jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月末あうう

今日午後13時集合。
さすがに身体がキツくなって来ました。

つうか、夜は早く寝たい。

軽くコンタクトジャムをやってから
2-3日のショウイングの段取りの説明を受け、
明日の集合時間を確認して
解散したのが15時半過ぎ。

それからスタジオで少し休んで
夕方お弁当を食べ、
夜までの間、話しをしたりしなかったり
自分のソロワークを考えたり
まあとにかく1日スタジオで過ごし、
夜21時から再びWSリハーサル。

23時半頃終わってから
プロジェクターや照明等
テクニカルの打ち合せや仕込み実験に立ち会い
夜中の2時頃、皆で休憩にビールを飲み、
帰路に着いたのが3時半。

おいこら、もう次の朝じゃないですか。

アーティストに
こんなことさせてくれる劇場、海外にはないですよ。

で、私これから、当日プログラムの和訳して寝ます。
荒訳だけど許して。。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 23:55:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河原でダンス

暑いです。
今日は、浅草の隅田川沿いをロケハンし
デパートの屋上や
河原の階段とサイクリングロードで
気がつけば1時間以上踊りました。

撮影後に、ベルリンチームがご飯をごちそうしてくれました。
連れて行ったのは、外人大喜びのどぜうの老舗です。

一度家に帰り、シャワーを浴びて
再び夜のWSリハーサルへ。

スタジオの全てのクラスが終わった21時から
終電前の23時まで、WS参加者のリハーサル。
今日は照明の一郎さんが下見にいらしていて、
衣装を合わせたり、通しをしたり
舞台上で使うという道具を試し置きしたり
なんだりかんだり、
もう、舌噛んだり、
頭回んなかったり。

そして、皆が帰った後、
後から来る松島さんと4人で再びインプロジャムセッション。
23時半位から24時まで。

昼はちこ&聖子、夜は松島氏、、、
皆さんの時間のズレを一手に引き受けて
ベルリンの2人とJOUは
それぞれ、昼夜、頭と身体を張って
また違う意味での、武者修行は続きます。

日焼け止め塗ったけど
肌がちょいヒリヒリ、、、夏な感じ満載です。

明日はさらに遅くなるのか?
ソロのことやビデオダンスのことなども
考えつつ、とにかく3日終わるまで、
がんばります。

  1. 2008/07/30(水) 22:59:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

埠頭でダンス

今日は、ベルリンチームとちこさんと
築地の駅で待ち合わせ、
市場はすでに終わっていたので
晴海埠頭まで歩き、
埠頭でダンス撮影。

水辺の風通しの良い場所で
4人で戯れました。
面白かった。
お天気が良いタイミングで曇ったりしてくれて
こちらもダンスの神様に助けられているのかな。

片道45分も歩いて移動したので
道々ゆるやかにいろいろ話しができました。

そういう時間って、スタジオに籠ってしまうと
なかなか得難い貴重なものです。

夕方、家に戻り
シャワーを浴びて
ご飯を食べて
夜は再びセッションハウスへ。

自転車で、
雷雨の激しくなるちょっと前に辿り着き、
ギリギリセーフ。

ありがとう再び。

WS作品は短時間で
順調に、仕上がりに向かいつつあり、
23時に終わって
皆さんが帰ってから、
終電までの30分くらいの間、
ゲスト参加の松島さんと4人で
スタジオインプロジャム。

再び汗をびっしょりかき、
25時、家に戻りました。

今日は、本当に良い具合に
雨風が降ったり止んだりしてくれました。

埠頭が炎天下だったら、
体力的にも非常にヤバかったと思います。

もう、本当に感謝、感謝です。
ラッキーだわあ。

明日もまた、午後から外撮影、夜はセッションハウスです。

今日は、ソロワークはDMを少し出した位で
クリエイションは何もできなかったので
明日、夕方から夜にかけてがんばります。
  1. 2008/07/29(火) 23:06:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神様、いたね

ダンスの神様、居た気がします。

今日は朝は9時前から野暮用で出動。
昼ご飯はちゃんと取れたものの、
午後にお出かけしてユッキーの晴れ舞台を見、
夕方は、スタジオで汗だらだらになりながら、
ベルリンの2人のshowingために、
ちこ&聖子とともに、ダンスセッション。

