jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

即興とは

ムサビのパフォーマンス授業。
最初に、今年のOdorujou活動の中から
パフォーマンスのヒントになりそうな映像を見せているうちに、
即興の話に。

即興には、3種類ある。

1。作品を作るためのブレーンストーミングとしての即興
2。ルールや構成を決めた縛りの中で行なう、パフォーマンスとしての即興
3。完全フリー、何も決めずに行なう100パーセントピュア即興

自由奔放で恐れのない自我の外し方と、第三の目的な全体と己を捉える知性とを兼ね備えることができれば、
3番の完全即興程、演じる方も見る方も、楽しいものはない。

それには、恐れからの自己解放と、常に成り行きを見極める冷静な知性とが必要になって来る。

一番良い状態の即興は、バランスボールの上で手足を自由にして、
空中でバランスを取り続けている状態に似ている。

これは、やってみなければわからないが、

やってみて一度わかると、一生その人のモノとなる。

縛りの多い世の中、せめて即興の時間くらいは

自由に伸びやかに、自己を解放し、

自分や他者を信じる経験を、

楽しみたいものだ。

完全即興は、大人の知的動的遊びと言っても良いかもしれない。





今日のメニュー

1. 即興ライブ事例紹介 ~Odorujou草の根ネットワーク活動での国内外ダンス映像
   即興には3種類ある 
(1) 作品を作るための経過、ブレーンストーミングとしてのネタ探し即興
(2) ルールや構成(ストラクチャー)など、予め決められた枠内でのパフォーマンスとしての即興
(3) 完全フリー即興~なんのルールも決めないで行なう
2.即興演習
(1) 全体空間の重力はどこか?
(2) 映像カメラが作る第三の視点~多重視点、多重意識を持つための練習
(3)パフォーマーと演奏者に分かれて、時間を決めてフリー即興する
(4)役割分担の選択も自由にし、時間を決めてフリー即興する



最後のフリー即興、オモシロカッタ!!




武蔵野美術大学メディアアート演習Ⅲ 2011
back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







スポンサーサイト
  1. 2011/11/30(水) 22:09:49|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムサビ授業 パフォーマンス

明日から
ムサビの授業。

今日まで、アーティストの霜田誠二さんが、

アジアのアーティスト達を呼んで開催する

ニパフというイベントのついでに、

ムサビで公開授業。

明日からの授業の確認がてら、

最終日に参加して来た。


インド、カンボジア、台湾、ベトナム、インドネシア、フィリピン、、、

と多彩な顔ぶれに、

慶応大学の先生や、学生さん達が混じって、

英語で自己紹介の後、外でパフォーマンス実習。


言葉が通じない壁を乗り越えて、

「表現」で即興的に交流できたような時間が

オモシロカッタ。







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/29(火) 22:05:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IDILL2011

原監督と一緒に作った「浅草ダンスビデオ」stage1バージョンが、
IDILLビデオダンスコンペティションにノミネートされました。
この機会にぜひ、ご覧ください。

お気に入りましたらぜひVOTEの黒いところから
オーディエンス投票できますので、お願いします:-)

good news from europe:

"I am honoured to inform you that the film 'JOUDANCE2 in Asakusa-stage1' has been pre-selected among 270 films!


The 24 pre-selected films will be online on www.idill.eu by 20th October. Online voting opens on October 20th and closes on November 20th. The film with the most votes will win the 2011 Audience Prize."

so, please check it, and if you like it, please click it:)
VOTE is also open for audience on the page.

it always good to see reaction from you.

thank you very much.

IDILLのwebページで見れます。
http://idill.eu/2011/?projects=joudance2-asakusa-stage1








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/28(月) 20:21:22|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンスポケット2011秋 鳥取

ダンスコング主催 第33回創作ダンス定期公演
ダンスポケット2011秋

日時:11月27日(日)開演15時 終演予定16時半
会場:とりぎん文化会館(鳥取県立県民文化会館)小ホール
入場料:700円
問合せ:鳥取大学附属芸術文化センター 
佐分利研究室 tel&fax / 0857-31-5130 
mail / dance.pocket@gmail.com

出演予定者:ゲストダンサーJOU、ダンスコング(鳥取モダンダンス愛好会)、ADM(あさいちダンシングメイツ)、
星のいり口(インクルーシブ・ダンスグループ)、鳥取大学附属幼稚園、鳥取大学附属特別支援学校リズミック、
城北リズムダンス、鳥取大学ダンス部、鳥取大学芸術文化コース学生、鳥取県・鳥取大学連携事業コミュニティアート講座「芸術をかじってみませんか」受講生




