jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雑踏の記憶

暮れの新宿駅。
人混みに流され、改札口を出る。

パリッと素敵なビジネスマン風のおじさまが
浮浪者風のおっさんの腕をつかんで
「おい、こら、何をした」
と言っている。
おっさんがポケットから手を出すと
なにやらキヨスクの商品らしき箱が2つ握られている。
「戻しなさい」
そのまま、腕をつかまれて
キヨスクへ向かう2人。

おっさんが万引きし損ねた商品がなんだったのか
どういう経緯でおじさまが
目撃し、捕まえることになったのか
それらは定かではない。

が、こちとらも急いで移動中
ふと目に留まった出来事。


*****
千葉行き終電
発車間際の秋葉原駅で
サラリーマン風の若い男と女が
もつれ合っている。
男は女を軽くおさえている。

女はケタケタ笑いながら

「止めて離して
私これに乗らないと帰れなくなっちゃう」

やめてやめてと連呼する
女の笑い声が余りにも大きく
愉しそうなので
ホームに居合わせた人々は
見ないフリして見ている。

結局2人は電車に乗ったのか
乗り損ねたことにして
さてその先、
どんなやりとりが行われるのか

興味津々ながらも
家路を急いだ。

以上は今日の、というよりは
暮れの駅風景。

****

街には様々な人間模様が繰り広げられる。
どうしようもない出来事などは起こりえない。
よっぽどの天変地異でない限り。

ほとんどの出来事とは、
当事者が心の奥で望んで、
無意識あるいは意識的に
引き起こしている
願望の現れ
なのではないか?
と思う年の瀬の風景の断片。

そんな世の中で、
どういうわけか
出会い、関わる
人の縁の面白さ。

たゆまず大切に紡いでゆきたい。

というわけで、
今年も1年、
本当にありがとう。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 18:05:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晦日2008

仕事、遅いです。

それでも、以前と違って
毎日、ご飯をちゃんと食べます。

これは本当に大きな変化です。

人間の身体は食物から作られる。

何をどう食べるか

ないがしろにしていては
いつか必ずツケが回って来る。

自分の身体がどういうもので
満たされたいのか

細部まで丁寧に
きちんと作られた、
本物の食べ物達。

来年2月の新国立で
つかの間しゃべるシーンがあり、
何をどうしゃべるのかは
最終的には演出家から注文あるだろうにしても
リハーサルでのテストしゃべりの為に
時事ネタ、ニュース、
気をつけてチェックし、
思慮深く?
考えたりなんかしている
今日この頃。

こういうお題と機会、
本当に有り難いです。
  1. 2008/12/30(火) 23:24:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風邪

仕事納め的なことで一段落。

家の大掃除はまだこれからですが、、、
浅草ダンスの数字処理とか、
製作的作業の詰めも残っちゃっていますが、、、

とにかく今日で外部的には
つかの間ひと息、ちょいゆるむ。

となると、この秋から立て続いていた
無理しいの糸が緩み
早速、風邪です。
のど痛いです。

本当に、人間の身体ってやつはさー
すごいよね。

心ってやつもさー
あなどりがたし。

心=感情だけじゃなく
精神的&魂的なもうちょい
高次元の部分も含めて、
何かしらコトはことごとく、
無視できない重要さを持っている
そんな気がします。


それにしても、
我が携帯、ついに老朽化。
電池切れ、早過ぎます。

明日は晦日。
新年の区切りをしっかとつけるためにも
風邪と折り合いつけながら
最善を尽くします。

今年も本当にありがとう!!

