jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今週末が本番?! 恥ずかしがらないで

8回目のWS

2012/01/31(tue)
7:35am羽田空港発

今日は、日帰り八丈島。

朝1便の飛行機に乗るためには、
5時過ぎに家を出る。

真っ暗だ。

寒い。

まだ人の少ない電車に乗り、羽田空港へ向かう。

ここのところ毎週、そんな日々だったが、

それももう、最後の週になってしまった。


子ども達は、こちらに馴染んで親しんでくれたけど、

「パフォーマンス」という視点からは、まだまだ、到達点には遠い。

恥ずかしがる。

恥ずかしいのは、わかる。

自分もそうだった。

でも、恥ずかしがったり、ネガティブな人の評価を気にして

臆病に縮んで動かなくなってしまうには、

あまりにも人生は短く、勿体ない。


だって、
生まれることもできない子どももいる。

事故や病気や災害で亡くなる方々もたくさんいる。

生きているけど、病気や怪我で、思うように動けない身体を持つ方々もいる。


だから、今日、こうして生きていることも、身体を自由に動かせることも、かけがえのない奇跡なんだ。


そのことを、私達は、時々思い出すことをしなければ。

だから、恥ずかしがらないで、

動かせる身体を、動かして味わって欲しい。


自分さえ楽しければ、とはまた違うんだ。

「その人達の分も楽しいエネルギーを作って、この世に送り出す」

そういう気持ちで、今動ける自分が、その役目をしていると思えば良い。


その体験から、たくさんの発見をすることができるから、それをまた、

自分や人のために、活かして行けばいいんだ。









back to top←







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






スポンサーサイト
  1. 2012/01/31(火) 08:14:54|
  2. 学校/WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3.11の後


私は活動家ではない。一介のダンスを専門とする無名の市民です。しかし、放射能や原発の情報を自分のメモ代わりにtwitterでRTしている。これは、3.11後、何が起こっているのかわからないから、自分で調べ始めた時から今まで続いている。

原発事故や実験から起こる放射能被ばくの影響は、何でもないという人と、危ないと警告する人と意見が分かれているかのように見受けられるが、実際のところ「確実に影響は出るが、直ちに、ではない」というのは共通している。その時期は、数年後、数十年後、数世代後なのだという。

その大きなリスクを横目で見つつ「リスクは証明されていないからない」として、原発はなくならないのは何故か? それが稼働することで、多くの人々やシステムにお金が回るからなのだろう。お金がなければ生きてゆけない、と私達は骨身に染み込まされているから。

原発に変わる自然エネルギーが、原発以上のお金を生み出すことができたとしたら、時代はそれに移行してゆくのだろうか。

しかし、多くの「エコ」事業は、お金を生むどころか、お金を縮小させる。だから、地球に優しいエコ的なシステムは、道徳や倫理上では必要とされながらも、決して経済社会に台頭することはないのだろう。

私達がライフワークで関わっている「芸術」にしても「エコ」にしても、経済社会上は、虫けらみたいな存在だ。エネルギーや産業に比べたら、砂粒程のお金も動かせないから。

そんな虫けらなりに思うことは「お金やモノはいつかなくなる。盗まれることもある。しかし、創造の歓びや触発体験で得た記憶は、決してなくならない。誰にも奪うことはできない」私達には、創造力という人間ならではの本能がある。それは使えば使う程、喜びに輝く。

無名の市民全員が「芸術家」的発想と創造力と実行力をもって、自分で考えることができる社会になったとしたら、今からは想像もつかない様な新しいシステムが自然とできるのかもしれない。人間の創造力は、これまでも沢山の不可能を可能にしてきたのだから。

カリスマ・リーダーに自分の選択や行動を依存する時代は、もうそろそろ終わりにして、自分が自分のリーダーになる人が、ごく当たり前の社会になって欲しい。

自分で情報を学んで、判断して、行動する。それができなきゃ、これからの世界、生き残れない。かといって、「自分さえ良ければ」と、自分1人だけ生き残ったってダメだろう。
地球も私達も、全部つながってるよ。。
がんばれ、人間。

そんな気持ちで、日々、自分にできることを
粛々と行なう日々である。








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









  1. 2012/01/30(月) 10:36:20|
  2. thoughts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おふっ~家族飯2


何にもない日~♪

明日の準備もない~♪

こんなうれしいことはない。

何もない日は、とことん、何もしない。

下手すると、ずう~っと、家にいる。



人間、こういう時間が必要。

本を読んだり、日記を書いたり、

たまっているあれこれに、無秩序に手を出してみたり...

なんだか、ぐだぐだ、だらだら、

リラックスして弛緩しまくっている。


うれしい日曜日。



そして、今日は、家族飯2。

相方の父上を自宅にお招き。

もちろん、料理は相方が...。


その後、今日の家族ミッションを決行。

思いがけず、その日のうちに、決断。


決断は1つの変化を生む。

小さい変化でも、きっと、やらないよりやった方がいい。

みんな、そのことを自覚した方がいい。








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2012/01/29(日) 09:06:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿児島再会&八丈島の準備、密かに

富士フィルムサロン
六本木にある。。
午前中、鹿児島で出会った、写真の方の展示へ。
枕崎の鰹節工場が、中国からの女子工員の手で支えられている、
というドキュメンタリー写真だった。
この現象、加工食品だけの話ではない。
文化芸術でも、他の工芸品でも、日本の文化は今、危機にさらされている。
このことを前にして、私は何ができるだろう?
自分の専門分野である、身体表現の分野からまず、始めたいことがある。