JOU work

title:
Parallel reflex-i.on
パラレル・リフレクション

2つの世界が同時に起きていること。
もう1つの世界を自分で創ること。



柿
柿。

朝のうち、曇り。けれど、比較的暖かい日曜日。

朝8時半に車に乗り、9時に会場へ。

午前中から仕込みをして、
JOUチームは、10:30から場当たりと明かり合わせ。

この時に、本番と同じ衣装をつけているので、

再び、撮影を試みる。

ゲネ、13時からの前に、

劇中映像の作成、再び。

編集
大活躍のPC。

ファイルのローディングの時間が長く、祈る様な気持ち。

ギリギリ、間に合って、ゲネに新しい最終版を持ち込む。

朝の映像と合わせてみると、やはり、こちらの方が断然、いい。

パフォーマンスも、やればやる程、良くなっていっている。

ゲネから本番までは、あっという間の、駆け足。


思いがけず、鹿野に滞在中の青木尚哉君が、

訪ねて来てくれたので、彼の紹介を兼ねて、

急遽、1分インプロデュエットを舞台にのせる。


ステキな時間でした。
青木尚哉君と
青木尚哉君とJOU


続く映像にのって登場の、大学生達も、その後

さらにはじけて登場の社会人&学生混合のダンスチーム、

ダンスコングの皆さんも、それぞれ、
がんばって踊ってくれました。

しかし、珍しく自分自身は、

ここ数年の間で初めて、撮影と映像編集に追われて、

他のチームのダンスをあまり

ゆっくり見ることができませんでした。

公演のクオリティは年々向上していて、

特にダンスコングのダンスの質感が飛躍したのが、

松本大樹君が振付した昨年の作品以降。

大樹君と鳥取とは、JOU以上に長い付き合いです。

彼は、「鳥の劇場」ができる前の

鳥取のダンスシーンを、

佐分利先生と一緒に育んだヒト、

と言ってもいいかもしれません。




近年になって、「鳥の劇場」ができ、

JCDNが公演をするようになってから、

鳥取の名前も、「鳥の劇場」とともに

全国に広まったようですが、

残念ながら、私も大樹君も、まだ一度も、

「鳥の劇場」にお伺いしたことはありません。


なので、

JOUが唯一知っている、鳥取のダンスシーンは

「鳥の劇場」ができる20年以上も前から、ずうっと

それぞれのお仕事をしながら、

地域に根ざしたダンス活動を続けてきた人達が

それぞれの町にいて、その人達が1年に1度集う会、

この公演です。

舞台
小ホールといえども、いつも大人数の作品をやらせて頂いています。

この公演でいつも感動するのは、

ダンス公演と言えば、

競争して勝敗を決めるコンペティションか、

誰々先生のリサイタル、的な会か、

オムニバス公演だとしても、

同じ様な年代の人達が集うだけの公演

であることが殆どである中、

老若男女、レベルもキャリアもボーダレスなまま、

それぞれの「ダンス」を披露するために集う、

というその在り方です。

打ち上げ会場
ダンスコング、ADM、お手伝いの方...沢山の方の情熱で、会が運営されています。
皆さん、翌日は、普通に月曜日のお仕事が待っています。


仕掛人は、

鳥取大学で教鞭をとりながら、

幼稚園、障害児童、シニア市民など幅広い層と

ダンス教育を通じて関わりながら、

教育者、研究者としてだけでなく、

表現者、創作者としても活動を続けておられる

佐分利先生と、

それに負けず劣らず、同じようにしっかりと

社会的な仕事を立派にこなしながら、

時間を捻出しては、作品を作り、舞台に立ち続ける、

ダンスコングのメンバーの皆さん。

今回で33回。


その記念すべき時間に、作品作りを通して

関わらせて頂けたことを、

深く感謝しています。

ありがとうございました。

ダンスコング3人娘
最後にお見送りに来てくださったダンスコングメンバーの中の3人。
えっちゃん、加藤さん、佐分利先生。




2011/11/24(thu)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1844.html

2011/11/25(fri)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1845.html

2011/11/26(sat)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1846.html





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/27(日) 00:36:20|
  2. Tottori
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホールで撮影


今回は、作品中に、映像を2つ使う。

音楽&映像でいつも助けてもらっている相方が、

今はまだベルリン滞在中なので、

自力でやらねばならない。

音楽編集は、ソフトもないのだが、

DVDからの出力に、音楽も一緒にのせてしまうことで

解決。映像に貼付けた音を、映像的に編集すると

希望通りの音に仕上がってくれる。

専門のヒトが見たら

「そんな雑なっ;;」と怒られそうだけど、

やれることを使ってやるしかないので、

これは妙案ではないか。



唯一使える、macについているソフト、i-movieの

有効利用、応用編?である。


ランチ


ベルリンのプロデューサー、ディータは

私のことを「ビデオアーティスト」でもあるんだと言っていたが、

なんだか、自分が最近、ダンスの枠をさらに踏み越えて

ボーダレスな領域に向かいつつある様な、

そんな気もして来る。

特に欲した訳でも、選んだ訳でも、ないのだが...。


それにしても、作るって、大変なことも苦にならない、楽しい作業だ。



back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/26(土) 15:48:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2日目の鳥取

昨日の練習が一段落して、

今日再び。

学生は授業やバイト、社会人は、仕事や家庭の合間に、

時間をやりくりしてのクリエイションです。


昨日と今日で、おおまかな流れ矢アイディアを伝え、

実践していきます。

ダンス部だけで40人くらいはいるのかな~;

これにダンスコング、ADMが加わって、そこに映像をはさみ、

総勢50人はいるであろう、大規模なグループ作品です。


今回の作品には、自分なりの大切なメッセージが込められていて、

それを皆さんと共有し、実現できることが、とてもうれしいです。

親カニ丼
親カニ丼。旬です。美味。

広い舞台での大勢の作品作りも、

限られた時間なので、

丁寧に作り込むことはできませんが、

ざっくりとデッサンするように、

思い切りよく、作ることができます。


この短い時間の勝負に、

ついて来れる鳥取の人々も、さすが。


3日で仕上げて、舞台にのせる、、、

通常ではあり得ないことも、

ここ、鳥取では、できてしまうところが、面白い。


鳥取のワイルドなリハーサルは、明日も続きます。


back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/11/25(金) 15:27:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みぞれ降る鳥取で

ダンスポケット~ダンスでつながる鳥取

ただいま~鳥取!という感じで、再び、到着。

風のため、飛行機は一度降りかけたものの、再び上昇。

予定より30分遅れての到着であったが、

機内で爆睡していたため、全くもって頓着せず。

逆に、ゆっくり寝れたのでちょうど良かった。


えっちゃんと茜ちゃんと、お昼ご飯を食べてから、

鳥取大学へ。
市場
市場のカニ。


夕方、大学のダンス部の練習に合流し、

日曜日の公演に向けて、リハーサル。

体育館は、2つに分けて使用するため、

隣でバレーボールやらバスケットやら、

やいのやいのやってる中でのダンスクリエイション。

しかし、鳥取大学ダンス部、毎年来る度に、

部長も部員もどんどん代替わりしてゆくのだが、

何か着実に、進化してきているように思う。


世代を経て積み重なってゆくものの

縮図を見ているようで、

非常に面白い。

かにどん
カニ丼

夜は、今回の主催団体でもある

ダンスコングの皆さんとリハーサル。

なんと、33回目の公演事業なのだという。

こちらの積み重なりにも、

メンバーの入れ替わりなどあるにも関わらず、

一朝一夕では得難い味が、実に素晴らしい。



個人的な踊ることの意味、

それを続けてゆくことの在り方、

そうしたものが社会に存在することの影響、

当たり前のようにある全ての

目の前の出来事を、もう一度、

本質を問いかけ、新鮮な目で

確認してゆくことが

今の時代、本当に切実に必要なのではないか、

と改めて思う今日この頃である。







goback to tottori page←







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/24(木) 10:18:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Dialogue project

dialogue
photo from project dialogue


Dialogue project


2011/11/07(mon) tokyo
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1826.html