終わった後6時から、
ベルリンWS開始の夜9時までの数時間、
家に帰るのもなんなので、
彼らの使うスタジオにいて
邪魔にならないように静かに
自分のソロ作業をしてもいいかと
聞いてみたら
好運にも、承諾してくれました。

そして、さらに好運なことに、
ベルリンチームのテクニカルスタッフ2人は
今日は外出するとかで
スタジオは思いの外、広々。

顔合わせならぬ身体合わせの
夕方のダンスセッションも、
遠慮なく動けて、愉しい時間でしたが、

何しろソロ作業が進められたのが
本当にうれしい。

彼らに、見えない何かに、あるいはダンスの神様に、
今日、助けられました。
ありがとう。
ありがとうございます。
  1. 2008/07/28(月) 23:53:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6時間武者修行

今日は6時間ぶっ通し通訳の2日目。
講師は2人が交代で前半後半教えるので
まだ休めまするが
こちとら1人で奮闘。

ウォームアップの時にすでに、ネック(首)とレッグ(足)を
聞きまつがえて、慌ててすぐ言い直しました。

交代してる時間、おいこら、寝てるな講師。
短期集中WSの疲れが出る中、それでも
キラキラと輝く受講生の皆さん。

なんだか無自覚でよくわからないまま、
気がつけば武者修行な週末でした。

終わってから、英語堪能なゲスト出演仲間のちこさんに、
通訳お褒めのお言葉を頂き、
彼らも、ご飯をごちそうしてくれました。

そして、週明けからやっと自分のリハーサルが、、、
と思いきや、午後に彼らのプロジェクトのための
屋外ダンス撮影に駆り出されることに。。
内心愕然としながらも、
その合間を縫って、しぶとく
最後の作り込みに入ります。
  1. 2008/07/27(日) 23:36:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢を見ました。
建物をどかして、何か新しい作り直しとしようとしていました。

建物は、人が中に入って暮らしたりできるのですが、
動かすとなると、紙みたいな、ハリボテみたいな
妙に質感が都合の良いように変わって
ひょいと動いたのが印象的でした。

今日はWSで6時間、ほぼぶっ通しで通訳。
ちょっとだけ、ペアがいない人と一緒に動いたりもしましたが
通訳しながらなので、難しい動きには参加できません。

WSが終わって、夕飯を食べた後
彼らは「これからスタジオでリハーサルだ」
と大変そうですが
今、現実問題、自分の新作のリハーサル場所がない私からすれば、
深夜まで自由に使えるスタジオとは、、、
夢のようです。

明日も6時間。
今日明日は、午前中に衣装小物の縫製などして
できるところを準備しつつ、

月曜からは、日中時間があくので、
少しずつ、創作のツメの続きをしていく予定です。

自分の作品をがんばらにゃあ、
何をがんばるっちゅうんですかい。
  1. 2008/07/26(土) 22:58:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベルリンWS

今日からベルリン在住カップルダンサーによる
短期集中WS & showingの始まり。

私は、ゲストダンサーで呼ばれたのだが、
「通訳もお願いします」
という話しになり、結局今日はずっと通訳でした。

まあ、初日はイントロダクション、みたいな感じで
他のゲストダンサーズも来ていなかった。

参加者が、何しろ、若さキラキラ大爆発。
コンタクトのちょっとした基本エクササイズなんかでも
ひとつひとつ、きゃあきゃあしながら驚きと喜びが
あちらこちらに溢れ返っていました。

自分のコンタクトコト始めはどうだったかなあ。
もはや思い出せないけど、
初心者クラスを初心者同士で受けた記憶は、
どうもないみたいです。

割と、経験者に囲まれて、彼らに引き上げられる形で
自然といろんなことを覚えていった気がします。

なんだろう?
本当に、思い出せない。
でも、アメリカ在住時代であることは確かかなあ。。

NYのジャムとかも行ったなあ。

NY郊外のスティーブのスタジオでの夏合宿みたいのとか。
あれは愉しかった。自然に囲まれて。
ご飯も美味しかった。

そんな記憶が断片的にあるだけです。
  1. 2008/07/25(金) 23:44:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結局、稽古場が見つからず、
自宅で大汗かいています。