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 2008/12/29(月) 23:07:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事納め

今日は、今年最後のリハーサル。

初台にある新国立劇場中ホールでの
ダンス公演に向けての作品で、
出演人数も30人位は余裕でいるんではないだろか。

音楽家や写真家の方々も舞台上で
何やらかにやらするらしいです。
大きな舞台でのパフォーマンスももちろんですが、
キャストの多種多様さ満載のこの現場、
非常に楽しみです。

全員が完璧に揃うのは
きっと本番直前~本番に違いないので
振付&演出する側はえらい大変な作業では
ないだろか、、、

全員揃わない中で作品を作っていくのって
大変なことですよ。

これが30人じゃなくて5人だったとしても
どういうわけかやはり、
全員揃うのは至難の業なのだから
本当に、不思議です。


そういう私も、本番直前まで
インドツアーでNG出すし...
申し訳ないっ;;

せめても、出発までの参加可能な時間には
全力を尽くしたいと思います。

自作自演のソロや振付が、今年は多かったので、
久々の1ダンサー役、実はとってもうれしいです。

老若男女、
入り交じっている現場も
素敵に刺激的です。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/28(日) 23:43:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走の新月

今日は新月です。
溜まった疲れを水分で流しました。

人間の身体には、
バイオリズムみたいな流れがあって
月の満ち欠けと同じように
繰り返される命の不思議です。

それがわかってくると
生きるのも少し楽になります。

新年に先駆けてやって来た
新月の1日にありがとう。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

  1. 2008/12/27(土) 23:02:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年越し準備

日本て国は面白いです。
クリスマスが終わり一夜明けると
年越しの準備。

しめ縄、お飾り、売っています。
会社は仕事納めの金曜日。

門松を飾ってる。

ハイソな銀座でもなく
ディープな浅草でもない
中間にある日本橋、神田界隈の
人口密度のなさと
昔からのしきたりに律儀な様子の残る
古くからの小さな商店や会社の一角が
結構好きです。

今日は日中からずっと諸々お仕事し、
夜はリハーサル。

おやじダンサーズの中嶌さんと久々の共演です。
相変わらずのにこにこキャラです。

家の大掃除はいつできるのかなあ;;

  1. 2008/12/26(金) 23:42:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリークリスマス!

クリスチャンでもないのに
クリスマスおめでとう!!

相方は日中働きながら
夜は寝込んでいる日々。

昨夜は今年最後のミブリ演奏。

ずっとずっと音楽やってみたいと
音楽する人に憧れていましたが
音痴だし、譜面読めないし、楽器できないし
三重苦でしたが、あきらめずに
思っているもんです。

今年、身体の動きで音を出せる
という楽器ミブリを演奏する機会に恵まれ
やにわに演奏に参加させて頂いてます。
非常に愉しいです。

ダンスとはまた違った愉しさです。
のめり込みます。
ライブセッション、超面白いです。

23日の梅津さんたちの様な熟練度テクは
まだまだ及びませんが
また全然違う種類の音楽です。
電子楽器。
電子系手作り楽器。

個人的には、
23日のライブでモスラ歌ってた佐野さん的
ボーカルも好きです。
が、いかんせん、声が出ない;
声出せたら気持ち良いだろうなあ~。

が、しぶとく
「いいな、いいな、やってみたいな」
などと思い続けていれば
いつかどうなるか、ならないか
そりゃ~わかりませんよ。

というわけで、
とりとめもなく。

おめでとう!
クリスマス。
の日。

テーマ:パフォーマンス・アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/25(木) 23:22:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イブの町探索

朝、元浅草から神田へ移動し、
午后は久々の四ッ谷信濃町、文学座へ。

あんまり久々だったので、
つい行き過ぎて、
曲がり道を見失いかけたところに運良く、
去年研修所を卒業したユッキーからメールが。
本当に、ラッキーでした♪
しっかり道を聞いて、無事到着。

