jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベルギー大使館のパーティー

大使館というのは、東京都のど真ん中にある。

日本にあるベルギー大使館で、

パーティーの食事はタイフード。

なんでかな~と思っていたら、

どうやら、大使館身内の方が、そちらの出身の方らしい。

ということに、後で気がついた。



マレーシア時代に馴染みのあるデザートが出てきて、

とても懐かしかった。


「アガアガ」とマレー人達は呼んでいたけど、

タイではなんと呼ぶのだろう。

もっと早く気がつけば、もっといろいろ、お話、伺えたのに。

残念!!


スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 21:58:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊かさ

豊かさは、どれだけあげられるか。

どれだけ繋がれるか。

自分の好きな自分でいられるか。

自分に嘘をついていないこと。

行動を通してしか、人は成長しない。

思うことはすでに、命のパワーを秘めている。








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




  1. 2011/01/30(日) 22:16:34|
  2. thoughts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャルロアダンス来日公演2日目=千秋楽

14時開演。

昨日よりもさらに良い感じで踊ってくれたダンサー達。

70分の公演の後、アフタートークを行いました。

沢山のお客様が残って、興味津々に、ピエールのお話を聞いていました。

最後の質問の答えの一つに、ピエールが

「自分のワークは、ミニマリズムではなく、バロック」

という言葉を出したことで、

「あ、は~ん」といろいろ合点がいった感じ。

でも、彼がこの作品で集めているのは、

「空気」と「質感」の身体。


そこに、リズムや空間が関わってくる。


深く細かくものが見える人程、より面白いと思う作品なんじゃないかなと思いました。

  1. 2011/01/29(土) 22:37:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャルロアダンス来日公演 初日

東京から1時間かけて、横浜みなとみらいへ。

パソコンのやり取りをしていると、あっという間に時間が経ってしまう。

ゲネ(本番前の通し稽古)をしているはずの劇場に着くと、

様子が違う。

ベルギー人のメイン技術スタッフの1人が、

具合悪くて病院に行ったという。

風邪を引いたらしい。

結局彼は、本番ギリギリまで楽屋で倒れていて、

本番だけやり遂げ、終演後、ホテルに戻ったのでした。


などというアクシデントもありましたが、

さすがプロ、見事に舞台はこなしました。


今回の作品、15年前の再演。

当時の主流を考えると

随分と新しいことをしていたのだなあ~

と感心する部分もあります。

原作を全く知らない若いダンサーと、

オリジナル作品の上演時にも踊っていたダンサーと、

同じように舞台に立っているのも面白い。


それが、日本で言う、「若い弟子と兄弟子が一緒に踊る」

という現象ではなくて、

フランスの若手カンパニーのダンサー達とコラボって言うやり方に、

プロダクション的な自由さと可能性を感じます。






作品には、たくさんの「質感」の変化がでてきます。

オーディションWSでも、

「ダンサーが与えられた条件を理解し、どうクオリティを変えることができるか」に

注目していたピエールでした。

「空気」が動くと「風」になる。

その間のクオリティ(質感)の変化の抽出には、無限の選択が存在します。

それらを忠実に「身体」で探求した作品であるような印象を受けました。


舞台装置とか、実に贅沢に使われていて、それが見える人には見えるけど、

見えない人には全く見えないような配置になっている。

金箔を下地に塗ってから、それを隠すように地味な自然色を施した日本画みたい。


  1. 2011/01/28(金) 23:21:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャルロアダンス来日公演 仕込み

横浜赤レンガ倉庫1号館3階にある劇場。

今回の作品は、ピエールが15年前に作った作品を、

新しいメンバーで作り直したものだそうです。


ベルギーから送った鏡が割れていて新しく注文したり、

舞台の仕込み作業には、いろいろな出来事が起こっている模様。


公演やイベントというのは、お祭りみたいなもので、

舞台上の作品だけでなく、

裏側の仕込みや、人間も含めてのイベント事が

自分にとっては、より面白く興味深く感じます。


誰がどこにこだわるのか、どう対処するのか、

作業をしていく中で、

人となり、価値観、判断基準、など、その人それぞれが

浮き彫りにされてゆく瞬間が面白いです。



明日、いよいよ初日。

今日、通しましたが、3ヶ月ぶりに初めて一緒に踊るということで、

ダンサー達もいろいろと確認しながらの作業でした。

そういう状態でも、ピエールの作家性といえるような世界が

公演中に現れる瞬間があり、とても面白かった。


  1. 2011/01/27(木) 22:34:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルギー シャルロアダンス オーディション体験WS

