jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鐘つき

実家で父が打った蕎麦を頂いて
相方お手製の鴨南蛮蕎麦を食し
近所のお寺に鐘をつきに出かける。

今年は、ドイツ人、フランス人、韓国人と国際色豊かな面々
総勢6名3カップル。
英語フランス語日本語が飛び交う中
どの言語を使っても必ず理解できない人が居るので
必ず誰かが通訳などしてフォローしながら
お寺の鐘をつき
本堂にお邪魔して読経とおとそにもお呼ばれして
気がつけば2時。

お寺の日本人も大喜び。
場所柄、提灯の職人さんや神社お飾りの職人さんなど
粋な江戸っ子おやじが。。

おやじさんの1人に鐘のつき方を伝授して頂き
人が居ない頃合いに何回か打たせて頂きました。
手先でついちゃいけねえ
足から、腰から、腹で打つんですねえ。
肝で打つんですかねえ。
ビシ~っといくと本当に迫力のある気持ちの良い音になります。
楽しい~。

お寺の外人


写真は本堂でおとそを頂いきながら不思議に下町の親父さん達と
コミュニケーション取れている外人達(笑)

家

そしてお茶で盛上がるの図
スポンサーサイト
  1. 2007/12/31(月) 23:52:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晦日に伏す

そういえばこのところ胃袋パフォーマンスの話が続き
そういえば宴会続き
そういえば24日の本番直前は病床に伏せっていた
その身体が宴が一段落した今日蘇り
今日は再び1日床に伏す。

昨夜からウチには24日のパフォーマンスで一緒だった
ドイツ人とフランス人のダンサーカップルが入居し
私は彼らに鍵を預けて相方のアパートで伏す。

相方は1日大掃除。
風呂を磨くブラッシングの音など時折耳にしながら
うとうとと意識が遠のいてゆく。。

まさにゆく年来る年な1日。
  1. 2007/12/30(日) 15:13:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

29(肉)の日

昨日の祝宴の紹興酒が身体に残ったまま
今日は相方の兄家を訪れて
肉三昧。

JALのマイレージが消える前に交換した和牛の大きな包みを持って
今年生まれた初孫にしてご長男のムブレロ君と遊びながら
肉、肉、野菜、肉。

肉は旨かったが普段肉食でないのでつまるところ、
こういう時はやっぱり最後は豆腐が
いい感じで救いの一手だったりする。
豆腐万歳。

豆腐への愛の高まりを増々実感しながら
愛くるしいムブレロ君に泣く泣く別れを告げ
肉にまみれた胃袋を抱えて帰路へ着く。

肉

肉肉、肉。


  1. 2007/12/29(土) 23:19:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結婚祝宴

今日は、大掃除やらお正月のお飾りやら。
お日取りも良い大安だとかで、お飾りのお店は大繁盛。
小さな鏡餅を買いましたが、おにいさんが上に乗せるミカンをおまけしてくれました。
うれしい~ラッキー♪

夜は大森の中華料理店にてお祝いの宴にお呼ばれしました。
メインディッシュは3日前から予約せねばありつけないという、鯛の姿作り。
豪華です。最後のYさんの解剖学的食べ方にも一同魅せられてしまいました。
ピータンも豚肉の角煮も美味しかったです。
ちょうどお腹が張って来た頃のお豆腐料理も程良い感じで
このタイミング的組み合わせの妙には感動しました。

すごい、やっぱり豆腐はタダモノじゃありません。

こうして改めてヒト様にお祝いして頂くのは初めてです。
うれしいなあ。ちょいくすぐったいけど。
でも、なんだか本当に有り難いことです。
ありがとうございました。

私もそんな素敵な大人になりたいっす。

鯛


これが噂の鯛の姿作り。
この後、山ちゃん氏によって解剖学的徹底さで
骨のみの露な姿にされてゆきます。
  1. 2007/12/28(金) 23:45:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あんこうつながり

今年の冬初のアンコウ鍋。
先日横浜のWSの帰りにあんこうの話で盛り上がり
ついにはあんこう鍋の会が実現しました。(12/10日記参照)