去年、耐震の問題で、古い建物を取り壊し、
新しいビルを建てる準備をしていましたが
そのビルが、図面の絵そのままに
美しく建っていました。

信濃町って、古い一軒家が残っていたりする
東京のど真ん中とは思えない
風情のある佇まいが素敵です。

そんな街角に、
演劇文化人らしき人々の粋な姿、
似合います。

町の色とか匂いって、
建物とか文化とか
そんなことの集大成なんですよね。

文学座が信濃町でなく、
例えば日本橋に居を構えていたら
町はどうなってたんだろう。

自分がどこに住んで活動の拠点をどうするのか
そんなことでも町の色は変わっていくのかしら。
あるいは、自分がその場所に染まってゆくのかしら。

夕方は、かつて文学作家達が
住んでいた地域、大森へ。
ここにもここの色があります。

そして、夜は表参道原宿へ。

東京って、たくさんの小さな町の集合体。

  1. 2008/12/24(水) 23:02:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大人の力

来年の武元作品のリハーサルの後、
武姉さんに導かれ、
梅津和時「冬のブリブリ」ライブ
@新宿ピットインへ。

数年前に、ゲストで出てもらった
水と油の小野寺修二さんと一緒に小作品を作った
ガレージシャンソンショーの
ボーカルの山田さんとアコーディオンの佐藤さん
出演していて、びっくりうれしい再会。
本番中に舞台上で素で話しかけちゃいました;

それにしても、
梅武etc
類は友を呼ぶ
とでもいいましょうか
実力と遊び心満載の
元気な大人のパワフルnight
素敵なライブに
若輩ながら
舞乱入させて頂き
ドレスアップもわくわくな
愉しい夜でした。

テーマ:パフォーマンス・アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/23(火) 23:10:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手塚夏子

手塚さんと久々に再会。

ご主人と息子さんにも会い、
話しを聞くと、家を構えた地元での
腰を据えた活動ぶりが
なんだかうれしかったです。

自分と家族と地元地域と。
人としてちゃんと生活して
その中からダンスが生まれて来る。

気負いのなさと
覚悟を決めた芯の強さと。

年齢とともに
ダンサーもダンスも
変わってゆきます。

お互い話す内容も
そうやって醸し出される空気も。

歳を重ねることは素敵です。
面白いです.


テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/22(月) 23:55:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

踊り納め翌日とMラボダンス公演

2日続きで、トリオとデュエット
コラボ的ダンス企画のとりまとめ
作品作り、パフォーマンス。
作るのも踊るのも、対話するのも
本当に愉しかったし
いろいろ発見もあったし
充実した時間でした。
幸せなことです。

良いものできたと思う。
それが一番何より。

でも、責任もってやるからには
いろいろ気も使うし
身体も使う、頭も心も使う、
てなわけで、
今日は道々
自転車をこぎながらこっそり
泣いてデトックスしたりしています。

相方は、お疲れで1日寝ています。

本当に、夫婦でよくがんばった秋冬でした。
毎回、私の仕事に巻き込んでしまい
すっかり助けてもらいました。
ありがとう。

そんな感謝の気持ちを込めて、
今日は、私が食料の買い出しに行き、
家に帰って、彼が起きるのを待って
うどんを作ってもらいました。

美味しかったです。

、、、って、おいおい;

******

ダンサーとしても、作り手としても、
生まれ変わりつつあるような気がします。
新しい星の光を感じます。

*****

そして、疲れの合間を縫って
Mラボダンス公演@中野テルプシコール


10年前に三浦君がM ラボ立ち上げた時には、
野和田さんの舞台で一緒に踊っていました。

今日は彼らの公演を見て
長くやっていることの良さを思いました。

流通しているいわゆる大手ブランドカンパニーみたいに
ちゃんとした制作マネージャーやプロデューサーが
いつわけではないから、大変な道のりとは思うけど
それでもたゆまず続けて
カンパニーとしてちゃんと成立してる。

熟成されて、
海外に出しても遜色ない作品が
作れるようになってきている。

日本のダンサーの層が厚くなっていること
身体能力があり、コンテンポラリーダンスの表現力もある
若いダンサーが増えていること。

ずっと続けて踊っている連中が
年月を経て、いい感じでオヤジ化して
大人の魅力のダンサーになってきていること。

作家が自力でも育っていること。

それらに対する評価やサポートが
まだ追いついて来ていないだけで

実のところ、
ダンス業界、悪くないじゃん。

そう思ってうれしかった。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/21(日) 23:00:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親睦デュオ

12/20土曜日19:30 ※開場は30分前
新井薬師の小さな隠れ家的スタジオで
木野さんと2人、踊ります。
Art Live Space 「Special Colors


