jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギャラリーヴォルト訪問

千代福夏祭りの時に、小学生のお客様がいて、

一緒に話をして遊んてもらっていたのですが、

福岡のギャラリーヴォルトのオーナーご夫妻のお孫さんでした。

ちょうど、31日、今日から江上さんの個展が開かれるというので、

昨日のグダグダぶりから、ようやく復活して、

今日は、ギャラリーまでお出かけしてきました。


eitoさん
ギャラリーで待ち合わせたeitoさん。

森さん
オーナーの森さん


今日も引き続き、ずっとだらだらしてはいましたが、
ギャラリーを訪れるいろんなヒトとお話できて、
特に、江上さんの「幸福より自由が欲しい」
という言葉が、カッコ良かったです。

「自由」

大事だよね。


私自身も、いろんなことから
もっともっと自由になるために
活動したり 学んだり 励んだり
それが自分の歴史の一部になっています。





back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






スポンサーサイト
  1. 2011/08/31(水) 19:17:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福岡の夏休み

九州草の根ネットワークツアーも、
昨日のトークイベントで、ちょっと一段落。


昨日の便で相方も帰ってしまったので、

今日は、ずっと1人、紺屋の部屋で、いつまででも、休息。

2階だけ、外へお弁当を買いに出ました。

外で「スーパーはどこですか?」と聞いたのと

紺屋のマネージメントの方に、ネットのパスワードを伺っただけで、

今日は誰とも話もしていません。


パスワード入れても、

ネットが繋がらなかったので、今日は、本当にお休みday。


konnyaroom



ずっと走り続けた後には
こんな風に、何もしない日が、
必要なんです。



back to top←










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/08/30(火) 19:02:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8/29 アートサポートふくおか・文化政策ミニレクチャーVol.5

福岡でお話します~。ぜひ、お立ち寄りください。



アートサポートふくおか・文化政策ミニレクチャーVol.5
ダンスと地域・社会~「繋がり」をつくる~

◆日時:2011年8月29日(月)19:00~21:00


◆場所:福岡市NPO・ボランティア交流センター「あすみん」セミナールーム
(福岡市中央区大名2-6-46 青年センター5F) 

●スピーカー:JOU

◆参加費:500円

◆申込み:FAXまたはメールで、①お名前②ご所属③ご住所④電話番号⑤メールアドレスを
アートサポートふくおかまでご連絡ください。

電話090-7462-1657 
FAX092-591-6517
メール office@as-fuk.com 





東京都在住のコンテンポラリーダンサー、振付家のJOUさんが、地元台東区芸術文化支援制度を受けて製作した、地域密着型ダンスビデオ作品「浅草ダンスビデオ」(13分)の上映と、トークのイベントが、福岡で開催されます。

プロフィール:
JOU (じょう)
コンテンポラリーダンサー/振付家
ダンス・プロジェクト・ユニットOdorujou主宰。U.S.A、マレーシアで暮らした後、2000年より東京を拠点に、国内および海外で活動中。2008ソウル国際振付フェスティバルにて、外国人振付家特別賞受賞。横浜市立小学校 アーティスト特別授業講師/パフォーマンスキッズ東京・大島2010、パフォーマンスキッズトーキョー2011 派遣アーティスト/武蔵野美術大学非常勤講師/鳥取大学/ UK等、各地でワークショップ開催。http://odorujou.netにてweb日記更新中。

浅草ダンスビデオとは
「街の魅力を伝えながら、ダンスに興味のないヒトでも
楽しんで気軽に見れる、ダンスビデオをつくりたい!」
というコンセプトにより、コンテンポラリーダンス作家のJOUと、
映像作家・氏家裕太とのコラボレーション製作により、
2002年に作られたオリジナル版をもとに、
平成20年度台東区芸術文化支援制度対象事業の支援を受けて、
映像監督・原正之の協力を得て製作された
新しいスタイルのダンスビデオ作品。
詳細:http://odorujoudance.blog17.fc2.com/

http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1639.html





Odorujou浅草ダンスビデオ上映&トーク@福岡市あすみん(ネットTAM情報掲示板 @nettam_jp) http://www.nettam.jp/bbs/detail.php?no=4667




2011/08/29 diary←



back to top←




  1. 2011/08/29(月) 22:04:08|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久留米から福岡へ。地域とダンスのトークイベント@あすみん

久留米にある水天宮は、日本橋にある水天宮の本社らしい。
というコトを知り、今度こそ、訪れようと思っていました。

北田さんのお陰で、ようやく願いが叶いました。

水天宮 久留米

こども守り
子ども守り。これは、東京の水天宮にはないです。


狛犬さま
本殿の後ろの小さなお社をまもる狛犬。

筑後川
筑後川。




プチ観光の後、一路、電車で福岡へ。
移動

福岡までは、1時間程の距離です。
相方は今日の夕方の便で東京へ。

私は、1人残って、福岡市、大名にある
アーティストレジデンス施設、紺屋2023に滞在します。

紺屋

チェックインの後、古賀さんと相方と、
しばし、お茶の時間を過ごしました。
お茶
至福のスウィーツ。


今夜は、青少年センターで
アートサポートふくおかの主催で、
浅草ダンスビデオの上映会と、
地域とダンスに関わるお話をしました。


沢山、しゃべりました。

皆さん、熱心に耳を傾けてくださいました。


言葉にすること、実際に行動すること、
共有すること、、、

私達にできることは、工夫次第で

沢山あるように思います。

あすみんトーク
古賀さんの進行でトーク。


for more information←

back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








  1. 2011/08/29(月) 18:26:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011/08/27@千代福 久留米

2011/08/27(sat)-28(sun)
Kurume, Fukuoka, Kyushu, Japan
4th Chiyofuku summer festival
http://chiyofuku.jpn.org/

千代福 外観


第4回千代福夏祭り:
8月27日 (土) 13:00~21:00【+ BBQ 】
28日 (日) 10:00~16:00
プログラムprogram:http://chiyofuku.jpn.org/
会場:アートスペース千代福 (久留米)
place: Art space Chiyofuku

-ライブパフォーマンス
live performance: JOU(dance) + 松本充明Mitsuaki Matsumoto (sound)
8月27日(土)17:00~
27th August 2011
17:00 start

JOU 振付家/コンテンポラリーダンサー choreographer, contemporary dance
Mitsuaki Matsumoto sound performer, 視聴覚作家


-アートムービーArt movies:
高山 穣、 津田三朗、 JOU, +

8月27日(土) たそがれ時around sun set time ~
【+ BBQ 】

film
Joe Takayama Mitsuo Tsuda

-flowers「Paradise」2010、2011

- JOU -「浅草ダンスビデオ」2008 -
JOUDANCE2 in Asakusa 2008

chiyofuku


他、ワークショップやインスタレーションなど
豊かな自然に囲まれた元酒蔵のギャラリーで
アートな夏の1日をお過ごしください。


for the weekend, there are WS for pottery and the others during the day time.
the space is located in nice green area, and it used to be a sake factory.
have a good artistic day in Chiyofuku!


2011/08/27
photos ←

2011/08/28←


back to top←





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2011/08/28(日) 22:57:07|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千代福夏祭り2011 2日目

昨日のライブパフォーマンスと、ビデオ上映&トークが無事大盛況に終わり、

今日は、午前中に石橋美術館で展示中の「ビタミンアート展」を見て、

公園の中でお昼ご飯を食べてから、

お片づけも兼ねて、再び千代福へ行くことにしました。

天井桟敷
道の途中にあった「天井桟敷」の看板。天ぷら屋さんですけど。

お弁当
ビタミンアート展の展示「お弁当」
美味しそうです。

ビタミンアート展とは、千代福のメンバーのお1人が主催されている
誰でも参加できる展示会です。

子ども達の作品、心が和みます。

まさに、「ビタミン」もらいました。






ひもWS
午後、千代福に着いてみると、
木工アクセサリーと紐作りWSで、賑わっていました。

紐は、カラフルな糸を、マイブレンドで選んで、
くるくるしたり、編み込んだりしていくと、作れます。

色がきれいで、ついつい、熱中。

木工は、自分で穴をあけたりできなくても、
「ここをこうしてください」

とお願いすると、プロの道具でくいっとやってもらえるので、

これもまた、楽しかったです。
かけら


最後の最後、撤収の時間が少し空いた時に、

昨日パフォーマンスを見られなかったと言う石井さんとeitoさん、

酒蔵ギャラリーの大家さんのために


今度は新庄さんの木工作品のエリアで、

お礼の気持ちも込めて、

相方とプチ・ライブをしました。



坂井さん


夜は、坂井さん宅で、ご飯に呼んで頂きました。

旅の外食が続いていたので、久しぶりの内食、

とても有り難かったです。

ありがとうございました。




for more information←

back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








  1. 2011/08/28(日) 17:58:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011/08/27@千代福夏祭り 久留米

昨日は、夕方、大雨に振り込められたが、

今日はなんとかもってくれているお天気。

朝、千代福シェアメンバーの北田さんの車に便乗させて頂いて、

久留米市から車で15分程の

千代福ギャラリーへ向かう。

ここは、昔、お酒の工場だった建物で、

駅から20ー30分、国道を歩き、
緑の農地を横切り、し、都会の喧噪から遠く、
そういう意味では、楽園の様な素敵な場所なのである。

eito
夏祭りのための建物インスタレーション、eitoさんの作品がかかっている千代福。

酒蔵の持ち主である大家さんは、建物の隣に住んでいらっしゃって、

イベントや来客のときは、ちらし寿司をお重に用意してくださったりする。

千代福名物

今日は、アーティストの新庄さんや北田さんからも
おかずやお握りが...

