jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大晦日2009

暖かいが、北風強し。
空と日の光が綺麗。


恒例の大晦日
鴨南蛮蕎麦。

梨状筋(りじょうきん)
ーお尻の奥の筋肉ー
を痛めた相方は、
ギックリしゃっくりな身体にむち打ち、
台所にて、今年最後の名料理。

これがまた、美味。

今年最後の、舌鼓。

近所のお寺に、
除夜の鐘を突きにゆく。

昨年、何回も突かせてもらった
練習の成果が功を奏して、
ストンとど真ん中、
良い触感。

日中風が強かったせいか、
月は丸く、星も明るい。

2009年、静かに過ぎてゆきます。

この1年、お世話になりました皆様、
素敵な時間をご一緒出来ました皆様、
心から御礼申し上げます。
本当に
いろいろとありがとうございました。

新年がより良い1年となりますように
心よりお祈り申し上げます。


来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/31(木) 22:09:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晦日2009

夢を見た

願いは、叶う。

願いという訳ではないが、

もし、
大富豪になったら、
湯水のようにお金を使い、
慈善事業しまくってみたい。

図書館や劇場、
気楽に使えるスタジオ、
滞在しながら
ゆっくり作れる
レジデンス施設、
振付センターなんか
各市町村にあったらいいなあ。

美しい四季を感じさせてくれる
並木道、緑の公園。

古い日本家屋や
ビルヂングと表記された時代の
奥ゆかしい建物を、
存続させるための処置。

人が憩い、集える場所。

言葉の壁を越えて
伝達されるべき情報。


作るヒトと、
買い手、

技能や能力があるヒトと、
それを必要とするヒト

などをつなぐ良質の道。

優れた表現者達の表現や時間を、
学校や幼稚園に。
齢を重ねた人々のもとに。



年取るお金が流通するようになったらいい。


平成21年。
あと2日。



  1. 2009/12/30(水) 20:21:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒さ年の瀬 虎の巻

昨日の温暖から一転。

寒いです。

思考は回り、
メールは飛び交います。

かなり、効率悪いですが、
文字や文章を書くことは、中毒的に好き。

明日は、パソコンから離れて、
年末の大掃除。


昭和のノスタルジイを醸す、デパート。

デパ地下の年始の彩り。
虎の絵箱のお菓子とか、
しめ縄飾り、
お年始の進物用の
華やかなお菓子達。

心躍りました。

今年もあと3日。

早く来い来い。
もうすぐです。

日本人な自分がいます。

クリスマスよりも、
やはり、お正月にわくわくします。
  1. 2009/12/29(火) 16:11:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

趣味:勝手に慈善事業の日

病床から立ち上がり、
仕事納め、終わりまして、
趣味の慈善事業に邁進しました。

入院した父も、すでに退院。

年明けに、診断その他
改めるんだそうです。

深刻な話ではありません。

痛みが治まると、
けろっと忘れて
仕事に没頭。

親子揃って、似た者同士。

私の場合は、頼まれもしてないのに
勝手に思いついて熱中している
趣味的慈善事業の一環に過ぎませんが;

そんなこんなで、暖かく穏やかな年の瀬。
夜半には、寒い北風。

空回りかもしれませんが、
一生懸命考えて、善かれと思ってお節介。

いろいろ対応している時間と、
ぼうっと過ごしている時間の、
緩急両方、
好きです。



  1. 2009/12/28(月) 22:46:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リハーサル復帰&納め

