jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タイミング

今日会った、外人のリサーチプロダクションの話を聞いていたら、
昨日会った、日本のリサーチプロダクションの人達を思い出した。

世界は引き合うのか?

タイミングの重なり方に、エネルギーを感じる。

明日は、TPAMの仕込み。

その前に、出かけなければならない場所あり。

微力ながら、実家のサポートをする。


フィンランドミーティングの後は、
昼食をとり、そのままデンマークミーティング。

夕方には終わり、暮れゆく街を家路に着く。

夜、再びパソコンかじりついて、メール、メール。
シェアメンバーの取りまとめ業務。

事務局は、加速度的に忙しくなっている気配。

でも、こういうイベント感覚、
実は結構好きなのである。



スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 23:22:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建築する身体の見学会 三鷹天明反転住宅

2010年2月27日 (土)

11:00 ~ コース2 「建築する身体の見学会」 定員となりました
        ナビゲーター:JOU (コンテンポラリー・ダンサー、振付家)

14:00 ~ コース2 「建築する身体の見学会」 定員となりました
        ナビゲーター:JOU (コンテンポラリー・ダンサー、振付家

三鷹天明反転住宅見学会←

建築する身体の見学会 三鷹天明反転住宅
様々な分野の専門家とのコラボレーションによるワークショップ型見学会です。この見学会は、身体の可能性をキーワードに、参加者の皆様にワークショップを体験していただきながら、住宅と関わっていただくプログラムです。


三鷹天明反転住宅

お問い合わせ:

株式会社ABRF
〒181-0015 東京都三鷹市大沢2-2-8 三鷹天命反転住宅101
TEL:0422-26-4966 MAIL: info@architectural-body.com





心配されていた雨もかろうじて降らず、
曇り空ではあったが、
少し温かくもあり、
内側のコトに集中するには良いお天気の今日。

朝9時前には駅に着き、
三鷹まで。

午前中も午後も、本当に
それぞれ違う個性で、素敵な時間でした。

建築する身体。

良い言葉です。

毎回、新しい発見や刺激を頂く
三鷹天明反転住宅。

今日は、建築する身体の時間。
  1. 2010/02/27(土) 20:33:04|
  2. WS / Teaching
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだまだ続く

またまた、夜更かしした翌朝。

でも、ゆっくりは寝れない。

午前中に終わらせなければならないこと、1,2,3,4。

夕方までに終わらせなければいけないこと。
1,2,3,4,5。

そして、夜。

まだまだ続くが、ちょっと中断。

明日は、朝から三鷹天明反転住宅。

体験見学会のリーダーをやります。
http://www.architectural-body.com/mitaka/tour.html

お天気どうかな~。

晴れるといいなあ。

  1. 2010/02/26(金) 23:26:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝まで働く3日目

TPAMシェアブースの取りまとめ業務。

昨夜は、鰻の後、結局また朝まで。

実は、他の仕事も平行。

暇な時は、とことん暇なくせに、

重なる時は重なる。


1日2,3時間しか寝ていないのに、
気が張ってるから平気である。

でもこれ、1人でまとめてたら、今頃倒れてた。

雄三を誘ったのは、
そもそも、彼の手助けで過去のTPAMへ出入りしたことで
思いついたアイディアが、
「シェアブース」だったわけなので、

「思いつくきっかけの機会をくれてありがとう」

と、単純に、自分なりの筋を通しただけなのだが、
この彼が、現場能力に長けていて、
実に素晴らしい働きぶりなのである。


なんというか、月並みな言葉だけど、
世界って、面白いなあ、


と思う。

そして、メンバーそれぞれの人生や人となりと出会い、
新しい関係が育まれてゆく感じ、
とっても素敵。

だから、大変だけど
大変以上に、
そんなこんなが愉しいから、
頑張れてるのかも。

そして、夜中働いてる自分を
さり気なく支えてくれている
相方にも、深く感謝な私です。


今日も夜はふける....。


  1. 2010/02/25(木) 23:14:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TPAMシェアブース