思っているだけではダメ。

思いついたら、まず実行してみる。
できても、できなくても。

世界の状況は、今、実は、かなり切迫していると思うから。




新宿ターンズ

一度家に戻り、お昼ご飯を食べてから、数年ぶりといってもいい、ダンスクラス受講へ。
新宿三丁目付近にある「ターンズ:というスタジオ。
八丈島でアシスタントさせて頂いている、大樹が教えているクラスに参加。
週明け31日に予定された、八丈島の小学校でのお昼休みパフォーマンスの準備を兼ねて。

25日の多摩の小5授業内でさっと行なったグループ即興、
それはそれで良かったけど、グループとしてのまとまり具合というか、
短い時間でもつながりとか空気感とか、すり合ってゆく部分が欲しかったな~と
そういう反省があった。

その後、八丈島で、今度は自分がアシスタントの立場で
生徒達の前でパフォーマンスする段になって、
「これは、少しでも良いから、講師のダンスのテイストの確認をしておいた方がいい」
と思ったから、
大樹が教えているクラスのスケジュールを、八丈島から変える飛行機内で確認。
ちょうど良いタイミングで自分の時間も空いていたので、今日は、迷わず受講。

久しぶりのクラス受講。
でも、リハーサルのつもりでやっていたので、
あっという間の時間だった。


八丈島WS top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2012/01/28(土) 09:02:50|
  2. Tottori
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7回目のWS@八丈島


2012/02/27 8fri)
13:30-15:10

音楽の先生のお話を伺って、
彼らが手話で歌った歌が、今回のお芝居の歌であることを知り、
その手話からダンスを作って渡してあげたら、
歌と動きの関連性もあるし、
ダンスが作られるやり方の1例もわかるし、
一石何鳥にもなるのでは?

と思いつき、それを提案したところ、大樹先生的にもOKだったので、
歌詞に沿った手話のイラストを見ながら、
2人で作り、杉ちゃんにも覚えてもらって、
とんとんと、授業が進んだ。

出て来た形や動きを、舞台上にとんとんと
並べて、すいすい整理するのは、
大樹先生の得意とするところである。

マニアックなこだわりもあり、まさに「振付師」。

子どものうちに、こういうプロの人に接することができるのも、

すごく影響することだと思う。

プロにはプロのこだわりや技術があり、
それはやっぱり、素人とは違う
明らかな何か、なのだ。

その姿勢を見る中で、何かを感じてくれれば、
それもまた、こういう場に
私達の様な者が関わる
意義の1つなのかもしれない。



未来を担う子ども達のために
今の私達がやれることは、
きっと尽きることはないのだろう。












back to top←







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2012/01/27(金) 08:12:32|
  2. 学校/WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年度八丈島の小6WSアシスタント

八丈島に行くために、朝5時半に家を出て、
羽田空港7:35の飛行機に搭乗。
毎週1回、こうして八丈島に向けて
羽田空港に通う生活も、来週で終わり。
あっという間の時間は、なんだか不思議な感覚です。

今回のパフォーマンスキッズは、
小学校6年生の学芸会の作品の振付とダンス指導の部分を担当。

昨年の大島の時は、私がメイン講師で、
毎回いろいろなアーティストに声をかけて
島に連れて行き、子どもたちに会わせるということを
しました。

子どもたちにとっても「こんなにいろんな大人がいるんだ」
と肌で体験してもらうことは
きっと将来の可能性を広げてくれることになるでしょうし、

同業者でもある舞台下術関係のアーティスト達と
この貴重な教育現場での経験を共有することは
この業界の私達の共有財産にもなる、、、
そう思って、機会を頂く毎に、
無理のない範囲でそれを実行しています。


とはいえ、
これまで、数年に渡って「同業者とシェアする」を実行してきましたが、
シェアした誰からも、逆に誘って頂いたことは一度もありませんでした。

皆さん、実際に自分が仕事をもらうと、
それを自分なりに成功させるために一生懸命になるので
外部の人間を入れるというリスクを背負うことは極力避けるのでしょうし、
第一日々、自分の活動や生活に追われて、
「ライバルにもなり得る誰かとシェア」
だなんて悠長なことはやってられないのでしょう。

だから、自分から声をかけることは続けるけど、
逆のことは、生きてるうちはないんだろうな~、、、
と、あきらめていました。


今回は、去年、大島に
連れて行ったアーティストの1人、
ダンサーの松本大樹君が、今回のメイン講師です。

私は、彼のアシスタントとして、今回はサポートに徹しています。


「シェア」活動を続けて数年。
今回、彼が初めて、声をかけてくれました。


生きてるうちに、こうした出来事が
一度でもあったことを
繰り返し喜び、感謝したいと思います。

こういう感覚が、もっと浸透したら
暮らしも活動ももっと楽に楽しく暖かくなるだろうになあ。。。

夢想家の夢物語ですね。


しかし、自分がシェアをやれる機会のある時は、
これからも
淡々と続けていきたいと思っています。


自分なりのささやかなact for the worldです。



back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2012/01/26(木) 10:56:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小5の未来

1/25
小5

今日は、これからのスケジュール上、振付に走る。


前回の宿題、「世界には、何種類のダンスがあるか?」

の答え合わせから授業を始めた。


今日は、「習うダンス」の時間。

難しい動きもあったけど、

さすが、子ども力。

最後まで踊り切って、終わった。



アシスタント講師陣にしてみれば、

朝来て、練習もなしに、振付の指導。

かなりチャレンジングな時間だったに違いない。


1クラスずつ別々に1コマの授業。



最後のクラスの終わりに、
講師陣のグループ即興ダンスを少しだけ見せられて
本当に良かった。

終わった途端に、マネをし始める子どもも。
子ども達が、自由にのびのびと
身体を動かすことを面白がってくれること。


勝負也競争ではなく、自分のダンスをすること。

それを体感的な体験として、自分のものにし、

将来に転用してくれるような可能性を残してゆくこと。


それができたら、本当にうれしい。





back to top←










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2012/01/25(水) 08:25:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またも1日の間に守られる


