jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2010年大晦日

年末年始の家の行事。
大掃除とかお飾りとか、
そういう生活文化的な儀式、好きです。

段々なくなってきていますが。。

今日は大晦日。

午後、今年最後のミーティング。

夕方から、相方の家に、作り立ての鴨南蛮を取りに行き、
船橋の実家まで、暮れの挨拶兼ねて、持参。

夜、自分の家に戻ってから、
大掃除の続きをして、
再び相方の家に。

年越し蕎麦を食べているうちに、新年になりました。

近所のお寺で除夜の鐘をたたき、
2011年を迎えました。

卯の年。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。



スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 23:55:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

荒川修作ドキュメンタリー映画「死なない子」上映

三鷹天命反転住宅を作られた、荒川修作さんのドキュメンタリー映画の上映が始まっています。

今年、惜しくも急逝された荒川さんのパワフルトークが満載。


JOUと松本充明も、ご縁あって、ちょろっと出演している模様です。

荒川修作ドキュメンタリー映画上映情報←

荒川さんはとてもパワフルで、実行の人。

見に行ったら、映像越しに、きっと良いエネルギーをもらえると思います。


It is documentary film about Shusaku Arakawa - a great artist -

who just passed a way in this year.

JOU is on the film for a short moment.

Plese check it up!
http://www.shinanai-kodomo.com/
  1. 2010/12/30(木) 21:55:35|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不在の人

コンテンポラリーダンスの世界では長いキャリアを持つ、
照明家のアイカワマサアキさんが、昨夜急逝されたという
信じ難く、まるで嘘のような知らせが今朝、入った。

今月の日暮里サニーホールで久々に舞台で再会して、
共通の知人、韓国のシムさんの話になって、相川さんの携帯で
ソウルのシムさんと話したりしたばっかりだった。

そのシムさんが急に具合が悪くなって、
先週23日に、日暮里のd-倉庫という劇場で、
ピンチヒッターダンス公演をやり終えたばかりである。

そのことで、相川さんから応援メールを頂いたりもしていた。

「いつでもまた会える」「いつでもまた話せる」
なんて思ってたら、大間違い。

今その時、その瞬間、出会っている人との時間を大切にしなければ。


その人の体が不在になってしまうと、もう二度とその時間は得られないのだから。


自分の命だって、いつ何時終わるか、なんの保証もないわけで、

今この時、この瞬間を大切にしなければ。

ありがとうの言葉、褒めの言葉、励ましの言葉、、、

目の前の人に、心に浮かんだ人に、

伝えることを惜しんだらいけないんだと思う。


相川さん
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
  1. 2010/12/29(水) 22:18:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Odorujou WS 2010


Odorujou 12月 ダンスWS

ウォームアップからコンポジションまで
12/7(火)13:15-16:30
12/21(火)13:15-16:30
12/28(火)13:15-16:30


場所:神田
要予約 
1回2500円
通しチケット6000円

感想文割引、ダブル受講、通し受講割引その他あります。



Odorujou
初心者ダンスクラス


11/24(水)13:30-14:45前半 15:00-16:30後半
11/29(月)13:30-14:45前半 15:00-16:30後半


12/8(水)13:30-14:45前半 15:00-16:30後半
12/15(水)13:30-14:45前半 15:00-16:30後半


料金:1回 2000円 
場所:人形町

お申し込み、お問い合わせ
odorujou@yahoo.co.jp

料金:1回 2000円 
場所:人形町

お申し込み、お問い合わせ
odorujou@yahoo.co.jp




若者世代に会いたくて、
2010年は、珍しく、WSというものを開催しました。

MIZOU振り写しWS:ソロ作品「MIZOU」の振付けを伝授。
初心者クラス:ボディコンディショニング的なストレッチやトレーニングを伝授。

来年は、1-3月まで、セッションハウスで毎週月曜日。
夕方17:55-19:25

4/2のWS受講生による公演も込みです。

ぜひ、出会いに来てください。



back to top←
  1. 2010/12/28(火) 14:54:59|
  2. WS / Teaching
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010 Odorujou's work 活動報告

What Odorujou Have done for 2010
Odorujou 2010年の活動報告

under construction- not completed yet though- below



Education 教育

public /既存の団体等からの依頼教育事業
Universty students
■鳥取 大学ダンス部指導他 Tottori University
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1413.html

■武蔵の美術大学 メディアアート演習授業 講師 Musashino Arts Unibersity- Media Arts
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1377.html


School Kidz
■横浜市小学校4年生特別授業講師 Yokohama primary school
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1411.html

■大島町立小学校全学年特別授業講師 Oshima island primary school
同校2年生学芸会ダンス表現指導
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1357.html


Ballet Kidz
■大川バレエスタジオ発表会振付
contemporary dance teaching and choreography work for kidz in Okawa ballet studio in Tokyo
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1310.html



self /Odorujou企画芸術環境推進および若手育成企画

internal glow up for young dancers
■JOUソロ作品「MIZOU」振り移しWS solo piece repertory WS
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1426.html

internal glow up for young dancers
■即興道場 improvisation dojo
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-18.html

exchange arts and internal glow up for young dancers
■ジャズレコードレクチャー&コンテンポラリーダンス
Art meets another art prject- Jazz music 1 contemporary dance-
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1347.html

external & internal art and society development
■海外で活躍するアーティストから海外の芸術環境の話を聞く会
research project- arts environment - from Artist's eyes-
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html

internal development
■Shaed WS 21世紀型実験企画 シェアワークショップ
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1478.html

external & internal artists environment development
■TPAM シェアブース提案&発起
Shared booth in TPAM
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-16.html



Creative Work 創作/上演

collaboration
■Music and Dance Live 2010 -
- improvisation live dance and music performance work-
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1477.html


Festival


dance creation
「MIZOU」 JOU ソロ作品 new solo work
"MIZOU"
choreograhy /dance: JOU
45 min.
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1481.html


new creation
「スキマビト ver.0」 work in progress
"Niche time"
direction : JOU
performance: JOU, Makoto Sadakata
50 min.
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1467.html