エアコンが苦手で、
冷房器具は扇風機のみなので
もう、ちょっと動いただけで、だらだらの汗です。

「大活躍だねえ」
と、名古屋のやすこちゃんは、メールくれましたが、
実情は、大変です。

予算もない、稽古場所もない。
衣装スタッフもいないので、
自分で細かいところ、ちくちく縫って
近くで見るとすごいことになっています;

ですが、、、正直なところ、この逆境も含めて、
なんだか非常に、幸せです。

こうして、何もなくても、
とにかく、作品を作り
発表できる場があること。

作る気力と踊る体力、
そして、それらを楽める気持ちが再び戻って来たこと。

一昨年、自分の葬式公演やりましたが、
2年かけて、もう一度再生、再出発。
そんなことなのかもしれません。

今度は、自分のいる場所と、自分のために。

なまじ、いろいろな条件や環境が、
足りないづくしの
現在の状況に追い込まれていることを、
実は、深く感謝しています。

それでも、作り、踊るんだあ
と、自分のしぶとさに驚いています。

この国には、何かと傷つく要因がたっくさんあるけれど
それに負けずに、自分道、全うしたいです。

幸せだなあと思いながらも、
痛みや辛さに泣いたり、悔しさに鼻水出したり、
そりゃもう、人生泣き笑いな身体が
自分として、そこにはあるわけです。

若さ爆発の、単刀直入なきらめきでもなく
テクニックや確固たる立場に裏打ちされた、堅実な熟練さでもなく、
なんとも奇妙で複雑な、他にはない身体が、ここにあります。

どうぞ、お誘い合わせの上、見にいらしてください。
  1. 2008/07/24(木) 18:27:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

創作モード

今日は、創作作品のあれこれを
ぼうっと考え事
明大前で乗り過ごし、
準特急だったため、停まらず
気がついたら調布まで強制連行。

始まりました、創作モード。

気をつけないと
家の前も通り過ぎて
歩いて行ったりしてしまいます。

家の帰っても上の空でいると
2人しかいない家族関係に
問題が生じるので
ここは、ひとつ踏ん張りどころ。

目の前のおかずに、
できるだけ神経を集中させます。

今日はサバの塩焼きでした。
美味しかったです。
  1. 2008/07/23(水) 21:03:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初通し

今日は、8/9-10の本番のための劇場リハーサル。
いきなり、通してみました。

まだ半分しかつめていないので
時間も短かったみたいです。

主催の岡野さんは、演出家の鈴木忠志氏のところで
長く役者をしておられたとか。
ソロに挑戦したいと、昨年から始めたシリーズ公演です。

ご自分のソロに、台詞はないとおっしゃるので、
「役者さんというのは、
台詞をしゃべりたい生き物ではないですか?」
と伺った所、
「今はそれほど興味はありません」
ということで、ご自身の身体パフォーマンス
ということに挑戦する会なのかなあ
と思いました。

興味深いところです。

今日、通してみて、足下が滑り、
珍しく腰にきました;;

まだ時間があるので、身体の調整をしながら
貴重な機会を感謝しながら
悔いのないよう、なんどでもあきらめず、
作り込んでいきたいと思います。
  1. 2008/07/22(火) 18:41:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午後

「何かないと踊れない」
と言った故人野和田恵理花氏に
私は、その時、彼女の満足に足る答えを
渡せたんだろうか?

その何かがあれば
踊りに羽が生えてゆく。

何かもなくても、
十分に踊れる身体でありながら、
どうしたって、
その何かは必要なのである。



今でもこうして、泣きたい時には
泣く。

人目をはばからず
路上で涙流しながら自転車こぐ。



幼い子のように、
泣いて地べたに転がっても
オトナが欲しいもの持って来てくれるわけもなく
取りあえず、涙止まれば
普通に歩き出すだけである。

そうして考える。

彼女に渡しきれなかったかもしれない
答えはそのまま自分に。


もう、本当にどうしようもなくなったら
眠くなる。
眠る。

目が覚めたら
にっこり笑って
変わらぬ状況を少しでもよくするよう
今自分に出来ること、
働きます。
  1. 2008/07/21(月) 19:13:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛情公演