またも1日の間

昨日のソロ本番が終わり、今日は、またもや1日の間。
たまった仕事を片付け、明日は再び、小5の特別授業。

校歌の振付を渡してあげたいので、準備する。

夜も、パソコンで仕事をしている相方の横で、
音痴な歌を歌いながら、お茶の間で踊りの確認。

何もない、【間の1日】って、本当に必要。








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2012/01/24(火) 08:49:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雷、地震、大雪のダンス

昨日の英語でクリエイション、石川県からの参加者に、とってもうれしくなる。
そして今日は、日暮里でソロダンス。
ソウルで昨年10月に作ったソロ作品30分の再演。

プロデュースの宮下さんは、ご自身でもダンスの先生で、
フランス在住の日本人ミュージシャンの方と、継続的にコラボ公演を主催されておられるのだとか。

今回は、私のソロとの2本立て公演をしたいと、お声かけくださった。

朝、劇場に入り、機材や舞台美術としての布の相談をし、
スタッフの皆さんには丁寧に対応して頂いた。

夜の本番の最中に、雷、地震、そして、雪。
何事にも動じないで、公演はつつがなく終了。

終演後、外は大雪。

タクシーも捕まらず、大荷物なので、
宮下さんが、車で送ってくださった。

朝出る時に、タイヤをスタットレスに変えて来たのだと言う。
直感力と言うか、なんだか、守られてる…。

あったかいイベントでした。

ありがとうございました。


イベント情報
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1884.html





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2012/01/23(月) 08:43:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

dance? dance!でソロ作品上演2012/01/23

dance? dance!
2012/1/23(mon)

19:30 start


d-倉庫
d-soko
「日暮里nippori」
(JR山手線、京浜東北線、常磐線、私鉄京成線、日暮里-舎人ライナー)駅下車 南口徒歩7分
JR yamanote line, nippori station south exit 7min walk
map←
116-0014荒川区東日暮里6-19-7-2F
arakawa-ku, higashinippori

2500yen
チケットお申し込みticket: odorujou(@)yahoo.co.jp
またはJOU扱いと明記の上03-3994-7443/ emikomiya+ateliem(@)gmail.com

2演目オムニバスダンス公演:
1.JOU solo「resid-transferencing」30 min.
昨年10月に、ソウルの
mullae international arts festival2011
で滞在製作し、上演した、
映像インスタレーションパフォーマンスの再演をします。
ソウルの滞在日記
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1775.html

2.duet「lexicon」1hour
構成演出:さがえゆうじ
dancers:長沼陽子、江角由加


プロデュース:宮下恵美子
照明:安達直美
音響:サエグサユキオ


http://www.nettam.jp/bbs/detail.php?no=5362




1/23
今年初めてのソロダンス作品。韓国のフェスティバルで昨年初演したものを
東京で再演した。
この作品では、衣装も映像も音も全て、自分で手作り。
ダンス作品というよりは「インスタレーション」に近い
映像と身体で空間を創ってゆく作品。

この作品に込められている意味は深い。

だが、その深さを説明する必要はなく、なんとなく、 
【特別な何か】を感じ取って頂ければ、それで良いと思っています。

ダンスの意味なんて、お客様の数だけ自由に作りながら受け取ってゆかれるべきものだし、
第一、言葉で明確に説明できるものだったら、別に表現はダンスじゃなくても
良いじゃないですか。

文章やお芝居で十分表現すればいい。
言葉に100%ハマらない【何か】があるから、
私達は踊り、踊りを見、そしてお賭場と【何か】のスキマを埋めるために
ダンスがあるんです。

これは、私にとって、特別な1作品になりました。


当日の日記←










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2012/01/23(月) 07:01:42|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語でクリエイションWS2012年1月

英語でクリエイションWS
昨年の秋から毎月1回、週末に行なわれて来たWS。
新年からは、石川県からの参加者も加わり、うれしい限りです。
しかも、お2人の名前が、南さんと東さん。
もし、西さんと北さんが揃えば、東西南北、奇跡のメンバー揃いと言えることでしょう。
日本語がちょっとだけわかるYelenaも大喜び。

去年からのメンバーと新旧混合で、昨年行なったWSとクリエイションの復習と応用をしました。

来月2月末から3月にかけては、いよいよ10日間連続の集中WSです。
3/4のショーイングに向けて、あれこれ苦労もあることでしょうが、
やる気のあるメンバーが揃って来て、とっても楽しみ。

来月まで、みなさん、充実した時間をお過ごしください。


これからの単発受講者、フリーパス受講+ショーイング参加者、

ショーイング鑑賞、、、まだまだ募集中です。

ショーイングの後、アフタートークもやります。

英語的思考と日本語的思考の違いなども

非常に体感として面白いこのWS。


このWSとショーイングの体験を通して、

両者を使いこなせるようになり、

クリエイティブな未来を

参加者のみなさんそれぞれが

創造して頂ければ、、、と思っています。


ムサビの学生、赤井さんからの今日のレポート
WS report today

for more info.
english creation WS blog←

back to top←





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2012/01/22(日) 20:31:30|
  2. WS / Teaching
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨、東京