私達も、ホテルの隣の八百屋さんで見つけた巨峰を
手みやげ差し入れに持参。

スイカ
新庄さんが作られたというスイカも。

こういう食本来の豊かさって、大事だと思う。

食事中
おいしいご飯、ありがとうございます。


作品
通常展示作品を二階の階段から見た風景。


真酎シタール
楽器の準備中の相方。

eitosann
2階のeitoさん作品。

メルト
階下からみると、メルトダウンしちゃってます;;


陶芸
陶芸教室も、大盛況でした。


木工
明日の木工アクセサリーWSの準備を始めています。


ライブパフォーマンスは、1階のギャラリーの津田さんと岡田さんの作品のエリアで行いました。
千代福の様な、歴史のある面白い場所で、アート作品と一緒に踊る即興。
場所とモノとヒトが生み出すエネルギーを、繋いだりほどいたり、
寄り添ったり、仕掛けたり、多様に感じ、動かしながら、踊りました。
chiyofukulive

photo from okasa san
皆さまにもご好評のコメントを頂き、
何よりもその時間そのものが、とても素敵な時間でした。
ありがとうございました。


BBQ
ライブパフォーマンスの後、BBQ。ここでも「焼き物」は陶芸家の松尾さん担当?!


夕暮れ
美しい夕暮れ。

chiyofukuvideo
ビデオ上映会は、屋外の外壁で。

上映会
幸い、雨なく、最後まで見ることができました。

実は、上映会が終わった途端に、雨が降って、
急いで撤収をしたのでした。

お天道様にも助けて頂いた、千代福夏なつり初日でした。


「浅草ダンスビデオ」、小さなお子さんにも喜んで見て頂きました。

名司会、津田さんの進行のお陰で、沢山お話しました。


for more information←

back to top ←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/08/27(土) 08:10:10|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久留米再び

今年の2月に、久留米に転勤になった弟一家を訪ねて、

再び、久留米入り。

宿も前回と同じところに落ち着いた。

日中、まずは旅行中の洗濯物をさせてもらいに、

義妹と姪っ子達のいる家に遊びに行く。

8才、5才、2才、と三姉妹。

女の子なので、暴れ回ることはない。

年齢が近くて3人もいると、

大きくなったら洋服の貸し借りもできるし、

おしゃべりしてても飽きないな~いいな~。


子どもと一緒にいると、その遊び方の変移が

面白くて仕方がない。

おもちゃなんかなくたって、彼らは

きっとずっと、何かしらモノを変容させて

遊び続けるのだ。



大人が子どもに学ぶことは多い。

その分、大人は子どもを守ってやらなきゃいけないのだろう。

子ども達は、遊び続けることはできるが、

大人社会を生き抜く術や、情報を読み取る力、

それらを踏まえて、自分で選択できる力は、

まだないのだから。


五十番
夕飯は、餃子の五十番へ。

水餃子
名物、鉄板餃子も旨かったが、水餃子も好きでした。








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2011/08/26(金) 16:54:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

呉服万博2011オープニングイベントのリハーサルWS

西郷さん
城山の麓の西郷さん。

そば
そば定食を頂いて、出発~。


鹿児島市は、宿泊エリアの城山周辺しか見れないまま、

今日は、九州を南北に走る高速バスに乗って、

一路、佐賀へと北上する。

佐賀行きの直行がないので、

福岡行きに乗り、途中の高速基山というバス停で乗り換える。


旅する夏である。


熊本
美しい車窓。



基山
乗り換えのバス停。




夕方、佐賀に着くと、呉服万博の実行委員長と副委員長がお迎えに来てくれた。

宿にチェックインして、今日の会場、CIEMAに21時集合。

営業時間後に、作業をするのだ。

学生有志諸君、皆さん、美術の学生さんで

パフォーマンスは初体験。

それでも、照れることなく、持ち前のセンスを活かし、

なかなか良い動きをしてくれる。

もっとかかるかと覚悟していたが、

わずか3時間程で、WSリハーサルと撮影が終了。

ciemaりは

とはいえ、すでに24時。

ようがんばりました~。

本番が楽しみです。


宿に帰ってから、撮影した映像を、がんばってまとめる作業。


これ、早めにやっとかないと、絶対できない。

がんばったのだ。




明日は、久留米に移動するのだ。






呉服万博2011←


back to top←










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/08/25(木) 16:34:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿児島市

はみ
夏休み気分、満載。


大隅半島と鹿児島(薩摩)は、昔は違う国同士だったという。

今日は、薩摩の国に向かって、大移動。


親族
親族&家族。


しろくま
鹿児島名物、しろくまアイス。美味。


鹿屋のバス停まで叔父に車で送ってもらい、

そこから高速バスで2時間。

途中、桜島を仰ぎながら、フェリーで湾を渡る。

一挙に、旅気分になる、お得な時間である。

桜島
ハート形の雲?!桜島。


市内のバス停で下車。

鹿児島市では由緒ある名門デパート、山形屋を通り過ぎ、

城山の麓へ向かう。

今日の、宿である。


幼い頃、毎年盆暮れに、父や母に連れられて

祖母の家に滞在した記憶があるが、

大抵、空港から大隅半島へと直行移動するので、

鹿児島市内で過ごした記憶がない。
路面電車
トラムがある町、鹿児島。


こうして改めて町を歩いてみると、

特に城山付近は、古い建物も町に混在していて、

なんだかとても良い感じ。

またゆっくり、訪ねたい。





鹿児島市内
おおお。




back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。















  1. 2011/08/24(水) 16:16:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメタ食堂in 鹿屋

鹿屋のパフォーマンスが終わり、
今日は、帰省中の叔父に迎えに来てもらう。
鹿屋からさらに車で30ー40分ほどの奥地にある
祖母の家へ移動。
もう13回忌も数年前にすませた祖母の墓参りをする。
お墓

小さい頃は、毎年盆暮れに帰省していた記憶がある、懐かしの家だ。

最初の頃は、薪で炊くお風呂だった。
お風呂場は、壁で覆われていて、家の中にあるのだが、
外から薪を燃やして、お湯を熱くする。

湯船の中の踏み板を踏み外してしまうと、
熱くてやけどするので、慎重に湯の中へ身体の重さを沈めてゆくのだ。
ちょっとした冒険だった。

薪で炊くと、湯の香りが香ばしくて、大好きだったのだが、
いつの間にか、普通の便利なガス式になってしまった。

ばあちゃんち
祖母宅で、出かける前に、相方の手料理を叔父と一緒に、軽くつまみ。




アメタ


夜は、叔父に車を借りて、
鹿屋の「アメタ食堂」へ。

ぐっず
素敵なモノ達に囲まれながら、
月例ライブに参加。

「アメタ食堂」って、ショップの名前は
バンドの名前からきているそうです。

アメタカオルさんの魅惑のボーカルを筆頭に、
個性的で素敵なバンドでした。

「折角なので即興ライブパフォーマンス、お願いします」
とリクエストを受けて、
WS的全員参加型ライブをしました。

これは、こうしたイベントでは初の試みだったのだが、
なかなか面白い時間だった。
貴重なバンドライブの中で、
気持ち良く場を作ってくれたアメタさんに感謝。

アメタの会場
この店内でパフォーマンス。


鹿屋の皆さん、とても良い感じで盛り上がり、
「耳なし芳一」の主催者、有村さんも朗読で引っ張りだし、
滅多に見られないお宝ライブが展開されました。

最後は、アメタさんの艶やかな歌声で
仕切り直し、華やかで刺激的な一夜となりました。
ライブ風景



電車が廃線になり、駅がない町、鹿屋。

鹿児島空港から、バスで2時間。

「他にはあるけど、ここにはない」

これも、これからの世の中で、デメリットではなく

大切なメリットになるのだと思います。

全国何処にでもある「駅」がない町、鹿屋。

父の故郷。

面白いです。

この、「ない」を武器に、もっともっと面白いことが起こるといいな。

祖母や父が生まれ、暮らした土地。
大隅半島。
大隅



くも
祖母の家に出現したでかい蜘蛛。






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/08/23(火) 09:37:01|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『耳なし芳一』出演 @明照寺 鹿屋