2011/11/08(thu) tokyo-berlin
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1827.html

2011/11/09(wed) berlin
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1829.html

2011/11/10(thu) berlin
berlin performance site←
dialogue project
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1831.html

2011/11/11(fri) world is shifting
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1832.html

2011/11/12(sat) marseille~off day
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1833.html

2011/11/13(sun)montpellier music and dance live
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1836.html

2011/11/14(mon) how to use our imagination
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1834.html

2011/11/15(tue)eating a little bird~うずら料理
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1835.html

2011/11/16(wed)時代を背負う~live with " own generation"
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1837.html

2011/11/17(thu) cafe dialogue after years with spacial memory~さとけい
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1838.html

2011/11/18(fri)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1839.html

2011/11/19(sat)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1840.html

2011/11/20(sun)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1841.html

2011/11/21(mon)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1842.html

2011/11/22(tue) airplane tagel to narita
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1843.html

2011/11/23(wed)










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2011/11/23(水) 02:58:33|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

機内で夜更かし

22日朝、相方がTagel空港まで送ってくれ、
昨夜に引き続き、
久々、ゆっくり日本語トーク。

10:00にはゲートに入り、
入ってしまうと、本当に何もない。

ゲートが番号により分断されているため、
ただの待合室的な空間に閉じ込められることになる。

ベルリンは、小さな地方空港なので

日本からの便は、フランクフルトなど、大きな空港で乗り換えが必要。

フランクフルトに到着したのが、お昼の12:25頃で、

乗り継ぎは、12:40登場予定。

しかも、かなり遠いところにあるゲート。

焦って歩く。

way

ゲートに辿り着くとそこはもう、日本人ワールド。

しかし、日本に向かう外人が随分増えた。

やや少なめとはいえ、

今ではほぼ、これまでと同様な雰囲気にはなって来ている。

3.11直後にはあり得なかった。


機内では、再び、映画を見まくる。

至福。


go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2011/11/22(火) 19:46:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

the last day in berlin

日中は、マルグベンの友人でフランス人のダンサーカップルとお茶。

フランス語の会話だけでなく、母国を同じくする者同士の

共有感覚のようなものが起こり、

フランス語がわからないJOUは、早々にドロップアウトして

ソファーで居眠り。



french
feench world tea time

夜は、音金マスター夫妻の娘のかやさんが

訪ねて来てくれて、しばし、日本語トーク。

ひとしきり話し終わってから、

改めて英語とフランス語とを交えて

5人でディナー。

言葉の壁は、時に楽チンで、時にバリアを作ってしまう。


母国語以外の言語を複数持てるということは、

その人の視野を広げることにもなる。

今日のメモ。

kaya
kaya



Yesterday, we all were busy to study a new net work system

in order to share our thought for three years from now.

the network system has been evolved so fast.

it clearly, changing our life style

and effects our way of thinking.

today, during the day time, we had french guests in a cafe

so all french words.

I gave up to follow it, and take a nap on the sofa.

my mind is too tired.

the evening, we had japanese guest, so,

we talked japanese for a half of time.

the language makes wall to connect people.

somtimes it is good, sometimes it is not.


anyway, having more than one languages makes us

wide point of view to have a look our world.





go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


  1. 2011/11/21(月) 19:46:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会話からの気づき

table

「日本人は the other」だ

という他のドイツ人からの文章を、

どう解釈したものか、考えている。

「恥」という文化だったり、

「空気を読む」という文化だったり、

日本人の中の美徳は、海外では絶対にない類いの美しさと

そこにつけ込まれたときの弱さが同居している。

studio


世界は謎と不条理で満ちている。

その中で、私達が唯一頼りにできるものは、

「自分の心と身体」なのかもしれない。

「心」は、いかにも脆く、いとも簡単に

巧みな他者に制御されてしまう性質を持っているけれども、

「身体」は、現代社会の都市化デジタル化の中で、どんどん加速的に

衰退しつつあるけれども、

それでも、「身体」があって初めて、「命」が始まるということ、

「身体」の存在する間は、「生きている」のだということ、

この時間に限りある「身体」とどう向き合ってゆくか?

そこに何か、希望の光やヒントがあるような気がしている。


袋小路に迷い込んだ様な時代に。














go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/20(日) 00:26:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜日の市場

土曜日。

週末だけ、市場が立つのは、ベルリンでも一緒らしい。

冬は寒くなる土地柄のせいか、市場は、屋内に設置される。

宿主の家から歩いてすぐの場所にある屋内市場まで

会話プロジェクトの4人で歩いてゆき、

今日の食材を購入。

サーモンとマスを購入し、グリルで焼いて食べた。

美味。

ドイツは、チェルノブイリの被ばくを受けた地域もあり、

フランスからの原発の放射能のゴミを受け入れる土地もあるという。

そうした地域は、農業禁止区域になっていて、

原発に反対する市民活動が、20年30年もの時間を経て、

脈々と続いていたという背景があるという。

その結果として、日本の原発事故以来、

脱原発を掲げた最初にして唯一の国となったわけだが、

その理由には、今までの事業を廃止したことで

廃止コストがもっとかかる、

という理由もあるらしい。


統計を使った経済学の本に

「政治や行政では、お金をより多く使う道を選ぶ

というDNAがあるらしい」

という仮説があって、

その切り口が非常に面白かったのを思い出した。

そんなこんな、会話プロジェクトは、静かに深く進行している。




Saturday.