朝から、寒い1日。

お昼ご飯、自宅に相方の父上を招待し、昼鍋。

暖まる。


鍋はいい。

日本の冬を暖かくしてくれる。


今年は、鹿児島の囲炉裏会議から始まって、

何回か、人を呼んで鍋をしている。

美味しくて暖まる。

胃袋が暖まると、心も会話も、暖まる気がする。


ゆったりと時間が流れる。

お蔭で、今日はなんだかゆったりとしつつ、

いろいろなことが一気に動いた1日だった。



そういえば、朝の目覚めの夢は

スケジュール調整だった。

今、思い出したけれど。。







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2012/01/21(土) 23:59:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チームやめよう~それでもつくるのか



トーキョーワンダーサイト
雨の中、お茶の水から歩いて、トーキョーワンダーサイトへ。
今年はベルリンに旅立ってしまう足立智美さんと、今、英語でクリエイションWSで講師をしてもらっているYelenaが、展示パフォーマンスをやるというので、見に行った。

同じ会場の入り口に、公募作品が展示されていて
アーティストグループ名「チーム やめよう」
タイトル「それでもつくるのか」
この人達のネーミングとコンセプト編集の妙に、感心する。


チームやめよう~それでもつくるのか

この言葉、深い。nice!






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2012/01/21(土) 08:33:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5回目のWS@八丈島

2012/01/20(fri)
13:35-15:10
5-6時間目

八丈島の授業も、折り返し地点。

「台本を読むのを聞きながら、お芝居を作るのと一緒に振付けを作って行きたい」
という大樹先生の希望は、学校の時間枠では、残念ながら無理と言える。

「本読みの時間や演技指導のことは、担任の先生の範疇だから」

と制する高樹Pの言い分ももっともだ。


先生としても限られた貴重な時間だと思うので、子ども達だけでなく、先生にとっても発見のある有意義な何かを落とせる時間にしていけたら...とも思う。

先生方が発見してくださることがあれば、

それが子ども達に伝わる最短距離だとも思っている。

しかもそれはきっと、この先もずっと使われ続けるものになる。

私達が、一度関わるだけで終わってしまうようなものだけでない、未来に続く何かを残せていけば、それが何よりだと、思う。




先生の目標に寄り添い、
高樹Pの意図も汲み取りながら、
大樹がダンサーとして常日頃、
大事にしていることを
その間に落とし込むお手伝いをする。

その役目で動きながら、
松本大樹が表現者として大事にしていること、
伝えようと思っていること、
などなどが、改めて浮かび上がって来る。

それは、派手さやわかり易さはないかもしれないが、
人として表現者として、とても大事なことだ。
それは、キラキラと打ち上げられるものではなく、
じんわりと深く染み込んでゆく類いのもの。

それを、改めて知れたことに、感謝。

そして、それを、どういう言葉ややり方で
伝えるお手伝いをするか?

100%、人のために動く。
人の大事にしているものを伝えるために。
自分の大事にしているものと一緒に。

面白く、また貴重な、深く有り難い時間。







back to top←







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2012/01/20(金) 08:13:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4回目のWS@八丈島

2012/01/19(thu)
13:30~
5-6時間目

毎週、羽田空港で集合。

八丈島のお天気は、山のお天気のようにくるくると変わる。

さっきまで晴れていたかと思ったら、みぞれが降ったり、

雨、風、雲、、、視界不良のため、飛行機が着かないことも良くある話らしい。

しかし、今回も、無事到着。

今日と明日の連続2日WS。

とはいえ、学校の授業の枠を頂戴しての関わりなので、

1回でやれる時間は、通常のWSに比べると少ない。


今回の演劇の台本は、「ユタと不思議な仲間たち」

劇団四季のミュージカルが元台本。


「友情の大切さを伝えたい」
「子ども達がやらされるのではなく、

自分達でやるという発表にしたい」
とおっしゃる担任の先生の目指すところに
寄り添いつつ、

【コンテンポラリーダンス】という
彼らにとっては新しい馴染みのないものを
どう伝えてゆくか?

あっという間の授業の後、

一見のんびりと時間を過ごしつつ、

次のアウトプットをどう持って行くのが有効か、

意識の水面下では、フル回転している自分達がいる。






back to top←







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2012/01/19(木) 08:12:06|
  2. 学校/WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間の日に守られる

1/18
昨日の小5授業が無事終わり、
一息ついて、また明日から八丈島。

メイン講師から、アシスタント講師へ。
こうした立場の変化に対応して行く面白さと喜び。

で、両方やっていて、やっぱりアシスタントの立場って
断然、気が楽だ...。

決して、アシスタントでは、手抜きするわけじゃない。
アシスタントやサポート業務の方が、性に合っている、ということなのかもしれない。
しかし、アシスタントは、あくまでもアシスタント。
メインの講師の方向性を嗅ぎ取って、
その場で瞬時にサポートして行けなければならない。

メインとして、授業でやることに全責任を持つって、
アシスタントとはまた違う方向での、
やはりそれなりの準備や覚悟がいることなんだな。



今日は、たまった仕事を片付けつつ、少しずつ意識をシフトさせて、明日の準備へ。
こうして1日、間があるって、実に有り難い。
偶然のスケジュール調整の結果だったけど、お蔭で何か、守られてる。


朝4時に起きて、5時過ぎには家を出る。

寝過ごさないかと、緊張する。




八丈島WS top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2012/01/18(水) 08:13:16|
  2. 学校/WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小5に渡す ありがとうの気持ち

小5

今月2回だけのアシスタント、丸ちゃんが加わり、
かめちゃんとは、彼らが飯の種にしている舞台裏方の世界の話に、
MILLAとは、久々の再会に四方山話に、
と朝から積もる話に花が咲き、
おっさんおばさんの同窓会的な空気が漂う。

MILLAと丸ちゃんは、三浦宏之率いるMラボの立ち上げメンバーだった。
その三浦君は、Mラボを解散し、いつの間にか岡山に移住してしまった。

10年という月日で、人は様々に変化する。

さらに私がMILLAや丸ちゃん、三浦と出会ったのは、
2000年に故・野和田恵里花が率いたバオバブのダンス公演での
出演者同士、という時間だった。

その野和田さんは、43才であちら側に逝ってしまった。
残された人々は、共有した時間の記憶を持ちながら、
変わらず日常を続けている。





生きることも逝くことも、
地球と言う時間の長さからいえば
つかの間の出来事かもしれない。

しかしながら、制約のある身体を持ち、この世に生まれて来た私達にとっては
十分に長い時間、その身体を使い、生き続けなければならない。

私達よりさらに長い、これからの時間の可能性を持つ子ども達に
身体の専門家の立場から、伝えられることは
なんだろう?