東大駒場校舎へ。

鳥取大学の時もそうだけど、
大学の校舎の広さとか、緑とか、、、
久々の学校のキャパス、
キャンパス好きな自分としては、
なかなか気持ち良いです。

青空から一転、

リハーサル会場は、映像を使うので、
窓を絞めて、薄暗い。
映像の仕組みをいろいろと試しているうちに
あっという間に
日が陰り、暗くなる。

少しだけ早抜けをさせてもらって、
会場を移動し、
夜は、新習作のリハーサル。

3時間かけて
30秒ばかりの動きを作り、
2009年リハーサル納め。


今年も、いろいろと踊ったり作ったり、
素敵な時間と出会いが在りました。

こうして活動出来ましたこと、
皆々様に深く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

来年も宜しくお願い申し上げます。






  1. 2009/12/27(日) 22:11:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝込2日

昨夜、吐き続けた結果、
胃が空っぽになると、
さすがに嘔吐も止まる。

今日のリハーサル&打ち合わせを
断念。


沢山、夢を見る。

ウマが飛んだり、
やけに疲れる夢だ。

夜遅くに、少しのものを食べ、
ようやく現世に生還。

明日のリハーサルには出れそうだ。
  1. 2009/12/26(土) 22:01:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベリークルシミマス

昨夜から気持ち悪くなりそうな気配はあったのだ。

今朝から寝込む。

寒気、下痢、嘔吐、軽い頭痛。
夜になって、腹痛。

身体がバラバラになって細胞がこぼれ落ちる。

深夜から明け方にかけて、

タクシーを呼んで
病院に行くべきか否か

迷いつつ、
吐いて、下して、
痛みにうなりながら、
結局寝たまま。

ひと仕事終えて、なんだかんだ
無理をさせた身体が引き起こす
いつもの症状、である。


  1. 2009/12/25(金) 11:52:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本のクリスマス

父が緊急入院。
といっても、命に別状はない。

といっても、年末は病院にいることになりそうである。

日本のクリスマスは、
宗教に関係ないところで
動いている。

コンビニの前で店員がケーキを売る。

ケンタッキーフライドチキンが売れる。

レストランは、カップルで賑わう。



3年前に亡くなったコンテンポラリーダンサー
野和田恵里花嬢が、敬虔なクリスチャンであった、
という事実を、葬式に行くまで知らなかった。

クリスマスもお正月も、
妊娠も出産も
お構いなしに踊っていたかのような
そんな印象の記憶がある踊り虫、
人生の3つばかり、とはいえ、
実に偉大なる先人であった。

ダンスで食べてゆける、
そんなことが夢みたいな時代に、
ありとあらゆる踊り界隈を
逞しく涼やかに生き抜いた人、
という印象がある。

とはいえ、葬式に行くまで知らなかった
彼女の信仰のように、
知らないことは沢山あるに違いない。


彼女を直接知らない新しい世代が、
少しずつ、増えて来た。

時代と照らし合わせて
実に面白い人物なので、
どなたかぜひ、記録に残して頂きたい。
といつも思う。
  1. 2009/12/24(木) 22:10:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青山再び

昨夜、打ち上げで帰りが遅くなり、
今日は、ほぼメタボロな日中でした。

夕方、いきなり活動開始。
今年はトリエンナーレのお手伝いで
秋に通った青山表参道界隈、
再び、懐かしのスパイラルホールへ。

以前一緒にJCDNの踊りに行くぜで
公演させて頂きました
怪しいデュエットの相方、
遠田誠氏率いるまことクラブ
のダンス公演最終日。

昨夜、ライブ活動した武元氏の姿も。

今回の旅の疲れはいつ出すのか?
機内のうたた寝でもう、出てしまったのでしょうか?

さほど疲れた感がないまま
淡々と時間を過ごす私であります。

夜は、相方と駒込の忘年会へ。
  1. 2009/12/23(水) 20:05:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅津和時ライブ

成田空港15時半着。
京成電車でも爆睡。

厳寒の欧州の後では、日本は暖かいぞ。

一度、自宅に戻り、荷物をほどき、お土産持参で、
早速、夜の新宿PIT INへ。
ライブ情報はこちら←

昨年も、豪華絢爛なゲスト揃いのライブでしたが、
今年も、さらにパワーアップ。
梅津マジック炸裂なライブに、
武元賀寿子さん、武藤容子さんとともに、
踊り子的飛び入り出演をさせて頂きました。

巻上公一さんの熊の歌や、
四谷シモンさんの良い男っぷりも、
本当に素敵でしたが、
なんといっても、未唯さん。
ここへきて、
生「S.O.S」が拝聴できるとは思わなかったです。
と、自分の中の時代の記憶が、素直に反応。

スーパーヒット曲を背負うって、
こういうことなんでしょうねえ。
来年は、ピンクレディ曲で何かライブやるらしいです。
mie live
行ったら元気出そう~♪

などと、時差ぼけも吹き飛ぶ梅津ライブ
jumped in from Narita Airport.

