jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セッションハウスWS 7回目 

最近、暖かくなった、、、と油断していたら、
冷えてしまったらしく、体調を崩している。

疲れも出たのかもしれない。

さすがにね~12月のピンチヒッター公演、
1月のシャルロアダンス来日公演のお手伝い、
2月のTPAMシェアブース取りまとめ、
と休みなしで、睡眠時間も段々短くなっていって、
最後は、本当に眠っていなかったりもしたから、

まあ、寝込んでもおかしくはない状況の結果としては、

これくらいの不調ですんでラッキー、

というべきかもしれない。


とはいえ、夕方はセッションハウスでの10回連続WSの7回目。

10回で1つ、作品を作って、発表するという強行軍。

2週間で1シーンずつやれば終わる~

とゆるく構えていたが、

あっという間に7週目。

やはり、最後の週あたりは、追い込みモードになるのだろうなあ。

などと予測しつつ、やはり、ゆるめな7週目なのであった。

けど、なかなかどうして、このメンバー、デコボコさ加減が気に入っている。


スポンサーサイト
  1. 2011/02/28(月) 22:01:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お金の世代間

助成金をもらわずに、
関係者がお金を出し合って、コト起こす。
そういう世代がある。

助成金をもらえるなら、やってもいい。
ときちんと手続きを踏み、
プレゼンできる世代がある。

どちらが良いとか悪いとか、そんなことじゃなく、
その人が育ち、生きている「時代」だなあ、と思う。


「人は皆、時代を背負っている」

とボルタンスキーは言った。

その通りなんだな。

時代に深く関わった、関わらなかった、

とは関係なく、やはり、生まれて育った時代は

その人に一生ついて回るもの。


そんな中で、時折、

時代を超えて軽やかに生きている人に出会うと、

とてもうれしい気持ちになる。

  1. 2011/02/27(日) 22:43:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歌舞伎町街角ダンス

ゆるりと参加。たぶん、14:00頃から。


『空きスペースパフォーマンス研究会@歌舞伎町』
2月26日10時ー16時(出入り自由)


待ち合わせ場所
10時 歌舞伎町一番街ゲート前
13時 稲荷鬼王神社(東京都新宿区歌舞伎町2丁目17-5)
(そのほかの時間に合流したい方はkicdicek@di.pdx.ne.jp(岸井)までメールください)

参加アーティスト:岸井大輔 木室陽一 JOU 兼盛雅幸
(時間帯によってどのアーティストがいるかは異なります)

お客さんと一緒に歌舞伎町を散歩、空きスペースを調べるワークショップをし、
その場でパフォーマンスができないか試みます

参加無料

主催・企画:特定非営利活動法人コミュニティアート・ふなばし




疲れが出たのか、非常に体調悪し。

午後からの出勤。

新宿のカフェで、舞台芸術談義。

面白い本音トーク炸裂。

歌舞伎町という町の裏表、探索。

小さくダンス。


夕方は、四谷三丁目の喫茶茶会記でのクロワズモンフェスティバル。

今日のダンサーは松本大樹。

クロワズモンフェスティバル、毎回、深く面白い時間。

http://croisement.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
  1. 2011/02/26(土) 11:51:47|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゆっくり目覚める

ゆっくり目覚める。

そんな贅沢な日。

久しぶりの幸せ。


掃除して洗濯して、

ゆるゆる

ぼおっと過ごす。


たまった日記を書く。

たまったメールをする。


時間に追われない日。


とはいえ、夜には大森で、大盛り上がりな会議に出席。

またまた、大義名分の大風呂敷回路で、頭が回転。




そして、終電で帰ったのでした。

思いの外、疲れて疲労困憊な自分の身体に気づく。


ちょっとヤバいかも。

明日の歌舞伎町イベントは、午後から参加希望。

というか、そうしないと倒れるな。
  1. 2011/02/25(金) 22:14:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

First Reflection/初期反射

2011年2月24日(木)19:30~
2011/02/24 (thu) 19:30 start
music / photo / dance live

First Reflection/初期反射
jzbrat

渋谷 JZ Brat
JZ Brat SOUND OF TOKYO / http://www.jzbrat.com
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2F

Shibuya JZ Brat
CERULEAN TOWER TOKYU HOTEL 2F


Miya (flute)
So Kuramochi (photography)
JOU (dance)

Hideaki Takahashi (piano/ electoro)

event info.←
フルート大使Miya、コンテンポラリー・ダンサーのJOU、写真家の倉持壮を軸に繰 り広げられるインプロアート。
1枚の写真をモチーフに、あらゆるボキャブラリーを駆使して表現するオーダーメイドな空間。

An art of improvisation created by flute ambassador Miya, contemporary dancer Jou, photographer So Kuramochi.Connecting beginning with one photo as a motif, they use all the possible vocabulary and create an order made space just for the audience that attend in the same space.

ticket : 3,500 yen

for ticket:T&Kエンタテインメント
03-3463-9308
info@tandk-ent.co.jp




miya
会場リハーサル前の最終打ち合わせをするMiyaさん

渋谷セルリアンタワーという場所柄か、

はたまた、英語の紙面に載った成果か、

外人のお客様も混じる場内。

コラボレーション特別メニューも味わえる会場に、

1月のシャルロアダンス来日公演で活躍した

フランス人ダンサー、ヨアン君も飛び入り参加で加わり、

写真と音楽とダンスの、非常に贅沢で楽しい夕べ。

最後には大きな拍手を頂きました。




緊張感と緩さと、大人度と子ども度の絶妙なバランスが試される

即興イベントが、自分は大好きです。

作り込まない中で、条件反射的に最上のものを出し切れるかどうか。

本当に、試されます。

純度の高い時間です。

最近では、即興をやる度に、純度は上がっているように感じます。

それに伴って、浄化作用もあるみたい。

面白いです。

ありがとうございました。

翌日の帰国を前に、最後の夜に素晴らしいダンスを踊ってくれたヨアン君、

ヨアン君の飛び入りを、快く受け入れてくださったメンバーの皆さん

こうした貴重な機会を作ってくださった企画リーダーのMiyaさんとJZ Brat、

ご来場のお客様に、

心からお礼申し上げます。

ヨアン
帰国前夜に飛び入り出演のヨアン君

コラボデザート
イベントコラボ 特別スウィーツ
  1. 2011/02/24(木) 20:29:56|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPAM2011 シェアブースの考察