今、伝えておきたいこと。。

それらを伝えるための工夫を 一生懸命、する。
社会の宝物である、子ども達のために。

おそらく、それは、先生方も同じ思い。
だから、私たちを誘ってくださったのだと思う。

そして、私たちの情報は、子ども達だけでなく、
現場の先生も、子ども達と一緒に
受け取ってくださる。

そうしたら、きっと、もっとスゴイことが起こる。
つまり、
教えることのプロであり、子ども達のことをより理解し、
子ども達のことをより思っている先生ならではのやり方で
私たちが残してゆく情報が
日常レベルで活用される時、
私たちが ほんの数日だけ教えるよりも、
もっともっと、大きな効用が
教育の現場で現れるのではないか?

準備の傍ら、そんなことも考えたりした。




お教室が狭いこともあって、1人1人の身体を
丁寧に見てあげる時間を過ごすことにした。

中には、すぐにふざけてしまう子もいるけれど、

たぶん、その子なりのやり方で、何かしらは受け取ってくれているハズ。

この時間に、できるだけ沢山の 身体の情報を渡したい。


2人でできるストレッチと動きの習得を、丁寧に時間をかけて行なった。


それにしても豪華なアシスタント陣である。


普段は、滅多に会うことがないけれど、
人生のある時期、ある場所で、ダンスでの時間を一緒に過ごしたことのある
同業者であり、仲間である人達。

そういう人達と、この貴重な現場を共有するために、誘った。

こうした社会的な共有体験を重ねて、
子ども達だけでなく、
体験をシェアしたダンスの人達の中にも
良い意味での変化が生まれるといいな~と思っている。


舞台とはまた違った方向での、
やりがいのある、発見に満ちた
温かい時間。


大人になってしまうと
なかなか、垣間見ることができない 学校の風景の中で
先生や子ども達の姿から学べる たくさんのこと。


いっぱい渡そうと、頑張れば 頑張る程、
子ども達や先生、アシスタント...
その場の皆さんそれぞれから
それ以上の何かを 受け取っている自分がいる。


温かくてステキな
ありがとうの気持ちになる。。


back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2012/01/17(火) 07:51:50|
  2. 学校/WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小学校の特別授業で大事なこと




月曜日。
明日の小学校特別授業の準備をする。
5年生。
今の小学校は、1学年2クラス位の規模になっている。
少子化の現れ。

人工が減った後のこの世代の子ども達は、これから先、私達が先送りし続けて来た
様々な問題と対峙して行かなければならない世代。

物質的には恵まれて育ってはいるが、社会構造上の負の財産を背負う宿命にある。

そんな彼らが、大人になった時に、自分や人の尊厳を尊重しながら
イキイキと自分の能力をフル稼働して未来を作って行ってもらうために、
私達がいまできることは、「見えないものを伝えること」
それはまさに、芸術の分野なんだと思う。

ただし、芸術を生活や社会から切り離して伝えては、効果も半減する。









My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




関連づけ、応用させる意識でもって、伝えていけなければならないと思っている。
  1. 2012/01/16(月) 07:50:04|
  2. 学校/WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい自分のための暮らし方

日曜日。
パリ在住のJOU弟が帰国中ということもあり、
自宅に家族を招いての夕食会。
相方が料理の腕を振るいます。

震災前からそうだったけど、震災後はさらに輪をかけて、家飯が多くなりました。
誰がどこの食材を使って、どう作ったか。
そうした1つ1つが見える状態で、暮らして行きたいと思っています。

できれば、お米とか野菜とか、自分達で作ってみたい。
そんなことも思います。

食だけでなく、
お金の力で他人任せにしていた自分達の生活を、
今一度取り戻して、検証し、体験していきたい。

そんなコトを考えています。

あまり器用な方ではないので
どこまでできるか、全く自信はないですが、
これは、本当にやってみなければわからない。

生きるということ、暮らすということ。
自分達にできるやり方で、他人任せにしないこと。

そうした一見当たり前のことのようで、
よくよく見てみると、全然できていないことを
1つ1つ、検証・実践していきたいです。

誰のためでもなく、自分自身のために。。






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。












  1. 2012/01/15(日) 06:44:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第8回クロワズモン・フェスティバルのお手伝い

1/14
クロワズモンフェスティバル
八丈島を朝9時、1便で出発。

お天気は、やや心配な感じでしたが、
無事に飛行機が飛んで良かったです。

一度家に戻ってから、
午後は、四谷三丁目の喫茶茶会記。
クロワズモン・フェスティバルのお手伝い。

何事もなかったようにいるけれど、
朝まで八丈島にいたことが不思議な感覚です。

昨日70才になったばかりの花輪洋治さんをお迎えしての会ということもあり、
サプライズで、バースデイケーキを準備。

花輪さんの鍛錬された美しい身体を、間近で拝見できた貴重な会でした。
精神の柔軟さを失わず、歳を重ねるって、本当に素晴らしい。

パフォーマンスって、本当に痛切にその人そのものを映し出します。
その人が舞台上で考えてること、感じてることや、常日頃考えてること、感じてることの積み重ねが、
ウソ偽りなく如実に立ち現れる。