言い出しっぺなのでね。

おまけに、14名も集めちゃって。

だから、調整&取りまとめ役、がんばってます。

個性的なメンバーそれぞれと、事務局と、
いろんな部分で、さり気な~く
バランス取る係。

「それって、特別な能力だ。誰にでもできることじゃない」
と、以前、誰かに言われた。

でも、あまりにもさり気なさ過ぎで、
意外に目立たず、気がつかれない。

それでもいいや。

全体としての物事が、
うまく運べてたら。

それでいい。


仕事遅いので、
昨日から、パソコンの前。
朝6時まで。

2時間後には起きて、
別の仕事。

気が張ってるから、大丈夫。

こういう状況の中で、
自分やいろんなヒトのいろんなこと、
誰よりも面白がっている自分がいる。


そんな徹夜明けに近い夜に
浅草で鰻。

こないだ、西荻窪で
焼き鳥とニラネギ鍋をごちそうになったお礼返し。

相変わらずの大将の味。
美味しかった~。

  1. 2010/02/24(水) 23:05:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親孝行

親孝行と言えば、
例えば、
子連れで買ったばかりのマイホームから
車に乗って、親の家を訪ねる週末。
フォミリープランのCMに出てきそうな
光景が目に浮かぶ。

それがウチの親の希望でもあった。

そんなことのどれもから遠く、
そして、相変わらず自由に、
自由、ということはつまり、
経済的にはとても不安定に、
毎日を暮らしている。

それでも、こうしてちゃんと生きてゆける。

自分が生涯かけてやり続けるであろう
仕事とも巡り会い、
大切なヒトとゆっくり過ごす時間もある。

我がコトのように、幸せをうれしく思う友人もいる。

病院とは縁がなく、
毎日、きちんと時間をかけて作ったモノを食べ、
雨風しのげる住まいもある。



それで十分。
それでいいのだ。

自分としては、
それをもって、
「親孝行」、としたい。
  1. 2010/02/23(火) 22:54:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平成22年2月22日22時22分

待っていましたよ、この瞬間を!!

2のぞろ目最大数。

歴史的な瞬間です。

平成22年2月22日22時22分22秒。

素晴らしい~☆(^o^)/

やんや、やんや、万歳!

最近のオーガナイズ疲れも吹っ飛びます(笑)

2月生まれな私、2が大好き♪

次回は10年後。

2020年2月22日っすね。
  1. 2010/02/22(月) 22:22:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンテンポラリーダンス業界の敗北、的気分

企業のコマーシャルとか、宣伝イベントでは、
キャッチーに、効率良く大勢の人間にアピールしなければ。

コンテンポラリー系と呼ばれるダンスは、
芸術的で、それが何なのか、知っているヒトも少なくて、
わかりにくい分、間口が狭い。

どちらかというと、狭く深く、
思索的に堪能する、感覚芸術なのかもしれません。

マイムやストリートと違って、
市民権、ない。

知るヒト、いない。

最近では、テレビ放映の機会も増えて、
少しは知らない人の目にも触れられる機会が
生まれましたが。

ここ数日、ヒトを紹介していたお仕事が流れて、
敗北な気分。

日々、どんな機会でもいい、
ダンス見たことないような方達に
少しでもダンスに触れる機会を、と思っています。

なのに;;


思うところ、多々、ありました。

この業界、発展途上。
まだまだ、これからです。

未知数の面白さとともに。


  1. 2010/02/21(日) 22:28:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーガナイズの波

怒濤のオーガナイズ業務。
複数で起こり、巻き込まれています。

アートを巷に。

豊かなアートライフを。

思いついたら、実行します。

自分1人の損得より、
複数の、できれば大勢のヒトに喜んでもらえるコトは何か?

自分ができることは、ダンスと、ダンスを土台にした
いろいろなアート的な提案。

「このヒト達のために、何ができるだろう?」
そう考え始めると、アイディアがどんどん浮かびます。

思いついたら、実行。

それが、皆の利益になることなら、
やがては必ず回り始めるハズ。
  1. 2010/02/20(土) 23:47:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加齢の楽しみ

ティーンエイジャーの頃から、
「早くおばさん→おばあさんになりたい」

と思っていました。

できれば、早くやるべきことやって、
人生全うして、お迎えを心安らかに待ちたい。

そんな生き急ぎ願望があります。

やるべきこと、自分のこの世での役目。
何だろう?