we four are walking to the market

to buy some food for this weekend.

nice and relax time.


through the time,

when we talk about our near future,

there is a way of using internet technology

in order to continue our dialogue in distance.


suddenly, we become very active to study google document

to learn how we can use it.


by the evening, we had skype meeting with saori,

and had nice long talk.

we had dialogue a lot about many topics, and issues.

speaking up the words helps us to aware what and how we are

I think it is very important process for all of us.




go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/19(土) 00:26:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

berlin night

own work
dialogue project with own works

会話プロエジェクト in Berlin 2011。

前回の2人の会話に、

davidとJOUのそれぞれのパートナーが加わって、

4人での会話プロジェクトが、改めて開始された。

同じ家に住み、一緒にご飯を食べ、

ゆるゆると、しかし確実に、

会話は積み重ねられてゆく。


event
theatre

今日の夜は、Odorujou「海外の話を聞く会」

の読者でもあったという庄司さんとのcafeトークと、

ベルリンの重要なアート・プロデューサーの1人で

JOU友人でもあるDieta氏の誘いで、

「4時間パフォーマンス」を見に4人で外出。

そこに、庄司さんと今夜会う予定だった

ダンサーのみなみちゃんとそのお友達も加わって、

総勢7人のチケット売り上げに貢献したOdorujou

草の根ネットワーク in Berlin

であった。

「4時間」って、本当に4時間、

「ハプニング・パフォーマンス」と言った方がいいかもしれない。

実に多様で多才なパフォーマー達が、観客との距離も含めて、

それぞれの思う"新しい出会いとつながり"の中で、

時間を共有しようとしている。

これは、世界各地で起こりつつある現象かもしれない。



event
fog in the place


Today, "dialogue project in berlin2011" has started

with david, malgven, mitsuaki,and JOU.

while this time, living in the same apartment, we eat, relax, and talk.

it seems nothing, but it is becoming something else.


tonight'event, JOU had cafe talk with miki shoji,

a japanese dancer who works in berlin for two and a half years now.


after the time, we all went to 4 hours event

by information from dieta, my great friend in berlin.


5 japanese, 1 french, and 1 german, we are as audience there.


it seems that trying to make a new "connection" by experimental event,

by each one who is very talented performers, in 4 hours.

the cake was good, anyway.


now, I think that kind thing is happening all over the world by airtists.

it is good.

> *AADK
> The State of Things
> *Vania Rovisco/Maria F. Scaroni
> November 18th
> 20 to 24
> Ticket 5,- Eur
> Kantine, Sophiensaele
> **
> Please come to the event elegantly dressed

web info.


go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/18(金) 09:38:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

last day in paris

故・野和田恵里花率いるバオバブのダンス公演2000年と
さとうまいみさんが神奈川にいた当時、3年計画で舞踊・音楽・演劇の
専属メンバー育成されてましたASK(神奈川芸術工房)
の舞踊メンバーで同期だった
ダンサーの佐藤佳子(さとけい)。

現在はフランス人のご主人とパリにて

育児&ダンス活動をしている。

今日は、テアトルドラビル(パリ市営劇場)

前のカフェで、お茶ミーティング。

膝を怪我して治療中とのこと。

久々の再会、楽しいひとときでした。

いよいよ今夜、夜行電車でベルリンに移動します。

さとけいのご主人は、家族旅行をベルリン夜行でした時に、

盗難にあった苦い経験があるらしい。

寝台車内での荷物、要注意。


しかし、時を越えてまた会えるというのは、

なかなか素敵なことです。

感謝。


keiko
keiko with injured knee

meeting keiko at cafe in paris.

keiko and me had perform together more than 10 years ago in japan.

by Art Studio Kanagawa, which produced by Maimi Sato around '96-'98

in Yokohama.

2000, dance for Erika Nowada who had passed away by cancer in 2006.



some spacial mamory to share between us...

anyway, good time to see each other!






go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/17(木) 09:37:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒトは皆、時代を背負っている

パリ市内南西部で、相方の即興コンサート。

ここはアジア系の人々が多く住んでいる生活圏。

マクドナルドの看板もアジア仕様。

こんな看板、初めて見た。


mcd

夜のライブは、2部に分かれていて、

1部は相方の入っている禅トリオ、30代前半

2部は大御所トリオ、おそらく40代?

「世代の違い」的なものを感じた時間であった。

ボルタンスキーの言葉を思い出す。

「ヒトは皆、時代を背負っている」

ヒトは皆、そのヒトが生きて来た世代を背負っている。



in south area of paris,

there are many asian people live.



mitsu plays gigi with hannes and

I call it "zen sound" which is very interesting.


the place is shared by 3 musician and sound engineer

as a house and sound recording studio.

nice place.




zen trio
zen trio

go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/16(水) 09:37:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

dinner with friends in paris

相方の古くからの友人、映像作家のマーク宅で晩餐。

フランス料理フルコースである。

うずらを初めて食べた。

丸焼きの姿に、ちょいビビるが、美味。

テーブルはクリスマス仕様。

デザートはチーズとシャーベット。

手間ひまかけた、手作りの晩餐。



うずら
うずら料理 a little bird

nice dinner at mitsu's friend's house.

they always make very nice cook for us.

tonight is like early chirstmas with a little bird on a plate.

it was good.

good food, music, and talk.

nice time to share.




go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/15(火) 02:46:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

back to paris


お天気の穏やかなモンペリエの町。

朝、町を少し歩いて、カフェで朝食をとり、

お昼のTGVでパリへ向かう。

今回のツアーでは、実に沢山の「場所」を見ることができた。

その「場所」の形態や運営やヒトは、

実に多様で、いずれも気持ちの良い出会いであった。

私達が自らの活動や仕事や人生において、

「必要とされるもの」

が、実際、本当に必要なのかどうか?