2011/01/26 (wed) 13:00-17:00
charleroidanses (シャルロアダンス) オーディション体験WS
@象の鼻テラス http://www.zounohana.com/access/
横浜市中区海岸通1丁目 ☎045-661-0602


1/28-29、横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホールにて来日公演の
シャルロアダンス作品
のためのオーディション再現、
未来を担う日本のダンサーの皆さんに体験して頂こう、
というWSです。

会場の象の鼻テラスは、港の景色を見ながらくつろげる、
公園の休憩所です。

皆様にご利用頂けるオープンスペースなので、
体験WSの様子を、カフェでお茶を飲みながら、
見学もできます。

ぜひ、お待ちしています。
詳細:
http://cdjo.exblog.jp/




さて、寒い中にも、青空が気持ち良い横浜でのWS。

お陰様で定員満員になった、WS。
「こういう機会が必要なのでは?」
と日々のOdorujou活動から生まれた今回の機会。
未来を担う若い世代が、ここでの発見や刺激を、
今後の活動に生かしてくれたなら、
とてもうれしいです。

取材の方も、見学の方も来てくださいました。
ありがとうございました。
こういう機会を、どんどん皆で共有して、
日本がもっともっと、精神的にも豊かな国になったらいいなと思っています。




「オーディション体験」という言葉のせいか、緊張感とゆるさが絶妙なバランスで、
とても良い空気を醸していました。

時間が経つとともに、受講生の皆さんは緊張が解けてきて、
ピエールはどんどんクリエイションの方向へ向かい、
本来なら、最後は合否が出るところを、
なんとなく、平和なクリエイションWS的な雰囲気になって終わりました。


「オーディション」というと、大きいところでは、
書類審査でまず選ばれ、
バーレッスンなどのテクニッククラスでまた選ばれ、
コンポジションでまた選ばれ、
最後にクリエイション的なところで残った人
が、結局最後の最後に、誰も選ばれなかったりもする。

というイメージが強いですが、

ピエール曰く、「テクニックがあることも大事だが、
それ以前の、コミュニケーション能力も含めた人間性や、
佇まい(舞台での自然な立ち方、歩き方)や、与えられた課題を
どう理解し、消化し、アウトプットできるか、という可能性など、
総合的にじっくり見ていかないとわからないし、そうした部分が自分にとっては
より重要で、そういうものを見ている」

という彼の姿勢が現れていた時間でした。




「オーディション体験」なので、もちろん、「合否」はありません。

「じゃあ、普通のクリエイションWSとどこが違うのだろう?」

終わった後に、考えさせられました。


結局、「オーディション」というのは、

「クリエイション」をするための

メンバーを探す催しなので、

「クリエイション」をする振付家が

その中でやりたいと思っていることをやってもらって、

「それを理解し、できそうかどうか」

ということを見極める時間なのだと思います。


コンクールや大学受験などのように、そのための勉強をして

その時だけの傾向と対策を上手にやる、という催しではないのではないでしょうか。


その時何かできればいいという、決して特別な時間ではないのです。


その後に続く、3ヶ月や1年かけるクリエイションと、

2-3年は続く講演ツアーをするための

採用試験が、オーディションなのではないかと思います。


そこで見られ、判断されるのは、「日常的な力加減」なのでしょうね。



終了後、WS受講生の皆さんに、以下のお便りをメールしました。


シャルロアダンス オーディション体験WS受講者の皆様

WSにご参加くださいましてありがとうございました。
今回のオーディション体験WSを提案企画しましたJOUです。

ピエールは通常、3日間かけてオーディションをするそうです。
基本的には、昨日と同じような内容を、時間をかけて行います。
1.フォーム:舞台上に、どう存在するか
2.スコア:与えられた動きや条件を、どう再現できるか、あるいは作り出せるか
3.シフト:与えられた条件に応じて、クオリティをどう変化させていけるか

「3日間やっていると、最初はすごく目立って良かったのに、どんどんつまらなくうずもれてゆく人もいるし、逆に、最初目に留まらなかった人が、ぐんぐん輝いてくる時もある。オーディションで採用したダンサーとは、最低でも3ヶ月かけてクリエイションし、その後のツアーも含めると3年間、つきあうことになる。だから、時間をかけてダンサーを見る必要がある」と、ピエールは話していました。

---

またこのオーディション体験WS企画は、ここ数年のOdorujou活動の中で実施してきました「海外で活動する日本人アーティストから、海外の芸術支援環境の話を聞く会」から生まれました。