☆ダンス馬鹿5
~ダンス作品オムニバス公演~

出演:
●秦真紀子&宮保恵
●橋本 善史
JOUと木野彩子
音その他:松本充明


(チケット料金)
前売り2000円+1drink/当日2300円+1drink


予約:問い合わせ先
produce@artena.jp


場所
Art Live Space 「Special Colors」
東京都中野区新井5-9-1 アーバンハイム津嶋地下
(ピンクの看板「新井薬師はりきゅう整骨院」の下)
03-6425-7830

●山手線、地下鉄をご利用の方
JR高田馬場駅より、西武新宿線に乗換え、「新井薬師前駅」で降りて下さい。

-●大江戸線(地下鉄)をご利用の方
-大江戸線の中井駅より、西武新宿線に乗換え、「新井薬師前駅」で降りて下さい。
< 西武新宿線新井薬師前からの行き方>
新井薬師前駅より徒歩3分
新井薬師前駅南口より、道なりに歩き交差点を超えてしばらく歩くと
右手に{「あらいやくしはりきゅう整骨院」があり、そこの地下になります。

●JR中央線をご利用の方
中野駅より徒歩13分
中野駅北口よりサンモールとブロードウェイを抜けて、
早稲田通りを越えて、右に曲がり、進む。
左の新井薬師アイロード商店街を直進し、クリーニング店の角を右に曲がる。
まっすく進むと左に「丸正」があり、
「スタジオライフ」を超えて、しばらくすると整骨院があり、そこの地下になります。
タクシーだとワンメーターで通常行けます。
「新井薬師門前通りの中ほど」と伝えて下さい。


************

昨日の公園ダンスの記憶も新しいまま
今日はスタジオパフォーマンス。

ロンドンから一時帰国中の木野さんとのダンスと聞いて
「これは月食か日食にも匹敵する珍しい機会」
とばかりに、
わざわざ仕事をうっちゃり
駆けつけて下さった方もいて、
盛況な会となりました。

親睦パフォーマンス
なんてゆるい感じのコラボでは
「それぞれ作ったソロをつなげてみた」、
とか
「なんとなく即興」
とかいうことでお茶をにごすのは
よくありがちな現象なのですが、
今回はそうではなく、
泊まり込み合宿までして
意外にもしっかり作り込み、
面白い作品が出来上がりました。

装置的な環境を松本充明に作ってもらい、
それを2人で一緒に作品に作り上げていきました。

御蔭様でとても評判良く、
踊る自分達にとっても
やりがいのある面白いダンスとなりました。

ご来場の皆様、本当にありがとうございました。
改めてまた
感想などありましたらお待ちしています。
odorujou@yahoo.co.jp

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/20(土) 23:33:56|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

師走の公園野外ダンス

ロンドンから一時帰国の木野さんと
親睦パフォーマンス2連発


12/19(金)18:00-18:15
横浜市 京急南太田駅にある吉野町の公園で踊ります
大岡川アートプロジェクト

見晴らしの丘公園
(蒔田公園 まいたこうえん)
光のダンス


ダンス:木野彩子、石山雄三、JOU
バンドネオン演奏:松本充明


横浜市南区にある南太田駅と吉野町駅
の間を流れる大岡川と中村川の分岐地周辺を
光で演出するプロジェクト、
明かりアートイベントのオープニング点灯式。

元野球場だったという広々とした公園の奥に位置する
大きなジャングルジムの丘を舞台に、15分の
コンテンポラリーダンスを踊ります。。

外なので寒いぞう。

主催は吉野町市民プラザ
横浜南区吉野町5-26
http://www.yaf.or.jp/facilities/yoshino/index.htm
私営地下鉄吉野町駅徒歩3分
京急南太田駅からも歩けます。

蒔田公園:
横浜市南区宿町1丁目

*******

お昼から現地入りして
公園のジャングルジムでリハーサル。
子ども達が寄って来て
一緒に踊り出したり
演奏してる楽器を触ったり。
高校生達が立ち止まって見て
「おもろーい」
とか言っている中、