最初は、「マーケットに乗ってない人たちとメーケットを繋ぐ」
という心意気だけで邁進しましたが、
2年目やりながら
「じゃあ、インディペンデントって何なのさ?」
「インディペンデントで活動することは、どういうことなのか?」
にまで、考えが及んできました。

自分で考え、実行してみる。

そのことに引っ張られて、新しい視野が開ける。

そういう法則が、あるんですね。

苦労は多くても、それが苦労に思えなくなるくらい、

面白い発見や出会い、というオマケが

後から後から、ついてきます。


便乗して、人の車に乗っかっているだけでは、

リスクも背負わずに済む代わりに、

そうした本当のオマケもついてきません。



そんなことを実感しています。
  1. 2011/02/23(水) 10:47:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠り足らずなままリハーサル

怒濤のTPAM2011シェアブースが終わり、

後処理もままならぬまま、

20日の赤レンガ倉庫ギャラリーショーイング。

21日は、セッションハウスWS。

そして、今日はリハーサル。


家の中、スゴイことになっています。。。

それでも、昨日は久しぶりに相方のご飯が食べられ、生き返りました。


キャパを超えて忙しくなっても、倒れずになんとかやってこれたのも、

日頃のこの、美味しいご飯のお陰です。

有り難いです。


夜は、千駄ヶ谷にあるLoop-Lineというライブハウスで

相方出演のライブセッション。

面白かったのですが、何しろ元から眠くて仕方なかったので、

終わったら早々に先に帰りました。

  1. 2011/02/22(火) 02:55:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPAM2011 シェアブースのゆくえ

2011/02/17-02/19

TPAM2011 in Yokohama


Shared booth  シェアブース
Independent Artists Japan
インディペンデントアーティストジャパン

今年もやります。
organizing

how it happene 発起の経緯
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-16.html

Info. from 2010 前回の様子
member list 2010←

Info. 2011
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/

本当は、TPAM事務局が主体で、地元のアーティスト支援&育成の一環として
こうしたブースを企画運営してはどうか?
というJOUのアイディアから始まったシェアブース。

残念ながら、アーティスト側も事務局側も、
現状は何も変わってはいませんが、
言い出しっぺの責任で、最低3年は続けながら、
何か変わるのか、あるいは変わらないのか、
様子をみようと思っています。

今年は2年目です。

2012年参加希望の方などいらっしゃいましたら、ご連絡お待ちしています。





ということで今年、2年目のシェアブース。
昨年からの連続参加者は、木野、柴田、幸内、兼盛、JOU。

でも、固定メンバーを集めて、団体を作るつもりは毛頭ないのです。

活動の中で、マーケットフェスティバルへの体験窓口として、

再演可能な作品はあるものの、まだプロモーターがついてなくて、

マーケットに縁がない、、、そんな人達が通り過ぎていったらいいんだと思います。

その中で、人々の意識が変わっていったら良いと思っています。




当初のそうした目的に加えて、

今年は、さらにいろいろ考えさせられる出来事がありました。

「インディペンデント」ということについても、考えが深まっていきます。

ビジュアルプレゼンをやってみようかと、声をかけたところ、

前回の参加者のsatoちゃんから返信があり、

「インディペンデント・アーティスト」へのメールでの考察やりとりが始まりました。

「シェアブースのコンセプトをきちんと言葉にしてみるのも意義のあることかもしれない」と。

結局、ビジュアルプレゼンは、事務局から断られて中止になりましたが。

そのやりとりのsatoちゃんとJOUの言葉を、合同チラシの裏側に提示することにしました。



事務局は、今回、本当に連絡が途絶えたりして、不安になりましたが

ビジュアルプレゼンがダメだった場合、ショーケース登録を頼んでいました。

シェアメンバーの中で、ショーケース登録の希望者がいなかった場合、

という条件で、音楽家のMiyaさんのライブを登録してみることにしました。


本当はシェアメンバー合同で何かパフォーマンスを催して、

それを登録すればいいのかも、、、とも思いました。

でも、パフォーマンスをするとなった途端に、

気合いが入ってしまって、

折角のシェアブースが余裕のない空気感になってしまうのも

とても勿体ない気がします。





優秀な人は多いけど、余裕のある人は少ない。

余裕のある人達が増えたらいいなと思います。


今回は、青森から舞踏の雪雄子さん、

最年長では、花輪洋治さんも参加。

人生の大先輩のお二人の醸す空気感にも、助けられた気がします。

お二人を見習って、

余裕のある、さわやかな大人になりたいと思いました。




人それぞれ、生きて来た時代を背負い、活動しています。

違う時代を背負いながら、老若男女、

同時代として集うことができた 幸運な体験に感謝します。

沢山の素晴らしい学びと気づきと出会いがありました。

面白かったなあ~。

シェアしてくださった皆様、応援してくださった皆様、

本当にありがとうございました。




シェアブースの行方についても、考えが深まりました。

何かを実行して、続けることって、スゴイ宝がザックザク。

苦労はしても、沢山の宝物が、そこにはあります。

  1. 2011/02/21(月) 22:13:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜ダンスコレクション 2Fギャラリーショーケース

2011年2月20日(日)16:30-16:45
2011/02/20 (sun) 16:30-16:45
@横浜赤レンガ倉庫1号館 
Yokohama Red Brick 1,
2Fギャラリーショーケース参加
2F Gallery showing
go to the end of the photo exhibition
there is a space inside over the wall.