答えを探しながら、
とにかくやれること実行する。
自分がヒトに与えられること。

それが、自分の動力になっています。

神様は、なかなか
「それでよし。ご苦労さん」
とOK出してくれません。

ヒトのためと同じ位、自分のためにも頑張る。
それができるようにならなくちゃ、いけないのかな。
最近、そう気がつきました。
まだうまくできないけど。

これまでは、ついつい、
自分は二の次で、ヒトを大事にする。

みたいなことばっかりやっていましたが、

自分もヒトも大事にする。
同じ様に。


なんだか
普通のヒトと逆ですね。

年を重ねて、沢山の発見をして行く自分が
とても面白いです。


今日は、慈善事業会議。
終電近くまで。

巻き込まれてくれた人々に、感謝、感謝。


自分がヒトにできること、
まだまだ惜しみなくやっていきます。

あげてもあげても、なくならない。
スゴい発見。
  1. 2010/02/19(金) 12:19:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思考するアーティスト

思考がそのヒトを作るのだとしたら、
音楽やダンスだって、同じこと。

思考するダンサーの踊りは面白いです。

思考するミュージシャンの即興は、奥深いです。

ベルリンから来たパーカッショニスト、ハーネスと
フランス人サックス奏者、ピエール、
エレクトロの松本充明
ヨーロッパ系トリオ即興ライブがありました。

このベルリンカップル、なかなか話も奥深い。
カップル vs 松本、的な探り合いの
一部は繊細、、
二部では、面白く転がっていきました。

毎日、どんなこと考えてるか?
どんな人間関係を育んでいるか?
何食べてるか?
どんな家に住んでいるか?
どんな仕事してるか?


そんなこんなが、全て顕われる。
それが、パフォーミングアーツ。
  1. 2010/02/18(木) 12:00:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教える

レギュラーで教えることを、ずっと避けてきました。
日本的な「先生」になってしまう自分が、
好きでないと感じているからです。

その自分が、WS(特別クラス)をしようと思いました。

新しい出会いを起こしたいと思ったからです。

まずは、踊りやヒトとなりを知って、
全てはそこから始まります。

機会を与えていくためにも。


この思考、言葉では
うまく説明できない。

  1. 2010/02/17(水) 11:54:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Odorujou特別WS

2010. February 16th

Odorujou Special WS


ダンスの道

13:30 open
14:00-16:00

at Kanda

fee 2000 yen
student discount fee 1500 yen

神田でWS、2月2回のみ。

ご希望の方、ご連絡下さい
前日までの事前予約のみ受け付けます。
odorujou@yahoo.co.jp





良い感じで2日、WS無事終了しました。

自分にとっては、新しい出会い、
人材発掘のための時間です。
今年は、できるだけ開催して行こうと思います。
なかなか良い人材、出会うことができました。

これからが楽しみです。

  1. 2010/02/16(火) 22:59:44|
  2. WS / Teaching
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

twitter

twitterの名前 Odorujouにしました。
全然、つぶやいてないですが;

今日、あるヒトにカードを書いていたら、
電話がかかって来て、本当にびっくり。

シンクロしてます。

科学テクノロジーは、人々のコミュニケーション手段を
どんどん改良して、思う時間と、思いを文字にして届ける時間を
ずんずん短くしていっていますが、
そのうち、きっと、思った瞬間に届いてしまう、
そんな社会になっていくのではないか?

と思っています。

それを実現するのは、科学の力なのか、
人間に備わっている本来の能力の開発によるのか、
は、わかりませんけれども。

  1. 2010/02/15(月) 22:05:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

we dance

2010年2月13日(土)-14日(日)
We dance

浅草ダンスビデオ上映
全編13分11秒。
14日JOUトークあり。
18:30-19:00


どうぞお見逃しなく!