鹿児島県鹿屋で踊ります。




日本の夏の風物詩・怪談ものを題材とし、
朗読・ライヴサウンド・ダンス、空間演出を組み合わせたパフォーマンスを行います。


■タイトル:Et in terra pax Reading presents
     『耳なし芳一』feat. SOUND+DANCE+GINGA


■日時:2011年8月22日(月)19時オープン/19時半スタート


■出演:朗読・有村肯弥(Et in terra pax)/音楽・松本充明 /コンテンポラリーダンス・JOU

 庭園インスタレーション:平野治朗
 宣伝美術:須佐岳彦+橋本泰久(アメタ食堂)


■料金:2,500円( 終演後、交流会あり -お茶付き- )
    ※ 関東以北からご来場のお客様へは「被災地支援対応」として、どなたでも入場料を無料にいたします。
     対象のお客様は必ずご予約の上、お越しください。


■会場:明照寺(住所:鹿児島県鹿屋市川東町7201-2)電話:0994-42-3587 ※当日のみ


■チケット予約・問い合わせ:E-mail:info@eitp.org 電話:0994-41-2420(Kanoya Actors Lab.)
              ※席に限りがございます。お早めのご予約をお勧めいたします。



有村肯弥(役者/パフォーミングアーティスト)
鹿屋市出身。幼少時より新劇に親しみ86年舞台役者デヴュー。演劇活動・プロデュース公演等を経て、91年 Performing arts unit「Et in terra pax」結成、主宰。新宿パークタワーホール/青山スパイラルホール/ソウル国立劇場等でパフォーミングアーツの一人舞台を行う。01年 映画プロダクション カミングスーン主催「NOTHING BUT FILMSワークショップ」にて参加者65名中、最優秀演技者賞受賞。芸能活動開始。映画・CM等に出演。06年 帰郷後も東京で舞台作品を発表(08年)。鹿児島ではCM等に出演しながら現在、俳優塾「Kanoya Actors Lab.」代表・塾長。若者の育成に務め、Et in terra paxも継続中。
http://www.path.ne.jp/~hbv/


松本充明(サウンド・パフォーマー/視聴覚作家)
バンドネオン・ソロ、プリペアド・シタール、電気音楽等を様々なプロジェクトにおいて即興演奏し、ヨーロッパ、日本を中心に、複数のスピーカーを使ったサラウンド・パフォーマンス等を行う。またMathieu Martin名義で、視聴者に生理的な視聴覚反応を与える空間装置(即ち最終的な“意味”を持たず、存在しない仮想的な“作品”)とした製作活動、及び、ビデオ+音響インスタレーション等を主に製作。近年は、演奏家・音楽家以外を対象にした即興演奏のワークショップ他、ソロによる即興表現のフェスティバル等、即興表現の本質を模索。鳥取大学でも即興音楽のワークショップを行っている。
http://artist-consul.visithp.com/artist/matsumoto/


JOU(コンテンポラリーダンサー/振付家)
ダンス・プロジェクト・ユニットOdorujou主宰。U.S.A、マレーシアで暮らした後、2000年より東京を拠点に、国内および海外で活動中。2008年ソウル国際振付フェスティバルにて、外国人振付家特別賞受賞。横浜市立小学校 アーティスト特別授業講師/パフォーマンスキッズ東京・大島2010 派遣アーティスト/武蔵野美術大学非常勤講師/鳥取大学/Middle Sex College UK等、各地でワークショップ開催。様々な分野とのコラボレーション等、ダンス活用の可能性へ積極的に取り組んでいる。http://odorujou.netにてweb日記更新中。
http://odorujou.net/


平野治朗(コンテンポラリーアート/芸術家)
1987年にArt Unit Complesso Plasticoを結成。ヴェネツィアビエンナーレ(イタリア)など国内外の主要な展覧会に出品。その後、個人もしくはUnit名義にて活動。最近の主な活動としては、宇宙の膨大な時間と広さを音と映像により体感する「120億光年」や、大地の芸術祭2003において最大3000人の参加者とともに国道2kmに光る風船を設置した「GINGA」シリーズ、浅草橋の旧自邸にて2年間不定期実施した、視界80cmの霧のなかで360度の光に包まれる体感=芸術温泉「白光温泉-Experimental-」他がある。
http://halrow.org/halrou/news.html




朗読:有村肯弥(Et in terra pax)
音楽:松本充明
コンテンポラリーダンス:JOU

前口上:西本麻未
後口上:中鳥智美


【スタッフワーク】

庭園インスタレーション:平野治朗
宣伝美術:須佐岳彦+橋本泰久(アメタ食堂)
当日配布物デザイン協力:大山比余子

受付:西本麻未/中鳥智美
観客誘導:有村トモナリ/木場修司
ヘアスタイリング協力:上原康成(cake* for hair)

写真撮影:近藤津代志
記録映像・Ustream配信:やんだだすのり

協賛:菓子工房 亜ん寿
協力:明照寺

主催・企画・制作:Et in terra pax





当日の日記 2011/08/22
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1739.html








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2011/08/22(月) 08:25:50|
  2. 九州Kyushu
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿屋で初ダンス

お寺で上演する「耳なし芳一」。

しかし、コワイ怪談余興や、「耳を書き忘れないように」的なお説教話としての
上演で終わるようなことにならないように、
最後まで、自分の役どころでできる作品作りをあきらめない。

このお話、調べれば調べる程、不可解で何か釈然としない。

正直、「何が言いたいのかわからない」

という類いのお話である。

「なんなんだ?!耳なし芳一って」

そして、どんなこもにも変容しうる抽象性をもつ身体表現を

受け持つ役割として、一体、どう貢献できるのか?

最後の最後まで、悩んだところである。


JOUという踊り手は、これまでを振り返ると

皆さんから持たれている「積極的」「勢力的」という印象と異なり

実のところ、常に受け身で、仕事が始まり、

しかし、始まれば、かなり積極的に、つなぎ役をする。

自分のダンス表現をしながら、

仕事を依頼してくれた人が「一番やりたいこと」

と「場」とお客様を筆頭にした「人々」を繋ぐ役割をする。

そしてもちろん、その繋がりの中に、JOU自身が大切にしていることも

そっと入れ込む。

そういう仕事の仕方をしている。



「私のこの踊りを見て欲しい」
とか
「私の中のこの世界を実現したい」
とか

そういう動機で動くことは、ほとんどないと言って良い。


今回は、主催の有村さんの「やりたいこと」

と明照寺という「場」と

関わった人々、来てくださるお客様、

などなどを、どう繋ぐか、というお題であった。



で、「耳なし芳一」

このテキスト解釈については、最後の最後まで悩んだ挙げ句、

「平家物語をおおっぴらにすると、時の権力から圧力がかかる様なご時世に、
白昼堂々と平家物語を語るための、目くらましとしてのお話」

だったのではないか?

と、考えるに至った。


そう解釈してみると、いろいろと現代の状況とも繋がってきて、

考えさせられることも多いお話である。





そんなこんな、長い1日であったのだが、

本番まではあっという間。

ダンスのダの字も縁がない鹿屋の親戚が見に来てくれて

とても面白かったと、喜んで帰ってくれたのが何よりもうれしかった。


会はお陰様で大盛況。

お寺の先代住職さんの衣をお借りして、衣装となったので、
汗だくになって踊った。

しかし、不思議なことに、この衣、この暑さにも関わらず

何か、すっと清々しい衣でありました。


奇しくも、明照寺の照は、亡くなった祖母の名前と同じ字。

祖母縁の土地で、こうした踊りをさせて頂けたことに

深く感謝し、自分にとっての「奉納舞」をした夜でした。


主催の有村さん、住職さん、メンバー&スタッフの皆様、お客様、本当にありがとうございました。

お寺
アーティスト平野治朗さんによる境内のインスタレーション


back to top←











My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。











  1. 2011/08/22(月) 01:06:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鹿児島入り

お昼の便で、羽田から鹿児島へ。

羽田空港でチェックインして、

初めて気づく。

「お財布忘れた!!」

サザエさんか。


スイカがあるから、お財布なくても電車に乗れる。


たまたま今日は、鹿児島空港に

鹿屋の主催者の有村さんが迎えに来てくれることになっていたので、

とりあえず、空港で会えれば...