入場無料
admission free

4-5 pieces showing

16:30-16:45
Choreography: JOU

dance:
臼井彩子 Ayako Ysui
柿崎麻莉子 Mariko Kakizaki
JOU (Odorujou)

リハーサル同日 open rehearsal
2011/02/20 (sun) 11:30-12:00
at the same place



-----20日(日)-----20th sunday

○リハ/各30分 rehearsal 30min each

11:00~11:30 北嶋 宏子 hiroko
11:30~12:00 JOU (odorujou)
12:00~12:30 篠原 藍 ai shinohara
13:00~13:30 江積 志織 shiori

○本番/各15分 performance each15 min.

16:00~16:15 江積 志織 shiori
16:15~16:30 北嶋 宏子 hiroko kitajima
16:30~16:45 JOU (odorujou)
16:45~17:00 篠原 藍 ai shinohara





赤れんがへ
赤レンガ倉庫へ続く道

11:30からリハーサルをして、
16:30から本番。
JOUソロ作品「MIZOU」のグループバージョンショート版。
3人の作品なのですが、出演できるのが2人だったので、
久しぶりに自分も、
20代のダンサー2人と一緒に踊りました。

個人的には、ダンサー2人に関して、
振付家とダンサーの関係でやっている時には見えない、
また違った空気が読めて、面白かったです。

作品を作るって、1人ではできないこと。
共同作業でどうバランスを取り、責任を担っていくか。

その技量の中には、テクニック、感性、人間力、洞察力、理解力、、、

全てのバランスと掛け合いの動点による瞬間の生成が含まれます。

ひと筋縄ではいかない面白さ。

興味は尽きません。


海外からは、public eyeのチームが見に来てくれて、

とても褒めてくれました。



夜のTPAMダンス公演は、フランスとポーランド。

それらを見てから、

クロージングパーティーへは顔を出さず、

帰り道一緒になった人生の先輩と、充実の女子トーク。

楽しかったです。




ダンスって、1人じゃできない時空間。

踊る人、振付演出する人、衣装、照明、音響、舞台のスタッフ、プロデューサー、観客。

全ての掛け合いの中で初めて、何かが生まれるんだと思います。


そうした在り方が、社会に問えることの効果と責任って、

もっともっと可能性があるはずなんだよね。
  1. 2011/02/20(日) 23:22:48|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPAM2011シェアブース最終日

展示ブース最終日。

昨日の閑散はどこへやら、にわかに大賑わいのブース会場。

撤収が14時。早いです。

シェアメンバーの木野さん仕切りの

赤レンガ倉庫インプロが13:00-14:00。

「どうなるかわからないけど、とりあえず、行けそうだったら参加します~」

的な感じで、参加に手を挙げてはいたのですが、

いざ、時間になってみると、これまでのシェアメンバー、皆いなくなってるし、

今日だけ参加のC.I.co.の2人は来て、資料を持ってしっかり回っている。

お留守番は大丈夫そうだし、

こうなったら、踊ってくるか。

と、時間ギリギリに赤レンガへ移動。


tpam2011inpro
写真:古里麻衣

JOU redbrick
写真:古里麻衣


踊ってきました。
終わったらすぐに、展示ブース会場に戻って、撤収。

15時には撤収終了。

KAATの近くのお蕎麦屋さんで、撤収メンバー

花輪さん、柴田恵美ちゃん、かねやん、伊東祐輔君、JOUでご飯を食べ、

KAATの演劇を途中まで見ました。


TPAMは明日までらしいですが、

もう帰路に着く外人もちらほら。

フェスティバルって、お祭りみたい。

疲れるけど、人間模様が面白いです。

人間リサーチャーにとっては、素晴らしいリサーチの場。

  1. 2011/02/19(土) 22:36:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPAM2011シェアブース2日目

よこはま


今年のTPAM、横浜の港地区、各地に点在する会場。

一見、良い感じなのだが、

歩くと5-10分。

これって、結構遠いのだ。

2日目の展示ブースは閑散。

というのも、他の施設でイベントをしてしまうと、

そっちに足が向く。

同じ建物内だったら、

イベントの後でちらっとブースに寄ったりするのだろうが、

歩いて5分10分って、結構致命傷。


で、展示ブースの中でも、

閉店時間前に閉店をするブースが続々。

お天気もあまり良くなかったりして、

なんとも寂しい1日でした。


とはいえ、今回のシェアメンバーの中で最年長の

花輪洋治さんがブースにいらして、結構楽しかったです。

あまり知らずに、その人柄とフットワークの軽さだけで

お誘いしたのですが、

実は、花輪さん、現代舞踊協会の理事なんだそうです。

あらら、インディペンデントじゃないじゃん;;


まあ、そんな方も一緒に混じってしまえる、シェアブースのフラットな人間関係、

という良さげな言い方もあり、ってところでしょうか?