「海外の話を聞く会」は、「海外で成功するためのノウハウを伝える会」ではなく、「実際に海外で活動している人達は、どういう環境を”常識”として、舞台を作っているのだろう?」という情報を、日本人の中でできるだけ多くの人と共有することから、何か現状を改善するようなアイディアや動きが生まれれば、、、という思いから始まっています。

こちらに、過去の記録がアップされていますので、どうぞ。
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html

これからの進路や考え方を作っていく上で、何かしらの参考やヒントになるかもしれません。

ちなみに、事務局長の宮澤さおりさんは、「海外の話を聞く会」のゲストとして、シャルロアダンスでの話をしてくれています。
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-883.html

これらの情報から、海外で、特に欧州で行われているダンス活動は、人間同士の営みとしての延長線上にある職業として、社会的にもきちんと位置づけられているように思います。

宜しければまた、何かとお知らせさせて頂きます。
公演情報等もぜひ、こちらまでお知らせください。

人としてお互いに知り合うことから、全ては始まるのだと思います。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

JOU
  1. 2011/01/26(水) 23:10:05|
  2. Odorujou企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンパニー

罰ゲームではなく、ご褒美。

そんなダブル、トリプル、パ~ンチ的に重なる依頼を

否応なくこなす日々。




今日から2泊横浜。

今日は、シャルロアダンスのピエール一行が来日。


ベルギーから来て、ゆるやかにホテル集合、

なんだそうだ。

大人だわあ。


海外のカンパニー、大小いろいろ接してみると、

ボスである振付家の年齢やキャラクターで、

カンパニーの雰囲気も随分と異なるものだ。


結局、人間同士でやる共同作業なわけだから、

カンパニーとの出会いって、結婚相手やパートナーを捜すのとある意味、同じことなんだろうな。



メンバー同士のバランス感覚や、振付家との意思疎通。

舞台の表だけでなく、裏~クリエイションやツアー中の生活も含めて、

自分と集団、自分と他者との関わりのバランスとセンス。


そういうものを感じる。



さて、今日は、海鮮居酒屋で、刺身盛り合わせに
超ご機嫌な、シャルロアダンスの皆さんでした。




  1. 2011/01/25(火) 22:02:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

罰ゲームではなく

大変な時に、さらに余計な仕事が入ってきたりする。

「罰ゲームか?!」

と思うような状況。

重なる時には、重なる、という時に、

「罰ゲーム」ではなく、「ボーナス得点のチャンス」

と思ってみたらどうだろう?

「これをクリアすれば、次のステージに上がれる!!」

というご褒美チャンス。


モノは考えようである。

  1. 2011/01/24(月) 22:15:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011/01/23 アノニマス舞踏会6

2011/01/23
19:00 start

produce by dance PAS
アノニマス舞踏会6
anonymous butoh and dance 6

森下スタジオ
@ Morishita studio

admission fee: 500 yen


performance 4 pieces:
すまこスタージュ作品 Sumako WS menbers
橋本正彦 Masahiko Hashimoto
JOU (Odorujou)
長谷川 六 Roku Hasegawa




朝、11時から舞踏のすまこさんのWS初心者クラスと、お昼を挟んで、
中級クラスを受けました。
17時半まで基礎から振付まで。

超特急のクラス進行でしたが、
最後、18時から30分間で進行覚えて、
20分の作品が出来上がりました。

フランスで長らく活動されていらしたという、すまこ・こせきさん。

身体の物理的な面とイメージや気の流れとしての面とからのアプローチが、
とてもわかりやすく、面白く、そして豊かな時間でした。


19時から、アノニマス舞踏会6。

すまこWS作品を1番目に、
JOUソロは3番目に。
正確に言うと、カメラマンとJOUのデュオでした。


すまこワールドが、緩さの中にもきちんと濃厚な基軸のようなものが
ぴいんと心地良く存在していた1日だったので、

そこから離れて、終わりの時間以外は何も仕込まず、
何も積み上げず、まとめず、ただ
ゼロと無のすき間から生まれる瞬間に
丸腰で身を委ねました。


すごくスリリングで面白い時間でした。

終わってから、すまこさんや宮田さんに

とても素敵なお言葉を頂戴いたしました。

感覚としてのダンスが、言葉として還ってきたとき、

ダンスはようやく初めて実存として刻印されるような気がします。

人として生まれた後に、名前がつけられるのと同じように、

ダンスが生まれた後に、言葉とタイトル。名字と名前みたいに。

そんなことを思いました。




どうもありがとうございました。
  1. 2011/01/23(日) 22:40:51|
  2. imporvisation live 即興パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草ダンスビデオ☆地域アート系ビデオ上映&トークイベントに参加!