こうして整理してみると、随分頑張っているかのようですが、
日々の暮らしの中で、何かお仕事を頼まれたら、全力で頑張る、
誰かの役に立ちそうなことや「こんなのあったらいいな」
と思うことを発見しては、やれる範囲で躊躇せず、実施している。。
そんなささやかなことの積み重ねだけでやっています。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。









My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/12/27(月) 22:35:11|
  2. year of 2010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Art Meets Another Arts Project

AMAAでは、以下の接点をクリエイトし、
観客と表現者という枠を越えて、
人材育成と活性化を目指します。

1.異なる芸術分野を学ぶ
2.異なる芸術分野を出会わせ、表現としての新しい可能性を探る


メイン企画
ジャズレコードレクチャーとコンテンポラリーダンス

協力:喫茶茶会記 http://sakaiki.modalbeats.com/
主催:Odorujou/AMAA実行委員会

レクチャー:茶会記より選出 (これまでのレクチャートーク:里中卓 / 福地)
進行:JOU


これまでの記録
vol.3
2011/04/03

vol.2
2010/12/24

vol.1
2010/08/31


  1. 2010/12/26(日) 17:32:49|
  2. Art meets another art project
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010 Odorujou improvisation works

今年も、お誘い頂いた客演企画、助っ人参加、自主企画、コラボ企画、、、などなど
いろいろな経緯で発祥いたしました即興イベント。
こうして並べてみると、本当にたくさんの素敵な時間が思い起こされます。
どうもありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


JOU at Music and Dance Live Performance in 2010

collaboration work with domestic artists


1. 2010/12/24 音や金時(西荻窪)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1461.html

2. 2010/11/23  喫茶茶会記(四谷三丁目)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1383.html

3. 2010/09/25 OrganJazz倶楽部(沼袋)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1361.html

4. 2010/8/17 青山劇場(高谷静治プロデューサー追悼公演)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1335.html

5. 2010/07/11 アサヒアートスクエア(W.W.F.)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1296.html

6. 2010/07/10 アサヒアートスクエア(W.W.F.)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1296.html

7. 2010/07/04 アサヒアートスクエア(W.W.F.)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1278.html

8. 2010/06/17-18 大井町きゅりあん小ホール(武元賀寿子dance venus)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1261.html

9. 2010/06/06 代々木公園
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1249.html

10.2010/05/28 代官山 M
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1241.html

11.2010/03/25 喫茶茶会記(四谷三丁目)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1148.html

12.2010/02/11 横浜赤レンガ倉庫前広場~2Fギャラリー
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1134.html

13.2010/01/24 七針(八丁堀)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1092.html

14.2010/01/19 喫茶茶会記(四谷三丁目)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1063.html



International collaboration live in Japan 

1. 2010/09/20 三鷹天命反転住宅
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1328.html

2. 2010/09/11 渋谷公演通りクラシックス
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1354.html

3. 2010/09/05 喫茶茶会記(四谷三丁目)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1348.html

4. 2010/08/28 音や金時(西荻窪)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1322.html




Education program for young dancers

以下は、シリーズ化して、不定期継続中です。

即興道場


ジャズレコードレクチャー&ダンス
  1. 2010/12/26(日) 15:17:06|
  2. imporvisation live 即興パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマスおめでとう!

アメリカでクリスマスに、友人家族の家に泊まったことがある。

家族で特別なお食事をして、お祈りして、プレゼント交換して、
日本のお正月のように、家族の行事なんですね。

日本と違ってそこに、他人を泊めたりもするのは、

キリスト教的なお布施と言うか、施しの感覚だったりもするのかもしれない。



昨晩までの連日イベントが無事終了し、

その最後のギフトが、終演後、深夜の

バイオリンのプライベートサロン的生演奏。

とっても豊穣な時間でした。

音楽にも、コンテンポラリーの自由で新しい良さと、

クラシックの質感の良さと、

本当にいろいろです。

それらを自由に行き来出来る自分の立場の

幸運に、心から感謝します。



今日という日は、起きたらすでに12時でした。

それからまた眠りました。

起きたらまたすでに、日没でした。



大掃除も溜まっている業務も、全ては週明けに。

この週末は、ハードスケジュールを乗り越えられたことに感謝しつつ、

酷使した身体の体力回復と調整をしたいと思います。


本当に良い経験、させて頂きました。

ありがとうございました。


経験とは、生涯失うことのない、素晴らしいギフトです。
  1. 2010/12/25(土) 20:04:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャズレコードレクチャー&ダンス vol.2

テーマがボーカルということで、
クリスマスイブらしいイベントになった第2回
ジャズレコードレクチャー&コンテンポラリーダンス。

イベント情報←

奇しくも、JOUにとっては、冬至を起点に、

3日連続別々の本番、最後の夜です。

3日間かけて1つの壮大な作品上演に関わってるような

不思議な錯覚を起こしました。

会場も主催も主旨も、お客様も、全然違うはずなのですが。。


冬至の前後には高尾山の頂上から見える富士山の頂上へ、夕陽が落ちるのだそうです。

ダイヤモンド富士というらしいです。

ダイヤモンド富士を見て来た人、ダイヤモンド富士の時間前まで高尾山にいた人、

2人も、今夜の会場に居合わせていました。


その、最後の夜は、他分野、ジャズ音楽の人と、ダンス側の老若男女、そしてお客様と、

とても素敵な感じで入り交じり、他業界の垣根や、観客と演者との垣根も時に入り交じり、

わくわく知的刺激も受けつつ、Odorujou的な世界時間が、愉しい夜でした。


ジャズレコードレクチャー&ダンスの会は、海外の話を聞く会と一緒で、

実際に参加してみないとその本当の良さ、面白さ、有意義さはわからないみたいです。

企画として、既存の枠からはみ出ているんでしょうね。

でも、実際、こうした動きは、今の時代が呼んでいるものだと思います。

今後も緩やかに展開継続していきますので、


どうぞ宜しくお願い致します。


今日は、素敵な時間でした。


ご来場の皆さま、出演の皆さまに心より御礼申し上げます。

メリークリスマスイブ!!