空港で無事に会い、

霧島温泉へ。

温泉につかった跡、

霧島アートパークで展示イベント開催中の

八谷さんのバスツアーと合流。

熊本、広島、東京、、、面白い人達でした。



23時過ぎに霧島を出て、

2時間で鹿屋へ。

空港








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。










  1. 2011/08/20(土) 12:26:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猛暑

ヨーロッパは、寒かったんだよ。

この猛暑の中では、ウソみたいだけど。

それもまた、異常気象らしく

「今年の夏は3日で終わった」

と昨年もフランスの友人が冗談言ってた。


帰国後すぐ、イベントが続いている時は、

空模様も怪しく、蒸しはするが、ややしのぎやすい機構だったが、

ひと段落のメドがつき始めた頃から少しずつ温度は上がり

今はもう、暑いだけの日々。


万歳、日本。



今日は、一歩も外に出なかった。

忙しい中でのぽっかりとそんな日が、大好き。


生産的なこともほとんどしていない。


無。


だらだら。

ゆるゆる。

夏休み。

お盆、万歳。


こういうダメ時間の間に、身体の不調を整える。

頑張れ、身体。


来週は、鹿児島に墓参りに行く。











My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/08/19(金) 21:53:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンサルタント

人の事情を聞いていると、
「こうしたらいいかも」と、
解決案が浮かんで来る。

「降りて来る」という方が近いかも。

問題の解決策を考えたり、
状況の発展を促すプランを考えたり、
アイディアが溢れて来る。

そういうアイディアは、
天から降って来た様なものなので、
気前良く、提供することにしている。

降りて来る状態の時には、「エゴ」や「自我」があると邪魔になる。

スッキリとした清々しい気持ちで、

相手の立場に立って、自分の中の情報を探って繋いでゆく。


そういう状態、意外に気持ち良かったりする。

で、気前よく提供した情報は、当事者が最終的にそれを使っても使わなくても

どちらでも構わないと思っています。


自分の人生を決めるのは、自分だけです。

降りて来た情報が、必ずしも正しいかどうか、

そんなことは、その人が自分で決めればいいと。


ただ、選択肢は多い方が良いのではないか?

それに、未来の可能性について考えるのは、楽しい。


という気持ちで、今日。


















My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

















  1. 2011/08/18(木) 12:01:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猛暑。再び家こもり。身体のこと。ダンスのこと。

暑い日が続きます。

湿気。

今日は再び、家で作業。

あと2日で、何もしない至福の夏休みが終わってしまう。


日々、更新するこの日記。

ダンスのその先にあるであろう、将来の夢に向かって、小さな努力を積み重ねています。


ダンスは、身体が存在する限り、ずっとそばにあります。

誰にとっても、それは同じ。


それはとても大事なことだし、自分の人生を助けてくれることだけれど、

社会や世の中とどう繋がるか

ダンス活動以前に、世界にたった1つしかない身体を持つ

人間としての自分の在り方も、大切にしていきたいと思っています。


人間の身体は、1体と1体の違いは300万個あるそうです。

つまり、誰の身体も、世界に1つしかないのです。

自分の身体とどう付き合い、どう進化させてゆくか。

「生きる」活動の中で、ないがしろにしては勿体ない沢山の情報が

埋もれている人類最後の資源である、

と考えています。



















My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/08/17(水) 14:05:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

打ち合わせ@秋葉原

猛暑。

汗まみれ。

しかし、クーラーは苦手なので、使わない。

扇風機ですら、直接あたっていると、身体がおかしくなる。

しかし、回さないと、暑くてたまらない。

今週が、お盆休みで良かった。


とはいえ、近所で打ち合わせ。


しかし、本題の前後に話題はあちらこちらに飛び、楽しいトークの時間となった。


話題はあちこちに飛んで、2時間たっぷり、旅をした気分。




震災後、本音トークができる人と、できなさそうな人と、

どんなに仲が良くても身内でも、好きな相手でも、

全く関係なく、袖を分つ分野ができてしまった。

ある種の踏み絵みたいなものだ。





それは、日常生活で、目に見えない、感じられない

「放射能を気にしてる人と気にしてない人」

という溝だと思う。


それぞれ事情があり、そうなっているのだから、

お互いの視点を尊重し合うことが大切だと思うが、

傾向としては、「気にしない人」にとっては

「気にする人」は過剰反応が過ぎているため、「できればその話は避けたい」

ということになる。


マスコミや政府の努力により、「気にしない人」の数が圧倒的に多いため、

「気にする人」は、見えないお化けを怖がっている「ちょっとおかしな人」

的な立場にならざるを得ない。



事実が本当に「安全」だったとしても、

国際基準値を大きく上回っているのだから、

「気にする人」の選択は尊重してあげるような風潮になればいいのに...

と思う。

今の選択の結果は、確率的には非常にあいまいで

わかっても10年後20年後に、

しかもごく一部の人にだけしか

悪い結果はもたらされないのだとしても、

そこを避けようと努力する人の足を、

何の確証もなく、「気にし過ぎ」と

してはいけないんじゃないか?

と思う。


人は皆、自分の人生を自分で選択する権利を持っているのだから。



個人的には、「とりあえず、少しでも危険性があるのだったら、

社会をあげて、とにかく子ども達は、守るべきじゃないか?」

と思っているが、自分に子どもがいるわけではないので、

何か知った方が良さそうな情報があれば、

友人知人に回すくらいしかできていないが。


目の前の仕事を一生懸命やりつつ、

他にもっと
今、自分にできることは、なんだろう?

と考え続ける日々である。





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/08/16(火) 21:29:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日韓ダンス交流

昨日は、全くもって寝込んでいるような状態でしたが、

今日は、夕方には少し復活。

d-倉庫のダンスイベント「ダンスが見たい」を見に行きました。

韓国から来ているチームと会って、

彼らと繋がっている舞踏系の人々、

つるちゃんや鈴木ユキオ君、ダケイさん達も一緒に、帰りにご飯を食べました。

つるちゃんとJOU、韓国チームが同年代ということがわかり、

舞踏、伝統、コンテンポラリーのミックスバランス~ダンスにおけるそれぞれの立脚点は異なるにせよ、

同時代を生きて来た者同士、

「今でも頑張ってるその姿」

には、うれしい共感を覚えます。

korea

韓国チームは、12日、JOUの公演からずっと

「ダンスが見たい」の舞台を見て来たそうですが

「見た中では、JOU作品が一番"コンテンポラリー"的だった」とお褒めの言葉を頂きました。


JOU作品、今回は、8人で踊りましたが、

ダンサー1人1人、ちゃんと見えてて、評価も適切。

大勢で踊っていても、光る人は光るものです。


与えられた役割を、真摯にこなし、作品作りに貢献する、

ということは、ダンサーとしての自分を輝かせることでもある。


幸い、今回のメンバーの中には、そんな人はいませんでしたが、
例えば、
よく、まだこれからのダンサーにありがちな、「気になること」の1つ、

作品中に出る回数や時間や、舞台の中央にいるか後ろにいるか、

なんて、実はそんなに重要なことではないのです。



自分に与えられた状況の中で、「良い舞台を作る」という目的以外のことに

囚われて、自分の力を、出し惜しみしてはいけない。


力を抜いて、無心さと冷静な客観さと情熱を持って

常に、全力を尽くすこと。


それをしていれば、見る人は必ず見てくれている。


そう思います。




「共通の大きな目的に向かって、それぞれの力を出し切って進む」

今、舞台の上だけでなく、日本のあらゆる問題において

何よりも必要な姿勢でもあると思います。








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/08/15(月) 08:36:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お盆休みに考える法則について

6月のヨーロッパから、ずっと続いていましたOdorujou草の根ダンス活動。

今週は、つかの間、お盆休み。

8/20からまた、九州ツアーに出かけます。

今日は、1日、家で静養。

1歩も外に出ず、ただ静かに、身体に聞け。

という時間。


これまで書きこぼした日記を書いて、洗濯をして、

お昼寝して...