会場:横浜市開港記念会館 〒231-0005 横浜市中区本町1-6 TEL.045-201-0708

みなとみらい線(東急東横線乗り入れ)「日本大通り駅」出口1から徒歩1分
JR・市営地下鉄線「関内駅」南口から徒歩10分





浅草ダンスビデオ、上映の時間には、
ちょうど沢山のお客様が会場にいて、
面白がって見て下さいました。
面白かったから、と2日連続して来て下さった方もいらして、

評判上々!

ありがとうございました。


  1. 2010/02/14(日) 22:14:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浅草ダンスビデオ上映のお知らせ

2010年2月13日(土)-14日(日)
We dance


浅草ダンスビデオ上映
全編13分11秒。

14日JOUトークあり。
17:00-18:00の間
Wedance info. click here

どうぞお見逃しなく!

会場:横浜市開港記念会館 〒231-0005 横浜市中区本町1-6 TEL.045-201-0708

みなとみらい線(東急東横線乗り入れ)「日本大通り駅」出口1から徒歩1分
JR・市営地下鉄線「関内駅」南口から徒歩10分




2010.Februrary 13th-14th
access here

JOUDANCE2 in Asakusa

at We dance festival in Yokohama
Show time between 17:00-18:00


JOU is talking on 14th at the showing

浅草ダンスビデオ←click





「We dance」

【日時】
2010年2月13日(土)・14日(日)13:00-21:00
(12:00より受付開始・開場)


【入場パスポート料金 (全席自由)】
1日 2,500円(前売)/3,000円(当日)
2日通し 4,000円(前売)/5,000円(当日)
アーティスト・学生 2,000円(2日間有効・要事前登録・枚数限定)
-すべてのプログラムは、定員制・先着順の為、入場整理券が必要です。
当日12時から発行します。
-別途入場料がかかるプログラムがあります(白井企画)。
-アーティスト・学生資格には条件があります。
事前登録後、詳細をお送りいたします。
-時間及びスペースは変更になる場合があります。
ウェブまたは当日受付にてご確認ください。


【会場・アクセス】
横浜市開港記念会館 〒231-0005 横浜市中区本町1-6 TEL.045-201-0708
みなとみらい線(東急東横線乗り入れ)「日本大通り駅」出口1徒歩1分
JR・市営地下鉄線「関内駅」南口から徒歩10分

【ご予約】
We dance ホームページ URL: http://wedance.jp

主催: NPO法人 Offsite Dance Project URL: http://www.offsite-dance.jp
企画・制作:「We dance」 準備室
助成: 神奈川県、横浜市先駆的芸術活動助成
後援: 横浜市開港150周年・創造都市事業本部、中区役所
特別協力: 急な坂スタジオ

【主催・問合せ】
NPO法人 Offsite Dance Project(岡崎)
〒223-0061 横浜市港北区日吉1-21-4-201 Tel&Fax.045-565-2331
携帯:090-6340-1127
E-mail: info@offsite-dance.jp URL:http://www.offsite-dance.jp
  1. 2010/02/14(日) 14:21:45|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トトロザ じゃなくてロトザザ

座 高円寺のカフェで、トトロザ体験してきました。


テーブルに座って、イヤホンを聞きながら、
指令に従う20分でありました。

料金は無料で、カフェの飲み物を注文。

有料だと、ハードル高くなりそうですが、
無料と思うと、ハードルも下がり、
なかなかに楽しめました。

なるほど、良くできてる。

面白い演劇体験でした。

http://rotozaza.parc-jc.org/

で、改めてウェブ見たら、ロトザザだったんですねえ。
http://www.rotozaza.co.uk
  1. 2010/02/13(土) 22:16:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飽きるまで人助け

昨日のショーケースは、自分のは出展しませんでしたが、
今回、横浜ダンスコレクション、コンペで特別賞を受賞した
笠井瑞丈君の作品の照明と音響を手伝うヒトがいないというので、
急遽、人助け。

音出しと、即興での照明演出。

瑞丈、上村なおか、典ちゃんの
ダンスも良かったけど、
自分の音響センスと
照明センスの良さに、
心底、ぶったまげました。

ブログでこんな自画自賛、
親馬鹿ならぬ、自分馬鹿に違いないですが、
何か降りて来たかのように、
本当に、良かった。
終わってから、じいんと自分に感動してました。


そんなヒトの良さを見抜いてか、
あるいはセンスの良さを見抜いてか(自画自賛)
今日初対面で、今年の本選出場者の荒木志水が、
ショーケースの即興の照明を頼んできた。