  1. 2010/12/24(金) 22:19:58|
  2. Art meets another art project
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャズレコードレクチャー&ダンスライブ vol.2

Art meets another art education project

2010年12月24日(金)
19:00 start
 21時終了予定

ジャズレコードレクチャー&ダンス vol.2
Jazz music Letcture and Dance Performance vol.2



@喫茶茶会記(丸ノ内線四谷三丁目駅徒歩5分)
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F 03-3351-7904(営業時間のみ応対可)
喫茶茶会記 ←map
\1500 (1drink in)


御蔭様でご好評頂いた第1弾に続く、第2弾。
前回の記録←


ジャズの歴史のレクチャーを聴きつつ、音にあわせて踊ります。身体で感じ取るジャズレクチャーイベント。


ジャズレコード解説:里中 卓
進行:JOU

出演:

sato endo:
ロッテルダムより一時帰国中のsatoが緊急出演!
sato endo海外の話を聞く会記録←


穴山香菜
3歳よりヒロサキバレエカンパニー青山洋子にクラシックバレエを師事。高校卒業
と同時に上京し東京スクールオブミュージック専門学校にて様々なダンスに触れ
る。在学中、アーティストのPV出演やミュージカルなど様々な現場を経験。現在
は自己のダンスを追求する傍ら、ダンス雑誌「DDD」のイベント出演や、登録ダン
サーとして、「BAILA BAILA」「FREDDY DANCE WORKOUT」のインストラクターとし
ても活動している。

臼井彩子
日本大学芸術学部演劇学科洋舞コース卒業。卒業後は、JOU、浜口彩子、山田うん
などの作品に参加。現在、湘南・茅ヶ崎市に在住。


JOU http://odorujou.net
アメリカ、マレーシアなどで活動後、2000年より東京を拠点に、国内外で身体表現活動を行う傍ら、教育や生活、地域活性などの日常社会とダンスの接点がもたらす様々な可能性プロジェトとにも取り組んでいる。2008 Seoul International Choreography Festival にて外国人振付家特別賞受賞。



他、未来を担う若手ダンサーの飛び入りコーナーあり。


当日の日記←
  1. 2010/12/24(金) 20:25:08|
  2. Art meets another art project
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/12/23日韓アートリレーダンス公演

なんと!
23日、韓国からのゲストアーティストの予定だったシムさん。
急病で、キャンセル。
シムさんには以前、日韓ダンスの時に、お世話になったご縁です。

今年お亡くなりになった青山劇場プロデューサーの、高谷静治さんの追悼イベントの時にも、
韓国から駆けつけたシムさんと、朝まで別れの歌カラオケを熱唱した仲です。

偶然にしろ、
彼のピンチヒッターの依頼が来るのも、
何かしら見えないものが繋がっているようで
無下にできない気がしました。

ちょうど空いていたので、自分が役に立つのならと、
慎んで引き受けることにしました。


折角の機会なので、これまた偶然縁のあった人を巻込みつつ、
来年8月にd-倉庫で予定している新作公演のアイディアも試しつつ、
シムさんの代わりを果たしたいと思います。

This opportunity had just happened a few days ago,
as a substitute artist. because of the one who was supposed to come to Japan, from Korea, for some reasons.
It is a kind of urgency happening.
the first experience in my life.




日韓アートリレー2010
Japan-Korea art festival

2010年12月23日(木・祝)
23rd December 2010

19:30 start 

日暮里d-倉庫 d-soko Nippori

JOU作品「スキマビト ver.0.1」


"a niche time"

direction:JOU 
live music:松本充明 (Mitsuaki Matsumoto)
performaers:JOU、定方まこと (Makoto Sadakata)

2組のオムニバスダンス公演です。
同時上演:林 慶一
there will be another 2 shows in the evening.
JOU's work will be the first one.

ticket 2000yen in advance / 2500yen at door

ご予約for resarve/ more info.:odorujou@yahoo.co.jp


place:日暮里d-倉庫(日暮里駅南口より徒歩10分)
Nippori d- soko (10 min, walk from JR Nippori station)
map←
荒川区東日暮里6-19-7-2F  
6-19-2F, Higashi Nippori Arakawa-ku, Tokyo
TEL:03-5811-5399



準備の日の日記←
前日の日記←

という、他のライブの本番も含めて、2日間を過ごし、

朝6時に寝て、8時に起床。

今日は12:30から
最初の場当たりなので、少し早めにスタンバイ。

10:30に劇場入りするつもりが、

結局いろいろ印刷したりしているうちに時間が過ぎ、

劇場にメンバー揃ったのが11:30。

先週後半からずっと、
連日、こんなタイムスケジュール。



連日違う公演の仕込みとオペレーションをこなす、

優秀で働き者のスタッフさん達で

成立しているフェスティバルなので、

舞台の仕込みはできるだけシンプルに...

というのが日本のこうしたフェスティバルの暗黙の了解なのですが、

今回は、布を仕込んだり、という大変な作業を気持ち良く、引き受けてくださいました。


御陰様で、異例のピンチヒッター公演の割には、

あり得ない位壮大な舞台環境が、できあがりました。





依頼からのインターバル5日間ですが、

準備2日間、

劇場仕込み午前中、

その過酷な条件にも関わらず、

新作「スキマビト」ver.0、が完成しました。

頭の中に浮かんだイメージを、

この準備期間でとにかく形にできたこと、

奇跡的な快挙です。

自分1人では決してできないことです。

クリスマスプレゼント頂いたみたいな気持ちになりました。


劇場スタッフの方々、演奏の松本充明、出演の定、

フェスティバル事務局、御来場の皆様、

心よりお礼申し上げます。




同時上演の林さんも、急遽さらに追加の同時上演の石出さんも、

初めて拝見しましたが、

それぞれ全く異なる個性ある舞台をされて、会全体としても、

とてもボリュームのある、力強いフェスティバル公演の夜であるように感じました。


韓国のシムさん、元気になったかな~。

シムさんの持つエネルギーも、海を越えて助けてくれたのかもしれませんね。


ありがとうございました。



  1. 2010/12/23(木) 02:12:06|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「一陽来復」書と音楽とダンスの即興ライブ 