某バレエスタジオ15周年発表会に行ってきました。

プロの大道具であるご主人の心のこもった舞台
と、散々お伺いしていたものですが
本当に、その通りでした。

でも、物以上に、何かしら、愛情がたくさん感じられました。

親子とか夫婦だけでなく、
先生と生徒とか、仕事仲間とか、、
そんな、いろいろな愛情を感じました。

なんだか隅々まで気持ち良い会でした。

そして、ダンスも素敵で、公演も本当に、面白かったです。
  1. 2008/07/20(日) 23:43:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WS @三鷹天命反転住宅 荒川修作

荒川修作 三鷹天命反転住宅。
再訪致しました。

建物の見学と体験WSのお手伝いをしました。

昨年の夏のパフォーマンスが、つい先日のようです。

1年巡って再び、夏。

昨年はいらっしゃった倉富さんが引っ越されて、
新しい住人の方が増え、
住宅で生まれた世界初の赤ちゃんは元気に育っているそうです。

この家は、自己を開くための良きツールであり、環境です。

家の記憶も、日々更新され、進化しつつあるようです。

WS & performanceの後は、皆で吉祥寺で打ち上がりました。

この会にお声かけくださった先生と社長に心よりお礼申し上げます。

あら、先生と社長だなんて、
飲み屋での定番お客呼びかけみたいですねえ。


こちらは記録です
http://www.architectural-body.com/mitaka/news/archives/2008/07/post_66.html
  1. 2008/07/19(土) 23:25:15|
  2. WS / Teaching
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月の満ち欠けに身体のリズムが呼応します。
不思議なからくりが世界には満ち満ちていて
そのどれもが繋がっているようです。

それらの見えないつながりの中を
あたかも自分だけが発見した道であるかのように
先へ進める1歩を見つけたときのうれしさは
なんとも無邪気に幸せなものです。
  1. 2008/07/18(金) 15:08:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々

もう少し、胸骨の浮遊のことを考えます。
しっぽがあった時代の仙骨の力強さと自由さを。
内蔵が宇宙に少し近づく状態。

身体をあまりにも科学的に
空間を幾何学的に
分析しようとし過ぎて
おかしくなった時代がありました。

その逆に戻り過ぎてもいけない。

振り子のように、究極と究極の対を行きつ戻りつしながら
バランスは球体の1点でしかあり続けないのです。
  1. 2008/07/17(木) 15:04:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優先順位

8月のソロ作品のリハーサルをしています。

夜寝る前に考え始めてしまうと
ついつい目が冴えて
眠れなくなってしまいます。

と思うと、急に眠くなって10分タイマーかけて眠ったりもします。

何故踊るのか
考えます。

ついついお人好しに予定を入れてしまって
それは、こういう時は、いかんです。
優先順位をちゃんと確立できる人になりたいです。
  1. 2008/07/16(水) 23:51:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回海外在住アーティストの話を聞く会

紆余曲折を経まして、
6月に第一弾開催しました、
海外在住アーティストの話を聞く会。

お蔭様で、早々に第二回開催が決まりました!

8/12の夜です。

今日は、会場協力をしてくださる青山劇場まで打ち合せに。

入場無料、カンパ制。
アートマネージメントでいかに予算を獲得し、アピールしてゆくか?
などという時代の流れから、はるか遠く離れて、
採算度外視、志と心意気だけで、がむしゃらに突き進む、
ダンス環境改善種まき企画です。

志を理解して、今回協力を快く申し出てくださいました
今津氏と小野氏に深く感謝です。

また、今回はタイミングが合わずでしたが、
タイミングが合えば喜んで、と、
場所提供を申し出てくださった
その他のスタジオやホールの方々、財団の方など、
なんだか、本当にうれしいことが一杯です。

今津からもメールがあって、
今ツアー中の、ウィーンのフェスティバルガラ公演では
キエフ、パリオペラ、フォーサイス、ローザス、マリー・シュイナール。
ローザスで来ていた日玉氏と、
聞く会のことなど含めていろいろ、3時半まで話しをしたとか。
私がブリュッセル訪問したときと一緒だわあ。。

中途半端にお金もらって、採算とれることよりも、
むしろ、
こういうことをお願いできたり、お話できたりすること
それによってつながっていけること、
そうして育まれてゆくものなど、
資本主義の数字には存在を認知されていない、
心の中や、ヒトとヒトの間の、
目には見えないところに、
無限の価値と喜びが溢れているように思います。
  1. 2008/07/15(火) 23:54:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