花輪洋治さんと青木さん
TPAMシェアブースで再会した花輪さんとオーストラリアの青木さん




さてさて、TPAM全体では、

いろいろなことが起こりすぎていて、

どこで何をやっているか、

イマイチわかりづらく、

まあ、その時々の偶然の出会いも、人それぞれ。

鷹揚に構えてちょうど良い位ですかね~。。。

という感じで、青森からわざわざ参加してくださっている雪さんには

このわかりづらさ、ちょっと申し訳ない感じではあります。

でも、雪さんなりのペースで人とは出会っていらっしゃるようなので、

ちょっとホッとしつつ、情報の取りまとめに追われていたJOUです。





今日は、夕方流れていった先のバンクアートで

中村恩恵さんと話し込んでしまいました。

夜は、結局何も見ずに帰宅。
  1. 2011/02/18(金) 22:21:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

tpam2011展示開始

夜、またもや作業に終われ、
またもや朝まで。

そのまま、足りないものを買いに、自転車で御徒町~神田。

展示ブースに遅れて到着。

1つの用事だけならいいけど、3つ1人でやるというのは、

時間が足りんな。


今回は、仕込み、撤収、ブース展示の備品調達、メンバースケジュール把握、

など、ちょっとずつ人にふってみたものの、ふったうちに入らないのか。

でも、仕事を2つ頼もうとしたら、タイミングも悪かったのだけど

「無理」という人もいたりしたので、

個々の事情により、やはり、無理強いはできないし、

本来は、自発的にそれらが起こることが望ましいと思う。


が、しかし、

自分がもし抜けてもこうした機会と繋がりが継続できるように、

いろいろな情報や考え方を、なるべく譲渡していきたいと思っている。




さて、今日は、当日まで本当に情報がもらえず、

よってこちら側のメンバーにも情報が渡せず、

という当日ぶっつけ本番のスタジオショーイング。

kaatsta

意外に沢山のお客さんが見えて、良かったけど、

同じフロアで、同じ時間に、表番組「カナダとフィンランドのダンス公演」

が、大劇場で行われる、という完全裏番組企画であった。

同じダンスなんだから、時間をずらしてくれたら良かったのにねえ。

と、皆が言っていた。

確かに。
  1. 2011/02/17(木) 16:51:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPAM2011 KAATスタジオパフォーマンスのお知らせ

see the page 28 of TPAM booklet.

TPAMスタジオショーイング
2月17日(木)19:30-
KAAT 大リハーサル室



展示参加者による1組15分のカジュアルショーイング
他参加者は、中村恩恵Dance sanga、大橋可也、高襟、など。

■I.A.J.ダンス&ビデオデモンストレーション(15分)
出演: 雪 雄子、JOU、兼盛雅幸、木野彩子、幸内未帆、伊東祐輔

■日本→デンマーク 振付提供作品
振付 / 映像でのダンス:JOU
ダンス: Jens ・Bjerregaard (mancopy)
音楽/映像:松本充明
2009年初演のJOUソロ作品をベースに、短編に作り直した小作品を、デンマークのカンパニー振付家が踊ります。2011年6月”Simple Moves”プロジェクトとして、デンマークにて上演予定。

デンマーク人とのいきさつはこちら↓
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1526.html
JOU Odorujou
このJOUソロ作品の一部を渡している。
デンマーク人が映像のJOUと踊るOdorujou。
デンマークでの初演が楽しみである。
photo from JOU's original solo work.


Studio showing at KAAT big rehearsal studio
17th Feb. 2011
19:00 open 19:30 start


■Short demonstration by I.A.J shared booth members
performers: Yuko Yuki , JOU, Masayuki Kanemori, Saiko Kino, Miho Konai, Yusuke itoh
15min. dance and video demonstration.

■JOU’s short work performed by Jens Bjerregaard, mancopy - denmark
Choreography /dance in film: JOU
Dancer: Jens Bjerregaard
Music / Video: Mitsuaki Matsumoto

This work originally came from JOU’s solo work in Tokyo, 2009, and for the project “Simple Moves”, she selectively recreated it. Its premier in Denmark will be in June 2011.


**There would be other 6-7 groups who also have 15min. showing. we don’t know what the order is, yet.

Independent Artists Japan
Atrtist shared booth
for TPAM2011

booth S-13

http://artistsjapan.blog29.fc2.com/



順番とか、会場の情報とか、ほとんど連絡がないまま迎えたショーイング。

当日は、ディレクターセレクトイベントで、ギリギリまでセレクト・アーティストの
コンタクトゴンゾウが会場を使っていたため、事前に下見も叶わず、
しかも、同じ時間に、同じフロアの大ホールでは、
カナダとフィンランドのショーケース公演。
告知も満足にされないまま、
本当にぶっつけ本番の裏企画でした。

ゴンゾウ達の舞台セットが撤収されて
初めて参加者が会場に集まり、
「何やるんですか?プロジェクター使いますか?」
初歩的な情報を今更ながらに確認し、
順番を決め、30分で全員スタンバイ。

照明は素明かり、というのはまあ良しとして、
音響は、CDをかけるプレーヤーもなく、
スピーカー会場に残されたものを使わせてもらえるものの、
こちらのパソコンに繋ぐケーブルもなく。
「音、出せないじゃん;;」

という状態だったのが、
当日急遽、業務外業務的に面倒を見てくださったスタッフさん、
魔法使いのように、無理矢理、ケーブル関係を工面してくださいました。

事務局側としては、おそらく、
ブース出展者への配慮で
「せめてスタジオショーイングだけでも」、

スタッフさん達への配慮で(もしかしたら予算的にも)
「仕事が増えないように」
という板挟みの中で無理矢理捻出した機会だったのではないか?
と思いますが、

結果的に、両者とも短時間で解決しなければならない
究極の状況に追い込まれるという、
非常事態的な状況が、開催前に起こりました。


こういう非常時的な出来事は、滅多にあるものではなく、
個人的には面白がれましたが、
それぞれの立場で、大変フラストレーションだったかと
思います。


シェアブースメンバーを取りまとめる立場だったJOUも、
メンバーの皆さんに、当然のことながら、全く情報をお渡しできず、
しかも、振付を提供したデンマーク人の世話もしなければならなかったので、
心苦しいまま、何一つ配慮できずにやるべきことに追われていました。

事前の打ち合わせの時には、それぞれの主張で緊張感を醸していたシェアブースメンバーも、
会場内では事情を察して、さりげなくフォローしてくださいました。さすがです。
シェアメンバーの皆さんに深くお礼を申し上げたいと思います。