2010年12月22日(水)

12/22 (wed) 2010 / 18:30 open 19:30 start
「一陽来復」


墨の香りも味わい深い即興イベント。
本場仕込みのネパール料理が美味いライブハウス。

会場:西荻窪 / nishiogikubo
音や金時 / OTOYA-KINTOKI / http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/
東京都杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1 / (tel 03-5382-2020)
B1, 2-2-14, nishiogikita, suginami-ku, tokyo

Mama-Kin (haiku, calligraphy - 書道俳句)
JOU (dance) http://odorujou.net
mori-shige (cello) http://www.mori-shige.com/mori-shige
松本充明 / Mitsuaki Matsumoto (electronics) http://www.myspace.com/mitsuakimatsumoto

2,600 yen




音金

音や金時のママさん、音金ママ。

書道家です。

何か文字を書くということと同時に、
歌詠み的な言葉を紡ぐということをします。

言葉を紡ぎ、墨汁で文字を生み出す人。

書の世界、奥深く、面白いです。

ライブ中、ママさんが、私の着ている衣装の

表と裏に言葉を綴ってくれました。

筆の感触、墨の匂い、紙や布に書かれたばかりの墨は

まだ艶かしく生きていて、ひんやりと湿っています。


こうした感覚は、見ているだけではわからない。

面白い発見が沢山ありました。


私は、その1時間のライブの間
時に文字の一部になり、
文字や音楽から喚起されるイメージで遊び、
あるいは時々全くはぐらかして、
自分でいたりしました。

冬至=闇が、1年で一番長い日。


少しずつずれながら、世界は有機的にリンクしています。

扉が開いて、スキマビトが出て来たみたいな時間でした。

奇しくも、明日は「スキマビト」公演初日。

私の周りで、時間や人や場所を変えて、

1つの大きな作品が作られていっているみたいな

そんな不思議な感覚を覚えました。




午前様で帰宅して、明日の「スキマビト」の準備作業。

衣装、進行表、当日プログラム的なもの、おやつの用意(必須)。

5時過ぎまで作業して、お風呂に入って朝6時少し前。

さすが、冬至の夜。

朝の5時でも、世界はまだ、闇の中。

その漆黒の闇が、とても美しかったです。


しかも、私の仕事が終わって寝るまで、

闇でのまま待ってくれているみたいで、

うれしかったです。

  1. 2010/12/22(水) 20:08:22|
  2. imporvisation live 即興パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満月の12月

ココ数日、2-3時間どころか、1-2時間しか寝ていない日々。

踊る為に、気が張っているので、元気です。

昨日のMIZOU振り写しショーイングが無事終わって、

積み重ねの時間の濃さを実感。

WSの中で一緒に過ごした時間と、

その人自身が人生として生きている時間の積み重ね、

その両方が、とても素敵に見えた時間でした。




今日は、23日のピンチヒッター公演の準備。

「どうせなら、これまで縁のあった人を集めるのも良し」


と思って、WSメンバーはもとより、他、その時、頭に浮かんだ人に
声をかけてみましたが、皆、予定が合わず。

日曜日に偶然会った、定にも声をかけて、

結局、気がついたら、期せずして、

定とJOUのデュエットになっていました。


定方まこと君は、笠井叡さんの天使館でオイリュトミーを学んだ人です。

昨年か一昨年位の、六本木アリーナのオールナイトイベントで、

「とらやん」という巨大な美術作品ロボットが展示され、

そのとらやんと一緒にパフォーマンスをした時に、

異例の野外オイリュトミーをやってもらい、

一緒に踊った時のメンバーです。





終演後の時間に、劇場のスタッフ打ち合わせをすることになり、

その前に、定と打ち合わせ&リハーサル。

今回やりたいことは、「影を踊らせる」なので、

そのイメージや仕掛けを理解してもらわなければなりません。

実際に舞台上で舞台美術を整えて、照明を当ててみないと、

本当には誰も理解できないことなので、

これはもう、推定予測の領域を最大限に広げて、

実体験の共有をするための、

想像力の共有をしていかないといけません。


そんな作業ができる人間って、つくづくスゴいなと思います。





定とは2時間程リハーサル打ち合わせして、

1人で劇場へ移動。

それから11時過ぎまで、劇場でスタッフ打ち合わせ。

午前様で帰宅してから、さらに進行表などの準備。

最近、夜中の2時はまだこれから、
3時、まで。

4時5時ということも。

月が満ちている時は、月のエネルギーに助けられます。

とはいえ、
お肌に悪いわあ...。



  1. 2010/12/21(火) 22:26:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010 MIZOU振り写しWS vol.3 showing