それにしても今夜は今までになく混んでいて
待つこと1時間半近く。。。

歯科矯正の口内ハリガネにあんこうの欠片を一杯にひっかけながら
めげずに美味しく頂きました。

来年はハリガネ取れてるといいなあ。

あんこうって正直、高い割に美味しいんだかなんだか?
ですが、この店のキモ刺は確かに美味しい。
アンキモ旨い。好き。
あんこう鍋とか言いつつ、実は鮟肝オンパレードだけでも良い位。

あ、でも、黒いぷりぷりふわふわしたコラーゲン部分も好き。
白身部位も好き。
鍋の中のウドとか銀杏も美味しい。
三つ葉も豆腐も白滝も~最後のおじやも。
でもって、このお店の煮こごりも美味しい。

今年も頂けた。
ありがとう。
美味しかった。

あんこう

写真は神田のあんこう鍋老舗玄関先で待ちくたびれる大洗出身のMさんとキム氏。
ちなみにMさん、実物はもっともっと美人さんです。
私の携帯カメラの性能が悪いのです。これは。
  1. 2007/12/27(木) 22:16:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いきなりfamily

師も走る師走も盛上がる26日今日
パリから帰国のJOU弟を囲んで
いきなりJOU家族が東東京に結集し、鍋。

先月婚姻届を出したばかりのJOU相方は
会社帰り早々に突然6人分の鍋を料理することに。

久々に揃っての和やかな食事が終わり、
デザートを食べながら
頭の薄くなって久しい父の告白
「カツラどうかなと思うんだ」
という今更まさかの一言に
相方以外の居合わせた全員が揃って
それぞれの言い方で全否定。

そのまま宴は散っていきました。。(笑)
  1. 2007/12/26(水) 23:03:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メリークリスマス!

お蔭様で大盛況に踊り納め公演、終わりました。
今年の春に生まれたハリガネデュオはJCDN踊りに行くぜと
セッションハウスの皆さんのお陰で
随分と貴重な体験をさせて頂きました。

どうもありがとうございます。

そして、奇しくも、このイブ公演のお話をセッションハウスから頂いた時に
今年の初夏に急逝した野和田恵里花さんのホームグラウンドとも言うべきスタジオなので
差し出がましいとは思いつつも
「クリスチャンだった野和田さんの追悼会のようなこともやったらどうでしょう」
と提案し、そのこと自体は別の機会にセッションハウスではすでに
私の居ない時に実現したみたいなのですが

今日のイブ公演。
昼と夜の回にそれぞれ集まった人、中でも久々にちゃんとお話しできた人
良平君一家やらベルギーから里帰り中のさおりちゃんやら...
「おおっ!元気~?」
なんてうれしくて盛り上がって再会を楽しみましたが、
帰り道ふと思えば、ある意味、明るい追悼会になっているというか、、、
恵里花ちゃんが呼んで集めて会わせてくれたみたいな気がして来るから不思議。

「涙はいらんよ~
たまには一緒に集まって楽しく笑っちゃっといて~」
とでも言われたかの様な気がします。

恵里花ちゃんの神様、ありがとう。
  1. 2007/12/25(火) 01:32:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「六つゴト」2007年踊り納め

2007年12/24(月祝)
14:00 & 18:00 開演 2回公演

@セッションハウス(東京都神楽坂)
前売 2500円/当日 2800円/ ペアチケット 4500円

6作品のオムニバス公演です。
出演:
デュオ2作品
遠田誠+JOU(東京)
マルクベン・ゲルベス&デイビッド・ブランシュテイター(ベルリン)
他、若手ダンサーによるソロ、トリオ、グループ作品それぞれ1作品ずつ 

出番は一番最後らしいです。
30分グループ作品、10分ソロ、休憩、ベルリンデュオ17分、トリオ
の後です。

お問い合わせ ご予約:
TEL:03-3266-0461
www.session-house.net
  1. 2007/12/24(月) 10:48:32|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

病み上がり

いやあ、キツかった。
昨日は本当に久々にダウンしました。
11月~12月、毎週の様に地方で本番が続き
その割には元気によく持ちこたえましたが
最後の東京での本番前になって
少しホッとしたのか
ノビのび太になってしまいました。