『浅草ジャンクション』@LwP asakusa


1/22(土)トークイベントは19時開場、上映会未定(17時~?)
・会場:LwP asakusa(台東区花川戸2-14-3)

Talk and video projection event about Community art
@LwP Asakusa (2-14-3, Hanakawado, Taito-ku)

トーク参加します。
Talk and video showing "JOU Dance2 in Asakusa"

what is JOUDANCE2 in Asakusa↓
浅草ダンスビデオ上映&トークinfo←

<スケジュール>
17:30~18:30 上映会(古新2作品、JOU1作品の上映)
19:00~浅草ジャンクション(トークイベント、4組のプレゼンターの発表)


会場のLwP Asakusa当日の記録
http://lwp-a.jugem.jp/?eid=71
  1. 2011/01/22(土) 12:18:30|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝帰りから扉をくぐる。

昨夜のライブの後、上村なおか&笠井瑞丈夫妻宅へ流れ、
結局、朝4時半頃就寝。

久しぶりにゆっくりの時間。

数時間寝て、10時頃帰路に着く。

そのまま、実家の家族サービスへ向かうと、

昨晩のパフォーマンスなんぞ何の気にもしない人たちの

社会的な暮らしが、脈々と営まれている。

価値観の違い、必要とするものの違い。

歴然とした異なる世界。


こうしたギャップの間を渡り歩きながら、

自分の役目を果たす日々である。


  1. 2011/01/18(火) 10:26:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

music & dance live 2011 vol.1

2011年1月17日(月)20:00~ 音や金時(西荻窪) Otoya Kintoki (Nishi Ogikubo)
flyer
music & dance live 2011 2011/01/17 (mon) 20:00 start
performers: 笙 sho:石川 高 Ko Ishikawa bandoneon:松本充明 Mitsuaki Matsumoto dance:上村なおか Naoka Uemura dance:JOU part1 music session part2 dance and music session  
音や金時(西荻窪駅から徒歩5分)  Otoya Kintoki (5 min. walk from JR Nishiogikubo station) 杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1 2-2-14-B1, Nishiogi kita, Suginami-ku, Tokyo http://www2.u-netsur.ne.jp/-otokin
音金笙 笙の音は、宇宙に通じる。 バンドネオンの音は、西洋のマイナーコードなのだが、 譜面から外れてこうして笙と一緒になっていると、 どの音がどちらから出ているのか、 時々迷子になる。 呼吸から出る音と、大きな赤い蛇腹を押したり引いたりする肉体運動から出る音。 西洋と東洋が、不自然なく交わる接点。 そこにダンスという身体が加わる。 同じようで全く異なる2つの身体。 4つの要素と、空間と、観客の意識とのすき間で 繋ぎ、紡ぎ、遊ぶ。 ダンサーの宇宙は身体の中にある。 終わった後、「これでやっと新年が明けた気がする」 と、上村なおかちゃん。 新年のイベントに、「笙」って、確かに素敵だ。 時空間を共有してくださった皆様、本当にありがとうございました。 20110117
  1. 2011/01/17(月) 17:18:38|
  2. imporvisation live 即興パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

夜はどこに

限りある作業日。

いろいろなことを一度に少しずつ、やっている。

気がつくと、4時だったりする。

時には、5時とか6時。

夜はどこにあるのだろう。


私は、目覚めの朝も、眠るのも好き。

好きなものを取り戻さなければ;;。

  1. 2011/01/16(日) 22:12:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

繋がる

2011年1月。

繋がり七選。

1■異分野&異業種との繋がり
年明けの初踊りは、物件ダンスでした。
建築関係のLwP Asakusaさんと、playworksさんと、odorujouが繋がって実現できた
夢の企画です。

2■パフォーマンスの繋がり
来週明け、月曜日17日は、ライブハウスで、上村なおかちゃんと、
笙の石川高さんと、バンドネオンの松本充明と、コラボセッション。
即興という接点で、異なる背景と立ち位置を持つ4人と、ライブハウスが
繋がります。

3■家族との繋がり
今日は、船橋に住む弟一家が、北九州に転勤が決まり、
姪っ子達の最後のピアノ発表会に出席。
小学校1年生と、幼稚園、それぞれ課題曲を弾きこなしていました。
自分は、発表会や試合のある習い事はしたことないので、
「こういう世界もあるんだなあ~」と眩しく見ていました。

こうして、なんだかんだ子どもをエサに、
家族と繋がる時間ってのも、いいもんです。

家族らしい家族を創ってくれた弟夫婦に、感謝です。
孫がいるって、いいもんだろうなあ。


4■同業者との繋がり
TPAM2011でのシェアブース第2回目。
今年は、担当できる人が居ないので、シェアメンバー全員分の映像とスライドショーを
転じようにまとめるという編集作業を、自分でやってみることにしました。
全くの素人なんで、本当にわからない。
時間をやりくりしては、パソコンの前に座り、いつの間にか夜明け...という日々。