大人3人、大真面目で踊る。
この大人3人、実は、
あり得ない豪華組み合わせ。

イベントは手作り感一杯な吉野町界隈。
本番では寒い中、
東京からもわざわざ見に来てくれた方々も。

ジャングルジムの前で
ああしようこうしようと
知恵と身体を精一杯使っている
この準備の過程は
本当に面白い。

が、しかし、本番こそ
やっぱり何より面白い。

昼間に一緒に踊った子どもが
夜に戻って来てくれたので
衣装の光る輪をつけてあげたら
その気になって
本番も臆する事無く
ぴったりと一緒に踊りについてきた。

きちんとした劇場ではあり得ない
ハプニングでしたが
最後まで
「はい、ここ座るよー」
とか
「危ないからどいていよう」
とか
適宜しゃべりながらのダンス。

言うことが通じた時も
通じなかったときも
子どもの取った選択は
全く持って素晴らしかった。

本当に面白い時間でした。

見てた人も言ってたけど
滅多に見られないパフォーマンスだったと思います。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/19(金) 22:40:14|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒さの中の熱意

今日は、明日の公園ダンスのリハーサル。
初顔合わせの今回の3人は
ロンドンにある
ミドルセックス大学のバーナード教授と
それぞれつながりがある、
という共通項以外は
てんでバラバラな3人です。

公園の巨大なジャングルジムを舞台に
15分のパフォーマンスを作っていきます。

やり出すとついつい熱心になり、
夜の撤収時間ギリギリまで粘り、
さらに撤収の後、すかいらーくで
作戦会議。

こうやって真剣に共同作業、
本当に愉しいです。

明日のお天気も大丈夫そう。
照明は、ダンスを見せるのではないので
それがちょっと辛いとこですが
できる範疇で、最善を尽くします。

広い公園。

おもろいです。

テーマ:パフォーマンス・アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/18(木) 23:27:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身体の時代

なんでもデジタル化して
いろんなことが科学的に証明されて

それでもどうしても割り切れない
もやもやを抱えて生きてるのが人間です。

人間としての実感と尊厳は、身体から始まり
心や魂を伴いながらも
やっぱり生きるってことは
身体なんだと思います。

生きるも死ぬも、
やっぱり身体あってのこと。

情報だけじゃ無理があるんです。
生きなければ。
腑に落ちるということ。
身体で体験して、実感して。

入力も出力も双方向において
身体のチャンネルを増やすということ。

身体をどうしたらいいのか。
途方に暮れる現代人。
だからこそ、それを知ってる人が強いです。

キーワード身体の時代がやってくるような
そんな気がします。

  1. 2008/12/17(水) 23:34:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルドルフ・シュタイナー

シュタイナー教育というコトバは
アメリカ時代にも聞いたことあるのですが
なんだかよくはわからず。

今年の始めに見た
笠井叡氏振付けの
オイリュトミーの舞台が
とても面白かったので、
その根っこの方にあるらしい
シュタイナーさんのコトバを収録した本を
読んでみました。

人智学とか霊学とか
馴染みのないコトバが続きます。

この人、1861-1925。
百年前の人です。

魂のことについてのある種の記述は
なかなかに説得力ありました。

「自然科学が、アンチ迷信として闘い続けることで
生き生きと発展してきたが、
もうやれることはやり尽くしてしまった。
これからは、
どうしたら魂が生き生きと働けるような
世界観を打ち立てることができるのか、
を見つけることが必要」

みたいなことを百年前に言ってる。

新しい価値観みたいなものと、
それに呼応できるシステムみたいなもの。
今の時代にこそ必要なんだろうなあ~。

話がキリスト的なことに及ぶと、
八百万の神の国、日本人な私には
本当に理解実感できる範疇を越えてしまうのですが、
それ以外でのいろんなところで、
時々、ストライクゾーンにスカッと入って来る
数行がありました。

でも、収録話なもんだから、
話しながら泳いでるっぽい箇所とか
微妙に感じられてそれも面白かった。

それにしても、難しいです。
シュタイナー。

シュタイナー教育の効果は、
先生と生徒の相性にもよる
という話も聞いたことありますが、
確かに、人間ですものねえ。

しかも、こんな特殊な思想を
本当に理解して教育できてる人間が何人いるのか?