その誠実な時間を、お客様と共有することが、パフォーマンスなのかもしれません。
















My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2012/01/14(土) 06:36:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年明け初の八丈島

3回目のWS
2012/01/13(thu)
13:30~
5-6時間目

羽田空港7:35am発


年末年始の九州から戻り、11日の内地の小学校5年生の授業をした後、

久しぶりの八丈島。

5年生のクラスの後の6年生だからなのか、

あるいはお正月休みで背が伸びたりもしたのか、

久しぶりの彼らは、「大きくなった!」

と思ってしまった。



2時間目の長いお休み時間に、まず学校へご挨拶に伺い、
担任の先生と打ち合わせし、午後の授業に臨んだ。


メインの講師ありきのアシスタント業務。

マニュアルのない作業に、さらにマニュアルのないサポートをし続ける、という仕事。

こういう、道なき道を進む感じの仕事は、本当に面白い。

そして、メイン講師自身も「担任の先生が目指す学芸会のお芝居のお手伝いをする」

という他動的な役割を担うがため、その落としどころを自分の中にしっかりともっていないと、作業にぶれが生じてしまうことになる。

わざわざ、自分達が関わることの意味を、自分達の中できちんと自覚していなければならない。


それぞれ違う世界にいるのだから、
本質は同じコトでも、表現の仕方ややり方が違うのは当たり前。


これから、大樹先生のサポートの立場から、
2人の先生と子ども達をつなぐ役目を、
自分はしてゆくことにもなるだろう。

そういうつなぎ訳は、得意なのだ。


大樹先生が大事にしていることと、担任の先生が大事にしていること、
本質は同じだ、ということが、最初の打ち合わせでわかって、安心した。


子ども達の動きにも、期待できる種がたくさん。

まだまだ遠慮してる様子だけど、

きっと大丈夫。









back to top←







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2012/01/13(金) 08:11:14|
  2. 学校/WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

多摩市立の小学校WS

1/11
多摩市立の小学校 特活室

多摩地区にある小学校5年生の特別授業。


八丈島で6年生のWSをした後では、やはり5年生は1年分の成長が違います。
改めて、この時期の子どもの成長率って、すごいな~と思います。
大人になってしまえば、1年経っても5年経っても、そんなに身体は
成長しないので、変わりませんからね。。


今日は、体育館ではなく、特活室。
狭いので、1クラスずつの授業です。
沢山は動けませんが、丁寧に伝えておきたいことを重点に
クラスをしました。

身体の使い方、繊細な部分をなんとか伝えたい。
それは、その感覚をつかんだ人にとっては、
一生涯の財産になるからです。



2人で重さをシェアしたり、自分の身体の中の伸びを感じてもらう
パートナリングを含めたダンスの学習をしました。
人間の身体が可能な動きは、身体の機能そのままなので、
ダンスは、科学です。そして、地球の重力上で踊る限りは、
重力やエネルギーの方向を、どう変化させるか、という物理です。

そうしたダンスの科学的認識を持つ人が
もっと増えて来ると
いいなあと思います。


今日と次回、2回にわたって、ダンサーの故・野和田恵里花さんが主宰した
「バオバブ」のダンス公演で共演したダンサーで、
今は妻子持ちのパパ、照明のお仕事ではプロでもある
まるちゃんを特別アシスタントで
お手伝いしてもらうことに。

今回の全面アシスタントのMILLAともバオバブ仲間なので、
最初は同窓会みたいな話の弾み様でした。

さあさあ、子どもたちのWSに意識を集中して
一緒に力を合わせますよ~。

こういう貴重な、社会的機会は、必ず誰かと共有することにしています。

結果、今日のアシスタント講師は、たけちゃん、まるちゃん、かめちゃん、
MILLA、と男3人(しかも2人はおっさん)と女子は私も入れて2人
総勢5人と言う豪華さ。


というのも、この「身体や性別、年齢の持つダンスのバリエーションを
子どもたちに肌で実感してもらいたい」
というのも、Odorujou的狙いだからです。



back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2012/01/11(水) 18:10:38|
  2. 学校/WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九州年末年始2011-2012

2011/12/22(thu)tokyo → kagoshima 羽田空港から鹿児島へ
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1865.html

2011/12/23(fri祝) kagoshima → kumamoto 大ドライブ~鹿児島から熊本へ
live@kumamoto 新町三畳美術館 熊本市
イベント情報
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1864.html
日記
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1870.html

2011/12/24(sat) yamaga onsen / kumamoto 山鹿温泉
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1871.html

2011/12/25(sun) amakusa / kumamoto 天草在郷美術館
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1872.html

2011/12/26(mon) kumamoto → kagoshima 大ドライブ~熊本から鹿児島へ
志布志湾の親戚から差し入れ(^-^)/
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1873.html

2011/12/27(tue) kagoshima/grand'mom's house
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1875.html

2011/12/28(wed)kagoshima/grand'mom's house
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1882.html

2011/12/29(thu)kagoshima/grand'mom's house
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1607.html

2011/12/30(fri) house cleaning for new year
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1876.html

2011/12/31(sat) 山宮神社の神舞 offering dance for gods
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1877.html

2012/01/01(sun) new year 謹賀新年2012
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1869.html

2012/01/02(mon祝) 年始の挨拶 greeting relative and family
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1879.html

2012/01/03(tue) sleeping day
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1880.html

2012/01/04(wed)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1881.html

2012/01/05(thu)囲炉裏会議 nice food, nice talk
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1883.html