民俗芸能

今日は、アサヒアートスクエアで開催の、
民俗芸能音楽系のWSとイベントに潜入しました。

昨日はトヨタ自動車でしたが
今日はアサヒビール。
全国シェアでの売り上げも好調で
尚かつ、というのか、あるいは、だからなのか、
文化援助が活発な企業のひとつであります。

午後はブラジル、アマゾンから来日のカラジャ族。
ボディペインティングとダンスのWSでした。
酋長さんみたいな人が、
彼らの生活や価値観について
語ってくれました。
また、ダンスそのものは、盆踊りとか、花いちもんめ、
みたいなシンプルなスタイルでしたが、
何しろ、彼らの持つリズムや声の原始的なエネルギーが素晴らしかったです。
とてもアットホームなWSでした。

*******
夜は、北アフリカのサハラ砂漠の遊牧民トゥアレグの
皆さんのグループ演奏の前後に
日本人パネリストによるトーク。
フリーマンシンポジウム。
ビルの中の冷房暮らしを常とする日本人の語る言葉と、
砂漠で生活する彼らの、生命力に溢れる力強い声とが
とても対照的でした。

原始的、本能的レベルで自然と共生する生活の中から
生まれる歌声や演奏には、圧倒的な魅力と真実味があります。
地面を踏むだけの踊りは、
技巧を凝らして人に見せるためのものではなく
自分の命や人とのつながりを感じる為の行為である
ように思いました。

そういう行為が希薄な都会人は
彼らの表現にたちまち惹き付けられることでしょう。

ところが、こうして日本にやって来た、
あるいは、世界を回っている
という時点で、そこには、資本主義的な仕組みが
存在せざるを得ないわけです。
そうしたツアーを繰り返すことの中で
本来の純粋さはどれだけ保てるのでしょうか。

そこに疑問を感じつつ、
一方では確かに、都会人よりはよっぽど
原始に近い生活をしていることの力強さは
彼らの中に、依然としてあるわけです。

歌うこと、奏でること、踊ることの意味や必然性の度合いも
その意味合いも、全く違う次元なのだと。

資本主義の枠の中の、人的環境での暮らしの中から起こる
必然性による我々のダンスや音楽と、
その対極にあるもの。
通過を必要としない、自然環境での暮らしの中から起こる
彼らのダンスや音楽。

彼らの演奏やダンスからは、確かに砂漠が見えました。

対極にある、私たちの演奏やダンスからは、きっと、
日々暮らしている日本の街が、透けて見えることでしょう。
  1. 2008/07/14(月) 23:22:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星新一再び

我が家でブーム再来。
星新一のSFショートショート。

この人、すごいわあ。

あまりの量産に、よくわからないのもあるが、
それにしても、こうして改めて読み返してみると
やはりスゴい人です。

軽くて短くて、読みやすい。
ひねりのきいた娯楽SF短編小説です。
でも、何かがちゃんと詰まってる。
仕事に、実があります。

車のクッキーを食べながら一気読みの日曜日。

伊太利亜土産に頂いたパルメザンチーズで
相方料理人が作ったパスタを食べ、
久々の日曜日な1日。

そういえば、昨夜は山崎広太さんから電話がありました。

「このプロジェクトも、そもそも佐世保で、僕とJOUさんが話したことが...」
と、おっしゃり、、
そう言えば、昨年秋のJCDN踊りに行くぜで
佐世保ツアーの後、島巡りの旅にご一緒させて頂き
皆で釣りや分校ダンスもしましたが、
宴の合間に、真面目な話などもしたのでした。

なんだかいろいろと、つながっていますね。
  1. 2008/07/13(日) 22:47:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おいしいは人を幸せにする

今日は、トヨタ自動車が主催の
トヨタ芸術環境改善プロジェクト
というイベントにボランティアスタッフで潜入してきました。
http://www.nettam.jp/kaizen/

アートマネージメントやプロデューサー系の人々が多数を占める中で
唯一、アーティストの立場からの提案を発表した山崎広太さんが
さすがはパフォーマー、本音トークで会場を沸かせ、いい味出していました。
他のダンサーや振付家の皆さんにも、ぜひ聞いて欲しかったなあ~
という位の熱弁でした。


さて、当日は朝から会場入りしました私自身、
ある意味、今更ボランティアなんて~といわれそうな
立場ではあるかもしれないのですが、
現場の皆さん、暖かく仲間に入れてくださいました。
ありがとうございました。

で、色々な人を見て、お話を伺って
いろいろなことを思いました。

そもそも、
芸術って何だろう?
この社会において、どういう意味を持つのでしょう?