シェアブース的には、記念すべき大きな一歩だったような気がします。
青森からはるばる参加された雪さんも、後で
「素晴らしい。感動した」といってくださいました。

ありがとうございました。


1つ視点を変えれば、ショーイングのあの状況、
参加したブース出展者に対して、失礼な状況でもあった...
と捉えることもできましょうが、事務局としても、
よかれと思って無理矢理開催してくれた裏企画。
と思えば、その善意を感謝しつつ、
あの状況。
そんな逆境も、体験としては、楽しいよね。
裏企画参加者、結構面白かったし。
と、あくまでも前向きに、今日を生きるOdorujouです。

さら
裏企画にも関わらず、意外に人も集まった会場。KAAT大スタジオ。

ちなみに、裏企画出場者
中村恩恵Dance sanga
大橋可也&ダンサーズ
Mancopy(デンマーク)
Public eye
高襟
DAZZLE
山縣美礼
I.A.J.(雪 雄子、JOU、兼盛雅幸、木野彩子、幸内未帆、伊東祐輔)

など
意外に豪華メンバーでした。
  1. 2011/02/17(木) 08:58:43|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPAMシェアブース設営

「パフォーマンスを手伝ってくれる通訳兼パフォーマーを探している」
という問い合わせを受け、
「時間が許せば、手伝いOK」

と返事していた海外のアーティストからメールで、
ミーティングの時間。

読み間違えて、今日と思い、昨晩、寝ていないのにも関わらず、

早く来ちゃったよ~、横浜。

現地に着く頃、その間違いに気づいた。

仕方ないので、山下公園の近くにできた新しい劇場、KAAT近くのそば屋でご飯を食べた。


本当に、寝ないまま朝を迎え、日中は日中で寝る暇なく...

シェアブース、メンバーを誘った責任を果たさねば!!

と、変なスイッチが入っている。

パソコンにかじりつく私の横で、相方がついに

「このまんまじゃ死んじゃうよ 頼むからやめてくれ」

と、懇願されるに至っては、本当に自分でも 

この状況、ヤバいと思ってはいる。



しかしながら、今日はついに会場入り。

ぼちぼち、ゆるゆると集まったメンバー。

今日は、半数が集合。

ブース展示の設営の前に、KAATエントランスロビーでの

オープニングパフォーマンスを鑑賞。

パス購入者は無料で見れるという、プロデューサーセレクション。
オープニングtpam2011



それから、設営に戻り、机の上に布を付けたり、壁にポスターを貼ったり、

資料を並べたり。


tpamブース


その後は、KAAT劇場の奥の会場で、オープニングパーティー。

パーティーと言っても、飲み物だけだったので、

ちょいおなかをすかせて帰宅。

明日は、会場入り前に、やることイッパイ。




懐かしい面々にも会えて、うれしい1日。



  1. 2011/02/16(水) 22:50:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デンマークへの振付提供のきっかけは、お人好し人助けだった

デンマーク人との最後のリハーサル。

今日は、カンパニー・スタッフがレバノン(何故かレバノン)から合流して、

初めての新しい観客を前に、しょっぱな、不出来に苦しむデンマーク人。

富士山麓の旅で、記憶が少し薄らいでしまったらしい。

だが、そこはさすがプロ、

リハーサル後半、見事に挽回し、最後は良い感じで終わった。

昨年のリハーサルから考えると、素晴らしい進歩なのであった。




ここで、デンマーク人に何故、振付をすることになったのか、

その経緯を説明したい。

3年前のTPAMに、雄三のスタッフで入った時に知り合い、

当時、振付センターのディレクターだった彼、

アーティストを呼べる場所を持っているというので、

何故か自分ではなく、当日会場にいたC.I.co.と引き合わせた。

で、その数ヶ月後、渡仏した時に、TPAMで名刺交換したヨーロッパ人達に

「パリにいま~す」メールを送ったところ、

たまたま彼もパリに所用で来ていて、

お茶をすることになった。

で、何故か、お茶の席で「以前はカンパニーメンバーと一緒に

自分も踊りながら作っていたが、今では立場が偉くなってしまったので、

なかなか以前のような実験ができない。まだまだ新しい情報のインプットも必要なのに...」

という、出世したらしたで、なかなか切実な悩みを聞かされる。


「じゃあ、外国から振付家を呼んで、自分だけにソロを振り付けてもらえば?」

と、悩みの解決法を提示。別に「自分にやらせろ」と営業したわけではない。

悩みを聞きながら純粋に、解決としてのアイディアが浮かんだから、無償提供してあげたんである。


その数ヶ月後、「企画が通った」とメール。


彼は3人の振付家のもとで、ソロパフォーマンスをするという企画を立ち上げ、

見事実現。「良かったね~」とか言っていたら、


しかも、その3人のうちの1人として選んでくれた。

「TPAMでいろいろ見たけど、どれもピンと来なくて、

JOUのwebサイトの映像作品が、とても気になったから。

何か違う可能性を感じる」

んだと言う。


企画を提案した時は、彼がどうすれば問題解決できるか?
に集中して考えたひらめきを話しただけだったが、
お人好しのお節介 人助けが、自分に返って来た。

面白いなあ~と思う。




だがしかし、日本でも世界でも、Odorujouは、ダンス界の王道を遠く外れて、

覇道の王道を我道に進む、"どこにも寄らない”アーティストなんである。

自分がそうしたくて、そうなっているわけではない。

たまたま、コンクールに出せば、受賞できないし(韓国は別。日本のでね。)