既存の方法に盲目に従っていては、

競争して勝ち取ったりしていかねばならぬ

多くのこれまでのやり方が、

本当に「必要」なのか否か?

「それしかないから」

と、いつの間にか、思い込んでいないだろうか?

私達の想像力と実行力は、全てのことを可能にできる力を持っている。

自分に本当に必要な分だけ、それを創造すれば良いのである。

それらを、自らの「必要」に合わせて創りだし

人々と、分かち合うことで、

世界は多いに素敵に変わりうるのだろう。

different ways to run it.
trip


a little walk in old town

after nice wethear in montpellier,

we took TGV for paris in the noon.

a little bit walk in the town before leave.

nice town, montpellier.

I like here very much.

this time of our tour, I have seen many

different place and space



what we need for our work, activity, life,

will be able t create by our own way.

we often have been convinced what we need are

no choice, in that we have to follow the way in past,

include fighting, or competitive way,

but in fact, it is not true.

we have freedom to make our choice

and to create by our own need, own way.







go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/14(月) 02:46:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

music and dance live in Montpellier

2011/11/13

フランス モンペリエにて music and dance live

に出演します。


JOU will be in Montpellier, France for music and dance live.

first time to visit there:)

report from the day←


2011/November/13th · 18:00 - 21:00
place:

La porte grise
43 rue de la Mediterranee
Montpellier, France

information from
Lauren Rodz

詳細
Hannes Lingens est un percussionniste allemand basé à Berlin.
Son travail se concentre sur les "objets résonnant, surfaces vibrantes"
sur la recherche de la forme qui n'a pas de forme.
http://hanneslingens.de/


Mitsuaki Matsumoto est un performeur sonore et un "audio-visualiste" basé à Tokyo.
Sa recherche se constitue autour de l'idée de "non-sens" pour laquelle il tente de créer un espace sensoriel traversant de l'acoustique au numérique, et du stéréo au multi-canaux.
http://www.4-em.org/


Le son du duo "Lingens-Matsumoto" sera donc quelque chose qui n'a plus de forme ni sens? Où est la musicalité?
Tout sera joué sur ce détournement....


Pour cette soirée à Montpellier, une danseuse "JOU " spécialisée sur la multiplicité de l'expression corporelle sera présente pour ajouter une dimension visuelle.
http://odorujou.net/


live
hannes and mitsu in the live space


photo -montpellier

go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2011/11/13(日) 10:48:26|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

music and dance live in Montpellier report

beautiful day
beautiful day

朝9時の電車に乗り、マルセイユからモンペリエへ移動。

駅からまず今夜の会場へ移動し、機材一式、置いてから

今日の宿へ移動。

全て徒歩で10ー15分。

坂と石畳が少々キツいが、お天気の良さが気持ち良い。

仕込みまで時間があるので、

日曜日の市場へ出かけ、

牡蛎とチーズ、野菜等購入し、お昼ご飯。

wine
wineshop

美味い。食文化、なるほど、南仏の充実感である。

胃袋からひたひたと、幸福感が増す。

至福。

そのまま午後、プロデューサーの家でまったりし、

夕方、会場に戻り、仕込み。

普段はガレージなのだが、車が3-4台は軽く入れそうな広さで

片付けたら、素敵なアートスペースに大変身。

お客様は、マルセイユと同様、連休にも関わらず

沢山来てくれて、大盛況の大好評でした。

JOUダンス、皆さんに、実に沢山、褒めて頂きました。



打ち上げで食べたエビ料理も、美味しかったな~:-)


oyster
oyster from market

It was another beautiful day in shouth france.

we took train at 9am, and arrived to montpellier around 11am.

sunday.

we had nice walk to the place where we are staying from the station.

going to market to buy some food for lunch.

oyster and cheese. very good!



place
the place we perform

the place where we perform is garage, but it has enough space.

we had good audience tonight.

many people came.

very good show.



se party
party after the event

after the show, we had good dinner, again.

the food here is amazing.

I loved it very much.




for more information of the event←


go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2011/11/13(日) 03:26:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

marseille~南仏

marseille


marseille station
marseille station

パリから新幹線TGVで3時間半。

アビニヨン、プロバンスを通り過ぎて、マルセイユへ。

暖かい気候に、青空。

これが、「南仏」かあ~。。。

と、着いた途端すでに、この町に愛着を持つに至る。
marseille station2


駅から歩いて15-20分。

今夜の宿は、プロデューサーの家。

パリ周辺都市からこちらへ、仲間ごと引っ越して来て、

活動を始めたのだと言う。

日本でも、そんな人々と出会っているが、

これは、世界的な現象なのだろうか?

これらの人々が、草の根ネットワークで繫がる先の

可能性を、すでに想像しているJOUである。





construction
under construction


アトリエでのライブは、大盛況。

沢山のヒトが詰めかけて、

大成功で会った。


私は、ベルリンでの会話プロジェクトが

連日深夜明け方まで続いた後の1日だったので、

相当なオフモードでのんびり過ごさせてもらった。

明日は、モンペリエで踊ります。


old town
old town

by TGV, 3 and a half hours from paris,

we arrived marseille, the shouth france.

blue sky, warm air, sun.

it already makes me good feeling to be here.

we walk around 15 min, to get a house where we stay tonight,

and we move to the atelier where mistu and hannes play this evening.

I was just hanging around.


atlliier
atelier

after intensive dialogue project in berlin-

in which we often had spent night to talk-

I need to take off to be relax a bit.

so, today, I am just nothing.
beer
beers after the party

there are one team from rossia too.

nice people.

there are so many people came to see the event.

very nice audience.

the organizers are moved from around paris to here

with friends, all together.

it reminds the paople ameta in kyushu.


corrective network would be happening in future,

between japan and here and there I imagin.

it will be nice.



bedroom
our bedroom
めでたい紅白の暖房






go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/12(土) 02:22:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界が変わる日~11.11.11

11.11.11とぞろ目が並んだ今日。

飛行場で支払ったレシートの数字を見て、「おおお」と思う。

ネット上では「2011年11月11日11:11に、世界が変わる」

という噂が流れたらしい。

本当に、世界は変わったのか?