お声かけくださった梅津さん、武元さん、
出演の皆様、成田着く早々、とっても
楽しい夜を、ありがとうございました。


何が起こるかわからない。
日本って、やっぱり面白いですね~。
  1. 2009/12/22(火) 19:30:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

back to Tokyo from Paris

昨夜遅くに、無事パリに着き、
今朝は、最後のランチ。
風邪が長引いているパリ在住
弟takejをまたもや呼び出し、
3人で、コルシカ料理。

のんびりと時間を過ごし、
たらふく食べ、
非常食に持って来たインスタントみそ汁の残り等
彼に渡して、
いよいよ出発の最終チェック。


ストライキの影響もあり
ダイヤが乱れているらしいので
早めの15時半、パリの街を出発。

19時の便で、シャルルドゴールから、成田へ。

雪がちらつく夕闇の飛行場で、
出発が遅れ、機内で待たされている間に、
うつらうつら、旅の疲れが一気に出たらしく、
つかの間、爆睡。

気がついたら、機内食。

食後に、映画をまた少し見て、
見ながらまたうつらうつら。

ブラジルの映画で、
人気兄弟歌手のサクセス実話をモトにしたらしき
「フランシスと2人の息子」

メリルストリープ出演の、
「ジュリーとジェリー」?
とかいう、アメリカ女性でフランス料理の本を
出版した実在の人物らしき話と
現代の主人公の話を
パラレルでシンクロさせた構成の映画。

もう、半分寝てたけど。

フランス語の日本語字幕で見て、
フランス語の復習。

相変わらず、しゃべれませんが。

お陰で、フランス語的
アクセントとニュアンス的なことだけは
うっすらわかってきました。

とにかく眠り倒し、
気がついたら、最後の機内食。




  1. 2009/12/21(月) 19:18:06|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

blois

20th of December: Blois
20 Décembre, 16h
Chez Matthias Hubert,
12 rue des Moriers - 41000 Blois
06 11 29 59 74

tarif : participation au frais au bon vouloir de chacun...
fee by your donation

TOURSから車で40分程。
レオナルドダビンチが住んでいた家のある村を
通り過ぎたところにある会場。

公務員で働いているマチアスという人の大きな家の
ガレージが、ライブスペースになっています。

50人も来たら一杯な感じですが、
その村では唯一の場所らしく、
意外に、人が集ってきます。


マチアス本人も、ベースを弾いたりするらしい。

こうした場所を、作って起動させてしまうところが、
なんとも外国的です。

入場料はなし、
簡単なおつまみや飲み物を用意して、
フリーで提供し、戸口には、
カンパ入れの缶が置いてあります。

2週間6ライブの今回の日程の中でも
一番小さな規模のライブではありましたが、

この最後のライブでは、
これまでの中でも、特別に、
とても素敵な時間が流れました。

ずずいっと、奥底で
何かが交流しました。


踊るということ、
お客さんと出会うということ、
いろいろなことを
感じ、考えさせられました。

うまく言葉にできませんが、
あの瞬間のこと、
その後の余韻、
しっかりと記憶に残っています。



ライブ後は、そのまま長距離運転で
霧の高速道路をゆっくりとパリへ。


  1. 2009/12/20(日) 18:21:21|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ockeghem/TOURS

19th of December: Tours
19 Décembre, 20h30
Salle Ockeghem
10 place de Châteauneuf, 37000 TOURS

Hugues Vincent , violoncelle solo
Trio Matsumuto / Piromalli / Jou (électronique, piano, danse)
Tarif : 7 / 5 €
Organisation : Association Assonances