5■海外との繋がり
1/25、ベルギーのシャルロアダンスカンパニーが来日します。
1/26にやる公演前の「オーディション体験WS」は、自分が提案したこともあり、
まとめ役をしています。公演は1/28-29。横浜赤レンガ倉庫で。


6■若い世代のダンサーとの繋がり
1/17から、10回連続、毎週月曜日に、セッションハウスでWSやります。
常勤講師の勝部ちこさんの代講枠。
10回WSの後、なんと4/2にはWS公演も込みで。
限られた時間で、こりゃ大変!
でも、新しい出会いを愉しみにしています。

7■去年からのスローな繋がり
2/20、MIZOU振り写しWS
受講生で、生き残りの2人と、横浜赤レンガ倉庫2Fギャラリーでのショーイングやります。
時間をかけて繋がること、創ること、知り合うこと。回数は少ないけど、この出会いはとても充実。



そんなこんな繋がりの連続で、odorujouが紡がれてゆきます。

でもちょびっとだけ、オーバーワーク;
やれないこと(パソコン仕事)引き受けちゃったから、
時間がかかる、かかる。

とはいえ、誰かのために何かできる自分は、好きです。
それを愉しみつつ、最後までやり遂げられるよう、がんばりまっす。







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






  1. 2011/01/15(土) 22:43:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スロークリエーション

「ゆっくり時間をかけてものつくりをしたい」
と思い始めてから、数年。

慌ただしく掛け持ちしながら、急いでくっつけて、
とりあえずやったら終わり、みたいな、
そんな時間や関係は、興味なくなってきた。

じっくり人や社会と繋がりながら、
「今作ってるこれは、一体なんだろう」
と何度も考え、言葉にしながら、
作品を作っていきたい。

ダンスは、人の体を使わなければいけないので、
日々変化するそれらの要素と向き合いながら、
決して本当には共有することのない
個人的な経験をお互い推測し合いながら、
「繋がる」
ということの面白さに、
リハーサルの度に魅了される。


人間は、生まれてから死ぬまで、
「繋がる」ことの繰り返しの中で、
生きることを実感してゆく。

いろいろな形での繋がりを
仕掛けたり、試したり、
演出したり、創り出したり、
巻込まれたり、しながら、
日々の全てがクリエーションに繋がってゆく。

ゆっくりの時間は、豊かさに満ち満ちている。

  1. 2011/01/14(金) 22:09:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MIZOU振り写しWSのその後

2/20に、横浜赤レンガ倉庫2F
ギャラリーで、「MIZOU petit」と題して、
ショートバージョンを上演する。

MIZOU振り写しWSのメンバーでは、
一番出席率の高かった臼井彩子(JOUソロ本番も見ている)と
一番出席率の低かった柿崎麻莉子(JOUソロ全く見ていない)の2人に
JOUが加わり、3人で踊る。

これは、非常に面白い偶然の必然という気がしている。

もうすでに振り写しは終わっているのだが、

Odorujouの動きに不可欠な、秘密の味付け作業をしてもらわないとならない。

果たして、それは達成できるのだろうか?

数限られたリハーサル時間の1回1回が、貴重な時間となる。


この作業時間を持てることを感謝し、本当に愛おしく思う。


一緒の時間が持てたことも、一緒の時間が持てなかったことも、

きっと同じように、今を生きる糧となり、力となるに違いない。



back to top←
  1. 2011/01/13(木) 22:52:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひとつひとつ

ひとつひとつ、やるのだ。

そんなに早くできないし、
そんなに沢山できないけど、
少しずつ、ひとつひとつ、やるのだ。

すっ飛ばさないで、
要領悪く、
誠実に。

その小さな積み重ねの試行錯誤の結果が、
自分という人間を作り、
自分の踊りになり、
自分の作品になる。

人も、言葉も、作られるものも、
すべてはリフレクション~。

そこに自分は居ないのかもしれない。

けれど、何をどう映るのか、

そのコンビネーションが、自分になる。

世界にただ1つの体を通して。

ひとつひとつ、それを知る。
  1. 2011/01/12(水) 22:36:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

niche time「スキマビト」2010/12/23





title: niche time (sukima bito) ver.0
「スキマビト ver.0」

choreography : JOU
原案/振付: JOU
live music: Mitsuaki Matsumoto
演奏:松本充明
odorujou
dance: JOU, makoto Sadakata
出演:JOU、定方まこと