おそらく10才は違うであろう同業の人生の先輩に、
こうした頼み事を平気でしてまうとは、
勇気ある不敵な輩である。
昔の自分を見てるようだ。

まあ、普通、頼まないし、引き受けないよね。
でも、初照明、愉しかったから。
この日は新体験に盛り上がっていたので、
ついついお人好しに引き受けてしまい、
これが、また、我ながら、大成功でした。

即興で、志水の良さを生かした
素晴らしい世界ができました。

コンペ本選での志水は、
「花が咲いたよ」の楽曲をまるまる使い切り、
完全音ハメダンスで、長い時間を見せきった、
強度のあるダンサーでしたが、

ショーケースの即興では、
作り込んでいない分、弱さも見えてしまう。

彼女の踊りの弱い部分をフォローし、
良い部分を強く浮かび上がらせる。

それを、リアルタイムで判断をしながら、
選択してゆく。

これ、演出です。

マジ、面白かった!
自分の新体験に大満足。

照明のスイッチは、6コ。
その照度の強弱と、タイミング。
たったそれだけのことなんですが。

照明も音響も、
言われた通りにスイッチのon / offするだけじゃ
ダメなんですね。
踊りと一緒に寄り添って、魂込めないと。
パフォーマンスと一緒だ。

やってみて、初めて、
というか、知ってたけど
改めて、実感。




「こんな素敵なセンスと瞬発力のある照明スタッフ、
自分が踊るとき欲しい!!」
と、切に思います。
(新しい体験にわくわく心躍るOdorujouで、かなり
舞い上がっている上、自画自賛のおバカ炸裂ですみません;)


でもでも、せめて本当に、
照明の1つ1つに魂込められるヒト、
自分の踊りのために、
真剣に探したいと思いました。



そういえば、フランスでライブで踊ったとき、
その劇場行くと、いつも入れ込んで献身的にやってくれる
照明のおっちゃんがいて、前回の終演後、撤収しながら、
「今日のオレはアーティストだ!!」
と、満足気に叫んでいたっけ。
魂込めて、一緒に作品の強度を上げるべく、
寄り添ってオペしてくれてたんだろうなあ、
と、改めて思います。
おっちゃん、ありがとう!

そして、昔、自分を助けてくれた人生の先輩方、
おそらく、苦笑しいしい、だったのかな~(冷や汗;)
その節は、本当にありがとうございました。
と、今更ながら、改めて深く感謝。


自分が誰かを人助けすることで、
助けてもらっていた時には気づかなかった、
いろんなことに気づきます。
そんなお得な日々を送る、今日この頃。
  1. 2010/02/12(金) 14:48:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

dance live and JOUDANCE2 video showing

2010年2月11日(木祝)

即興ダンスパフォーマンス&
浅草ダンスビデオ一部上映


12noon-12:40
赤レンガ倉庫の外~2Fギャラリーで行うインプロライブパフォーマンスに
参加します。

横浜赤レンガ倉庫1号館2階
ギャラリー奥の無料ショーケースイベント前

12:30pm -12:35pm 浅草ダンスビデオ一部上映 with dancers
実物と映像が入り乱れる、狂乱の瞬間をお見逃しなく!

map here



Dance collection 2010

February 11th Thursday
around noon-afternoon

@ Yokohama Red Brick Hall
outdoor-2nd Floor



admission free

12noon-12:40pm out door-indoor live dance
by some dancers at the red brick Yokohama

JOU will be performing

12:30pm-12:35pm
showing a part of JOU's dance video
with performance.

JOUDANCE2
Do not miss it!