来年はこの虚弱体質改善に努め
残りの半生を元気良く、楽しく爽やかに過ごしたいもんです。

身体あっての、命あっての人生であり、お仕事でありますからね。

皆さんもどうぞ御体ご自愛の程...。
踊り納めご来場、お待ちしております。

昨年はパリの教会巡りで迎えたクリスマスでしたが
今年は神楽坂で踊ります。
来年はどうしてるんだろう~?
本当に、いつもいつも予想がつかない人生だわあ。
  1. 2007/12/23(日) 11:49:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢枕

昨夜から風邪気味でバク睡。
気がついたら夕方でした。

夢枕に、中学時代の同級生のKちゃんが。
机の上で事務やってた(笑)。
彼はバイク事故で高校1年で急逝してしまったのでした。

夕方起きてから鍋の残りを...旨いっ。
で、もう一度寝ます。
鰻はまた次回。
  1. 2007/12/22(土) 18:19:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス週末

24日に本番があったりして全然関係ない感じではありますが
年の瀬の週末ってなんだかいいですねえ。
しかも3連休。

忘年会シーズン。
賑やかな飲み会からはすっかりご無沙汰ですが
美味しいご飯を少人数の気の合う大切な人達と楽しく食べます。

久々の東東京。老舗の味。
明日は鰻。

歯科矯正のハリガネを絞め直したばかりなので
ハリガネが口の中で微妙に痛いのが泣けますが
それにもめげず、食の幸せを追求しまっす。

勿論日々の食卓、今日の鍋も旨かったっす。
小さな電気ストーブ以来初の暖房器具
届いたばかりの炬燵で食するお鍋は格別でした(福)。
  1. 2007/12/21(金) 23:09:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

少し休み少し

今年を振り返る。
1月の横浜赤レンガから始まって
セッションハウス、イベント、市川、お芝居、横浜の小学校WS、文学座、鳥取、
JCDN踊りに行くぜ~茅ヶ崎/佐世保/栗東、横浜WS、
そして12月に再び横浜赤レンガ倉庫アートリンク、最後にセッションハウス、、、
途中に交通事故やら結婚やら
恐ろしく暇な日々もあって
一時期はどうなることかと思ったりもしましたが
こうして振り返ってみると、
充実して盛り沢山な1年となりました。

ずっとやりたかったことが少しずつ叶ってもいて
弱った身体も少し持ち直してきて
まだまだ無理は禁物ですが
こうして元気に年の瀬を迎えられたこと
本当に有り難い1年でした。

もう少ししっかり地に足つけて
未来に向けて精進精進
自分に自己投資を続けていくことにしましょう。

さらなる新境地、開けそうな予感がします。

自分にできること
自分にしかできないこと
自分ならではのこと
  1. 2007/12/20(木) 22:16:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再会

すっごく久しぶりにOL時代の同期から連絡があって
すっごく久しぶりに会っていたら
これまためっちゃくちゃ久しぶりに高校時代のテニス部の同期の友人から電話が...。

変わっているようで変わっていないようで
なんだかうれしい再会の日でした。

家で深夜、片付けをしていたら学生時代の手紙が沢山出て来た。
高校の授業中に書いて回してたくっだらないやつとか(笑)。

人間の本質って、時を経てもそれほど変わらないもんなんでしょうね。

長い年月の中に浮き沈みする人の人生というものに
思いを馳せました。

繋がっている人もちょい途絶えてる人も
皆それぞれ幸せになっているといいなあ。

ずっと中途半端に揺れながら探し続けて来た自分は、
ようやく少しずつ、本当の自分らしさと再会しつつあります。
  1. 2007/12/19(水) 18:44:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巨大トイレ

昨日の玉露は、小売りしてもらい手元に。幸せ。。

で、東福寺で見れなかったトイレとかいうのが意識に残っていたんでしょうか

巨大トイレモニュメントの夢を見ました。

一生懸命探していたら思わぬところに堂々と鎮座していて
それを写真に納めようとしていました。

近くで見たら解らないくらい巨大で
黒々と光沢のある石の彫刻。
美しくて立派なトイレモニュメントの周りは
人だかりでした。

あの現実感はなんだったんだろう。
高級玉露の感動マジックでしょうか。
  1. 2007/12/18(火) 11:02:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京3人娘@京都観光