2012/01/06(fri)農業体験講習会?! misunderstanding
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1878.html


2012/01/07(sat)曽於市熊野神社の鬼追い祭り
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1886.html

2012/01/08(sun)新年会ライヴ@アメタ食堂 new year luve @ ameta dinner
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1887.html

2012/01/09(mon)大掃除 cleaning up gran'ma's house
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1894.html

2012/01/10(tue) going back to tokyo 朝5時のリムジンで帰京
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1888.html








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2012/01/10(火) 22:24:25|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿児島から東京へ

朝5時に家を出て、親戚の家に車を戻し、
まだ暗い中、鹿児島空港域のリムジンバスに乗車。
1便で羽田空港へ。

年末から、いろいろ盛りだくさんの濃い~鹿児島生活だった。
しかし、地産の食べ物は、何もかも美味しかった。

鹿児島で米とか野菜とか、自分で作ったものを食べてみたい。

誰がどうやって作ったものか、顔の見えるモノや人に囲まれた生活がしたい。

自分のルーツのあるこの土地に伝わる、舞いの文化を学習し、保存発展させたい。

この地でやってみたいことは沢山ある。
「いつかそのうち~」ではなく、思いついたことは思いついたその時から
無理せず、しかし後伸ばしにもせず、できる範囲で少しずつ、実践してゆく。
3.11以降、Odorujouののんびり草の根活動は、即実行の方向へ休息にシフトした。

生活が破綻してしまっては元も子もないけど、
「いつかそのうち、誰かがやってくれたら…」とゆるく思い描いていたことについては、
責任を持ってとにかく実行することにしたのだ。

人間、いつまでも命があるわけではない。
この世界が、いつまでも同じように継続するわけではない。
そのことを身にしみて痛感したからだ。

なので、東京での仕事は有り難く継続しつつ、
鹿児島でやりたいことを、今年はできるだけやってくことにした。

新年。新しい年が始まる。



back to top ←kagoshima






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2012/01/10(火) 10:54:38|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大掃除@鹿児島



今日が最後の年末年始、鹿児島生活。
祖母の家や親戚の車を大掃除。
掃除の合間に、ぽんかんをもいで、東京に送る。
このポンカン、非常に美味い。ご褒美みたいだ。
なんのご褒美か知らないけど。。

ポンカンをもがせてくれた親戚から、桜島大根も頂く。
鹿児島の野菜を道の駅に買いに行って、東京に送る。

会える人に挨拶して、明朝は朝5時に出発。


今回、滞在中、ハイカラで人好きで
好奇心旺盛で、
いろんな人に優しかった祖母が
私達の出会いの滞在を
あの世から、
面白がって喜んでるかのような気がした。



back to top ←kagoshima






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2012/01/09(月) 10:07:00|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年会ライブ@アメタ食堂

鹿児島県鹿屋市


the new year live @ ameta dinner

2012/01/08(sun)

18:00 start


place:ameta dinner in kanoya, kagoshima

free admission





松本充明presents【 新 年 ラ イ ブ 2 0 1 2 】

●日時:2012/1/8(sun)18:00スタート
●場所:select recycle shop アメタ食堂(鹿児島県鹿屋市白崎町611 にんじん島森山ビル1F)
●入場料:無料(1drink order \300~)
●出演:
JOU(司会/コンテンポラリーダンス)
松本充明(バンドネオン)
アメタカオル(Voice)
平野治朗(?)
有村肯弥(Syn/Reading)


・松本充明 @matzmitz(http://artist-consul.visithp.com/artist/matsumoto/)
・JOU @odorujou(http://odorujou.net/)
・平野治朗 @HALROW_Lab(http://halrow.org/halrou/news.html)
・有村肯弥 @armr(http://jp.myspace.com/et_in_terra_pax)
・select recycle shop アメタ食堂 @ametasyokudou(http://ametasyokudou.jp/)




ustream←






1/5に囲炉裏会議を行ない、食い倒れたメンバーにて、
夕方、鹿屋市にあるセレクトショップ、アメタ食堂に集合。

ゆるゆると準備をし、ほくほくと終わりました。

なんと、宮崎県から遠路はるばる来てくださったお客様
しかも、親子で!

とってもうれしい新年初ライヴとなりました。




昨年夏、鹿屋の明照寺でのパフォーマンス「耳なし芳一」公演の時にお世話になった
「アメタ食堂」という、鹿屋市におしゃれなお店を構えるセレクトショップを経営するメンバーが
中心となって結成されているバンド「アメタ食堂」の皆さんと、「耳なし芳一」公演の朗読パフォーマーであり、公演主催者でもあった有村さんと、私と相方、、、というメンバー構成で開催。
usteam中継もしました。

アメタカオルさんの歌声、本当にステキ。
演奏パフォーマンスの中で、それぞれが新年の抱負を述べたり、
お客様も参加してのボーダーレス即興ライブ、
最後のオマケで短くやった相方のバンドネオンとダンスのトリオや
有村さんの朗読とサテライトの男子2人のトリオなど、
滅多に見られないお宝な時間が満載。

とても楽しく、そして贅沢な時間でした。
考えてみれば、昨年の夏であったメンバーがまた再会し、
こうして当たり前のようにライブができるなんて、
それだけで、本当に幸せなことです。
皆様にとって、今年1年、ステキな1年となりますように…。

ありがとうございました。

back to top ←kagoshima






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2012/01/08(日) 23:54:12|
  2. imporvisation live 即興パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