横浜ダンスコレクションR 2010。
今日は、受賞者公演。
岩淵多喜子作品。
久々のたきちゃん。


その前の時間、12時から、
今年の本戦出場者、岩淵貞太君のショーケース、
小雨と風の寒い野外で15分。

その後、木野さんと上地君仕切りの
インプロパフォーマンス。

「外のアイスリンクに遊びに来たりしてる
観光のお客さんにダンスをアピールし、
2階のショーケース会場へ呼び込む」
というインプロの目的を改めて言葉でフォローして、
その後はダンスでインプロ援護活動、楽しみました。

7日の反省をふまえ、作戦会議したらしい
2人の段取りに加え、
移動できる大音量、サックス演奏等もあって、
なかなかスムーズにお客様の移動、成功。

こういう大義名分のあるイベントで
一部始終、影に日向に、細かいフォロー、
本当に得意で、大好きな自分です。
まさに、水を得た魚。
細胞がフル活性化する感じがたまりません。

インプロの最後に、昨年完成しました
20年度台東区芸術文化助成事業
Odorujou製作「浅草ダンスビデオ」を
一部上映提供し、
実物のダンサーや音楽家の皆さんに
映像と乱舞して頂きました。

その方が、ダンス初めてのお客様には
外の開放感から中の緊張感あるショーケースへと
誘うのにも、見やすいのでは?
と、思い、企画協力。

見た方も、参加した方も、楽しんで頂けたようで
良かったです。
  1. 2010/02/11(木) 13:27:04|
  2. imporvisation live 即興パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巡り巡る

人生長くなってくると、
どんなへなちょこでも、
それなりにヒトの世話したりする機会も増えます。

ヒトの世話すると、
世話された時にどう御礼すればいいか、
そんなことが、改めてわかってくる。

別に、それを期待して何かしてあげてるわけでは
決してないのですが、
その時々の感謝の仕方が
ヒトによって本当に様々。

その場限りで、使えるものは使い倒すヒトや、
気持ちはあるけど自分のことで精一杯のヒトもいれば、
律儀に丁寧に、忘れず礼を尽くすヒトもいる。
育ちの良さ、人間力、メジャー度...
そのヒトの大きさといったものも、
その辺のお礼の仕方でわかってくる。

お礼をされる立場になって初めて、
「ああ、なるほど、こういうことか」
と、いろいろなことに気づかされる。

これまで本当に沢山の方に
お世話になってきて、
自分は、自分のことで精一杯であったので、
感謝の気持ちはあっても、実際には
随分と気が回らなかったことだなあ、、
と過去の我が身が身にしみます。

ヒトに与えた分、自分も豊かになる。

人様にお世話になった分、
自分も必ずどこかで、
誰かのお世話して、お返ししてる。

そんなことで、巡り巡る因果の不思議。

ヒトに与えられるものがある人間は、幸せと思う。
もらったもん勝ちではなく、
実は、世の中、
与えたもん勝ちではないか。
と思います。
  1. 2010/02/10(水) 22:09:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年2月の特別WS1回目

2010. February 9th Tuesday

Odorujou Special WS


ダンスの道

13:30 open
14:00-16:00

at Kanda

fee 2000 yen
student discount fee 1500 yen

神田でWS、2月2回のみ。

ご希望の方、ご連絡下さい
事前予約のみ
odorujou@yahoo.co.jp


今日は特別WS1回目。
冬晴れ。

ほとんど宣伝していませんでしたが、
御陰様で、程よい人数の参加者が集まりました。

フロア(床)から、ゆっくりと身体をほぐし、
少しずつ、そして加速度的に汗をかき、
2時間のクラスの最後には、
素敵なダンスが出来上がりました。

新しい出会いが、愉しいです。


ちなみに、というか関係ないけど、
今日の家での晩ご飯は、
豚ニラ鍋と、鯖の塩焼き。
美味しかったです。


  1. 2010/02/09(火) 11:28:49|
  2. WS / Teaching
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び作るために

そろそろ、作品を作りたい
と、再び力強く思うようになってきました。

幸か不幸か、協力なプロダクションがいないので、
マイペースで、ゆっくりと準備することができます。

まずは、ヒト探し。

なるべく、オーディションはしません。

オーディションをしてしまうと、
受かった受からない、という線ができてしまう。

それは、自分としては、避けたい出来事です。

もっとゆるやかに、気楽に、
日常の中で、出会っていきたい、と思っています。

一緒に愉しく真剣に、作品を作れるヒト。

JOUの言葉や意図を、理解して体現してくれるヒト。


時々、不定期な特別WS(ダンスクラス)など
開催しながら、ゆっくり
出会いを探していきたいと思います。


ソロのダンスは別として、
グループ作品などは、
「ヒトがいないと作れない」
それがダンスの面白さでもあります。
  1. 2010/02/08(月) 11:12:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜ダンスコレクションR 2010 ショーケース