プロデューサーや評論家・セレクションにひっかかることは、今のところ、

まず、ない。


例外として、

2002年山野博大セレクションの東京シティバレエへの振付提供企画では、。

山野先生は、10年以上前の、jOUがまだジョー高橋と名乗っていた頃の

初期の作品を、米井澄江さん繋がりで見ていて、面白がって声かけてくれた。

それと、乗越たかお著「コンテンポラリーダンス徹底ガイド」には載っているが、

あれは、幻なんである。


日本で、我道を進むIndependent Artistに、

国内フェスティバルや大きい企画での公開発表の道は、ない。

自分で作り出してゆくしかないのである。

自分で作るのは構わないが、

どうせ作るなら、自分1人のためだけじゃなく、

同じような状況に苦しんでいる人達も一緒に救われるような、

そんな何かを作りたい。

そういうことでTPAMシェアブースをオーガナイズしたりしている。

自分だけ売れればいいっていう、資本主義的な考え方は、どうも居心地がよろしくない。




という、そんなお門違いなアーティスト、JOUを選んでしまった、

お門違いなデンマーク人は、当然、日本でのJOU作品発表の場を探す時に、

苦労を強いられるハメになる。

やっとのことで見つかったのが、

TPAMでのスタジオショーイング。

しかも、同じ時間に同じ建物(KAAT)大舞台で

フィンランドとカナダの公演が催されるのに平行しての裏メニュー。


これに関しては、不憫でならない。

力不足で、本当に申し訳ない、と思う。

今、王道を邁進している売れっ子アーティストに頼めば、

こんなことにはならないのだ。

すまん。

と、心の中で謝りつつ、


でも、せめて、面白いものを提供できるよう、がんばろう、

と、一生懸命考えて、リハーサルをして来た。


ダンサーとして彼が、新鮮な体験をしてくれたら、それも本望。

意外に真面目に仕上がって、奥の深い、良い小作品になったと思う。



欧州のプロダンサーに振付する過程も、

自分にとっては、「これでいいんじゃん」

と、自分のやり方の成果を確認できる良い時間となった。

最初の1週間、水天宮pitが使えたことも、大きい。

これも偶然、の産物だった。。


いろいろな偶然に、心から感謝する。
jens
リハーサル開始前のjens 

jens-jou
水天宮pitでリハーサル中のjensとJOU




さて、裏メニューの作品発表は

2/17(木)19:30-
KAAT大リハーサル室

15分枠のオムニバス公演。

中村恩恵率いるDancesanga、大橋可也、高襟、などに混じって、

デンマーク人。(mancopyというカンパニー)

Indepdent Artist Japanも6人で参加。

お時間ある方は、ぜひ、いらしてください。

お待ちしています。

TPAM入場する時にもらえる本のp28に出ています。


Studio showing at KAAT big rehearsal studio
17th Feb. 2011
19:00 open 19:30 start


■Short demonstration by I.A.J shared booth members
performers: Yuko Yuki , JOU, Masayuki Kanemori, Saiko Kino, Miho Konai, Yusuke itoh
15min. dance and video demonstration.

■JOU’s short work performed by Jens Bjerregaard, mancopy - denmark
Choreography/ dance in film: JOU
Dancer: Jens Bjerregaard
Music / Video: Mitsuaki Matsumoto

This work originally came from JOU’s solo work in Tokyo, 2009, and for the project “Simple Moves”, she selectively recreated it.


**There would be other 6-7 groups who also have 15min. showing. we don’t know what the order is, yet.

当日の様子はこちらでレポート↓
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1527.html







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/02/15(火) 22:14:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハッピーバレンタイン!!

雪が降って、ホワイトバレンタインになった。

しかも、雨の後の雪だから、良い感じにシャリシャリ。


大滝栄一の歌を思い出す。

「雨は夜更け過ぎに~ 雪へと代わるだろう~

きっと君は来ない~
1人きりのクリスマスイブ

サイレントな~いと、ほ~り~な~~~い
おうぇおうぉおうぉ。」



スゴイな、大滝栄一。

男の子がふられて 酔っぱらって 吐いちゃう歌なのだ。

という裏☆大滝栄一がいつも心に浮かぶのだ。

おうぇおうぉおうぉ。

切ない。

だが、若さの輝きを感じる1コマではないか。


青春。




私の睡眠時間は、PC作業に奪われ、

私の身体は月の満に助けられ、

私の意識は、少し浮遊し始めた。

  1. 2011/02/14(月) 23:54:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日もリハーサル

2/20の横浜赤レンガ倉庫2Fギャラリーでの
ショーケースのためのリハーサル。

ギャラリーショーケース出展も、自分が踊りたいというよりは

「横浜体験を若者に」

という気持ちも余計なお節介であったりするのだが、

結局、若手女子2人に混じって自分も踊るので、意外に大変じゃないか。


が、しかし、リハーサルは楽しい。


ダンスの醍醐味は、自分とは違う人間と協力して、

何かを作り上げること。


その過程が全部面白い。


  1. 2011/02/13(日) 23:50:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分のリハーサル

デンマーク人は、今日から富士五湖へ。

次のリハーサルは、15日。


そんなスペシャルな日は雨。寒い雨。

デンマーク人が富士山麓で温泉に浸かっている間、

Odorujouの方のリハーサルを進める。


なんだかんだいって、リハーサルして身体を動かせることはうれしいのだ。


そして、このスキに、TPAMシェブースの作業も進めて終わりにしなければ。。。

終わるのか?