帰ってきました、Ockeghem。
テクニカルのロニーさん、
照明の仕込み、大張り切り。

雪が降ったりやんだり
相変わらず寒い日ではありましたが、
お客さんも来てくださり、
喜んで見てくれました。

セドリックのピアノと、
松本のエレクトロ、
ダンスJOU。

このトリオは、2回目ですが、
劇場が違うので、全く違う感じ。

これだけ武者修行のように
即興ライブを続けていると
同じパターンを踏襲しがちですが、
敢えて、二の鉄は踏まず。

新しい可能性を探し続けます。
同じことするなら、それは、
もはや即興ではなく、
コンポジションじゃないかと思うのです。


明日、いよいよ、最終ライブ。

  1. 2009/12/19(土) 18:13:16|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Orleans

18 décembre 19h00
le 108
108, rue de Bourgogne, Orléans
Paul Laurent (magnétophone)
Hugues Vincent (violoncelle)
JOU (danse)
Mitsuaki Matsumoto (électronique)

朝、雪の道を、ユーグの車で
オルレアンに移動。

お昼ご飯を、彼の実家でごちそうになる。
前菜、ローストビーフ、
ブロッコリじゃなくて白いやつ
(名前思い出せない)
ラブベリーのタルト。

フルコースである。
美味。

あまりに寒いので、肉食が進む。

オルレアンの振付けセンターの近くにある
ギャラリースタジオで、パフォーマンス。

ポールと松本のエレクトロデュオ、
ユーグのチェロとダンスJOU。

最後に4人で軽くカルテット。

客層は、老若男女、本当に様々で、
御陰様で大好評でした。


かなりアートな時間であったにも関わらず、
子どもからシニアまで、
面白がって見ているとは、
一体どういうことか?

我々が優れている、という話よりも、
やはり、観客層の厚さ、豊かさ、
という土壌が、元々フランスには
あるのかもしれません。
  1. 2009/12/18(金) 18:05:00|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

back to Paris

午前中、泊まらせてもらっていた
アパートメントのお掃除をし、
駅前のデパート見学に行き、
サンドイッチを作って、
パリ行きの電車に乗り込む。

TVもラジオもない、
本もない、インターネットもパソコンもない
そんな3日間のバケイションであった。

お陰で、骨折したユーグのママの為に
千羽鶴をしこたま折れた。

残りの折り紙を全て片付けるべく、
帰りの電車でも、ひたすら、折る。


車窓から、雪景色。
寒い。

寒波が来ているらしい。

夕方、パリに着くと、
ここでも珍しい雪景色。

夜は、バスティーユの近くの
餃子のお店へ。
中華レストランなのに、
チェフTONYという。
これは、毎回、笑いが取れるネーミングであった。

今回、会えないかと思っていた
ダニエル、ポロも来てくれた。

6人で食べたので、
6種類の餃子。
なかなか美味しかった。


外は、雪がしんしん。

明日は、オルレアンに移動。
  1. 2009/12/17(木) 18:04:53|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

womens talk

明日からの公演の通し稽古に招待してもらったのだが、
宿でお世話になったフローレンスとメラニーを
夕食に誘っていたので、
残念ながら、観劇は断念。

フローレンスは、1つ違いの同世代。
年下のボーイフレンドがいる。
先日流産したばかりで、
今はお風呂にも入れないのだという。


女性3人、スイスの家庭料理レストランで
肉と米をつつきながら、
ボーイフレンドのこと、家庭のこと、
女の子トークに花が咲いた。


人間に興味がある。
人の人生やら価値観やら、生い立ちやら、
そんなことを知るのが好きな自分である。

心がふれあう瞬間、それが何よりの宝物な時間である。
  1. 2009/12/16(水) 17:49:43|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gilles Jobin