2010年2月7日

横浜赤レンガ倉庫1号館2階
ギャラリー奥の無料ショーケースイベントにて

グループワーク習作のショーイングします。

14:00-14:15

振付:JOU
出演:臼井彩子、国枝昌人、呉宮百合香、小宮あけ未、高橋幸平
前説:JOU

12noon-12:40
赤レンガ倉庫の外~2Fギャラリーで行うインプロライブパフォーマンスに
参加します。

12:30pm -12:35pm 浅草ダンスビデオ一部上映 with dancers
実物と映像が入り乱れる、狂乱の瞬間をお見逃しなく!

Yokohama Dance Collection R 2010
map here



浅草ダンスビデオ(about the dance video)←click




Yokohama Dance collection R 2010


February 7th
around noon-afternoon

@ Yokohama Red Brick Hall
2nd Floor
14:00-14:15


choreogoraphy :JOU
dancers: Ayako Usui, Masato Kunieda, Yurika Kuremiya, Akemi Komiya, Kohei Takahashi


>Showing a small piece 10-15min.
work in progress
with mixed generation dancers
Choreography :JOU

admission free

12noon-12:40pm out door-indoor live dance
by some dancers at the red brick Yokohama

JOU will be performing

12:30pm-12:35pm
showing a part of JOU's dance video
with performance.

Do not miss it!
Yokohama Dance Collection R 2010
website here




朝、桜木町駅に着くと、携帯に訃報メール。
数年前、川村毅さんの「路上」という演劇で一緒だった
当時文学座研修生だった役者の高橋好美さんが、
今朝方、癌で急逝されたとのこと。
享年24才。

お天気のよい、冬晴れの中、
家族連れやカップルで賑わう
赤レンガ倉庫までの桟橋道を、
涙を流しながら歩いた。

正午から始まる、
即興ライブの打ち合わせに
参加せず。

段取りだけ後から聞いて、
即興始まれば、場作りと、観客ケアに集中する。

即興は、いつも楽しい。
誠実で純粋な時間が、そこにはある。

パフォーマンスの場所を外から中へ
少しずつ移動し、
最後に、一番奥のショーケース会場へ。

次から始まるショーケースとの
繋ぎ効果も兼ねて上映させて頂いた
「浅草ダンスビデオ、1部上映」では、
映像のダンス対決シーンにかぶって
実物のダンサーが踊る
楽しい狂乱のひと時となった。

その効果があってかなくてか、
ショーケースには沢山のお客様。

14時からの習作上演、
御陰様で無事、終わりました。

「すごく良かったわよ~」
と、外人に褒められました。



途中、埠頭に立って海を見ながら
風に吹かれ、涙を飛ばしたりしましたが、

踊りは、逝く者にとっても
送る者にとっても、
何よりの供養ではないか?
と思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。
  1. 2010/02/07(日) 10:58:04|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜ダンス

横浜市では、芸術支援活動が盛んです。

「アーティストを横浜の住人の呼び込んで、
人間力で町を活性化」
的な政策があるようです。

神奈川県や横浜市の公務員の方で、
そうした考えをもって行政に関わっているヒトがいる、
ということもあるかもしれません。

横浜市芸術文化振興財団という枠で、
そうした事業を市に代わって企画運営しているみたいです。

小学校にアーティストを派遣して、特別授業してもらう、
とかいうこともやっています。

人間が持つ、想像力や芸術的感覚を
時間とお金をかけて育むことの先に、
実を結ぶであろう豊かな世界は、
今の子ども達が成人して、
社会を動かす世代になった時、
10年後20年後30年後に
ようやく訪れるような
気の長い作業かもしれません。