ここ数日、不眠不休であった。

で、23日のピンチヒッター公演の準備も加わり、なんだかんだいつも、

外が明るくなるまで、起きている。

ケータリング、チラシ、カメラ、音楽CD、Showing後の23日打ち合わせのための資料作り。


とはいえ、今日は9時半集合。

寝坊した訳ではないが、「ギリギリ間に合わない~;」と思っていたら、

遠路からの受講生から遅刻届のメールが入ったのを幸いに、

開始時間を急遽、遅らせることに。

定刻通りに来た人、本当に申し訳ないっm(_ _)m




今回のWSでは、スタジオ代を奮発して、広い場所を借りた。

広い場所で踊らないと、身体が大きく育たないからだ。

自分は、かつて、留学費用を自分で出して、

その広い場所で踊る身体の体験をすることができたわけだけど、

日本でそれをやるのは至難の業。


MIZOU 振り写しWSでは、JOUがこれまで得て来た、

様々なことを

「全て差し上げます。どうぞどうぞ~」

と、差し出すことを目標としている。

とはいえ、惜しみなく差し出して、

スッカラカンに無になるかと思いきや、意外に

なかなか、無くならない。




公開リハーサルから、ショーイング本番まで、

本当に面白かった。

ひと皮向けるように、ぺろっと脱皮した人、

静かにそっと階段を上がった人、

瞬発力で一気食いした人、

人を引っ張って押してあげながらドアを開いた人、


人それぞれだけど、確実に何かが積み重なり、

確実に、濃く、強くなっている。


一緒に積み重ねた人が、例え今この時に不在であっても、

その積み重ねは、MIZOUプロジェクトの中に

しっかり残っている。


その事実が、面白い。




最終ショーイングで、化けた瞬間がいくつかあった。

「良かった。やって良かった」と心から思った。

人によって、できる所とできてない所(伝え残している所)、

得意な所と不得意な所、

が、それぞれ本当に違っていて、

グループで踊った時

それらが複雑に入り交じって、

なんとも言えず、良い具合だった。

これは本当に、面白かった。


作業過程も含めた踊りの現場で、個人の個性、人間性が、

あぶり出しのように浮き上がる。


人間って面白い。

ダンスって面白い。

愛だ~。

本当に幸せな1日でした。


MIZOU振り写しWS。

「全部、あげます。どうぞ~」

と、気前よくあげてたつもりが、

それ以上の素敵なものを逆に頂いちゃってる!

気がつけばそんな感じです。


かけがえのない素敵な時間でした。

ありがとうございました。

MIZOU 振り写しWS情報←



back to top←
  1. 2010/12/20(月) 22:32:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010 MIZOU振り写しWS vol.3

Odorujou group project vol.3
「MIZOU」振り写しWS 第3弾


2010年新作JOUソロ作品「MIZOU」をベースに、
グループプロジェクトのための準備、始動中。
vol.1、vol.2 に引き続き、第3弾。総集編。
ご参加お待ちしています。
「この振付けを他のダンサーに踊ってもらいたい」
そんな気持ちからスタートしたWSです。
振付けの奥にある、Odorujouの世界観や意識まで、WSでは伝えます。

1. 12/3(金)13:10-17:00 神田 ←12/3

2. 12/6(月)13:10-17:00 人形町←12/6
3. 12/16(木)13:10-17:00 神田 12/16←
4. 12/20(月)10:30-17:00 人形町 ←12/20


Studio showing  
12/20(月) 19:00-20:00 (open 14:45)
 

公開リハーサルshowing 12/20(月)17:00-18:00
アフタートーク 12/20 20:00-20:30

場所:神田~人形町

料金:通し 10,000円
単発受講:
神田:1回2500円
人形町:1回3000円

感想文割引あります。



「やる気はあるが、時間がない」
「やる気はあるが、お金がない」
という方は、メールにて、
やる気のアピールと
「ない理由」を明記の上、
ぜひ、ご相談ください。


要予約

お申し込み
簡単なプロフィール、顔写真と一緒に、
下記アドレスまでお申し込み下さい。
odorujou@yahoo.co.jp


第1回 MIZOU振り写しWS
Odorujou group project WS vol.1の詳細はこちら←

第1回のshowingの詳細はこちら←

第2回MIZOU WS 詳細←

第3回の途中,アノニマス舞踏会でも発表←



MIZOU振り写しWS、
最初一期ののWSからずっと今日のショーイングまで、
深い洞察的気づきが至る所に現出した、
本当にかけがえのない宝物のような時間でした。

今日はまた、本番で化けた部分があったりして、
とっても面白かった。

人間って面白い。
ダンスって面白い。

そんな発見の日々です。

見に来てくださった皆様、
短い時間で最後までがんばったWSメンバーの皆さん、
こんな素敵な時間で繋がれて、幸せに思います。

本当にありがとうございました。

翌日の日記←


back to top←
  1. 2010/12/20(月) 12:35:56|
  2. WS / Teaching
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ダンスの繋がり3世界を渡る

朝8時過ぎに家を出て、9時に、上野毛駅。

このところ、いろいろと立て込み、昨晩もほとんど徹夜に近い状況。

とはいえ、バレエの子ども達との、夏の発表会以来の再会。

心も弾む。

「あ、いた~」

と、ちびちゃんの1人。

数ヶ月の間に、背が伸びている。


今年は、大島の小学校で、45分授業をしたりしたせいで、

「ダンスのWSは通常2時間」

という常識的感覚が良い意味でコンパクトに壊れ、

1時間で1つのWSが終息する感覚が面白かった。

バレエをやっている子ども達なので、

飲み込みも早い。

後半の1時間は、少し丁寧に、身体の基礎に触れることもできた。

バレエのテクニックで修練された身体が、

自由に延び延びと動く時、美しい瞬間が沢山訪れた。

ダンスって、いいなあ~、と思う。



自分の子ども時代は、恥ずかしがりやで、人前で踊るなんてあり得なかった。


小さい頃から、バレエ習って、きちんと身体作りして、

同時にこんな自由なこともやらせてくれる先生に

自分も出会っていたら、今頃どうなっていただろうか。


子ども達の将来が、踊りと一緒にあったとしてもなかったとしても、

身体と一緒に死ぬまで過ごすことだけは間違いないので、

その極意を少しでも伝えたい。と思った。


素敵な時間を与えてくださった先生と、子ども達に、感謝。




午後、参宮橋へ移動。

鳥取大学のダンス部の学生達が、

自分たちで作った小作品を踊るのを

相方と一緒に見に。

40名以上もいる大群である。

今年、彼らと一緒に踊った時の動きやアイディアが、

ちゃんと消化されて、面白いことになっていた。

ダンス部のOBの先輩が見に来て、後輩達を前に、

感想を言ったりしている。

そういう大群の世界で育って来ていないので、

そんなこんなが、キラキラと眩しい。




夜は、笠井親子公演に。

父と子が踊る、って、考えてみたら、スゴいことだ。

ダンスで繋がっている家族って、自分の家族ではあり得ないので、

「親子で踊れるっていいなあ~」

と思った。

いろんなモノが奥深く沢山あるんだけど、

愛憎と言うより、やはり、愛、だった。


素敵だな。


打ち上げで、久しぶりに笠井家やなおかちゃんと

ゆっくりできたのも良かった。




1日に3つも、自分の人生には無縁だったダンスとの関わり方

(子どもバレエ、大学ダンス、親子ダンス)