それぞれの解釈とレベルは当然、
全然違うんだろうなあ
などと思ったり。
  1. 2008/12/16(火) 18:07:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お箸

新婚のベルギー人と日本人カップルに
結婚祝いの夫婦箸はどうだろうと
浅草の仲見世通りを覗いてみました。

あんまりピンと来なかったので
また日を改めて、
違うお店に行くことにしました。

以前、偶然通りかかって入った
銀座の裏通りの小さなお箸屋さんで買った
木曾檜の四角いお箸が、
最近では非常に気に入っています。

さして高価なものではなかったのですが、
とてもシンプルで美しく、使いやすいです。

お箸を見て、
長野出身の板前さんが
喜んでいました。
  1. 2008/12/15(月) 22:09:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の日曜日。
スーツケースを引いてリハーサルへ。

朝見た夢の詳しい記憶は残らないのに
魂の感触のような感覚が残るのは不思議です。

今日は雨で、自転車で
2つの家を移動し
歩いて稽古場所へ移動しただけなのに
随分と魂は旅をしたように思います。

リハーサルが終わって、
晩ご飯は、新婚のあんどれあき夫婦に
お祝いのごちそうをするつもりが
逆にされてしまいました。

前会った時に
前祝いと言ってもうすでに
ごちそうしてもらったからと
彼らは言うのですが、
すっかりもはや
覚えてない我々2人です。

彼らの
おめでた話は
本当にうれしかったので
何度お祝いしても
イイくらいです。
  1. 2008/12/14(日) 23:26:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美しいものたち

美しいフランスビーズのバッグたちと
手作り革製品を見ました。

きちんとした材料で
きちんと作られた物たちは
本当に美しいです。

家では、手作りの野菜達が
化学調味料でない
本物のお出汁から
見事な煮物とお味噌汁になって
食卓に並んでいました。

本当に美味しいです。

そんな素敵な生活を送りながら
自分の身体も、小手先のごまかしでなく
本物にきちんと動く様に
ちゃんとがんばろうと思います。
  1. 2008/12/13(土) 23:02:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名前たち

松本JOU:
来年2月の新国立劇場
武元作品への出演ですが、
チラシに名前、松本JOUで載っています。

松本JOUって誰だ?
と調べたというヒトから連絡がありました。

そういえば、以前、武元さんと名前のことで

「JOUだけだとなんだかー
苗字があった方がいいわよー」

「そうすかねえ」

みたいな話があり

チラシ作成の時に
「どお?松本つけるー?」
みたいなメールがあったので

「どうせなら松本城とか?
文字数欲しいときはJOU(Odorujou)とかしてます」

なんてことでしたが
気がつけば、しっかり
松本JOUになってました(笑)

かなりおもろいです。


Jo Saan:
来年2月は
印度のバンガロールでも
フェスティバルに参加しますが
こちらは、企画書に
Jo Saan(Japan)
と載っています。

ジョーさん(Jo Saan)
と、会議で話されていたのが
そのまま筆記記録された模様です。

これも、おもろすぎます(笑)。

来年は、JOU新ネームの年なんでしょうか?
楽しみです。

ちなみに、自分の中のJOU =
Japan Odoru Universe
です。

でも、松本JOU もJo Saanも結構好きです(笑)。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/12(金) 23:36:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢のダンサー業

そういえば、先月の韓国公演で
振付けを本番直前まで熱心に練習し、
本番踊り切っていた
韓国人ダンサー達を横目で見て

「そういえば、最近、
ヒト様の作品で踊っていないなあ。。
あんな風に、他のダンサー達と一緒に
人の振付を踊るダンサーもしたいわあ」

などと思い、口にし、帰国した途端の出来事。

来年2月の新国立劇場で上演の
武元作品の振りを覚えるという状況になりました。

パフォーマンスベースのことを
やるのかしらと思っていたら
初回から振付が入るではないですか。

これには、うれしいビックリでした。

スゴいです。
口にしたこと、思ったことが
早々と現実になっております。

夢のダンサー業です。
うれしいです。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/11(木) 23:00:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸術ダンス