そうした種まきをきちんとし続けている、
日本でも数少ない素晴らしい地域の1つ
なんじゃないかと思います。
  1. 2010/02/06(土) 11:07:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リハーサル8時間

2/7にお披露目する予定のグループダンス。

完成した作品の最終形ではなく、習作。
ワークインプログレス(work in progress)。

完成に向けての発展途中の公開です。

ダンサーは見事に
10代、20代、30代、40代、
集まりました。

「稽古の過程をとても大事にする」
と、よく言われるJOUですが、
今回はさらに輪をかけて、
時間をかけて、
内外の意識を作っていっています。

クリエイション込みの、種まき活動でもあります。

まだまだ、ようやく始まったばかりです。
先は長いが、手応えは確かにあります。
  1. 2010/02/05(金) 10:44:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

与える

人に会うとき、ヒトと関係を持つとき、
自分の損得ではなく、
「自分はこの人に、何をあげることができるか?」
を考えるようになりました。

お金はなくても、小さなモノや、
能力、アイディア、気配り、情報、
なんでもいいのだと思います。



「自分はこの人から何をもらえるか?」
ではなく、
「自分はこの人に、何をあげることができるか?」
を第一に考えて実行するとき、
自分の能力やアイディアは、さらに開いてゆくような気がします。

第一、そっちの方が、気持ちが良いです。

意外に気持ち良いので、
最近では、
「私、何をあげられる?」
が段々加速度的になってきたような、、、。

ただし、「何くれる?」ばかりのヒトや
損得、利用でしか生きていないヒトは
なんとなく空気が違うので、居心地悪く、
あまり近寄れなくなりました。


感謝の流通が、気持ちいいのかな?
  1. 2010/02/04(木) 10:55:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分の願い事

平成22年。
ぞろ目の日は捕まえたが、
節分は逃した。

いつも張り切って、豆を用意するのだが。

気持ちだけ、「鬼は外、福は内」

そういえば、リハーサル休憩中に、
手作りの恵方巻きを
黙々と食べていたダンサーがいた。

願い事は、ヒトにしゃべってはいけないのだと言う。


本当のところは、
願い事は、どんどん言葉にした方がいいのだ。
ただし、
「そんなの無理だ」などとすぐ、
願い事を否定するヒトにしゃべってはいけない。

あるいは、「無理だ」
とヒトに言われて、
あきらめてはいけない。

ということではないか?

と、実は密かに思っている。
  1. 2010/02/03(水) 21:34:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落語の余韻

先日の
さん喬師匠の江戸落語の余韻が
豊穣に残り、
江戸の匂いが脳に記憶されたせいか、
ついつい、図書館では浮世絵の本なぞ
借りてしまった。

浮世絵の遊び絵やだまし絵など、
美しい絵ばかりでなく、
面白い絵も満載。

ヒットは、門の前に半分だけ描かれているゾウの絵で、
「半蔵門」とした絵地図。
1番、笑えた。
次点は、コマの絵の横に、目玉5つで
「駒込」。

元祖マンガとも言える浮世絵。
平和ボケな日本人とか現代で騒いでるけど、
江戸時代から続いた、世界でも珍しい
筋金入りな平和ボケ国家なんじゃないか?
などと思ったり。

とにかく、面白い。



図書館をうろつく時、
本を抱えて家路に着く時、
「人間て良いなあ~
図書館でこうして本が読めるし~」
と、幸せがひたひたと押し寄せるのは、自分だけか?


そんなこんな、平成22年、2月2日。
ぞろ目の日。
  1. 2010/02/02(火) 22:10:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010年2月1日

これからは、ヒトより抜きん出て、先に独り占めする時代ではなく、
分かち合うことで、豊かになっていく時代だと思います。

そういうことが、時代を先駆けてアートから、本来は起こるべきだよね。

情報のシェア、利益のシェア、税金を払うがごとく、
当たり前のように自動的にすればする程、エゴが消えて行きます。
エゴが消えた先には、自分が消えてしまうことは決してなく、
逆に、自分の本当の個性がより輝いて来るものだし、
そこには、大きな自由とパワーがあるはずです。

















My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2010/02/01(月) 21:36:17|
  2. thoughts
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。