2010/12/23
d-soko theatre
日暮里d-倉庫
nippori, tokyo

45min.

diary and info. about the show↓
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1467.html
  1. 2011/01/11(火) 15:09:21|
  2. video 映像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空き物件ダンス映像 2011/01/07

2011/01/07

なんど、2011年新年の踊り初めでした。
It was my first dance performance in 2011!

event info.↓
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1492.html




  1. 2011/01/10(月) 14:38:17|
  2. video 映像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空き物件ダンス

「空き物件ダンス」コト始め


浅草~秋葉原~神田~日本橋、、、
自分の生活圏内を
自転車で移動する道々、気になる
「テナント募集」の張り紙。

昨今の景気を反映してか、
会社が他へ移転したり、なくなったり、
ということの現実味を実感する。

都会の空間は、全てが所有され、
使用されているということが
大前提になっているらしい。



そんな状況下で、

「部屋が空いちゃった」=「本来はあり得てはいけない、スキマの場所」

ができてしまった時のほんのわずかのスキマの時間に、

アート(特にパフォーミングアート)という

資本主義社会ではスキマな存在の人々が、

スキマの場所を非日常空間として提示してみる、

というのはどうだろう?

スキマの時間に、スキマの人々が、一般社会の人々や空間と繋がるイベント。

それが、空き物件ダンスのアイディアの根本にある。





「部屋が空いちゃった」=ネガティブな出来事

が、その一瞬だけは

「非日常の芸術的時空間を体験する」

というポジティブな出来事にするイベント。

そこには、いくつかのメリットが期待される。



1.内覧会イベント効果

通常で入りしないアート寄りの人々と、物件に興味のある人々がイベントという機会によって
その空き物件に集まることで、新しい借り手市場が広がる可能性。
普通なら繋がらない人や場所が繋がる可能性。


2.空間を再生する為の儀式
日本には、地鎮祭などの祈りの儀式が存在する。
あくまでもアートイベントではあるにしろ、
舞というものの持つ本質の1つ、
禊やお清め、奉納的な効果も、
実は期待できるのではないか。

使用されていないスキマの時間に、
その物件が空間として再生する儀式みたいなことにも
繋がったらいいのではないか。


3.日常の再発見

普段は見過ごしている日常空間が、非日常的に露出するこのイベントでは、
通常とは異なる人や場所との出会いを通して、
新しい発見や意識のリフレッシュが期待される。





物件は、賃貸生活者にとっては、実はいつでも探しているものかもしれない。

自分自身も、探し続けている。

物件と出会う機会、物件所有者や責任者が、アートと出会う機会、

繋がることで、豊かな社会になっていったらいいと思う。




初回の映像↓
thefirst tryal event video↓
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1493.html
  1. 2011/01/09(日) 17:18:40|
  2. 空き物件アートプロジェクト since 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

即興道場心得

ようこそ!

Welcome
Odorujou 即興道場へお越しの皆様

Odorujou Improvisation Dojo

本日は、ありがとうございます。

当道場では、以下の規則に従ひ、即興を行なひます。

A TASK for Today “Let’s make a 60 min. dance video together!”

1、 ビデオ映像をライヴにて創る、即興ダンス作品である

It is experimental improvisation WS with Video

2、 待ったなし!の、六十分一本勝負である

It will be 60min. non stop shooting time.

3、 場内に居る者、皆、撮影画面上の出来事を充実させる志を持つこと

All participants have responsibility for making interesting
video during the time.

4、 時間中、コントロールできるのは、自分のみであること

Try not control or force the others, but only you

5、 撮影終了後、場内全員にて、撮影映像を、見ること

After shooting, we all stay and watch the video we just make.

6、 己の行なひ、人の行なひを、批判、批評すること禁ず

Without critic, just observing what we have done in important.

7、 後に、何も残さなひこと

This should be a simple and pure time only for your experience.