昨夜の公演には東京から京都に滞在中の
森下真樹とほうほう堂の福ちゃんも見にきてくれていて
打ち上げにも参加。
今日月曜はリハーサルが休みということで
一緒に遊びコトに。

メイン観光は、関西でダンス評論をされているNさんおススメの東福寺。
お昼ご飯を再び京都駅の例の饂飩屋で。
この2週間程の間に私ったらこのお店に、東京から3回も来店。
初回は1人。2回目は2人。3回目は3人。
と人数も増えてゆくではありませんか(笑)。
出入りの激しい駅ビルのお店なので
お店の人は覚えてもいないと思うけど。

で、東福寺。
静かで良かったです。
ご飯ゆっくりしすぎてお庭の拝観時間に間に合わなかったのが残念ですが
充分に外側楽しめました。
シブい。素敵。お寺の方が、
「昔坊さんが使っていた長いトイレがあそこから覗ける」
等々教えてくださいましたが
浴場は発見しましたがトイレは謎のまま。

それからお茶屋さんでお茶。
福ちゃんは抹茶パフェ。
私はお土産付きお抹茶セット。
真樹は玉露セット。

そして、この、100g五千円という玉露の味に
3人げ驚愕するのです。

いやびっくり~本当に美味しかったです。
感動で身体が痙攣しそうになり
思わず高級玉露を器からちょいとこぼしてしまいました。
ああなんてことを。
すみません。。

感動にしびれながらも京都駅に向かって走り
新幹線に飛び乗りました。
楽しかったわあ。。
本当にありがとう。

巻き&JOU
  1. 2007/12/17(月) 23:43:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

踊りに行くぜ最終出演

今年初参加のJCDN踊りに行くぜ国内ツアーでしたが
茅ヶ崎、佐世保と続いて、いよいよファイナル公演。

茅ヶ崎公演の出演者のうち3組が出演し、
残りの1組も京都から見にきてくれたので
1ヶ月ぶりの懐かしの再会となりました。

公演が終わるまではお互い上演準備で必死なので
ゆっくりと話す余裕もなく
終わってから改めて
茅ヶ崎以来のツアーの話を聞き合ったり
お互いの作品の変化に驚き合ったりしました。

茅ヶ崎受け入れ先の財団のSさんから差し入れ宅急便も届き
なんだかうれしい1日でした。

フィンランドから独舞でエヴァさんも参加。
2005年に作った作品をヨーロッパ各地で上演し
日本にも初めて上陸、というわけです。
マネージャーさんも1人一緒に来ていて
現場でリハーサルの時は客席から見ていて
後でいろいろと話していました。

こういう体制は西洋では当たり前。
そして、そうやってツアーで回していく作品は
完成品として常にある一定の安定性がなくては成り立ちません。

残念ながら日本には作品を作って上演するにあたって
まだまだそういう体制や状況が浸透はしていない。

そういう地盤の差を痛感しました。

でも、JCDNの踊りに行くぜのようなプログラムを通過していくと
創り手演者もそれを支えるスタッフや仕掛人側も、
それぞれがいろんな意味で変化して来て
海外の状況やレベルに少しずつ近くなっていけるように思いました。

そうなっていった時にはおそらく、元々日本人にある勤勉さや優秀さが
いろいろと工夫を始めて、海外の良さを取り入れつつも
さらに発展系のダンス状況を生み出していくであろう期待感はあります。

今回参加できて、本当に良かった。
各地お客様は勿論、スタッフの皆さんや他のダンサーさんなど
沢山の素敵な方にお会いできたこと、
何よりの宝です。

いろいろな意味で、作品も自分も育てられた気がします。
本当にどうもありがとうございました。
  1. 2007/12/16(日) 23:28:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2007年国内公演

JCDN主催「踊りにいこうぜ」
オムニバス公演に出演します。
http://www.jcdn.org

演目は昨年好評頂きましたハリガネデュオ
「六ツゴト」振付/出演:遠田誠&JOU
約20分の作品です。

11/10(土)18:00 茅ヶ崎市民文化会館小ホール
11/18(日)15:00 アルカスSASEBO イベントホール
12/16(日)17:00 栗東芸術文化会館さきら小ホール