青山トリエンナーレで来日していた
ジルのオフィスとスタジオへ遊びに行く。

ここ数年で、こうした支援を受けるようになり、
随分と活動が進展した、と言っていた。

ジュネーブの町中にある建物の
2階3階を、オフィスとスタジオで、
他のアーティストとシェアしている様子。

他にも、市内の劇場のスタジオは、
ダンスアーティスト達に
無料で開放されるのだと言う。

環境の違い、身にしみる。

デビッドがWSを行っていた場所も、
市立劇場のリハーサルスタジオで、
リノリウムが敷かれ、
暖かく、そして、広い。
シャワー完備。


外は寒いが、建物の中は暖かい。

ジュネーブに初雪が降った。

  1. 2009/12/15(火) 17:44:46|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Geneve

午前中のTGVで、パリからジュネーブへ移動。

ジュネーブ駅で、メラニーに再会。

そのまま、劇場へ連れて行かれ、
デビッド・ザンブラーノに再会。

彼、10年以上前に、国際夏期舞踊大学で
来日して教えていた。

彼のクラスを受けた記憶はないが、
彼の即興パフォーマンスは
とても面白かった記憶がある。

当時はNY在住だったが、
今では、アムステルダムに
当時のボーイフレンドと一緒に移住し、
10年になるという。

彼がまだ、パートナーと一緒にいること、
相変わらず魅力的なパフォーマーであること、
いろいろにうれしかった。

  1. 2009/12/14(月) 17:40:08|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Espace Japon

13th of December : Paris
17h30
Espace Japon
12 rue de Nancy 10e, Paris
(Métro : Gare de l’Est, Château d'Eau)

Duo :
Roland Pinsard, clarinette
Irène Lecoq, violon

Trio :
Cyprien Busolini, alto
JOU, danse
Mitsuaki Matsumoto, sitar préparé

tarif : 5 euros

http://www.espacejapon.com


電車のストライキの情報が流れ、
移動の無事の心配をしつつ、
でも、無事に時間通りに会場に到着。

ここは、日本語を教える場所で、
日本語の本の図書館等もある。

そう広くないロビーで、
お客さんと、休日出勤の係の人に
見守られ、
ロビーコンサートが始まった。

前半は、フランス人音楽家の夫婦デュオ。
奥さんがバイオリンで、
ご主人がクラリネット。

奥さんのクールな感じがとても好印象で、
なかなか面白かった。

後半は、フランス人シュプリアンのバイオリンと
松本の改造シタール、ダンスJOU。


即興は、肉体的にアクティブな座禅でもある。
いかに無に近づき続けるか?

邪念が抜けてなおかつ、
虚空の目が開いているときが
一番、気持ちが良い。

「休日出勤の甲斐があった」
と、お客さんだけでなく、
会場の人も楽しんでくれたようで、
良かった。


今回は、
これまで、相方の友人達で、
普通に一緒にご飯食べたりしていた人達が、
始めて見に来てくれたりもした。


初お披露目。
そう、私、こんなこともやっています。



ASKの同期、きみちゃんが来てくれ、
終演後、彼女の新作をipodで拝見。
ASKの3人娘、ういちゃんとけいちゃんが
一緒に踊っていた。

そう、皆、まだ踊っています。
うれしいね。
  1. 2009/12/13(日) 17:24:05|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Le Collectif Jazz de Basse-Normandie/ Le DUC

samedi 12 december-20h30

au DOC


Manu Piquery solo et Jean-Baptiste Perez solo/
Patrice Grente invite Mitsuaki Matsumoto et JOU

パトリスの家からカーンの街を反対側に進んだ村。
元、馬具の工場だったという建物を、
自分たちで改造し、
半分を住居に、半分を劇場にした場所。

住居には、オーナー夫妻の他、
レジデンスアーティスト的に、
ミュージシャンがシングルで住める部屋が3つ、
屋根裏ロフト的大部屋にはベッドが7つ。

オーナー自ら、音楽を演奏。
地方自治体から助成をもらって、
運営しているのだそうだ。


こういう、個人のパワフルさと、
それを公的資金で支えることのできる
フランスという国の土壌。

日本との違いを改めて、思う。


さて、パフォーマンスは、大好評。

1部のソロ2組の後、
2部でトリオ出演したのだが、
なんと、75分間もパフォーマンスした。

前回、5月に踊ったときのお客さんも
リピーターで来てくれて、
「前回も面白かったが、今回もまた面白かった」
と喜んで帰っていった。

これは、とてもうれしい。

さて、明日は、再びパリへ移動。

12th December: Caen
Le dock, Caen
Patrice Grente, contrebasse, électronique
JOU, danse
Mitsuaki Matsumoto, électronique, sitar préparé
  1. 2009/12/12(土) 17:11:58|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