以上、7原則にて、どうぞ、Odorujou 即興道場をお楽しみ下さい。

Please enjoy your self. Thank you very much for coming.
For more information, please ask JOU




状況に合わせて創造する身体。









back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2011/01/09(日) 03:44:26|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

損得計算より、やりたいこと

その場の損得計算で行き先を決めてはいけない。

自分で考えて、自分がやりたいと思ったことを、愚直に一生懸命やるがいいのだ。

自分がやりたいことをやることで、

それが、自分だけのためじゃなく、他の人のためにもなることだったら、

それは絶対にいつか報われるものだと思う。


そう思ってこれまで生きて来た。

とりあえずは、人生、続いている。


やりたいことも、いつの間にか、なんとなくやれている。



自分が考えたことを実行することで喜ぶ人の数が、

多ければ多い程、自分の周りの世界は豊かになる。

豊かさは、墓場には持って行けないお金の額だけとは限らない。

死後も尚、魂の記憶として残るであろう豊かさ、というものもあるんじゃないか、

と思うている。

それらの豊かさに少しでも触れられる機会に、沢山の感謝を捧げる。

  1. 2011/01/08(土) 23:27:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

物件ダンス2011

2011年1月7日 
2011/01/07 18:00 start
dance in empty real-estate property project
Odorujou art-society project trial1


『JOUと岸井の物件研究会-1 ムラカミビル一階』

空き物件で踊りたいというダンサーのJOUさん(という岸井さんからの案内文でしたが、「空き物件を利用して社会とダンスを繋げたい」の方が近いです) http://odorujou.blog100.fc2.com/ のよびかけに、
「まちのユニークな隙間を間借りできるサービス」をしているドラマチックの今村さん http://d.hatena.ne.jp/ihiro0314/ が答えて実現した企画です。
改装前の空き物件に、下見せずに訪れ、その場で建物をリサーチし、実験的に使ってみます。
これからの参加希望や飛び入り参加も可能です。終演後、PLAYWORKS新年会あり。

1月7日(金) 18時-20時30分
@ムラカミビル(中央区日本橋大伝馬町13-1/JR馬喰横山駅A2出口徒歩5分)
1000円

プログラム
・物件観察ワークショップ by岸井大輔 18時-19時20分
お客さんといっしょに、建物をリサーチするワークショップをします。
・物件でなんかしてみる 出演 JOU 兼盛雅之 山崎洋司 19時30分-20時30分
リサーチ後、その場にあわせて何かをしてみます。

要予約。kicdicek@di.pdx.ne.jp(岸井)まで。
当日連絡可能な電話番号とお名前と新年会参加のご希望をメール下さい。


空き物件ダンス1

人形町から自転車を飛ばして、危うく通り過ぎるところを、
ご近所ついでに見に来てくれたOmchangの@YYIKEDAさんに呼び止められ、
ムラカミビルに無事到着。

6階建の古いが、感じの良いビル。
15名のご予約のお客様を迎えて、
1時間半の岸井WSの後、パフォーマンス。

場内の皆さんの声や音で踊った
最初のセッションは、トライアルでしたが、
やってみると不思議なボーダレス感と一体感が
とても豊かで面白かったです。

最初に10分と決めてしまったけど、
パフォーマーと観客の垣根が
どんどん曖昧になってきていたから、
もう少し長く続けていたら、
もしかしたら、自然に踊りだす人も
出て来たのじゃないかな。

新しい可能性を感じた時間でした。


物件ダンス2


最後のパフォーマンスは、

ラジオの生音で。

終盤は、出入り口のシャッター越しに

足だけ見える状態のフレームの中、

通りに出て踊る所を、

中から見てもらいました。
足シャッター


2011年、初踊り。

物件アートイベントプロジェクト・トライアル、
現実にしてくださった岸井さん、今村さん、笠原さん、
一緒に踊ってくれたかねやん、かとちゃん、
おつき合い下さった皆様、本当にありがとうございました。


今年もどうぞ宜しくお願い致します。




以下、物件紹介をしてくださった今村さんのブログでの
イベントレポートです。
http://d.hatena.ne.jp/ihiro0314/20110108/1294492765

イベント映像の一部は、こちらで見れます。video from the event↓
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1493.html
  1. 2011/01/07(金) 02:07:58|
  2. 空き物件アートプロジェクト since 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小寒

暦を見ると、小寒とある。

硝子越しの太陽の光は温かいのだが、外に出ると風が冷たい今日。

自転車で、秋葉原~神田~人形町。

図書館で、懐かしい類いの本を手にする。

本の活字の世界は、喜びに溢れている。



小寒(しょうかん)は、二十四節気の第23。十二月節(旧暦12月1日前後約半月)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が285度のときで1月5日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/24年(約15.22日)後で1月6日ごろである。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大寒前日までである。

寒さが最も厳しくなる時期の前半。『暦便覧』では「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と説明している。

この日から節分(立春の前日)までを「寒(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、この日を「寒の入り」とも言う。冬の寒さが一番厳しい時期となる。この日から寒中見舞いを出し始める。

以上、Wikipediaより
  1. 2011/01/06(木) 13:31:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初水天宮