いや、終わらせねば。

不眠不休の日々は続く。
  1. 2011/02/12(土) 23:46:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変なスイッチon

ずっと、夜中、作業しているのだ。

慣れないパソコンで。

相方にやってもらえばすぐ終わってしまうようなことなんだろうけど、

これは、自分でやるのだ。

やらねばならぬのだ。


ということで、今日も不眠の仕事。

変なスイッチが入ってる。

月が満ちてゆく時には、夜に酢酸作業して

あまり寝なくても平気だったりする。


人のためにがんばる自分が好きなだけです。

やれないことをやれるようになる瞬間が、

面白くて仕方がないだけです。


今日は、久々のリハーサルoff。

10日間続いたデンマーク人とのリハーサル。

1日のお休みに寒波。

寒さは、お休みを効率良くしてくれる。


全てに感謝、です。


  1. 2011/02/11(金) 23:38:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆるゆるとギリギリ

ゆるゆると頑張っています。
ギリギリなんですが、ゆるいです。

今日は、久しぶりに
10日連続のデンマーク人への振付リハーサルから
お休み。

といっても、TPAMシェアブースのオーガナイズの作業がまだ山積み。

何をそんなに時間がかかってるかというと、

11人分の情報のブログ作成と、スライドショー作成と、

それぞれの60秒映像を繋げるという

作業を1人で請け負っている。

しかも、それらの作業、自分、全くの素人ですし。


小さなことでつまずいて、時間がかかってしょうがない。



けど、考えてみれば、こんな面倒くさいこと、絶対に自分のためにやったりしない。

人々のため、と思い、自分が言い出したことだから、、、

という責任感に支えられて、

なんとかやっているが、これは、アナログな自分にとって

奇跡に近い難行なのである。



パソコンの前で夜な夜な苦渋している私に、

相方は「どうしてすぐ、脇道にそれて余計なことする。自分の仕事(ダンス)ちゃんとやれ」

と再三の指摘。。。

確かに、ごもっとも。



とはいえ、やはりそこは、志と責任。

自分だけが良くなればいいってもんじゃない、

自分達のコミュニティや環境、対社会とのあり方、などが

改善されて初めて、ダンスの道も本当の豊かさで潤うはずなのだと、

と信じている。


自分が手を差し伸べた人達が、自分に手を差し伸べ返してくれなくても、

やはり、自分はいつでも快く、人に手を差し伸べられる人でありたい。


そんな自分が好き、と言える自分で居続けたい。

TPAMシェアブースのブログ↓
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
  1. 2011/02/10(木) 22:48:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Independent Artists Japan TPAM2011

昨年から始めた、Independent Artists Japan。
プロデューサーのいないアーティスト(特にダンス関係)
が連帯で、マーケットにシェアズースを出す企画。

別にそれを母体に、協会や団体を作ろうというつもりは、全くない。

もともと、一匹狼的な勝手な人達の集まりである。

マーケットに参戦していないだけあって、
アナログで、パソコン使えない人もいるし、
マーケットが何なのかもわからないまま
活動している人もいるしで、
てんでバラバラ。

まとまるのは、修行のよう。
それでも、言い出しっぺとしては、3年は続けようと思っている。

プロデューサーがついてマーケットに乗っている人は、
わざわざそんなことしなくても、そのまま乗っていればいいけど、
お互い、良い時も悪い時もある。
人生長いし、時代は動く。

自分だけ良ければいいって時代は、終わったと思う。

どんな時でも、人にちょっとの手を差し伸べられる人でいたいし、
そういう人が増えたら、もっと生きやすくなるんだと思うから。

怒濤の日々がちょっとだけ一段落して、
今日は、リハーサルの後、夜を使って、
シェアブースのブログを完成。
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
  1. 2011/02/09(水) 22:23:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また違う場所で

スタジオ集中週間が過ぎ、残りの1週間、

時間貸しの場所を点々と移動しながらのリハーサルとなる。

デンマークへ提供する振付作品は、プロジェクターを使うのだが、

デンマーク人が小さな機材を持参してくれたので、

なんとかそれで済んでいる。


とはいえ、先週と比べると、

なかなかハードな環境ではある。

しかし、頑張るのだ。


TPAMのシェアブースの取りまとめとか、
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
やらなきゃいけないことも沢山たまっていて、
何しろ私は仕事が遅いので、
それはもう、大変なことになっているのだが、

負けないのだ。

頑張るのだ。

デンマーク人への振付提供作品は、TPAMのショーイングの時間枠の都合上、
10分ちょいの長さになってしまったが、
なかなか不思議なものができつつある。

Odorujouの妙チクリンな動きを、
真面目に受け取ってくれている彼に、感謝、である。

2/17、19時からTPAM会場の一部、
KAATのリハーサルスタジオでのオムニバス・ショーイングで
お披露目する予定です。

TPAM入場パスを買わないと入れないらしいのだが、
ショーイングは無料。

お時間ある方は、ぜひお越し下さい。
  1. 2011/02/08(火) 22:38:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戻った。そして複眼欲求。

至福のスタジオ生活から、

日常に戻った。

クリエーション・リハーサルは、続いている。

今日は、区の社会教育施設を借りて、練習。

この温度差、

昨晩は「もう戻りたくない」

と思ったものだが、

non ART的な文脈で暮らしを営んでいる世界のことも、

個人的には、実はとても好きなのである。

その両方を行き来しながら、

橋渡しができればいいと思う。

双方に、双方が交われば、もっといろいろ変わりそうな予感がする。


どちらか一方だけでは駄目なんだ。

交わらなければ。


カメラのアングルは、ちょっと高さや向きが変わるだけでも、

全く違うものになる。

人間の視点も、同じことだと思う。


できるだけ多くの視点を持ち、経験し続けたい欲求が自分にはある。
  1. 2011/02/07(月) 00:31:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルギーのシャルロアダンス情報と水天宮pit最終日