move to cean

昨夜の興奮もさめやらぬまま
今日は、ノルマンディへ移動。

本番は明日ですが、
どうしても、牡蠣が食べたく、
1日前乗りで。

夕方、駅に着くと、
明日の共演者、パトリスが迎えに来てくれていました。

帰りがてら、牡蠣のお店で買い物して、
夕食前に、彼の家で、音楽リハーサル。

1時間半程してリハーサルが終わると
ようやく夕食の準備。
牡蠣を開いて、
暖炉に火を焚いて、
焼き栗。
手作りのパン。
庭で収穫した野菜の
サラダと温野菜のつけ合わせ。
暖炉の火で焼いた羊肉のステーキ。

これは、相当、美味でした。

暖炉の火を見ながら
話していると、
あっという間にとろとろと
眠くなって、
ぐっすり睡眠。

不眠症に、暖炉。
これ、絶対効くと思う。
  1. 2009/12/11(金) 17:03:59|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

STOP EJECT //MOTUS

MOTUS 2009-2010
STOP EJECT
dans le care de l'exposition chansingnapoleon

8 concerts au Palais de Tokyo

concert 4
Improvisation musique et danse

Quartet
JOU(danse)
Ling(danse)
Matsumoto(music)
Vincent(music)

18:00-19:00

click here for photo

この日、展示とともに、奥のオディトリアムで、
13:00から24時まで、8組の公演が行われた中の
1つに参加してきました。
現代美術系の美術館で、
セーヌ川越しに、
エッフェル塔よく見える
ナイスなロケーション。

メディア音楽系が主体の
フェスティバルだそうですが、
春のパフォーマンスを見て、
気に入ってくれたプロデューサーが
呼んでくれました。

ミュンヘン在住の台湾人ダンサー
チャインと、フランス人の音楽家ユーグ、
日本人はダンスJOU、音楽、松本。
国際色豊かな、カルテットでした。

御陰様で、好評のうちに、無事終演。



たまたま来仏中の新国立劇場の制作の方、
パリ在住のダンサーけいちゃん、など、
思いがけず、日本人に遭遇。

他にも、
会えませんでしたが、
横浜赤レンガ倉庫や、世田谷パブリックなど、
制作の人がちょうど
パリに行き来していた時期らしく、
メールや電話で、入れ違いのご挨拶。

面白いタイミングです。


フェスティバルの他の演目も
気になったのですが、
片付けの後は、ベルビルの中華街に移動して、
ベトナム料理で打ち上げ。

10th December : Paris
LEIU : Palais de Tokyo,
13, avenue du Président Wilson, PARIS
(métro Iéna)
dans le cadre de "STOP-EJECT"
18:00-18:40 our show

Quartette d'improvisation :
Jou et Chia Yin Ling, danse
Matsumoto Mitsuaki, électronique
Hugues Vincent, installation électro-acoustique

tarif : concerts gratuits une fois réglé le billet d'entrée au Palais de Tokyo
Organisation : MOTUS
www.motus.fr
http://www.palaisedetokyo.com
  1. 2009/12/10(木) 17:02:12|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANA空の旅