アートマネージメントって、最近脚光を浴びている感じですが
アートマネージメントって、何ですか?

そういう基点を深く掘り下げることが
大事だなあと思いました。

語学なんかでも、しゃべれればいいのか
って言うと実はそうではなくて
言葉で何を伝えたいのか?
自分が持っている伝えるものや、聞きたいこと、
言葉を介して何をしたいのか、が問題なわけです。

芸術だって、芸術のプロデュースだって、同じことなんじゃないかと。

私は、幸せで居続けたい。
幸せな人間が1人でも多く増えて欲しい。

人それぞれでしょうが、私にとっての幸せとは、
活き活きと自由に、心が雀躍りするような心持ちで生活できる、
そういう状態のことです。

その方法のひとつがアートであり、コミュニケーションであるように思います。

現代社会で必要なことは、
芸術が、というよりは、仕事の内容や立場に関わらず、
創造的発想や、自由な表現力、思いやりも含めた多角的な視点を持つ
芸術的人間が、1人でも増えてゆくことではないでしょうか。

そして、芸術環境というよりは、おそらく、多くの人々の生活改善。
労働条件とか、賃金とか、そういうことも含めてでしょうが
何に満足し、心が躍るか、という選択肢を広げられるような
意識改善的な提案やプロモーションが必要なのかも。

ヒトとヒトとが、どうつながっていくのか?
何に喜びや幸せを見いだすのか?

そんなシンプルなことの中に、実は
全ての答えや改善策が隠されているのではないか?
...そんなことを思いました。

大プレゼンテーション大会の後、交流会では、美味しいお料理が給されました。
お腹がすいた後の美味しいは、無条件で人を幸せにします。

帰りには、ボランティア全員に、トヨタから御礼として
車が支給され、、、ることはなかったですが、
車のクッキーを頂きました。

メーカー委託の商業品ではなく、
豊田市立身体障害者通所授産施設「さくらワークス」製造。
こちらも、きちんとした材料で作られた、
手作りの、美味しい味がしました。

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/07/12(土) 22:00:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アーティスト互助システム

最近、イスに長時間座って
何かを見たり聞いたりすることが
なかなか堪え難く。

ダンス公演やイベントは、スタッフ側に立って
ちょいお手伝いみたいな気楽なちら見が一番心地良い。

出演するか、手伝いながら見るか。
そんなスタンスがお気に入りの今日この頃。


そういえば、NYのダウンタウンでは、
ダンサーや振付家が、他のダンス公演のスタッフ的なお手伝いをし合う
みたいなコミュニティが、NPO的な団体の仲介を介して成立していたなあ。

徒弟制度の歴史の長い日本では、
先生のダンス公演を弟子が手伝うとか
先輩の公演を後輩が手伝うとか、
そういうことはあるようです。

そうした
上下間の関係による手伝いではなく、
対等な横並びのアーティスト同士が
もっと、何かしら助け合ったりできるコミュニティや風習が
できれば、もっといろんなことがお互い
楽になってくるんじゃないかと。

そうなればいいのになあと思います。

名付けて、アーティストスタッフサービス。

「あの公演では、舞台でがんがん踊っていたヒトが、
この公演では、普通に受付してる」

みたいな状況って、好きです。

そういう変化自在なマインドを持てるヒトといると、
気持ちがわくわくします。





  1. 2008/07/11(金) 23:29:05|
  2. Odorujou企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月の舞い本番