皆さんに持たれている印象と違い、

やはりハリガネーゼ=虚弱体質ではあるので、

これまでも、何度もバッタリ倒れ伏して

数日、うなり苦しんでは、また回復すると起き上がり、

疾走...という日々でしたが、

最近では、倒れふす前に、身体を労ってあげないと、

たぶん、取り返しがつかないことになってしまう;


ということで、3歩くらい手前で、自主療養をする賢さが身に付いてきました。


必要な時は無理するけど、休める時は、休む。

長く続ける秘訣です。


私にはいくつか持病があって、

それらとの共生生活は

人生長くなると、誰でも同じようなもんですから、

進んでアピールする必要もないわけで。


走らねばならん時に、走れるように、

自分で自己管理していればいいだけの話です。



1つだけ言えることは、
「100パーセント、何もかも持っている恵まれた人は、いない」

ということです。

必ずどこか、何かで、得たモノに対する代償を、

誰もが支払っている。

それは、傍目には見えない
当事者でないとわからない「何か」
得たことがない人にはわからない「何か」、だったりすることが多い。

だから、人の幸運をうらやんだり妬んだり、そんなことに

注意やエネルギーを使わない方がいい。


人と自分を比べないで、

自分の今とこれからに注意とエネルギーを

もっともっと、注ぐべきです。


人生は、自分の想像力と実行力次第なのですから。


そして、状況や人に、感謝すればする程、

計算せず人に、与えれば与える程、

結果的に自分に返って来る。


というのも、1つの自然の法則だと思っています。










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/08/14(日) 11:10:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回秋葉原ダンスビデオWS

昨日の「スキマビト」ダンス公演本番の翌朝。
10時半に秋葉原駅集合。

暑い夏の日。

今日のメンバーは、男子率高かったです。
そして、日常の伝統、和、の世界が広がった1日でした。

途中で話しかけて来たおじさんは、秋葉原土着の人っぽい。
神田でもなく、浅草でもない、秋葉原。

神田と浅草の中間の匂いがします。

UDXを抜けて、中央通を抜けて、

奇跡的に残っている古い小さなビル。

神田明神のお膝元の小さな薬局、クリーニング屋さん、飲食店。

お盆のせいか、地元の方もいつもよりゆったりしていて、

道中、地元の方との、素敵な会話が生まれました。

撮影の旅の最後は、

ぐるっこの「うどんWS」に乱入。

秋葉原ネットワーク内で、個々に行われているプロジェクトを

繋げてみよう、という試みでもありました。

「繋がる」がキーワードな、Odorujou生活です。


今日の映像:
http://youtu.be/J6hhJqJ20bc




次回は9/10(土)。


秋葉原ネットワーク2011でのプロジェクトとしては、最終回になりますが、


いろいろな出会いをし、いろいろな人を巻き込みながら、
時間をかけて、ゆっくり進んでゆくつもりです。

Odorujou秋葉原ダンスビデオプロジェクトは、まだ始まったばかりです。


back to top←





My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/08/13(土) 12:11:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スキマビト ver.1 上演 2011/08/12 (fri)

すき間を探すダンスプロジェクト公演~

Odorujou residence research project
"SUKIMA BITO" ver.1

Odorujou レジデンス・リサーチ・プロジェクト
スキマビト ver.0.1に続く、

スキマビトver.1の上演です。

2011/08/12 (fri)

12th August/ 2011 (fri)
19:30 start


http://www.geocities.jp/kagurara2000/d13
日暮里 d-倉庫
Nippori d-soko theatre
access
http://www.geocities.jp/kagurara2000/map_d.html
交通 access「日暮里」Nippori station JR south exit walk 7min.
(JR山手線、京浜東北線、常磐線、私鉄京成線、日暮里-舎人ライナー)駅下車 南口徒歩7分

荒川区東日暮里6-19-7-2F
6-19-7-2F, Higashi nippori, Arakawa-ku, Tokyo
TEL: 03(5811)5399


2011ダンスが見たい13 参加作品
it is shown for
Die Ptratze Dance Festival 2011
~is your dance need now...~


title「スキマビト ver.1」-SUKIMA BITO ver.1

"SUKIMA" means "in between"- a kind of "MA" but more practical and physical ways.
"BITO" means "human" or "persons"
In this research work, we are searching what and how we can explore and work with something in between us in movements and space.

direted by JOU
choreograph: JOU, Odorujou
perform: JOU,Yoshifumi Wako, Masae Sato, Emi Shibata,Maiko Yamazaki, Ayako Usui, Haruka Abe, shuhnosuke Togame
sound: Mitsuaki Matsumoto, Hideaki Takahashi(piano fragment)
song: Onne Wan! (bye bye chicken head)
costume/scenic cloth : Aiko Tsumoto
set advice: shuhnosuke Togame

原案:JOU
振付:JOU、Odorujou
出演:阿部遥、臼井彩子、佐藤昌枝、柴田恵美、十亀脩之介 、山麻衣子、若生祥文、JOU
sound: 松本充明、高橋英明(piano fragment)
song: Onne Wan! (bye bye chicken head)
衣装/美術協力:つもとあいこ
舞台設営アドバイス: 十亀脩之介
project by Odorujou



ticket:
2300 yen in advance
2800 yen at the door
2000 yen for student in advance
2500 yen for student at the door

for ticket : odorujou@yahoo.co.jp

当日配布文

”人と人、場所、モノ...間にある「見えないもの」や、例えば「影」のように、普段は存在を意識されないけれど、存在しているもの、を認知し、動かすことのできる身体や意識を得た時、人や場や社会は、どう変わり得るのだろうか?”  Odorujou[スキマビト]は、そういう探求をするプロジェクトです。「人を無理にコントロールしようとしないで、自分ができることを供給し続ける」ということも、試しています。そうした感覚を突き詰めた時に、天空が開く瞬間がありました。ダンスは「今」生き続ける身体です。

[スキマビトこれまでの経緯]
2011/12/23(火)日韓ダンスリレーにて【スキマビトver.0】 発表 @d-倉庫
2011/05/01(月)アノニマス舞踏会にて【スキマビト ver.1のためのトライアル】上演 @森下スタジオ
2011/6/26(月)~7/8(金)【滞在型海外交流リサーチ&トレーニング】@シャルロアダンス(ベルギー)
2011/8/10(水)【2011ヨーロッパ滞在リサーチ報告会(ベルギーでの2週間)】@水天宮pit
「交流とリサーチのためのトレーニングセッション」としてのスキマビトプログラムでは、「多視点意識と感覚」のためのリサーチ・トレーニングと、滞在地との文化交流、人的交流を促すと同時に、身体の可能性を探るための若手育成レジデンス体験プロジェクトを行いました。その報告会を開催しました。
Special Thanks: charleroidanses la Rafinnerie, acci-cocci



2グループの作品が見れて、お得な一夜です。
どうぞ、お待ちしております。

同時上演:小川水素 co.




関連企画 related events

会場:水天宮pit
place: Suitengu pit
スキマビトdance WS

dance research workshop
8/6(sat)-8/8(mon)/ 8/10(thu)

http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1658.html


新しい参加メンバーも募集中!
ぜひ、WSへお越し下さい。
we are looking for meet people!