今日は、初水天宮。

水天宮の本宮は、久留米市なんだそうだ。

そういえば、久留米市に、今年、弟一家が転勤になった。

姪っ子達に会いに、久留米で何かやれたらいいなと思っている。

どなたか、久留米の方、ご紹介下さい。


年明けて、随分と冬らしくなった。

寒くなるとお腹が冷える。

お腹が冷えるとたちまち調子がわるくなるから、要注意である。

湯たんぽ必須な季節。

今日で、年に一度の鴨南蛮もおしまい。

ああ。本当に美味しかった。

お正月が終わった。

  1. 2011/01/05(水) 23:20:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2011年最初の新月

新月の夜。

今年は、新月イベントをやりたいと思っている。

いつものように、自分を顧みず、

誰かと誰かを繋ぐ為にやろうと思っていたけど、

新月の日だけは、自分の中にそうっと、静かに佇んでみてもいいのかもしれない。

そんな風に思えた出来事があった。



そんな気持ちに、初めてなった。


今日は記念日だな。

2011年、最初の新月に感謝。
  1. 2011/01/04(火) 22:21:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月明けたみたいに

午後、ういちゃんと下北沢でお茶。
ベルギー暮らしが長いういちゃんは、昼からジントニック。
彼女がティーンエイジャーの時、JOUと同じく
ASK(神奈川芸術工房)の初期舞踊メンバーになって以来の縁。

10年以上前の話だ。

その後、ベルギーに渡り、3年前にベルギーの役者さんと結婚して
プロの舞台人として、ダンスや演劇の舞台に立ち続けている。

今も昔も苦労人で、
でも昔は悲観的なコメントが多い印象の女の子だったが、
いつの間にか、自分成の道を見つけたみたい。
自分をしっかり持った大人の女性になっていた。

なんだかうれしい再会。




夜は、年末に急逝された、照明家のアイカワさんのお通夜。
芸術系のダンス業界では、長いキャリアを持つ人。

お通夜は、豪徳寺近くの成勝寺の会館で行われた。
美大生の冠ちゃんと待ち合わせてゆく。

冬らしい寒い夜に、会館前に沢山の参列者が並んでいた。

お正月で、久しぶりに会う人もいたりして、
「やあやあ」という感じもあるのだが、
それにしても、アイカワさんが不在の人になってしまったというのは、
どうにも実感がない。

最後にアイカワさんご本人のお顔に
ご挨拶までさせて頂いたのだが、
在と不在の境目は、一体なんなのだろう?

体、か。

「生まれるのに十月十日かかるという人間が、

死ぬのにも、同じように時間がかかるものなのだ」

という文章を読んだことがある。

では、アイカワさんは何処へ行ったのか?


野和田恵里花がそうであったように、

きっとそこかしこに、体の不在とともに、居るのだろう。


そんなことを思う。




いつでも会えると思っちゃ行けない。
今、ここで目の前に会えている
人と時間を、最大限、
大切にしなければ。
  1. 2011/01/03(月) 22:18:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝正月

昨年12月、ピンチヒッターダンス公演も含め、
怒濤のダンス生活を送り、睡眠2-3時間、的な日々が続いていたせいか、
昼夜のサイクルがおかしい。

気がつけば、夫婦でパソコンの前に並んで座って、夜更かししているの図。

大晦日も除夜の鐘の後、夜更かしして、
元旦も夜更かしして、
2日の今日は、何度か目が覚めたものの、
本当に気がついたら、もう夕方だった;;

そして明日は、照明家のアイカワさんのお通夜。
その前に、ベルギーから帰国中の、ダンサーの有為子ちゃんに会うことになっている。

ういちゃんは、ASK(神奈川芸術工房)の一期生同期。

矢内原美邦や岩渕多喜子、後にダムタイプで踊ることになる平井優子(当時は珍しいキノコ舞踊団出身だった)らと一緒に、生まれたてのASKプロジェクトで長い時間を一緒に過ごした1人である。
確か当時は、川野眞子さんのお稽古場に通っていた人。


遅くに起きた割には、お正月の食材も、今日で食べ切ってしまった。

そんなこんなで、もうお正月気分は終わってしまうのであった。

ああ、本当に美味しかったす、鴨南蛮。


今年は暦の関係もあってか、平日に戻るのが早い気がする。




  1. 2011/01/02(日) 22:18:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

happy new year 2011

2011newyear

明けましておめでとうございます。
旧年中はありがとうございました。
本年も宜しくお願い申し上げます。

A Happy New Year 2011.
Best wishes and happiness for your new year!

2011/01/01
JOU

2011年JOU dance予定はこちら
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1463.html

2011年JOUダンスWS予定はこちら
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1464.html
  1. 2011/01/01(土) 12:34:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。