に、関わり、目撃することになった今日。

ダンスって、いいなあ~面白いなあ~。

と、思った。









My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2010/12/19(日) 23:49:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アノニマス舞踏会5に、OdorujouWSメンバーと出演

2010年12月18日(土)18:00 start

アノニマス舞踏会5

アノニマス舞踏会5 
                                      
企画・東京ダンス機構:PAS

先鋭たちの時間

主催: dance pas (長谷川六さん)
アノニマス舞踏会5←

参加者、観客がそれぞれ500円を出資して経費をカヴァし
開催されるダンスパフォーマンスの自由公演に参加します。

出番は19:30から15分位
4番目です。
全部で5組。

JOUダンス
タイトル: MIZOU petit
振付:JOU
出演:臼井彩子、柿崎麻莉子、酒井大輝、山崎麻衣子、JOU

森下スタジオ map←

〒135-0004 東京都江東区森下3-5-6
地下鉄都営新宿線、 都営大江戸線「森下駅」 A6出口 徒歩5分
東京メトロ半蔵門線、 都営大江戸線「清澄白河駅」 A2出口 徒歩10分




12/18 全体の出演情報:
1.小野明子「Between Heaven & Earth」作・出演:小野明子

2.奇天烈月光団「彼方の崩壊」出演:今井蒼泉、迫村勝、上野憲治、月読彦

3.火曜会「即興による逢魔が時のピクニック」出演:浅井紀、亞弥、志光朔吾、田村のん、Marie、南阿豆、ラビィ、音・監修・上杉満代

4.JOU http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1458.html
「MIZOU petit」作:JOU、(19:30-19:45予定)
出演:伊藤綾、臼井彩子、柿崎麻莉子、酒井大輝、山崎麻衣子、JOU

5.金松順子「旋舞」作:出演:金松順子





昨日の日記よりアノニマス舞踏会5、急遽参加の経緯↓
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1469.html



アノニマス

数だけではないけれど、

出会いがあって、その後の繋がりがあって、

人生は彩られてゆくんだな。

2002年のバングラディッシュツアーの強烈な記憶以来、

六さんとゆっくりお会いする機会はなかったけど、

今日は本当に久しぶりにお顔を拝見。


相変わらず、六さんぶりは、健在だった。

バングラディシュでスタンディングオペレーションの喝采を浴びた、

六さんの独舞は、私も好きで、また見たいな~と思っていながら、

なかなかタイミングが合わないまま。

上演中、六さんの衣装替えの時間、

JOUソロ小作品を、作品の一部として踊らせて頂いた。


ダッカ国立劇場。

フェスティバル事務局の人に連れられて、

国の式典行事のお祭りに参加し、

六さんを見失い、事務局に人と心配して、

場内アナウンスで

「六さんという日本人女性を捜しています」

と、お尋ね人放送をしたこととか(笑)。




そんな思い出深い六さんに、

これからの未来に羽ばたくMIZOU WSメンバーの若者を紹介。

これまでshowingは蛍光灯の素明かりの中、行って来たので、

この場を借りて、初めての照明付きパフォーマンスであった。

しかもリノリウム(ダンス用フロアマット)の敷かれている、

ダンススタジオで♪

こんなささやかな幸せがしみじみうれしい(^ー^)


いつもは、公共のフローリング板の間なので、

これは、うれしい出来事。



稽古も大事だけど、練習の為の稽古であっては、

何年たっても、生徒さんのままだ。


真面目な良い生徒としてではなく、

自己責任の元に動けるダンサーとして、

知らないお客様の前で、

何度も本番を重ねて、

やっと、ダンサーは成長するのである。




以下、長谷川六さんの作品評:


JOU「MIZOU petit」
振付:JOU
出演:伊藤綾、臼井彩子、柿崎麻莉子、酒井大輝、山崎麻衣子、JOU
JOUが振付けたもので、音楽でからだの動きを見せていくフィジカルアートである。若者が踊るパートの構成振付はきっちりされて、アノニマスには珍しい完成した作。JOUはアメリカの大学に留学中ダンスに出会い、特異な身体条件・・やわらかいからだ・・を生かした踊りをする。今回も最終場面、床に片手をつき、からだを横にしてねじる独特なポーズをとったが、そのフィギュアからは、流れ出す血と水の音が聞こえるようで戦慄が走る。なにかが起こっているという予感、そのようなものを感じさせる踊りだ。




back to top←
  1. 2010/12/18(土) 17:28:17|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やりたいこと。大事なもの。

自分のやりたいことを、きちんと自分でリスクと責任を抱えて実行する。

やりたいことの動機を自覚して、それに誠実であり続けること。

計算して損得で決めても、身体や心がしっくりこないことは、決して長続きしない。


応えは全て自分の中にある。

自分の中に降りて来たものを素直に謙虚に受け止めて、

それを実現させること。


人にはそれぞれ役割というものがある。

生まれてから死ぬまで。




明日、急遽参加させて頂くことになったアノニマス舞踏会5。

長谷川六さんという、気骨のある女性舞踊家が主催している会である。

六さんには、2002年、お世話になっている。

バングラディシュで開催されたダッカ国際演劇祭に、

通訳兼アシスタント券ダンサー兼六さんの代理レクチャー

という大役を仰せつかって、同行させて頂いた。

貴重な経験でした。

NOと言える気骨のある日本人、六さんとの旅は、

波瀾万丈で、とっても面白かった。

六さんというと、その時の冒険の記憶も、一緒に浮かんできて、

ついつい、ニンマリとしてしまう。





六さんからアノニマス舞踏会のお知らせを頂いて、

「WSメンバーを連れて行って、六さんと六さんのされていることを紹介したい」

「WSメンバーに、もっと本番の場数を経験させてあげたい」


と思い浮かび、相当間際だったにも関わらず、

参加させて頂いた。


本番に慣れているメンバーも、慣れていないメンバーも、

同じ板に立つ経験を共有することは、

1つの絆になる。

人生において、絆は、沢山あればあった方が良いんじゃないかと思う。

それは、お金と違って数えられないけど、

目に見えない本当の豊かさなのだから。

大事なもの。
  1. 2010/12/17(金) 22:07:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010 MIZOU振り写しWS vol.3 3回目