ヨーロッパ・リサーチレジデンス報告会
2011/08/10(wed) 13:00-15:00

http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1713.html
Talk event
10th August(wed)2011
13:00-15:00

report of europe research and residence2011


お問い合わせ/ご予約 for more information:
dancartscom(a)yahoo.co.jp


special thanks:charleroidanses la Rafinnerie,
http://cdjo.exblog.jp/





~頂いた感想、拾った感想

ダンスがみたい!13に行きました。JOUさんの振付がすごくおもしろかった。ぎりぎりのところを縫ったり、一人一人が振りを突き詰めたり、アレをこなすダンサーもすごい。
@magiwogg

ほぼ、一年ぶりに、JOUさんに会えました。
やはり、JOUさんは美しいです。
(私的には、手塚治虫さんの美女キャラを連想します。)

共演のみなさま、髪型や体型や、違っていて、強烈に個性的です、
なのに同じ空間を抱いていて、美しかった。

JOUさんのダンスは、私に必要です、間違いなく。

お衣装が、だんだん、暗い色調から、明るくなっていって、好きでした。


音楽とてもよかったです。

昨年のMIZOUは初見にして大傑作でその後、三鷹天命反転や真冬の空きビル、振り写しWSや森下で謎の共演(?)等々色々撮影に入らせてもらったし制作や企画等「踊らないJOU」さんの姿も見たが今日のソロを見るとやはりダンサーとしての圧倒的な魅力を感じた。


本当にすばらしい舞台でした。

光と影。
光が主体か、影が主体か、その境界が曖昧になっていくにつれ、

「自分が見ているものは『何』なのか?」
「果たして、自分が『本当だ』と思っているものは、本当なのか?」
「そもそも、自分は『自分』なのか?」

という疑念が広がり、絶対的価値観が崩れていく…、
そんな不思議な感覚に陥りました。




当日日記/当日パンフ
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1729.html

準備日記
8/11←

WSの各日付をクリックすると飛べます。
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1658.html

  1. 2011/08/12(金) 22:01:58|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スキマビト上演2011@ d-倉庫

会場に着くまでは、うだるような暑さで、

その前に、当日プログラムを印刷したりして、もう、汗だく。


お昼から場当たり、照明作り、

ゲネは16時から。

パリ在住の吉武さんが見に来てくださいました。

8名のダンサーと、音と照明を擦り合せてゆきます。

こんな何時間の、工場のベルトコンベア的作業時間の中での、

慌ただしい作業。

日本ならではの、過酷な状態。


でも、余裕があったらあったで、

やはり、時間は足りないのが常。


開演に向かって、つべこべ言う間もなく、猪突猛進すべき時間です。


幸い、ダンサーの皆さんやスタッフの皆さんの協力姿勢に助けられて、

今日のこの過酷な1日を終えて、開演に臨むことができました。


会場は満席。

当日のお客様で、あきらめてしまった方もいらしたようで、残念です。


今日来れなかった衣装のあいちゃんから、応援メールがありました。

繋がるって、素敵です。


「スキマビト」は、ダンス作品を越えた試みです。

舞台上に、何が見えましたか?

それは、そのまま、見えた人にとっての、自分の現状を映す鏡でもあります。

演じる人も、観る人も、より多くの人に「スキマビト」が見え始めたら、それは希望です。


うまくいった所も、いかなかった所も、

すごく面白かった。

今現在を映す鏡、それが、舞台です。

おつき合いくださり、本当にありがとうございました。





以下、当日パンフレット内容:

Odorujou 「スキマビト」ダンス公演

2011年8月12日(fri)19:30 start

ダンスがみたい! 13 Die Ptratze Dance Festival 2011  @d-倉庫(日暮里/東京)
~すき間の可能性を探るダンスの時間~
project【SUKIMA BITO】ver.1

direction: JOU
performers:
阿部遥、臼井彩子、佐藤昌枝、柴田恵美、十亀脩之介 、山麻衣子、若生祥文、JOU
sound: 松本充明、高橋英明(piano fragment)
song: Onne Wan! (bye bye chicken head)
衣装/美術協力:つもとあいこ
舞台設営アドバイス: 十亀脩之介
project by Odorujou

”人と人、場所、モノ...間にある「見えないもの」や、例えば「影」のように、普段は存在を意識されないけれど、存在しているもの、を認知し、動かすことのできる身体や意識を得た時、人や場や社会は、どう変わり得るのだろうか?”  Odorujou[スキマビト]は、そういう探求をするプロジェクトです。「人を無理にコントロールしようとしないで、自分ができることを供給し続ける」ということも、試しています。そうした感覚を突き詰めた時に、天空が開く瞬間がありました。ダンスは「今」生き続ける身体です。

[スキマビトこれまでの経緯]
2011/12/23(火)日韓ダンスリレーにて【スキマビトver.0】 発表 @d-倉庫
2011/05/01(月)アノニマス舞踏会にて【スキマビト ver.1のためのトライアル】上演 @森下スタジオ
2011/6/26(月)~7/8(金)【滞在型海外交流リサーチ&トレーニング】@シャルロアダンス(ベルギー)
2011/8/10(水)【2011ヨーロッパ滞在リサーチ報告会(ベルギーでの2週間)】@水天宮pit
「交流とリサーチのためのトレーニングセッション」としてのスキマビトプログラムでは、「多視点意識と感覚」のためのリサーチ・トレーニングと、滞在地との文化交流、人的交流を促すと同時に、身体の可能性を探るための若手育成レジデンス体験プロジェクトを行いました。その報告会を開催しました。
Special Thanks: charleroidanses la Rafinnerie, acci-cocci



~頂いた感想、拾った感想

ダンスがみたい!13に行きました。JOUさんの振付がすごくおもしろかった。ぎりぎりのところを縫ったり、一人一人が振りを突き詰めたり、アレをこなすダンサーもすごい。
@magiwogg

ほぼ、一年ぶりに、JOUさんに会えました。
やはり、JOUさんは美しいです。
(私的には、手塚治虫さんの美女キャラを連想します。)

共演のみなさま、髪型や体型や、違っていて、強烈に個性的です、
なのに同じ空間を抱いていて、美しかった。

JOUさんのダンスは、私に必要です、間違いなく。

お衣装が、だんだん、暗い色調から、明るくなっていって、好きでした。


音楽とてもよかったです。

昨年のMIZOUは初見にして大傑作でその後、三鷹天命反転や真冬の空きビル、振り写しWSや森下で謎の共演(?)等々色々撮影に入らせてもらったし制作や企画等「踊らないJOU」さんの姿も見たが今日のソロを見るとやはりダンサーとしての圧倒的な魅力を感じた。

本当にすばらしい舞台でした。

光と影。
光が主体か、影が主体か、その境界が曖昧になっていくにつれ、

「自分が見ているものは『何』なのか?」
「果たして、自分が『本当だ』と思っているものは、本当なのか?」
「そもそも、自分は『自分』なのか?」

という疑念が広がり、絶対的価値観が崩れていく…、
そんな不思議な感覚に陥りました。


back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/08/12(金) 10:32:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十牛図

これ、即興の極意と一緒だな。
十牛図
it is ZEN.
I think
it is same as how and what improvisation is.
http://www.katch.ne.jp/~hkenji/new_page_46.htm



いよいよ明日、「スキマビト」本番。

今日は、夕方17時半から70分かけて、舞台稽古。
しかし、ここでスタッフ打ち合わせ、場当たり、照明プラン、
やらねばならないので、
非常に慌ただしいことこの上ないです。


これが、日本の現状。

それを当たり前のように、起用にこなしてしまえるのが日本人。

優秀な民族だな~とつくづく思いますが、

本当の所は、こういう詰め込み状態ではなく、
もっとゆっくり作り込みたいもんです。

しかし、24才から45才まで、

年齢差21のこの8人+1名。


世代間の対話もあり~若手とベテランが混じることで

教育プログラムの一面は確かにある。


若いうちは、年齢が上の人から教えてもらえる最後のチャンスなので、

その時期に、言ってくれる人と出会わないと、

下手したら一生、自分に足りないものについて

気がつかないまま終わってしまうこともある。

自分より年上の人と一緒にいるときは、

いろいろ教えてもらえるチャンスです。

「怒られる」という機会が減って来ているので、

「怒られ上手」も「怒り上手」も、減って来ているように思います。

私も、年長組に入ることが多くなってきましたが、

「怒り上手」になるのは、難しい。

「ああ、ここ、できてないなあ~」と気がついても、

ついつい、黙って見て見ぬ振りをしてしまいがちです。



という一般的な事実は、確かにあるものの、

この現場では、どちらかというと、教えるー教えられるではなく、

1人のメンバーとして、年齢に関係なくお互いにリスペクト(尊敬)し合うこと、

の方に比重をかけました。

その関係の中で、お互い、背中を見ながら吸収し合うことができれば

それはそれでいいんじゃないか...と思っています。


いろんな人が交わると、自分や人の、いろんな側面が見えてきて、

沢山、考えさせられます。

いずれにしても、自分にできる最前を尽くすのみです。

そして、
異なる人々が1つの目標に向かって、時間とエネルギーを共有する。

その中で起こる、見えない刺激や化学反応に期待しています。




明日は、お客様に会える日。

楽しみです。






back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。









  1. 2011/08/11(木) 11:21:02|
  2. imporvisation live 即興パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

talk event-odorujouヨーロッパ2011レジデンス報告会

report from "SUKIMABITO" research training in Brussels and the other Europe research works 2011
8/10(水)13:00-15:00 talk event
「スキマビト」第1回海外レジデンスクリエイション(ベルギー)の報告