それはわからないけれども、

常々、思うことは

「私達1人1人が行なう選択行動が、世界を変え続けている」

ということです。

地球上の1生物としての人間は、

おそらく、人間の中の細胞の1つと同じ様な関連で

地球に帰依しているのではないか、と想像しています。

私達1人1人が考えること、創りだすことは、

そんなに小さなことでも、

重要な要素となって

世界に影響し合っているのだと、

Odorujouは、思っています。




11_11_11
2011.11.11

Today is 2011.11.11

someone says in internet,

the time all the numbers are same,

it is the time that the world shift to a new world.

I do not know if it is true or just "S.F.manga"

however, when I get the paper it says today's date

"11.11.11", I feel like "wao!".


our world keeps changing by each of our decision

we make in daily life.

I imagine that we are all a part of our planet.


we are like one of cells in it.

why not we influence each others.


at the some time,

I imagine we all have different world to live

by own decision.

so, the world has been already not one or not same at all.

anyway, it is there.

it exists as what and how we want.


according to the idea,

what we are creating by our imagination is very important.


long way to airport
long walk to berlin airport


go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/11(金) 03:31:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Berlin dance site

ベルリンのダンス情報website

http://tanzraumberlin.de/index.php?article_id=211&clang=1


日本でもこういうの、必要だよね。

オーディション情報も載ってるよ。


go back to dialogu project2011 top←







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2011/11/10(木) 23:41:09|
  2. 海外ダンス情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

walk in berlin ~ dialogue project

cafetable
cafe talk

ベルリン「会話プロジェクト」2日目。

昼も夜もぶっ通しで「会話」してます。

個人的なことから、大きな話まで、

町を歩き、カフェに座り、会話をします。

会話は、お互いの情報や感覚や洞察の共有であり、気づきと探求であり、

刺激に満ちた知的探索の時間でもあります。

わき水のように、こんこんと、尽きることがありません。


AとBをつなぐ橋でもあります。

それはいつでもそこにあります。

ただ私達は、お互いを

鏡のように照らし合わせて、

それらを受け取る準備を整えるのです。


berlin town
bridge near to the wall area in berlin


it is the second day of dialogue project in berlin with david.

we are having on going dialogue which keep on going.

sitting in cafe, walking in the town,

we exchange and search words from our inside.

it is like shared time with full of stimulation.

we just reflect each other through the dialogue.


it is also same as bridge from A to B.


the words come as intuition or insight through dialogue

all the time.


it is like fresh water from spring.

we just need to be ready for receiving it.

it is already there.











go back to dialogu project2011 top←














My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/10(木) 03:03:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

dialogue project in berlin

cafe
a photo at cafe

霧の日。

ベルリンの町を探索しながら、

会話プロジェクトが始まる。

ここで行なわれた会話は、

やがて整理され、upしていこうと思っている。

それらは、ダンスにもなってゆく。

私達は、この今日の霧のように、先の見えない今を生きている。

霧の先に何があるか、

前に進む意外に、知る方法はない。


しかし、私達の想像力を使って、

何かを創造することはできるかもしれない。

私達の知恵を合わせて、

何かを知り得ることはできるかもしれない。


これまでも、そうやって、私達は進化して来たのだから。。


ベルリン---特別な歴史を持つ町。



夜は、ベルリンのコンタクトインプロジャムに出かけ、

その後、flat bというジャズ音楽で有名なライブハウスへ。

ジャムは8時頃から始まって、11時12時までやっている。

最後は、リーダーっぽいヒトが

「最後の人はドアをきちんと閉めて出てください。

閉め方がわからないヒトは、最後まで残らないように」

と言い残して、出て行った。

このアバウトさ加減が、非常に外国チックである。


ジャズのライブは、ドリンク代だけで、

テーブルチャージやライブ代は取られなかった。

それで大丈夫なのか?お店と音楽家達は...

と余計な心配をしたりして。。

berlintoilet
toilet entrance in berlin






foggy day in berlin.

not so cold as "winter", but for me

it is already cold.

i am glad to stay in the warm apartment.

today, after malgven had gone for france,

david and me walked to survey the town berlin.

it is our dialogue project.


there are many topics we are kind of jumping on

from one to the other

with walking and discovering the town.

as the fog today, we all are now living in the world

that we never be able to see what is the front of us.


only keep walking, we will be able to know what will be there.


I hope we can create something by our imagination.

I hope we can shared our information and intelligence

to know what going on and survive this world.




berlin is the city which has such

special history.



scuwat
berlin walk




after dinner shoped by me and cooked by david,

we went to contact improvisation jam in berlin.

so many people are there.


it starts around 8pm, and open until mind-night.

9pm-11pm is a kind of main time though.

after the jam, we stoped by "flat b"

a famous jazz place.

no admission fee, but only drink fee.


staying up until 1am and came back to home.


continue the dialogue session

wake up and talk until 4am in the morning.


long night...

berlin






go back to dialogu project2011 top←










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/09(水) 23:48:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルリンへ

F/Tのリレートークを中座して、
家に帰ってからずっと
仕事と片付けと支度。

結局、一睡もしないまま、

成田空港へ出発する時間になってしまった。

ルフトハンザは、成田を出て

一度南下してから北へ向かった。

それをわざわざアナウンスする。


そういえばドイツは、気にしてる国だから、かな。


フランクフルトで乗り換えで、

ベルリンへ。

フランクフルトについた途端に、いきなり疲れが出て、眠くなる。

moon
moon in berlin

バスと電車を乗り継ぎ、ダビデとマルクベンの新しいアパートメントへ。


「会話するプロジェクト」が今回の滞在の目的。


さっそくいろいろ、会話した。


しかし、すでに眠い。


時差ぼけかもしれない。



今回のベルリン「会話プロジェクト」

アーティストを中心に、町をお散歩しながら、

「会話」していきます。
ベルリン
malgven and david in berlin


arriving to Berlin after non-sleeping night in tokyo.