朝、病院に行き、
検査結果を聞く。

とかいうと、なんだかすごそうだが
つまるところ、
なんてことない、という結果を聞く。

なんてことない、という安堵とともに
早起きが続いた今日、思わず昼寝。

夕方、道具を仕込み、会場へ向かう。

来月で1周年なんだそうだ。
おめでとうございます。

新井薬師のスタジオ
スペシャルカラーズ。


着いた頃には他の組のリハーサルが終わっており、
人のいなくなった場所で仕込みの続きをする。

会場が思ったより広かったので新聞紙の追加。

開場ギリギリまで、新聞紙ののり付けなどし、
新聞紙と煎餅の袋で、客席の場所取りをし、
5分遅れで、会場が開場。

最初の出演だったので、そのままやらせて頂きました。
非常にうまくいきました。

煎餅オーケストラは初の試みでしたが、
感動的な光景でした。

ご協力くださった皆さん、本当に感謝感激です。
ありがとうございました。

自分が終わってから、次の組の上演を堪能して、

最後の飛び入りライブ。

これ、すごかったです。
滅多に見れない光景が続出でした。

遅れていらっしゃって、
このパートだけご覧になって帰られた
ももさん、大丈夫だったかしらー?
という心配をよそに、
楽しんでくださったようです。

ああ良かった。

本当、愉しかったですね。

新井薬師の駅前の、
ひもの屋の夜定食も
かなり旨かったですよ。
  1. 2008/07/10(木) 23:00:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOU2008夏の舞い

2008年7月10日(木)

「Sound+Dance Rolling LIVE」 vol.23
19:30(20:00)~22:00
1500yen+1D 500yen

Art Live Space 「Special Colors」
東京都中野区新井5-9-1 アーバンハイム津嶋 地下1階
(ピンクの看板「新井薬師はりきゅう整骨院」の下)
03-6425-7830

●宮保恵(ダンス)、青山珠佳(ダンス)、まどかまるこ(ヴァイオリン)、
河内鉄弦(ギター)
●JOU(ダンス)松本充明 (音)

最後は飛び入りライブセッションになるらしいです。
ぜひ踊り&演奏にいらしてください。
地下の隠れ家みたいな小さな空間です。
http://www.specialcolors.jp

**********
  1. 2008/07/10(木) 21:33:31|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

帽子間取り決め

朝、板前ドトールで待ち合わせて
打ち合わせ会場へ。

何故板前かというと、ここの店員は
何故か皆さん、しゃっきりと板前系男子や
おじさんばかりなんです。

午前中の打ち合わせが終わって家に帰り
帽子をなくしたことに気づく。

先週、帽子に誘われて
新しい帽子を買ったと思ったら
お気に入りの古い帽子が消えていた。

持ち主を差し置いて
勝手に世代交代せんで頂きたいもんです。


夕方、北千住の小洒落たカフェーで、
これまでのお礼がてら
お茶を御馳走する。

そこまではカッコいいが、
たまたま財布の中身が少なくて
支払った後、50円玉がひとつしか残らなかった。

すいすいスイカ、
持ってて
ほんとに良かったよ。
  1. 2008/07/09(水) 22:26:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここ数日の頭痛

昨日は、頭痛。

気圧のせいか?

と思っていたら

マイミクさんのひとりも頭痛のことを書いていて

それに対する他にの人々の反応も多数。

これは、環境など、外的刺激による頭痛なんじゃないか?

などという会話がネット上でなされております。


それが、単なる季節柄の天候のせいなのか

あるいは気圧のせいなのか、

はたまた、天変地異の前触れ、宇宙からの交信、、、

何にせよ、自分の心労によるものではない

ということが確信出来るだけで

気持ち的には楽になるものだ、

という不思議を発見した次第。

これをお読みになった皆さんの体調はいかがですか?
  1. 2008/07/08(火) 09:21:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七夕

今日は七夕。

とはいえ、調子が悪くて少々寝込む。

夜は、思いがけずうれしい再会。

とはいえ、宴への移動中、
明朝までの仕事が発掘され

早々に帰宅。

といってもすでに夜10時。


気圧のせいか
気候のせいか

スローにならざるを得ない今日でした。

そんな日もありますわな。

でも、なかなか良いお話が、拝聴できました。
  1. 2008/07/07(月) 22:49:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

only one

自分らしさって何でしょう?