2011/10th August (wed) 13:00-15:00
会場:水天宮pit
place: Suitengu pit
中央区日本橋箱崎町18-14
18-14, Hakozaki-cho, Nihonbashi, Chuoh-ku,Tokyo

map:http://www.geigeki.jp/suitengu/map.html

talk:JOU

海外体験の感想発表:臼井彩子、山麻衣子
study talk: Ayako Usui, Maiko Yamazaki

双方向型多様化リサーチ プロジェクト、Odorujou「スキマビトdance WS」では、「多視点意識と感覚」のためのリサーチクリエイションと、共同作業による「繋がり」の育成を 行う、長期継続プロジェクトです。
今回は、初の海外レジデンスを開催しました。
project"SUKIMA BITO" include research work, exchange, WS, and performance, in order to gain new connection in our movement and space for artist who live in performingarts as well as a person who live in this world.
It will be continued for future.
special thanks for charleroi-danses at la raffinerie (Brussels)

これには、いろいろな理由と、出来事があります。
詳しくは、当日、写真やビデオなども織り交ぜて、ご報告したいと思います。
for this time, Odorujou had spend time in Copenhagen, Brussels, Rotterdam,and Geneve.
there will be some reports from these works by showing some photos and short video.

"I would like to talk what and how our world could be through our works and connections. This talk event is for share information between us as the first steps for our conversation."
by JOU


fee:1000 yen

ベルギーでのスキマビト・プロジェクト2011 Brussels
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1672.html

ヨーロッパ・リサーチプロジェクト2011 other europe
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1701.html

トーク
トークイベント最大の難関は、プロジェクターの設置でした(汗)


当日の日記←

同時開催
related events:

1.スキマビトWS 
SUKIMABITO dance and research workshop

水天宮pit
suitengu pit

2011/08/06(sat)-08/08(mon)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1658.html

2. dance performance "SUKIMABITO ver.1"
スキマビトダンス公演 /d-倉庫/日暮里 d-soko/Nippori
2011/12th August(fri)19:30~
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1642.html

お問い合わせ/お申し込み
スキマビト実行委員会
for more information:
dancartscom(a)yahoo.co.jp
odorujou(a)yahoo.co.jp

(a)を@に変えてご連絡ください。
change (a) to @ when you e-mail.







水天宮pit Suitengu pit
アクセス access
東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」2番出口より徒歩約2分
東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町駅」4b出口より徒歩約7分
東京メトロ日比谷線「人形町駅」A2出口より徒歩約10分
都営浅草線「人形町駅」A5出口より徒歩約12分
metro hanzomon line/Suitengu station exit2 /2min.walk
metro tozai line, hibiya line, exit4b/7min.walk
metro hibiyaline, exit A2/ 10min.walk
toei asakusa line/ Ningyocho staion exit A5/ 12 min. walk
 






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/08/10(水) 22:17:54|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スキマビトWS 水天宮pit最終日

昨日は本番のため1日あいて、
今日は最後の水天宮pitの日。

会場の都合で、中スタジオから小さな空間になり、
そこで朝のウォームアップ、リサーチワークショップをしました。

パパタラの白井さんが来てくれました。

リサーチワークの時間、最後の最後に、素晴らしい瞬間がありました。

これは、一緒に共有したメンバーには全員、言葉ではなく、実体験として

「ああ、これ!!」とわかり合えた瞬間だったのではないかと思います。

こういう瞬間を作り繋げてゆくこと、

それを沢山の方々と共有してゆくこと、

それが「スキマビト」プロジェクトでもあります。

午前中のワークが終わり、

お昼ご飯を食べながらのトークイベント。

ベルギーでリサーチワークをした報告発表をしました。

「自分の体験を、言葉や写真、ビデオ等を用いて、第三者に説明することで

きちんと言語化して消化させること」

をして欲しかったので、ベルギーまで一緒に来てくれた
まいちゃんとあやちゃんにも、それぞれ発表してもらいました。

「若手育成のための海外研修」でもあったスキマビト海外レジデンス。
滞在中もよく頑張ったし、発表の準備も頑張ってくれました。
研修の一連の体験を通しての彼女達の変化が、非常に興味深かったです。

やはり、若いうちは、何事も体験あるのみ。
どんどん、新体験に挑むべきです。
そのために、せっせとバイトしてお金を貯めて、そしてそれを使うべきです。

私のこれまでの経験から言っても、
自分で払ったお金は、もらったお金より、自分の実になるように思います。

トーク
トークイベント最大の難関は、プロジェクターの設置でした(汗)


がんばれ若者!
未来に羽ばたけ!


今回のスキマビトは、基本、自腹活動です。
自分で稼いだお金で、スタジオ代を払い、謝礼を渡しています。

そうすると、
誰に何を渡すか、何に対していくら払うか

非常に真面目に本質的に考えざるを得なくなります。

払うお金、もらうお金。


納得のゆくところに落ち着くまで、ずっと考え続けます。


報告会の中で印象に残ったこと:

30才目前のダンサーの揺らぎ(ダンス活動、バイト、プライベート)

20代半ばのダンサーの日常生活(バイト)との関係性の変化。

これらは、ダンサーに限らず、女の人生の中で、
どの職業を選んでも起こりうる揺らぎでもあります。

と同時に、海外でもアーティストに優しい先進国の現状と

日本の現状とのギャップを知った後に、

それをどう捉え、どうリアクションするか?

その時に、

個人間の人間関係の問題や、感情の問題として捉えるのではなく、

国家予算やシステムの違いから起こる現象なのだ、

という認識を持ち、その問題意識を、業界内で共有すること、

が一番大事なのではないか、

と思っています。


何故、芸術に予算をかけるのか、

かけないのか、

それぞれの国の事情や価値観、考え方の違いなのです。

それは、政治の問題だけではなく、

私達が日常で選んで来た様々な選択の

集積の結果でもあると思うのです。




トークイベント詳細←


back to top←









My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/08/10(水) 21:17:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スキマビトWS

Odorujou「スキマビト」dance WS
2011/8/6(土)-8/8(月), & 8/10
10:30-12:45


[第一は、目先に捉われないで、出来るだけ長い目で見ること、第二は、物事の一面に捉われないで、
多面的、全面的に見ること、第三に、何事によらず枝葉末節に捉われず、根本的に考えるということ ]
陽明学者 安岡正篤

http://www.nettam.jp/bbs/detail.php?no=4327

双方向型多様化リサーチ プロジェクト、Odorujou「スキマビトdance WS」では、「多視点意識と感覚」のためのリサーチクリエイションと、共同作業による「繋がり」の育成を 行う、長期継続プロジェクトです。


3.11の震災後、改めて一連の出来事の事象考察を経て、生きることとは何かを、考えさせられた中、同時にそれは、踊ることとは何か、を問いかけることでもありました。「芸術 とは、自由な創造の表出である」と捉えた時、次世代に残す遺産としての未来図の中に、 「芸術的身体感覚」や新しい意識を生み出すことのできる「芸術的環境」が、より積極的に必要になってくるのではないでしょうか?

「スキマビト」ダンスWSでは、身体の可能性を探り、常日頃、隙間にある意識していない何か、
を見つけるダンスリサーチを重ねてゆきます。

NETTAM詳細←

2011 リサーチ体験WS 2011/8/6(土)-8/8(月), & 8/10

会場 水天宮pit
対象 やる気と好奇心のある方。ダンス経験は不問
料金 リサーチWS 1日3000円 /リピーター&学生割引 2500円
warm upクラスのみ2000円
フリーパス 6000円
talk 1000円(クラス受講者は無料)

要予約。
*定員になり次第、締め切らせて頂きます。

内容
10:30-11:30 ウォームアップクラス
ーダンス的身体機能向上のためのストレッチ&テクニッククラス

11:45-12:45 クリエイションのためのリサーチ&オーディション体験WS

time


講師 JOU、佐藤昌枝、柴田恵美、若生祥文
アシスタント講師 山麻衣子、臼井彩子、阿部遥
スタッフ 十亀脩之介 松本充明

8/6(土)11:45-12:45 シェアWS(warmup)
講師:佐藤昌枝、JOU
8/6の日記←

8/7(日)10:30-11:30 warm up 
講師:若生祥文
11:45-12:45 research WS
講師:JOU
8/7の日記←

8/8(月)10:30-11:30 warm up 
講師:佐藤昌枝
11:45-12:45 research WS
講師:JOU
8/8の日記←

8/10(水)10:30-11:30 warm up 
講師:柴田恵美
11:45-12:45 research WS
講師:JOU
8/10の日記←

8/10(水)13:00-15:00 talk event
「スキマビト」第1回海外レジデンスクリエイション(ベルギー)の報告

トーク:臼井彩子、JOU、山麻衣子 他
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1713.html