今回は、4回目がショーイング。

3期目ともなると、積み重ねてきたメンバーもおり、

今期から参加のメンバーにとっては、スパルタな強行軍である。

それでも、不思議なことに、わかっている人間が混じると、

進行の度合いがぐっと早くなる。


カンパニーダンサーの中に、新人や若者に混じって

ベテランダンサーが居ることの効果の1つとかって、

こういうことでもある、のかもしれない。

などと想像する。


このプロジェクトの未来には、皆それぞれ羽ばたいて、

また自分は独りになってしまうのかもしれないけど、

こうして、時間や身体の感覚や意識の一部を共有し、

積み重ねていける至福の時間に、

本当に心から感謝であります。



それぞれ羽ばたきながらも、

どこかでいつも繋がっていて、

時々一緒に歩むことができるとしたら、素敵。

それは、良く晴れて澄み渡った冬の朝と、

夏の夜のたき火のバーベキューみたい。



若さと才能と可能性に満ちた、ダンサー達です。

お時間あればぜひ、見にいらしてください。



back to top←

  1. 2010/12/16(木) 22:24:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Odorujou極意

MIZOU 振り写しWSのショーイングでは、

基本的に、来る者拒まず、去る者追わず。

ショーイングの日だけ来る人も、

突然いなくなる人も、

いろいろですが、

その状況をそのままに受け入れて、

その時やれることに、ベストを尽くすのが、Odorujou.

やっつけとは違います。


現場対応力、瞬発力、持久力、積み重ねの引き出し、

いろいろ全部、総力を挙げて、その時、その場にいて、

ベストを尽くすこと。

それが、Odorujou極意。




例え、どんなに重要な立場であっても、

いつかは死んでしまう人間。

なくなった後にも、その人が存在していた世界は、

その人の不在を抱えながら、生き続け、進み続けるのです。




いてもいなくてもいい、ということとも、違う。

いなくなったら困るし、一緒にいれたら、うれしい。

だけど、在不在に関わらず、月は昇り、日は沈む。

季節は変わり、時は巡る。

それが生きるということなのかもしれません。

  1. 2010/12/15(水) 22:32:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分の役割

どんな人にも、生まれて来て、死ぬまでの人生で
その人にしかできない役割があって、
その役割を、どう全うするか。

みたいなことが人生なのかもしれません。

自分の役割に気がつくまでに、人生の半分を費やす人、

一生気がつかないまま、役割を果たしている人、

早くから気がついてる人、

ひとそれぞれですが、

逡巡しているそのことさえ、

その人の役割なんじゃないか?

と思ったります。


在、不在、ともに、重要な役割を果たします。

居ることも、居ないことも、

その場にもたらす影響は、計り知れません。

それでもわからないときは、そっと優しく、

自分の存在に寄り添ってみたら、

役割の答えが見えてくるかも。

  1. 2010/12/14(火) 22:26:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心の旅

どんなヒトにも、心はあって、

自由に旅をすることができる。

心の在り方は、そのヒトそのもの。

他の誰かがどうしたとか、

環境や状況がどうなったとか、

そんなことにおかまいなく、

心は誰からの制約も受けないで、

心は自由に旅をする。


有り様は、誰の者でもない、自分次第。




  1. 2010/12/13(月) 22:17:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20101212

12/12。

なかなか並びの良い数字の日。

今日も太陽の日差しが暖かい、冬腫れの1日。

自転車日和。


坂道のない道路での自転車は、快適。

東トウキョウの南北は、道を選べば、ほぼ、平坦。

日暮里から上野、御徒町、秋葉原、神田、日本橋、、、

なかなかに快適な移動範囲なのであった。


日曜日は、車の通行量もぐっと減って、さらに快適度が増すのであった。

東トーキョー、いいね。
  1. 2010/12/12(日) 23:12:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Shared WS シェアWS

Shared WS

通常、WSというと、1人のアーティストがすべてを采配して、行います。
シェアWSでは、複数のアーティストによるコラボレーションとして、
WSをリレー式に進めてゆきます。
お互いのスタンスや視点を全面的に受け入れ、尊重しつつ、
自分の持つ視点を挟み込んでゆくことで、WSは進められます。

異なる基点で活動するアーティスト間の交流とそれによる知的刺激の発生を図り、
これからの未来を担う若者世代ともシェアして、知的財産の共有を図るシェアWS

2010/04/22 vol.2
@A.A.S.アサヒアートスクエア
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1210.html

vieo映像
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1272.html


2010/03/03 vol.1
@ TPAM 2010 池袋芸術劇場リハーサル室
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1119.html
  1. 2010/12/12(日) 16:08:36|
  2. Shared WS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エリカアコオグローバルダンスシアター公演


2010年12月11日(土)16:00 Open
11th December (sat)

@日暮里サニーホール
Sunny Hall Nippori
http://www.cbc-sunny.jp/
エリカアコダンスカンパニー公演内
エリカアコオグローバルダンスシアター←
瀬河貫一 振付作品出演

16:45-17:20上演予定。
2作品目の上演予定です。
全公演は16:00-18:30、3演目のオムニバス公演です。

演目:
1.「花の宴」ー源氏物語より 
振付:亜甲 絵里香
出演:エリカアコオグローバルダンスシアター

2。「VOICE」
コンセプト・演出・構成:KAN-ICHI
演奏:松本充明
出演:JOU、YOSHI、KAN-ICHI

3。「薮の中」
振付・演出・出演:亜甲 絵里香
演奏:朱鷺たらら(篠笛)
大和田正樹(和太鼓)




choreography by Kan-ichi Segawa

出演performers:
瀬河貫一 Kan-ichi Segawa
若生祥文 Yoshifumi Wako
JOU

music : Mitsuaki Matsumoto


2nd Piece for us to dance.
starting around 16:45.
about 35 min.