ダンスには2種類あって
1つは誰かのスタイルを習うダンス。
もう1つは自分で作る自分のダンス。

ということを、私はよくWSで
ダンスに慣れない子ども達に言います。

それは、仕事でも勉強でもきっと一緒で、
自分で作っていく、探求していく、
ということと
然るべき道をなぞっていく
ということの違いかもしれません。

どっちも素敵なことです。
どっちも体験できると
もっと愉しいかな
とも思います。

心と身体は、そうやって
習ったり作ったりしながら、
向上していくんじゃないかとも思います。
  1. 2008/12/10(水) 23:46:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

創作過程

週末から泊まり込みの勢いで
ロンドンの木野さんと作り込みです。

同じ日本語でも、言語が違う。

この現象がとても面白い。

というか、自分のコトバや考え方は
全くわけわかんないんだ。

ということがよくわかりました。

日々、学んでおります。
うれしいです。


シュタイナーの講演の本読んだですが、
「死後20年位あちらの世界で過ごしたらまたこちらに戻って来る」
みたいなこと書いてました。
もしそれがありならば、
ご本人、死後随分経ちますが
もうこちらに戻って来られたのかしら~?

って、またわけわかんないコト言ってます;


  1. 2008/12/09(火) 23:35:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お歳暮の夢

人形町には魚久があります。
お魚の粕漬けのお店。

自宅用に、朝早く先着順に
切り落としを安価で売ってくれるらしいのだが
残念ながら一度もお目にかかったことありません。

お歳暮とか贈呈で頂き物をお呼ばれしたことあり。

ふと、魚久の粕漬けが食べたくなった。

「誰かお歳暮でくれないかなあ」

お歳暮もらう様な仕事していないので
全く冗談なのでしたが。


秋の企画に出てもらった方から
「もらったからあげる」
みたいなカジュアルさで、
サラダオイルを、
手渡しでポンと頂きました。

家に帰って袋をよく見ると、
「お歳暮」
と書かれたシールのし紙が。。(笑)

粕漬けではなかったが、
「誰かお歳暮くれないかなあ」

言った途端に現実になった!!
(@0@)/

スゴ過ぎます。
おもろいです。

素敵な師走です。
  1. 2008/12/08(月) 23:23:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチ合宿

昨日のミブリ演奏本番から一夜明けました。
夜遅くまでしゃべってた割に
朝からちゃんと起きて、
まずはお掃除。
暮れの大掃除に近いですが、
その前に、今夜は客人のためのお掃除です。

相方は、お掃除の大枠を仕切ってくれてから
夕ご飯のお鍋の支度。

夕方から夜は、ロンドンから帰国中の木野さんと
来週末のパフォーマンスのためのリハーサルです。

リハーサルの後、久々にきれいになった部屋で
美味しいお鍋を囲み、心身ともに暖まりました。
それからいろいろとお話しつつ
明日はまた、1日リハーサル。

短期集中プチ合宿みたい。

おもろいです。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/07(日) 23:36:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミブリ演奏@電子音楽イベント

乗り子オーケストラ(乗り子アンサンブル)
12/6(日) モバイルDTMイベント 
『オトダスト 2』でミブリ演奏します。

日 時:2008/12/6(土)18:00-
OPEN 15:00 START 17:00 END 21:00
会 場:原宿 EX'REALM(エ クスレアム)
料金:¥2500

出番は18時から15分くらい?

http://www.club-noriko.com/event/

モバイルDTMイベント 『オトダスト2』
http://remoto.818nc.jp/otodust.php

*****************

今日は、ミブリの演奏をしました。

YAMAHAが90年代に販売していたミブリ。
http://www.yamaha.co.jp/design/products/1990/miburi/

今はもう、手に入りません。
今年ご縁があって演奏させて頂いているのですが、
やればやる程、面白い楽器です。
ぜひ、改良&再開発して
販売して欲しいです。

テーマ:パフォーマンス・アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/06(土) 23:15:28|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きてること