I am glad to be able to finish packing my suitcase before my departure time.

now, in berlin,

"project dialogue"

is begin.

room
room


photo:

go back to dialogu project2011 top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2011/11/08(火) 03:57:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

制作者リレートーク

別に制作者じゃないけど、
声かけて頂いたので、トークして来る予定。

I hope 「戦略ノウハウ」とか「自己宣伝」「自己アピール」のリレートークじゃないといいけど...
そんなんは別に、私は聞かなくていい。
それより、同じ業界の中で、自分達の問題意識や価値観を、前向きにシェアしたい。
貴重な1日、豊かな時間となりますように...I wish
http://www.next-nevula.co.jp/eve-meeting/


「これからの舞台芸術カンパニー、アーティストのステップアップ戦略を考える」
主催:Next(有限会社ネビュラエクストラサポート)
提携:フェスティバル/トーキョー

日時:11/7(月)14:30~18:30(入退場自由)
場所:「F/Tサロン」(ホテルグランドシティ 地下1階 「レストランセゾン」)
料金:無料




こちらに原稿 兼 補足資料、まとめました。
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1815.html


NEXTのレポート
http://www.next-nevula.co.jp/techo/eve/rtmt/01.php





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







出発前の限られた時間での参加でしたので、
皆さんのお話を伺えなかったのが残念でしたが、
とても有意義なイベントだったと思います。

それぞれの立場で、それぞれが「繫がる」「シェアする」
すでにあちらこちらで起きているのがわかって、
何かこう、希望が持てた気がします。




-------------------------------------------------
(1部)14:40-16:30 ステップアップ事例紹介(110分)
(公募型フェス・民間連携・公募公共劇場企画・地方演劇祭・地方公演・海外公演)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


go to dialogue project top←
  1. 2011/11/07(月) 22:53:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

F/T 制作者のためのリレートークでのJOUお話原稿

F/T リレートーク
NEXTのレポート http://www.next-nevula.co.jp/techo/eve/rtmt/01.php

さてさて、
お話でシェアしたいことをまとめてみました。
全部話しきれるかな。
以下、補足資料です。


2011/11/07 (mon)  
F/T 制作者リレートーク 
JOU [Japan Odoru Universe]

概要:
1.自分自身の活動の考え方と方法
2.海外で現在、起きている現象
3.海外からの日本に対する需要
4.これからを考える
5.未来予想図


1.自分自身の活動の考え方と方法 principal of my work: what makes me to do my works

observing human being 人間観察。人間が面白い / 全ての答えは、自分の中にある。

organic thinking 身体の仕組みを変換する
  sharing between people, information, place, and opportunity. - exchange/ connection/
得たものは、必ずシェアする。繋ぐ。ブロックしない。独占しない。抱え込まない。

work as reaction /  相手(周囲)の現状を知ることから始まる
自分の利益の「獲得」ではなく、相手に利益を「与える」ことを考える
「自分が得るもの」ではなく「相手にあげられるもの」は何か、を考え、行動する
問題解決のための提案。 / すき間を繋ぐ。足りないものを供給する

ーKey wordsー  つなぐ/シェア/give 


海外に関する事例:(草の根ツアーのお金のこと←)
(1)TPAMアーティストシェアブースの発起independent aritsts japan←フェスティバル開催地と地元アーティストをつなげたかった発起のきっかけ
(2)デンマークへの振付作品提供きっかけは、”悩み相談解決”案
(3)ベルギー 自腹レジデンス ←若者を連れ出そう ← 3.11 ← 来日公演のお手伝いのお手伝い 
参考)ヨーロッパ自腹リサーチ2011夏
(4)ムレ国際芸術祭2011(ソウル)←youtube映像 ←韓国人(競争相手)からの紹介←韓国コンペに自費参加
(5)LUFF2011への招聘  ←キャンセルの尻拭い ←東京ライブのアレンジお助け
LUFF本番
参考)2011年10月の欧州リサーチ全編

memo:英語力/視点と立場の切り替え


2.海外で現在、起きている現象 

(1)過去の具体例:情報のシェア~海外で活動する日本人アーティストから、海外の芸術環境の話を聞く会

(2)背景
税金予算で保護 :外交手段、ステータス、国や地方都市のイメージup / 利用価値: 外・内
アーティストも制作者も、雇用される (契約書 ・失業保険)=法律
政策や法律の改訂に翻弄される立場を自覚している

(3)経済縮小の影響:
経済悪化と時代の終息~仕事と予算が減って来ている / 低コスト化
活路を模索している / コンテンポラリー(同時代の反映)


3.海外からの日本に対する需要

(1)新しい需要を求めて 
   未開拓市場への参入:日本、アジア、アフリカ、インド、南米

(2)日本の魅力 、日本への憧れ  混在する風景の特異性(渋谷の交差点~座敷)
・食文化 / オリエンタル幻想(秩序と調和)/ メディアとテクノロジー(オタク)

(3) 3.11後の日本への反応
震災後から時間の経緯とともに、刻々と変わっていった日本の立場 / 気にするヒト、気にしないヒト

4.これからを考える

(1)模索の方法:草の根活動=D.I.Y. / 根っこのある活動=地元とのつながり

(2)それは本当に必要か? =お金は、手段のための補足物 

(3)現状:多くのヒトが、新しいシステム、価値観、考え方と繋がりを探している

(4)起点: アートの役割 / 自分の役割

5.未来予想図(Odorujou活動で、仮説の実証実験をしている)
give meからshareへ
20世紀型と21世紀型のつながり方・仕組みの違いとは sifting / switching




memo:
□全ては、ヒトとヒト
□共有財産は減らない
□ 想像力と実行力で創造できる立場であることの自覚
□ ワクワク感が物差しになる~Odorujou[わくわく心躍る状態]