機内では、相変わらず、映画を爆鑑。

今回は、アメリのときの女優さんが演じる
ココシャネルの半世紀「coco」。

鳳蘭さん演じる同舞台を拝見して以来、
映画も見たかったので、ちょうど良かった。

映画では、デザイナーとして
成功したところで終わっていたので、
ストーリーのほとんどの時間、
女優さんは、ずっと地味な服で
いたのがちょっと残念。

舞台のお芝居の方が、もうちょっと踏み込んで
人生の後半のストーリーも描かれていたので、
見応えあったかな。

それから、マイケルジャクソンの
ドキュメンタリー。
幼少の頃からの簡単な紹介と、
最後のツアーを目前にした
マイケルの様子など。

そして「chenge the code」
とかいう、フランスの映画。

夫婦ででかける晩餐の1年前と1年後を、
男女関係入り乱れて、
ぐちゃぐちゃに展開するも、
からりと描けるのは
フランス文化ならではか?
意外に面白かった。

面白かった中には
フランス語の予習も兼ねる。

時空を旅する男と、
それを待つ女のラブストーリー
という映画も見たが、
これは半分、漫画的。

最後に死ぬ前に、二人で話すシーンでは、
その間に、時空を旅した彼が、
狩人の銃で撃たれて死ぬのだが、
現世では、二人っきりの時に
打たれて死ぬわけだから、
実際のところ、
殺人容疑で妻が疑われたり
しないのだろうか?

などと、余計な心配をしてしまった。


*****

パリ、シャルルドゴール空港、夕方着。

そのまま、相方友人関係のアトリエ、
バスチーユへ。

夜、パリに住む弟を呼び出して、
お土産渡しつつ、ピザを食べる。

フランスどさ回り2週間ツアーの始まりだ。


  1. 2009/12/09(水) 16:30:04|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOU dance in France , winter 2009

9th - 21st December 2009

JOU Dance in France


more information will come soon...



10th December : Paris
LEIU : Palais de Tokyo,
13, avenue du Président Wilson, PARIS
(métro Iéna)
dans le cadre de "STOP-EJECT"
18:00-18:40 our show

Quartette d'improvisation :
Jou et Chia Yin Ling, danse
Matsumoto Mitsuaki, électronique
Hugues Vincent, installation électro-acoustique

tarif : concerts gratuits une fois réglé le billet d'entrée au Palais de Tokyo
Organisation : MOTUS
www.motus.fr
http://www.palaisedetokyo.com

motus



12th December: Caen
Le dock, Caen
Patrice Grente, contrebasse, électronique
JOU, danse
Mitsuaki Matsumoto, électronique, sitar préparé
tarif : ?




13th of December : Paris
17h30
Espace Japon
12 rue de Nancy 10e, Paris
(Métro : Gare de l’Est, Château d'Eau)


espaso

Duo :
Roland Pinsard, clarinette
Irène Lecoq, violon

Trio :
Cyprien Busolini, alto
JOU, danse
Mitsuaki Matsumoto, sitar préparé

tarif : 5 euros

http://www.espacejapon.com




18th December : Orleans

orean
18 décembre 19h00
le 108
108, rue de Bourgogne, Orléans
Paul Laurent (magnétophone)
Hugues Vincent (violoncelle)
JOU (danse)
Mitsuaki Matsumoto (électronique)
Tarif : ?



19th of December: Tours
19 Décembre, 20h30
Salle Ockeghem
10 place de Châteauneuf, 37000 TOURS

Hugues Vincent , violoncelle solo
Trio Matsumuto / Piromalli / Jou (électronique, piano, danse)
Tarif : 7 / 5 €
Organisation : Association Assonances


20th of December: Blois
20 Décembre, 16h
Chez Matthias Hubert,
12 rue des Moriers - 41000 Blois
06 11 29 59 74

tarif : participation au frais au bon vouloir de chacun...
fee by your donation
投げ銭

If you are around, please come to see me.
  1. 2009/12/08(火) 14:03:45|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出発

今年、二度目のフランス。

朝、八時に家を出る。

今回は、事前に荷物を移動して
相方の家から、一緒に空港へ向かう。

深夜3時頃荷造りを終え、
少し睡眠を取り、
いつもよりは余裕で
成田空港へ。

空港ではユニクロショップをチェック。
もう買うものもないけど。


今回、寒さ対策に
ユニクロの
ヒートテックとフリース
買いました。

ホカロンは勿論、
湯たんぽまで持参。

ではでは、行ってきます。
  1. 2009/12/08(火) 10:54:48|
  2. Europe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ明日