曽於市の鬼追い祭り

鹿児島県大隅半島の北部、曽於市にある

熊野神社の鬼追い祭り。

曽於市の養鶏の友人を訪ねてから、

神社へ。

ビンゴゲーム、太鼓、ひょっとこ踊り、そして鬼追い。

最後に、豆まき。

豆は、とっても美味しかった。

地域の一大イベントである。

近隣から家族連れや若者が沢山。

参拝者が多過ぎて、鬼が埋もれている。


「昔は、もっと真っ暗な中、鬼の出現が本当に恐ろしかったのだ、」

「ひょっとこ踊りは、市内の同好会のグループに頼んで、今年から入れることにした」

という話を伺った。

祭りを盛り上げるために、いろいろと演出を工夫しておられている模様。

太鼓も、林間に緑の照明を入れ、

舞台芸術のように空間演出されていた。

そうなると、純粋なお祭りというよりは、

エンターテイメント性のある「イベント」に近くなる。


ならば、興行的には、

休憩時間に、ちょっとした暖かい飲み物や食べ物を売って

運営費に回したらいいのではないか?


鬼の動きに、もう少し、振付け的な要素を加えて

演出してしまった方が、効果あるかもしれない。

などと、プロジェクト・コンサルタントの立場から、

いくつか、アイディアが浮かんだ。


今後の出会いの中で、機会があれば、提案してみたい。




ちなみに、鬼追いは、早朝夜明けから、住民主体での神事も

行なっている様子。

カメラマンの方に見せて頂いた写真は、どれも美しかった。


こちらの方はおそらく、純粋度の高い行事だろうから、

一度それも見てみたいと思った。




back to top ←kagoshima






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2012/01/07(土) 23:53:45|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

農業体験講習

鹿児島県曽於郡大崎町。

町営の物産館と温泉がある

あすぱるで見かけたポスターを頼りに、

「農業体験講習」

に行った~つもりが、

遅れて着いてみると、

グリーンツーリズムという民泊の講習会だった。

つまり、「農業体験」を「受け入れ」する農家の皆さんの集まり。。


やる気満々、エプロンに軍手、作業靴、首にはタオルマフラー、

という服装でいったのだが、

暖かい部屋で、スライドを見ながら、

プロジェクトについての説明を受けた。

ポスターを注意深く見なかった、

見間違いの勘違いミスだったのだが、

偶然ながら、面白い時間となりました。




大崎町、面白いです。


back to top ←kagoshima






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2012/01/06(金) 23:03:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

囲炉裏day

年末年始の滞在中、車を貸してくれた親戚を招き、

今日は、お礼の囲炉裏宴会。

囲炉裏端で、バーベキューと鍋。

昨日頂いたさつま揚げや、餅つきのお餅を焼く。

鹿児島の野菜は、どれも採れたてで美味しい。

シンプルだが、贅沢な食生活だ。

80才越えたという祖母の義妹のおばさんも来てくれて、

ちょこんと座って、ビールを飲んでいる姿が可愛らしい。

子どもは社会の宝モノで、いるだけで場を和ませてくれる存在だが、

人生のキャリアを積んだ長もまた、

そこにいてくれるだけで、なんだか特別で

うれしくなる存在だと思う。

年を重ねていくということは、それだけで

何もせずとも十分に、ステキなことだ。


おじさんに教えてもらって、
囲炉裏の宴の後、まだ暖かい灰に埋めて
作った焼き芋が、
めっちゃ美味かった。




昼の宴が終わり、食材が大量に残ったので、

8日のアメタ食堂新年会ライブの打ち合わせを兼ねて、

メンバーの皆さんを同じ場に呼ぶことにした。

急遽、お伺いした割に、続々と集まり、

囲炉裏会議、夜の部は、ぐっと平均年齢が若返って、

これもまた楽しいひとときだった。


「食」と「場」は、人と人とをつないでくれる。

その先に、「創造的なコト」が起こせれば、

そのつながりは、もっと豊かに楽しく、

膨らんでゆくのだと思う。

「コト」は、

「モノ作り」でも「ライブパフォーマンス」でも

「祭り」や「イベント」や「事業」でも、

なんでも構わない。

参加した人皆それぞれが、わくわくしたり、

何か触発されるものがあったり、

悩みや問題がふっとんじゃったり、

そんなことにつながれば、

それでいいんだと思う。


その「コト」を「ライブパフォーマンス」で起こす

沢山の事例を積み重ねてきた私達は、

そういう機会を、これからももっと増やしてゆきたい

と思っている。




back to top ←kagoshima






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2012/01/05(木) 05:12:48|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

養鶏コンサルタント

あすぱる大崎という、鹿児島県の道の駅は、

地黄と物産の物販と、宿泊施設と、温泉がある複合施設である。

ここにこの滞在中、縁があるらしい。


そこに有精卵をおろしている友人がいる。

厳選した飼料を使い、

個人で丁寧に養鶏していて、

卵も新鮮でとても美味しいのだが、

「サテライト」という会社名で出荷しているので、

知らない人が見たら、

営利目的の企業の事業の一環みたいで、

損をしているなあ~と思い、

手書きのイラスト入りのキャッチコピーで

宣伝ポップを作ってあげた。

売り上げは、上々のようである。

こういうコンサルタント的アドバイスは、得意なのだ。


他人様のプロデュースは、我ながら実に上手いが、

それが自分のことになると、なかなかできない。

不思議なものだが、まあ、それでもいいや、、、

「もらう」より「あげよう」

と思う今日この頃である。





今日は、その卵を買って、

志布志市の親戚の家に届けに行ったら、

お刺身をごちそうになり、

さつま揚げのお土産まで頂き、

またもや頂き物。。

このお礼をどうするか、

また考える。

それもまた楽しい。






back to top kyushu←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2012/01/04(水) 05:08:47|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。