今回の、シャルロアダンス公演、

15年前に作った作品を作り直して持ってきたという。

「なぜ、この作品にしたのか?」

とプロデューサーに聞いたら、面白い答えが返ってきた。

シャルロアダンスに雇用された振付家は、

5年間の任務の中で、新作を2本、以前に作った作品のリ・クリエーションを2本、

という義務があるのだそうだ。

そのサイクルの中で、今回の上演作品が、一番新しいプロジェクトだったこともあって

持ってきたという。


再演に際しては、オーディションを行う。


そういうことを日常のサイクルとして行えている

ベルギーという国の深さを思う。




そして今日、東京の自分は、スタジオ最終日。

夕方まで、デンマーク人とリハーサルして、

夜は、最後のプロジェクトクリエーション。

時間はあっという間に過ぎてゆく。


撤収時間ギリギリに、なんとか退出。

帰り道、自転車をこぎながら

この1週間の幸せをしみじみ思い、温かい思いに満たされる。

泣きたいような気持ちになる。


なんだろう。

自分が自分でいられる場所。

何もごまかさずに、正々堂々と、活動できる場所。

本当に幸せだった。

ありがとうございます。








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。





  1. 2011/02/06(日) 22:11:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最終週末

今日と明日で、水天宮pit生活も終わる。

リノリウムの床で踊れるのも、久しぶり、

という劣悪な環境で日々過ごしているので、

どんな小さなことでも、本当に幸せに感じる。


場所が決まっているお陰で、クリエーションに集中できるのが、何より有り難い。

場所と人。

大事なこと。


  1. 2011/02/05(土) 23:14:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さおり一家佐渡島へ帰る~スタジオショーイング

30日から泊まっていたさおり一家が佐渡島へ帰路。
キュートなモスとオモロいさおり一家と
お別れするのは寂しいものである。

彼らには、
ずっと家の鍵ごと明け渡していて、
着替えや荷物を取りに
スタジオと相方の家に帰る途中に
寄るという、
変な生活だったが、

今日、久しぶりに自分だけの家に戻った。

元の生活に戻るには、
シーツを洗ったり、布団を干したりしなければ
ならないのだが、

10時から22時までのスタジオ生活が続くので、
なかなかそれができず、
家が空いた後も、結局相方の家に戻る日々である。

しかも、風邪をひいて、夜家に戻ると
すでに寝込んでいる家人。

寝室を通らないと何もできないので、
お互い迷惑な話で、非常に申し訳ないのだが、
なんとも仕方ない。


クリエーションの環境は最高。

スタジオで照明やセットを試しながら
創作の試行錯誤ができるという幸せ。

シャルロアダンス公演のお手伝いから
ずっと続いているので、
実はちょっと大変だけど、
幸せな面にだけ焦点を当てて、
ポジティブに、がんばります。




そして今日は、夕方、スタジオの管理の人々が
稽古見学に来てくださって、
これまで創って来たモノ達をプチ・ショーイング。

「見る人」がいるだけで、こんなにもダンサーの意識が変わる。

このささやかなイベントのお陰で、作業効率が格段に良くなったと言える。

面白いものができつつある。

感謝。
  1. 2011/02/04(金) 23:10:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分

今日も、長い至福の1日リハーサルの後、

節分の豆をまきに、自分の部屋に帰る。


今、家に佐渡島からさおり一家が滞在しているので、

「荷物取りに行きま~す」

とメールしてから。


ドアを開けると、

節分の鬼がいた。

あるの

インフルエンザで寝込んでしまった4歳のもすちゃん、
病み上がりの身体で、豆まきを強行。


今年は、穴八幡宮のお守り「冬至か大晦日か節分の日の夜24時に、家に貼ってください」

という有り難いのを頂いて、大晦日に貼りそこね、

今日の節分が最後のチャンスだったのだが、

病み上がりのモスちゃんと、モスの風邪をうつされて

咳き込んでいるさおりちゃんのいる家で、
そのために、
24時まで時間をつぶすのも
はばかられ、仕方なく、
23時頃、フライングタイムで強引に貼ってから、
相方の家に移動。

まあ、時差ってことで。

  1. 2011/02/03(木) 22:12:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

all day rehearsal

1/31、月曜日から、リハーサル集中週間。

日がな一日、スタジオでトリプル・クリエーション。

シャルロアダンスの事務局のお手伝いも楽しかったけど、

その後に戻るダンスクリエーションの世界は、やっぱり楽しい。

贅沢で豊かな時間だ。


1日中、というのは結構長いので、

ゆるゆると、ちょくちょく休憩を挟みながら、

少しずつ、でも確実に、

何かが生まれて育ってゆく。

わくわく楽しい時間。


独りではなく、誰かと一緒に、

それができることを

心から感謝し、幸せに思う。


  1. 2011/02/02(水) 22:05:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「弦覚」music & dance live @喫茶茶会記

2011/02/01 (wed)
20:00 start

music and dance live


cafe Sakai ki
喫茶茶会記(四谷三丁目より徒歩5分)
http://sakaiki.modalbeats.com/

2000 yen (include 1 drink)

part 1: music session
カイドーユタカ(コントラバス) Kaido Yutaka
松本充明(改造シタール) Mitasuaki matsumoto

part 2: music and dance sesshon
カイドーユタカ(コントラバス) Kaido Yutaka
松本充明(改造シタール) Mitasuaki matsumoto
JOU (dance) 

20110201




ライブのタイトル、「弦覚」~ゲンカク

そのまんまじゃないか?

と思えるくらい、楽しくて

不思議な、スペシャルな夜でした。

第1部のカイドーユタカ、松本充明、JOUのセッションの後、

今朝、デンマークから成田に到着したjensが、急遽、

特別出演で彼のソロプロジェクト、

キューバの振付家の小作品ソロを披露し、

休憩後には、ベルギーのシャルロアダンスのダンサーも特別出演。

どころか、ディレクターのピエールまで乱入。

クオリティ高く、非常に贅沢なライブとなりました。


これ、本当に滅多にない出来事。

とんでもなく面白かった夜でした。


シャルロアのディレクター・ピエールに、

JOUダンスを随分と褒めて頂き、

尚かつ、一緒に即興ではっちゃけてしまった

スペシャルお宝ナイトでした。

  1. 2011/02/01(火) 22:31:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。