map of Nippori sunny hall←



当日まで、公演の全体像をほとんど把握しないまま、

1ダンサーとして出演させて頂きました。

前日の日記←

亜甲さんは、長男のKAN-ICHIさん始め、今では
それぞれダンスの道を歩んでいる3人のお子さんを育てながら
厚木でダンススタジオの先生をしながら、
ずっと踊り続けてこられた方だそうです。

主催のシービーシーメソッドの大野さんは、60年以上もずっと、
照明や美術から舞台の世界に入り、
劇場製作からプロデュース的なこともされておられるとか。


長い年月の積み重ねは、そのヒトの人生そのものなんですね。

照明のあたった舞台の上だけではわからない、

こうした人間ストーリーを、舞台裏や打ち上げの席で

垣間見させて頂いた、貴重な経験と時間でした。



グローバルというだけあって、外人のお客様も目立つ

満員の客席を前に、お客様と場所のエネルギーを頂いて、

2年越しのプロジェクト成果としてのダンス、

無事に踊ることができました。


御来場の皆様、本当にありがとうございました。

  1. 2010/12/11(土) 22:15:39|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロジェクトが終わる前に

2年越しで、毎月1回、集まっていたリハーサル。

最初は、本番のアテもなく継続していたが、

今年の後半になって

急に公演が具体的に決まり、明日、本番。


途中、何回か、集まれなかった月もあるので、

結局、全部で11回のリハーサルをしたことになる。


毎回、のんびりとリラックスムードでやりながら、

少しずつ形になっていった。



というのも、班長の瀬河君が、最初の回から、

全体の構成をきちんと決めていて、

毎回それに沿って、頭から少しずつ

作っていったからなのだけど。


なかなか面白いプロセスだった。


これまでは、1ヶ月のブランクをおいて集まっていたが、

今日は初めて、先週の最後のリハーサルから1週間後の集合。

劇場入りで、場当たり、照明仕込み。



他の作品2つとのオムニバス公演。

それも、他人同士のオムニバスではない。

瀬河ファミリーのオムニバス。


厚木でダンススタジオを長年されておられるお母様、

エリカアコオグローバルダンスシアターの公演なのであった。


親子でダンス家族って、自分の身内ではあり得ないものだから、

遠い憧れ。





そんなこんな、長いプロジェクトも明日で終わり。

名残惜しいですが、日暮里サニーホール、

広々とした舞台が気持ち良い、素敵なホールです。

学校の廃校跡の利用施設なんだそうです。

ホテルとスポーツクラブの中にある。


こういう素敵な劇場が、もっと増えて欲しいなあ。。



とはいえ、舞台とリハーサルスタジオの大きさが違うので、

場所に合わせた踊りの調整作業を、急いでしました。


場所が変わると、踊りも変わる。

広々した舞台で踊れる喜びに感謝しつつ、

明日の本番に向けて、再調整中。


この最後のひと踏ん張りが、ダンサーの腕の見せ所か?!

がんばりま~す(^ー^)
  1. 2010/12/10(金) 22:59:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時々しょんばり

頼れる人がいるっていいなあ。

後押ししてくれる人がいるっていいなあ。

時々、独りで頑張り続けることに、しょんぼりする時がある。

それでも、どんなに恵まれた環境にいるように見える人も、

皆どこかで必ず、歯を食いしばって、

独りで頑張っている時間があるのだろうけど。



そしてひとりぼっちと言っている自分だって、

絶対どこかで、助けてもらったり、後押ししてもらってり、

誰かにお世話になっているに違いないのだけど。



まあでも、時々しょんぼりする時がある。


その寂しさを知ると、

自分と同じように寂しい思いをしているヒトがいないように、

自分が何かしてあげられる時は、遠慮しないでしてあげようと、

ヒトに優しくなれるのかもしれないけど。



だから、時々しょんぼり、を知っている人間になることは、

決して悪いことじゃないのかもしれない。
  1. 2010/12/09(木) 22:05:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

過去は未来に

全ての過去は、未来に繋がっている。

全ての現在は、過去と未来に、繋がっている。

今、この瞬間に、何を思い、何を見て、どんな言葉を選び、

どんな行動を選択するのか。

それが、自分。


自分が好きな自分で、居続けたい。

そういう選択を、今日もする。


  1. 2010/12/08(水) 22:21:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬らしさ

猛暑の記憶は飛び去ったとはいえ、

12月にもなるのに、どこかまだ秋っぽい。

寒がりなくせに、目覚めた朝の

ひんやりと冷たい冬の清涼感は、好きだ。


寒がりなくせに、

自宅には、暖房器具がコタツしかない。

時々、小さな電気ストーブを動員することもあるが、

暖房を入れ続けた部屋の、

もわっと生温く温かすぎる感じが好きではない。

沢山重ね着をして、清涼な寒さの部屋で、 

ぬくぬくとコタツに入るのが、好きなのだ。



だがしかし、まだそんなに寒い冬らしさがやって来ない。



  1. 2010/12/07(火) 22:54:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MIZOU振り移しWS vol.3 2回目

MIZOU振り移しWSも第3期となり、

新しいメンバーと1回目から続いているメンバーと、混合チーム。

このWSでは、共有体験の

積み重ねの強さを実感している。


少しずつ、新しい人に伝わっていったらいいなと思う。

振付を踊る、という作業だけでなく、

ダンスの道のこと。



世界にたった1つしかない身体。

他の誰とも違う。

その身体で、共有できるものは、あるのだろうか?

身体にのせて、意識の共有が先にあるのかもしれない。


結局、人間が共有できるのは、身体ではなく、意識なのかもしれない。



それでも、身体の旅をする。

同じ感覚で動けるかもしれないことを夢見て。


MIZOU ショーイングは12/20(月)19:00-20:00。
ショーイング情報 ←

お時間ある方は、ぜひ。

要予約です。


back to top←
  1. 2010/12/06(月) 22:56:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。