それが、内輪の利益追求だけでなく、
より多くの人々にも
利益や機会をもたらすことであるならば、
きっとうまくゆく


アートは、白波




オマケ情報:

○英語でクリエイションWS & Showing @森下スタジオ
2011/12/18(sun)・2012/01/22(sun)・02/26(sun)-03/04(sun)
http://odorujou.exblog.jp/
参加者募集中!~経験不問・やる気必須

○IDILL2011 ノミネートされました ビデオダンス作品【JOUDANCE2 in Asakusa】
視聴者投票11/20まで [VOTE]から~ http://idill.eu/2011/
浅草ダンスビデオ:http://odorujoudance.blog17.fc2.com/


参考資料:
コンテンポラリーダンスとは(本質、歴史、社会的状況)
ダンスの事情考察
大切な原則
震災後1ヶ月、ようやく言葉になり始めた、新しい起点
2010年のワーク一覧


T/F制作者リレートーク概要page
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1815.html


go to dialogue project top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/07(月) 13:08:14|
  2. thoughts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原っぱ祭り

2011/11/6(sun) afternoon
open space event in park, Mitaka, tokyo

11/6の午後
三鷹の原っぱ祭り

味家帖という2人のユニットで
神出鬼没に時々、ご一緒させて頂いてる
フルートのMiyaさんと、即興ライブします。

music & dance

music: Miya / Bertrand Gauguet(2nd performance only)
dance: JOU / MILLA(1st performance only)

ゲスト参加予定だった花輪洋治さんは
都合により来れなくなりました。残念...。
またの機会に:-)



時間は、午後、というだけで
ゆるゆるな感じです。

・武蔵野はらっぱ祭りホームページ →http://the-harappa.net/

・武蔵野はらっぱ祭り公式ブログ →http://theharappa.blog118.fc2.com/



たぶん、14時~16時頃じゃないかと勝手に思っています。

遅くても夕方には終わります。




しばふ
最初の舞台は、公園の芝生の上。MILLAとデュエットしました。

MILLAの都合により、着くなり、いきなり~芝生の上で踊りました。
Miyaさんもフルートで参加。

武蔵野公園のすぐ向かいの多摩霊園には、
ダンサー・野和田恵里花と、
青山劇場プロデューサーの高谷さんが、
それぞれ眠ってらっしゃいます。

その近くでJOUとMILLAが踊る
というのは、何か特別なことのような気がします。

2000年に、私とMILLAと同じ公演で
野和田恵里花率いるバオバブの出演仲間だった、
伊藤虹さんも、早くから
子連れで来てくれていたようでした。

今日は残念ながら、先に帰ってしまって会えなかったけど。

MILLAが仕事のために急いで帰った後に、

今度はステージ上で、フランスから京都にレジデンス滞在中の
サックスのベルトランドさんと、フルートのMiyaさんと、
3人で即興ライブをしました。

20分ばかし、とっても面白い時間でした。

抽象的で、見慣れないダンスに聞き慣れない音楽で、

前後のバンド音楽とは異質の、

かけ離れた空気感のものでしたが、

いつの間にか自然とヒトが集まって、

立ち見にも関わらず、熱心にずっと、見ていてくれました。

近所のおじさんが喝采してくれたのが

うれしかったです。



原っぱまつり
次の舞台は、原っぱ祭りの仮設ステージ上で
フルートのMiyaさんとサックスのベルトランド(フランス)と。


打ち上げ
after performance





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/06(日) 09:16:26|
  2. imporvisation live 即興パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語でクリエイションWSの真価

WS3回目。

前回から引き続きのヒトだけでなく、

今回初めて参加のヒトがいるにも関わらず、

WSの時間そのものが、進化しつつあるようです。

これって、「積み重ねる」ことの面白さ。

ws jou

今日の午前中のJOUによるウォームアップクラスも、

最後には、英語コミュニケーションの要素を取り入れて、

楽しみながら十分に身体をほぐし、

午後からのクリエイションに備えました。

ウォームアップのクラスだけに来たヒトも、

好きなこと(ダンス)をしながら、

気楽に英語を試す良い時間

になったようです。

eng_ws
before creation ws, a little orientation by chisa

午後は、yelenaが加わって、

前回のクリエションの続きです。

彼女が提示するお題は、

普段、言葉を分析したり、

厳密にその言葉の用途を使い分けて

物事を捉えたりする

ことを私達に経験させてくれます。



こうした言葉と思考を、最後には動きに変換させてゆく

という実験を繰り返しながら

お題の本来の意味を理解してゆきます。

これって、普通の生活ではあまり要求されないけれど

実はとっても重要なことかもしれません。


例えば今日は、

「反対/対極の」という単語と「矛盾/反論」

という単語の使い分けが

私にとっては、歯がゆい感じに

霧がかかっていて、

非常にもどかしかったです。

逆に、「ecplain」が突然全員、クリアになって

スイスイできちゃった瞬間とか、

集団連鎖現象もあったりして、

本当に面白いです。



クリエイティブな刺激と言う意味でも、

身体的な刺激と言う意味でも、

人生を改善させてくれる思考回路の習得練習、

という意味でも、

なかなかどうして、

実に貴重な、

実り豊かな時間です。



wstalk
creation time-talk and move!


単発受講も可能ですので、皆様、ぜひ、体験にいらしてください。


Let's open the door for your future!

for more information:
http://odorujou.exblog.jp/




back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2011/11/05(土) 23:24:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放課後の国のアリス

懐かしいもの発見。
放課後の国のアリス
http://www.m-n-j.com/medianetjapan/fauxfuyant/alice.html

当時の中学生達はもう、立派な大人。
ママになったチェルとは、浅草ダンスビデオの撮影の時に再会できた。

他の皆も、元気でいるかな~?







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/11/04(金) 02:00:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。