で、それとは別に
12/24に神楽坂のセッションハウス地下スタジオでも
オムニバス公演内にて再演予定。

今年の秋冬はハリガネデュオみたいです。

お近くの方は是非お越し下さいませ。
お待ちしております。
  1. 2007/12/16(日) 19:15:44|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハリガネデュオ in 栗東

JCDN踊りに行くぜに再び参加します。

2007年12/16(日)17:00開演
@栗東芸術文化会館さきら 小ホール

一般前売り2500円 当日3000円
学生/シルバー前売り1000円 当日1500円

出演(オムニバス公演):
エーヴァ・ムイル(フィンランド)
遠田誠+JOU(東京)
co.co.yo(茅ヶ崎)
山田知美(奈良)

予約問い合わせ:
栗東芸術文化会館さきら
077-551-1414

「六つゴト」in栗東
幸いな事に、毎回お客様からはご好評を頂いておりますが
はてさて今回はどうなることでしょう。

毎回ハリガネ2人、冷や汗もんで必死に臨んでおります。
日々、精進。

あ、でも移動は新幹線で京都経由らしいので帰り道は京都に寄ってお散歩したいわあ。
  1. 2007/12/16(日) 00:36:53|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東海道新幹線

栗東に行ってきます。

先日京都駅近くのお店で食べた
天麩羅そばが思いの外美味しかったので
新幹線は京都で降りるし
お昼をそこで再び頂いてから現地入りしようと思っております。
むふ♪

**********
京都駅で降りて、蕎麦屋...と言うのは記憶違いで饂飩屋でしたが
美味しかったです。リハーサルが夕方17時半ということでしたので
ガッツリ天麩羅御膳。

ところが、会場に着いてみると
意外や時間が早まって
食べ過ぎの横っ腹ちくちくなまま踊るハメに(涙)

でも、会場前の広場では先週横浜赤レンガのリンクで
一緒だった照明のTさんや
栗東公演で知り合った彼女と一緒に暮らすために
東京から栗東に移り住んだというロマンスの持ち主
Nさんと懐かしの再会をして盛り上がり
楽しいスタートでした。

栗東という街には、さきらという市民ホールを中心に
りっとうアートを作ろう会という
ボランティア市民グループがあって
夏祭りや冬のキャンドルイベント
こういうダンス公演のお手伝いなど
子ども連れ親子からお年寄りまで
沢山の方々が楽しそうに集っていました。

とっても素敵。
  1. 2007/12/15(土) 08:05:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木綿のハンカチーフ

名字が変わって普通の名前になったのは便利でいい。
印鑑を忘れても、百円ショップで調達できる。
これは便利。

だがしかし、銀行だのクレジットカードだのなんだかんだ
あちらこちら名義変更の為に渡り歩く日々である。

今日は銀座まで出向く。
山手線で音楽を聴いていたら椎名林檎が歌うリバイバルソング
「木綿のハンカチーフ」が流れ
その歌詞に思わず涙しそうになった。

これは高度成長期を謳歌したかつての日本人のおセンチメンタルな
あるいは良心の呵責なのかもしれない。
などと思う。

インターネットが普及して「田舎」も都会みたいになってきた。
こういう恋人が持った事がないが
田舎から東京に出て働き
家を建て子どもを育て
結局のところもはや
田舎にも帰れない
かといって都会にも本当の自分の居場所がないかのような
昭和を支えた世代の涙ツボが見え隠れする。

職もないし田舎には帰れない父と私達は、
都会に暮らせない祖母と
随分長い間、2つの土地と文化の間を揺れ動いていた。
飛行機で行ったり来たり
物や手紙を送ったり送られたり
長距離電話をしたりもらったり

「いいえ、あなた~」という恋人の言葉が
祖母の言葉の様に思えると
やはり泣ける。

ごめんよ~やっぱり最後の最後まで一緒には暮らせなかったんだよねえ。
一緒に暮らしたかったなあ。

ふいにおセンチモード全開に自分でもびっくりの
山手線の午後でした。

木綿のハンカチーフ 歌詞
http://www.hi-ho.ne.jp/momose/mu_title/momenno_handkerchief_w.htm
  1. 2007/12/14(金) 21:38:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/7の反芻