*受講者の方には、8/12ダンス公演のチケット割引もあります。
お問い合わせください。

公演詳細
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1642.html





[スキマビト]プロジェクト これまでの経緯


2010/12/23 フェスティバル「日韓ダンスリレー」@d-倉庫(日暮里)
 ー韓国人ゲスト休演のピンチヒッターとして、ver.0を上演。

2011/1/31-2/6 水天宮pit 中スタジオにて第1回リサーチプロジェクト。

2011/5/1 森下スタジオ アノニマス舞踏会にてトライアル上演。

2011/6/26-7/8 ベルギーブリュッセルcharleroidanesにて第1回海外レジデンス予定。

2011/8/7-8/10 水天宮pit 中スタジオにてリサーチリハーサルとWS。

2011/8/12 d-倉庫「ダンスが見たい」にてver.1 上演。







主催:Odorujou http://odorujou.net

ご予約/お申し込み:dancartscom@yahoo.co.jp





*ボランティアスタップ募集。
お問い合わせください。



----------------------------------------------------------------------
■WS講師プロフィール
----------------------------------------------------------------------

JOU(じょう)
振付家。ダンサー。choreographic artist。プロジェクトユニットOdorujouディレクター。コンテンポラリーダンス的身体とダンス的繋がりをベースに、草の根ダンス活動を国内外にて展開中。http://odorujou.netにてweb日記更新中。2008年ソウル国際振付festivalにて外国人振付家特別賞受賞。

佐藤 昌枝(さとう まさえ)
5歳あまりのおてんばゆえダンスを始める。身体表現・呼吸法を故太田順造、モダンダンスを渡辺朱美・渡辺元に師事。武元賀寿子DanceVenusに参加。「表現たるもの」を追求し続け、肉体との対話を通して無限な可能性を伝えたいと活動している。2003年息子を出産、更なる広がりも楽しむ。Tanz greifen主宰。チャコット、パパタラ、よみうりカルチャー講師。

若生 祥文(わこう よしふみ)
1996~2007年、エルヴェロブ(フランス国立ル・アーヴル振付センター芸術監督)振付11作品に出演。その他、エニオ・サンマルコ(元マギー・マランカンパニーダンサー)作品や、仏ダンス映画「オーロラ」などに出演。2005年、コンテンポラリーダンス講師フランス国家免状取得。2007年帰国、同年および2008年に水戸芸術館でソロ作品発表。2009~2010年、新国立劇場演劇研修所講師を務める。2011年、我孫子市にダンススタジオオープン。

柴田 恵美(しばた えみ)
12才で新体操の振付をしたのが始まり。ダンサ-として様々なジャンルを、また北京、韓国、エディンバラなど海外公演も多数経験。‘00年グル-プPICK.LE結成。〈中野コンペティション〉「蜜の花火」入賞。‘07年ソロ活動を始める。 〈JCDN踊りに行くぜ!!vol.8〉‘09年〈ダンスがみたい!新人シリ-ズ7〉「biyori」新人賞受賞。‘03より子どもバレエの指導も行っている。

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
主催:Odorujou http://odorujou.net
ご予約/お申し込み:dancartscom@yahoo.co.jp
(お名前、ご連絡先、参加ご希望日・クラスを明記のうえ、ご連絡ください)

*ボランテイアスタッフも募集しております*
ご興味をお持ちの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------


back to top←



  1. 2011/08/10(水) 12:31:42|
  2. WS / Teaching
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RENDANCE世代間の交流 出演@AAS

RENDANCE世代間の交流 出演


夕方4時に集合して、主催の山崎広太さんから
リレー式トーク&即興ダンスのルールの説明。
これは、NYで上演されたアメリカ人のダンス作品の仕組みをもとにしたルールだそうです。

本番中、中馬さんに引っ張られて、客席にいた小学生のタクト君が舞台に上がりました。
「世代間」の幅が一気に広がり、9才(たぶん)から78才まで。
見事に3世代。もしかしたら、4世代。
わくわくします。
スゴいですね。

後でタクト君に「いろんな人がいるね~皆、何才ぐらい違うと思う?」と聞いたら
「う~ん、20才くらいかな~」と言っていました。

韓国で長いクリエイションの時間をともにした藤里照子さんとも

久しぶりにお話しできて、うれしかったです。


あの時も、「世代の違う日韓のダンサー達が同じ作品で踊る」というプロジェクトでした。

(アンクリエイティブ主催/モリッサ・フェンレイ振付)

どんなことでも、なんでも、人が作り出すものは

綿々と繋がってゆくのだな~としみじみします。



さて、

WWFは、3年目。

このWWFが、ある特定の人間の「飯の種」や「売名行為」に転じないで、

「繋がる」ことをしてるのであれば、

それは気持ち良く続いてゆくことでしょう。

特にこういう運営は、お金の流れとか、コンセプトとか、濁らせると

ひとたまりもなく吹き飛んでしまうような

人の繋がりならではの

もろさも併せ持っていると思います。



常日頃、「繋がる」「即興」のコトを起こす企画に

JOUを呼んで頂ければ、気持ち良く現場が動くように

自分にできることを惜しみなく、お手伝いする、ということをしていますが、

そういう気持ちで、WWFも毎回、参加させて頂いています。

rendanceの打ち上げ


起きている出来事で、仕掛人の持つ動機や欲望は、常に透けて見えるものです。

それは、見事に、現場の空気に作用します。


それらが、きちんと見える人間が増えるといいな、

と思っています。

back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/08/09(火) 13:53:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

rendance世代間の交流@WWF2011

WWF2011の世代間交流ダンスに参加します。
20代~70代のダンサーが集まり、1-2分ずつ、即興ダンスとトークを交互にリレーさせてゆく
という仕組みの時間です。


世代間の対話 rendance

2011/8/9[火] 19:30-|1,000 yen
会場:アサヒ・アートスクエア
place: Asahi Art Square


dancers:
若松美黄、藤里照子、石黒節子、
真島恵理、武藤容子、武元賀寿子、熊谷乃理子、山麻衣子
櫻井ことの、JOU、アキオキムラ、長井江里奈、西村未奈
柴一平、柴田恵美、松澤慶信、渡辺久美子、前田智子、鎌倉道彦、
MILLA、林浩平、チュウマヨシコ、上村なおか、加藤みや子、石山千尋
たくと
music:菅谷昌弘


長年ダンスに貢献された方、これからの若いダンサー、今活躍しているダンサー、振付家、舞台関係者、ジャンルの違う方々を一同に会し、それぞれの言葉、ダンスを共有する。リアルと幻想が交差しながら、楽しくユーモアの雰囲気を醸し出すrendanceです。

ティナ・クロールとジェンミー・カニングハムの「馬の口(Horse's mouth)」からインスパイヤーされ、世代間の対話用にアレンジしたプログラム。


http://bodyartslabo.com/wwfes2011/festival/rendance.html




当日の日記←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/08/09(火) 10:10:04|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OdorujouスキマビトWS3日目水天宮pit

水天宮pitの中スタジオを借り切ってのWS&リハーサル3日目。

昨日は朝10時から夜10時、かなりハードだったので、

今朝は、皆、へばり気味。

教えを職業にしているベテランメンバー達に、

日替わりで担当してもらった朝のウォームアップクラスは、外部からの参加も可能。

3日目の今日は、佐藤昌枝先生。

へばってる皆の様子を組んで、ゆったりとストレッチクラスをしてくれました。

疲れて固まった身体に優しい、朝のひとときでした。



リサーチワークショップでは、「スキマビト」を探すエクササイズを続けます。

すき間に意識を向けた時、

自分の自我やエゴから離れた時、

人の身体は、こうも素敵に変われるものなのか。。。

改めて、実感しました。



いつでもどこでも、それが当たり前のように実現できる時代になったら

今私達が抱えている沢山の深刻な問題は、

意外に簡単に解決してくれるかもしれません。



「スキマビト」プロジェクトは、「ダンス作品」という枠を越えて、

壮大な世界に羽ばたきつつあります。


水天宮リハーサル
今日も1日、がんばりました。メンバー一同、歓談中。

back to top←










My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/08/08(月) 12:34:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。