行くとなったら、
フランスでは手に入らない
喜ばれるお土産をー
と、低予算で
見つけるのが趣味です。

自分は
ヒトに何をあげられるか?
お金はない
ないから、知恵をしぼる。

手作りや
アイディアや情報やチャンスを。

喜んでもらえるのが愉しい。
  1. 2009/12/07(月) 23:00:48|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土壇場

今年,二回目のフランス出発もあとわずか。
出発前になって、慈善事業の仕事を
しこしことやっています。

電話をかけるのはとても苦手。
ギリギリにならないと
腰が上がらない。

しかも、本当に、頼まれもしないのに、
そして、もしかしたら、自分こそが一番、
お世話してもらわないといけないような
そんな状況であるにも関わらず、
余計なお世話ばっかりしている自分です。


誰か、協力な助っ人、現れるといいなあ。


と思いながらも、結局、出会いは未だなく
なんだかんだ、行き当たりばったり
1人でやっています。


  1. 2009/12/06(日) 23:54:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家族がこの世の接着剤

韓国でのウマ辛料理の先週末から一転、
今週末は、煮物料理。

まだまだ、と思っていた渡仏も、
来週の火曜日。

その前に終わらせなければならないこと、
準備しなければならないこと、
荷造り、などなど、秒読みとなってきました。

しかも、自分で仕事増やしています。
慈善事業。


*****

自分の売り込み優先が当たり前の世の中ですが、
「自分は人に、世の中に、何を与えられるのか?」

そういう問いかけから、頼まれもしない改善提案なことばかり
次から次へとやっています。

意外に、楽しい日々です。
「何か自分にとって得か?」
なんて計算しながら生きてるより、
「何を与えられるか?」
みたいなところで生きてた方が、
ずっと精神衛生上、健康で、幸せな私です。

そして、そんな夢と理想の世界で、
一生懸命になるとついつい、損得抜きで、
限界まで突っ走ってしまう傾向にあるのですが、

「慈善事業は趣味。ちゃんと自分の仕事して稼げ~」
と横で釘を刺し、

「そんなの無理。目を覚ませ~」
とばかりに
ビタビタ頬をたたいてくれるかのごとく
現実的な相方は、
もしかしたら、
この現実の世に繋ぎ止めてくれている、命綱?
  1. 2009/12/05(土) 21:08:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとうございました

韓国公演の無事成功も、
日本で機材を借りていけたお陰です。

重かったけど;

そして、来週の出発前に返却すべく
今日、都内を電車で移動。

重いっす;

お礼のお土産、マッコリにしました。

あまりに荷物が重いので、機内販売で
自宅郵送にしたのですが、
届いてみると、、、
なんとも小さな小瓶ではないですか;

あちゃ~(><)

本当に、感謝の気持ちだけは一杯込めて...

ありがとうございました。

  1. 2009/12/04(金) 21:10:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パカパカパカっ

寒い雨。
ブロードウェイダンスセンターという
ダンススタジオの25周年記念公演を見に草月ホールへ。

ジャズダンスやストリートダンスが主流のスタジオなのだが、
コンテンポラリーダンスの武元賀寿子氏の振付作品。

昨日が本番だったので、
今日の千秋楽しかないっ
と焦ってお願いしたのだが、
行ってみると、
「明日もあるから」
という会話に「?」マークだったのだが、
よくよく気がつけば、
なんと今日が初日であった。

鳥取、韓国、四谷、、、
と、時空を超えて
本番が相次ぎ、
どうやら、頭の中のカレンダーが
ずれてしまっていたらしい;

勘違いが、終わった後でなくて、
良かったけれど。


最近、いろんなところで
自分的失敗が相次いで
しょんぼりな私です。

  1. 2009/12/03(木) 23:58:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。