできること、

いろいろと伝えていければ、

と思っています。





到達目標
(知識・理解)
(1)表現体としての身体の機能を知る。
(2)身体表現の基礎知識を身につける。
(関心・意欲・態度)
自分の身体を動かすことに挑戦し、身体的感覚を伴った洞察を深めてゆく。
身体の機能
(技能・表現)
自分なりの身体表現ができる。
芸術的感覚を、自分なりのことばで表現できる。

授業計画
1.ガイダンス
2.準備体操の仕組みと実践

2日目←
3.身体表現の種類と実践
4.身体感覚の基礎演習

3日目←
5.身体機能の基礎演習
6.空間表現の基礎演習

→4日目
7.時間感覚の基礎演習
8.音楽性と身体性の演習

5日目←
9.創作表現
10.振り返り










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/05(火) 22:30:25|
  2. 学校/WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿児島から東京へ

疲れがまだ取れないのではあるが、

今朝、雨の中再び、鹿児島空港へ。

羽田へ着く頃には、東京は晴れていた。

春だ。


予定していた諸々の用事を済ませ、

夜は、夏の芸術祭の下準備としての打ち合わせ。

丸の内にあるお洒落なベルギービールのお店で

鹿児島鶏が、ベルギー料理に変身していた。

郷土料理や地元料理も、とっても美味しいのだが、

都市部の人達を引き込むとなると、もしかしたら、

大隅半島に必要な人材の1つは、

食材を活かし、冒険してくれる料理人と、


その料理人が腕を振るえるお店としての場、

なのかもしれない。



どうなんだろう?


地域おこし協力隊になってから、

地域おこしのあれこれが、情報として、アンテナにひっかかってくる。

そこから、いろいろなアイディアが生まれたりもする。

自分のつながりや発想力が、これまでとはまた別の

次元というかステージで

形を変えて、活かされる。

こういう瞬間が、面白くてたまらない。



ザ・クリエーション。

人間は、創造する動物である。



今日は、11月に大崎町で、三田の家の講演をして頂いた

熊倉先生にもお会いできて、楽しい1日でした。



さて、明日からのフェリス女学院大学授業もまた、楽しみです。

わくわくする出会いとプロジェクトは、人生を豊かにしてくれます。






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/04(月) 22:20:24|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分に納豆?!

やっと、お天気。

やっと、祖母の墓参りに行けた。


良かった良かった。

しかも、お墓参りに行く前に、

祖父母の甥っ子にあたるおじさん夫婦を
その弟さんの奥さんが、自宅まで連れて来てくれた。

おじさんは、脳梗塞で倒れて以来、

数年かけて、療養中。

この日は、随分と具合がよく、

しゃべったり歩いたり、

穏やかな良いお天気の川上を、皆でお散歩した。


来てくれて、ありがとう。

祖母はもうあちら側に逝ってしまったので、

一緒にこうして歩くことはできないけれど、

こうして生きてる同士、一緒の時間を過ごすことができるって、

ミラクルなんだと思う。






おじさん達が帰ってから、波見にお墓参り。

無名の町民であった祖母であるが、

死後
15年もの月日が流れても尚、

彼女のお墓には、誰かしらが必ず寄ってくれて、

お花がきれいに変えられている。


「見えない財産」を持っていた人だったのだろう。

そういう自分も、祖母への気持ちに半ば半分は

ツラレて、こうして鹿児島でなんかかんか、

一生懸命やってる次第。

人間の力って、本当にわからないものだ。

実のところ、本当に歴史を動かしているのは、

教科書やニュースに出て来る様な有名な人々ではなく、


こうした無名の人々の持つ絆、

すなわち「見えない財産」の

小さな雫の集大成の結果としての

時代の流れであるのかもしれない。

流れに無盲目に流される人ではなく、

流れを作る小さな雫の1つに

それぞれが成っていったらいいのかもしれない。


それは、数えられたり、名前で呼ばれたりすることは
ないだろうが、確実に、何かを変えることができる。

小さな水滴が、洞穴を作ってしまうように。

小さな水滴の1つ1つである私達は、

果たして、そのことを自覚しているのだろうか?






そんなこんな考えながら、今日は、節分。

夕ご飯に、納豆を1品追加。


同じ大豆だ。

今年もまた、節目を迎えることができました。

ありがとう。そして、宜しくね。





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/03(日) 22:19:28|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

だれだれた〜〜

鹿児島で「疲れた」を「ダレタ」という(再び)。

今日もダレ続き。

あれだけ連日働いて、だれないわけがない。

4日に東京へ行くまでの間、

オフである。OFF。

祖母の墓参りだけは、いかねば。

昨日も今日もお天気がイマイチだったので、

明日かな〜。


クロージングイベントの27日だけは、

冷え冷えしたのだが、

それ以降、鹿児島は妙に生暖かいのであった。

春?

梅の花はもう、咲いている。

季節が、2ヶ月先取りしてる気がする。

不思議の国、鹿児島。

個性溢れる独立共和国連邦。


そんなアホなこと思いつつ、今日も

だれだれ〜〜。


でも書類仕事は始まった。

報告書、作らねば。

休みないな〜〜〜。。。

期間限定☆踊る地域案内所ustダダ漏れ中継
こちらから見ることができます。
http://ustre.am/Rorg

back to top踊る地域案内所←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/02(土) 18:49:21|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダレタ〜〜

鹿児島弁で、「疲れた」のことを「だれた」という。

今朝7時の便、ということで、

朝方4時に出発する為に

昨晩は、わずか数時間の仮眠で起き上がり、

2時間のドライブ。

空港は6時半からオープンだったので、

車中でしばし、仮眠。

送り出してから、雨の中、再び2時間のドライブ。

この3週間のゲスト滞在とクリエーションと

踊る地域案内所の仕事、芸術祭の準備、

トークイベントの講師...いろいろ全部終わって

気が抜けたというか、なんとも疲れた。


役場経由で家に帰り、夫婦でだれたのだった。


そうこうしてるうちに、2月が始まった。

あらあら。

でも、いろいろ無事に大盛況に終わって、本当に良かった。

これも皆様のお蔭様です。

本当に、ありがとうございました。

期間限定☆踊る地域案内所ustダダ漏れ中継
こちらから見ることができます。
http://ustre.am/Rorg

back to top踊る地域案内所←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2013/02/01(金) 11:13:51|
  2. 肝付町地域おこし協力隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。