「生きてるって、どういうことでしょう?」
先月の特別授業の最後に、小学生に質問しました。

「心臓が動いてる」
とか、答えが返って来ました。

「そうです。身体がある、動いてる、ってことです」
と話しました。

身体をいろんな方法で動かすということ、
心を活き活きと活動させるということ。
死んだ後に、霊魂や魂がどう存在するのか
それは、各自の宗教や哲学や信念によって異なる世界です。

でも、生きてる時間の中では、どんな認識のもとでも、
誰にでも共通して明らかに存在するもの。
それが身体です。

身体の実感は何よりも正直で、そして洞察力に優れています。

大胆に繊細に使い込めば込む程、
そうした身体が持つ力は、パワーアップするように思います。

うまくコトバにできない位思いが募って
苦しい時、悲しい時、悔しい時、
こっそりと自分の部屋でもいいから、
自分のダンスをして身体で外に出してみてください。
気持ちがちょっと楽になります。
身体が自分を助けてくれます。

愉しい時、嬉しい時も、
自分のダンスで喜びを倍増して味わって下さい。

そんな風な気持ちのことを、小学生に話しました。

生きてることは、身体があるということで、
身体の存在、身体の動きは、全てダンスなのです。
  1. 2008/12/05(金) 19:05:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸術とは

なんだろうなあ
お金って。お金と芸術って。
対価としての値段のつけ方って。
なんなんだろうなあ
コンテンポラリーダンスって。

いろいろわからない。
しばし、逡巡しています。

資本主義的には、あんまり価値がない。
TVタレントの出るショーなんかと比べると
誰も欲していないに近い小さなマーケット
コンテンポラリーダンス。

でも、人間的には、かなりの可能性と魅力と救い。
お金やモノじゃ買えない精神と肉体の充実がここにはある。
でも、それを知っている当事者達は、
なまじ身体の実感として納得しているが故に
そのことを全く知らない大多数の人々に対して
コトバで説明したり、実感として理解してもらう
ということができないままでいる。


一方では、肉体での表現ということから
一歩間違えれば、踊る方も見る方も、世俗的かつ
セクシャルな意味合いにもなりうるダンス表現。

そんなこんなの邪見からも解放され、
神聖なる芸術の極みに到達することは
できるのでしょうか?

人間としての必需項目として認識されることは
できるのでしょうか?



男とか女とか、性などは軽く超越して、
日常でも抽象でも具現でもなく、
シンプルに宇宙の生命体として躍動する光のダンス。
それが、韓国で11月に踊った独舞、
a la padma(アラパドマ)
でした。

アルコ劇場の大きさが相乗効果となって
本当に気持ち良く大きな宇宙で踊れました。

今は、下町で自転車こぎながら、
次なる目標目指して
自分の心と身体と、向き合う日々です。


芸術とは、売ったり買ったりするものじゃなく、
むしろ、自分でやること、
やり続けることで人間としての尊厳を発見していくもの
なんじゃないか?
などと思ったりした今日。
  1. 2008/12/04(木) 22:54:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

平日の休日

昨日、少しがんばったせいか、
今日は1日休養日。

夜に予定があったのですが、
寝ていてもあまり具合宜しくなく、
今週末にはイベントあったりするので
無理しないことにしました。

明日はお手伝いの仕事とリハーサル。

秋の浅草ダンスの会計精算なども
しなければなりません。

夕食はお鍋。
美味しかったです。
胃袋から少し元気になりました。

無理しないでいきます。

明日からまた、ちょっとだけがんばります。
  1. 2008/12/03(水) 23:02:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不在の在

風邪薬を飲んで、午後はリハーサル。

来年2月14,15日、新国立劇場中ホールにて
現代舞踊協会のオムニバス公演にダンサー参加します。

振付は武元賀寿子さんという名舞踊家です。
お弟子さんが沢山出演する作品に、入れて頂いています。
コンテンポラリーダンスの現場と違う稽古場の雰囲気の
あれこれがいろいろ物珍しく、密かに楽しんでいます。

夜は、
野和田恵里花さんのWS受講生が集まって
生前行ったWSショウイング作品を元に作ったという
ダンス公演がありました。

野和田さんらしい匂いのする舞台でした。



  1. 2008/12/02(火) 23:07:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。