と、途方に暮れる人々は意外と多いのではないでしょうか。

かくいう私も、途方に暮れる日々を過ごして参りました。

よく「誰々ちゃんに似ている」
とか
「親戚の誰々に似ている」
とか

そう言われやすいありきたりな顔をしているようです。


が、しかし、年とともに、ままならない人生

ままならない様々な事柄、

そう、劣っているとか

ままならないとか、

そんなことこそ、
実は、かけがえのない
自分らしさなんじゃないかと

思う今日この頃。

みんなできてるのに
自分だけできない

それこそ、自分らしさ発見のチャンスかもしれません。

人より頭ひとつ飛び出ていても
自分らしさだし
頭ひとつ足りなくても
それはそれで自分らしさです。

自分をよく知り、
どう活かすか、
なんですよね。

足りないとか優れているとか
そういう現状や現象に
腐る事無く
奢る事無く
それをどう活かしてゆくか。

可能性は無限です。

  1. 2008/07/06(日) 23:45:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8/2-3公演の外人来日

来月8/2-3にゲスト出演するダンス公演の
振付家と映像作家が来日。

振付家は公私ともにパートナーでベルリン在住。
フランス人の女性とドイツ人の男性。

ドイツ人の男性の方のデイビッド君は
来日前にWSをした韓国で事故にあい
本当は一緒に来るはずが
今、入院中なんだそうだ。

カフェの壁が落ちて来てガラスで腕を切ったんだとか。

そんなことってあるんですねえ。
先日のアメリカ人学生の入院といい、
ありそでなさそで、ある、本当にびっくりな話しです。

映像担当のジュリアン君はフランス人でパリ近郷に在住。
今回のアジアツアーで呼ばれたんだそうです。

ホームデジカメでない、プロ仕様の
立派なカメラを携えていました。
入国の時、税関とか大丈夫だったんだろうか?

彼らとのワークは今月後半の10日間くらいです。
その前に、日本の地方でWSやらリサーチやら、
地方を満喫して来るらしい。

長野、大阪、倉敷など、知り合いのツテで。

草の根国際交流、ここでも。

そんな彼らと、居酒屋で、まずは乾杯。
  1. 2008/07/05(土) 10:43:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歯茎があああ

昨夜から急に歯茎が腫れ
今朝は近くの歯科医に駆け込む。

矯正の器具が歯茎を傷つけたのか
ばい菌が入って腫れてる感が...;;

痛み止めと抗生物質を処方してもらい
豆腐やらプリンやらスープやら
そんな食事で飢えを凌いだ1日でした。

人体の不思議。

小さな傷が、こうも大きな炎症になり
食事もままならんとは。

心も身体も、小さな痛みや傷やサインを
見逃しちゃあいかんと
そういうことですかね。

食物をきちんと噛めないと
味覚が半減します。

味わいのない流動食では
エネルギーも半減します。

歯や口が駄目になる、
ものが食べれなくなる
ということは、つまり、
動物としての生命の衰退を意味する。

そんなことに思いを馳せつつ。
  1. 2008/07/04(金) 22:02:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい雇用制度案

今日、本当に久しぶりに
Aちゃんに会って
彼女が10年、OL勤務をし続けながら
ダンス活動をしている、ということを知り
心がぐぐっときました。

世の中、アートマネージメントとか、地域活性化とか
そんなことにお金や注目が集まっていて、
そこで食べていけてる人も増えています。

アーティストがどうやって食べていけるか
アートプロデューサーがどうやって食べ、
どうやってイベントプロデュースしていけるか、
そんな環境改善も大切ですが、

きちんと雇用されて働いている人々が
働きながらアート活動が両立できる環境
という視点からの支援というのは
意外と見落とされているんじゃないでしょうか。

男女均等雇用とか
育児休暇とか
随分と労働条件は改善されてきている昨今。


働きながら自分の表現活動やスポーツ活動、
地域活動や社会活動などができる
マイライフ休暇とか
あるいは環境的に
そういう活動で職場を抜けることができるような
社員生活充実支援のような仕組みを
考える大企業がもっと出て来たら
面白いのにね。

社会的なボランティア活動への奨励は出ているところもあるようですが、
アート活動となると、難しいようです。




勤務時間のシフトで8時間雇用を1人ではなく、
4-5時間シフトで2人雇用とかできれば、
自分の時間を持ちたいヒトには、良いのかも知れません。

収入より時間が欲しい人間の理由は、
子育てだったり、地域活動、アート活動、スポーツ、
親の介護、いろいろあると思いますが、
そういう時間の使い方をしたいヒト、
時代的に増えつつあるのでは?



  1. 2008/07/03(木) 21:44:03|
  2. Odorujou企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。