で、続きですが、横浜アートリンクオープニングでの山田海蜂の輝き、
そして、その輝きに負けずとも劣らぬ魅力をスパークルし、観客を魅了してくださった
アレッシオ、上村なおか、笠井瑞丈、松本大樹、、、。
皆さんそれぞれ本当にスゴい人達です。

それにしても、これら個性溢れるてんでバラバラな7人を
素晴らしくハチャメチャな台本で
向かうところ敵無しな「七人の侍」へと
まとめあげてくださった川村毅さんの人物洞察力もまたびっくり
素晴らしかったし
その台本の世界観にさらに追い討ちをかけるような
あの個性的な衣装とメイクもまた良かった

と、打ち上げでもダンサー皆で話していました。

この1年の最後の月に、こんなに愉快痛快なお仕事ができて
本当に幸せだったなあ~

自分なりにダンスを通してやりたいと思っていたことが
良い形でようやくここでひとつ実現したのではないかなあ
と、改めてこの好運に感謝致します。

***************
私はこれまでどういうわけかいつも肝心の勝負どころでハズしてしまう
気の弱い悪癖があり、輝かしい受賞歴というものは何ひとつないのですが、

今回は便乗企画とはいえ、志のもと(11/30日記参照)
パフォーマンスを企画演出的なことから立ち上げて、
納得のゆく良い形で完成できたという充実感や
そこから新たに頂いた刺激というもの全部含めて

2000年に帰国後以来、ある意味初めて本当の意味で、
かけがえのない無形の賞というか
ご褒美を頂いたような気がします。

連日徹夜の激務で現場を支えてくださった横浜市芸術文化振興財団の
KさんFさん始め、スタッフの皆様にも本当に感謝です。
氷上アドベンチャーのきっかけを作って下さったIさんにも本当に感謝です。

自分だけでなく、大変なことやしんどいことも勿論ありましたが、
終わった後でおつりがくる位、良かった!
と言える良い仕事が皆で一緒にできたんじゃないかなあ。

うん、有り難いなあ~ラッキーだなあ。。

ああなんだか自画自賛みたいですが(笑)
でも、楽しかった事は倍増して反芻しといた方がいい。
辛い事や苦しい事なんかはすぐ忘れるに限るけど。

あらら、こんな日記におつき合い下さって
本当にありがとうございました。
  1. 2007/12/13(木) 11:33:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山田海蜂さんとか

12/7の氷上ダンス出演者の中でもひときわ輝いていたのが
アトランタとバルセロナのオリンピックで2回にわたって
日本代表の女子新体操選手として活躍された山田さん。

今回の企画参加にあたっても忙しい中、
一番熱心に時間を作って準備してくださいました。

自分も含めて日本人ダンサー一同、
競技世界でとことん磨かれた身体性に触発され、
また、ご自分のキャリアに奢らず、
謙虚かつ真摯、ポジティブなチャレンジ精神と
美しい笑顔と心に
非常に感銘を受ける事しきり。

打ち上げで伺った選手時代の練習生活のお話に
我が身の甘さを振り返る事しきり。

いろんな意味で存在全てが刺激になりました。

山田さんの意識がこれからどんどん開かれていった時に
彼女ならではの影響力を持って世の中に対してできることが
表現の世界においても、教育の世界においても
本当に沢山あるのだと思います。

天然記念物の白鷺か白鳥か何かのように美しく、そして
沢山の未来への可能性を秘めた貴重な存在として

競技の世界から表現の世界に移行して自分探しをしながら
きらきらと輝いている海蜂さんでした。

素敵なパフォーマンスと笑顔を、
どうもありがとうございました。
  1. 2007/12/12(水) 11:24:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜アートリンク感想

横浜赤レンガアートリンクにて7日の幻の氷上ダンスパフォーマンスが終わって
少しずつ感想や御礼のメールが舞い込んで来ました。

見た人達にもやった人達にもそれぞれ喜んで頂けたようです。

コンテンポラリーダンスの世界では最高峰のカンパニー
ベジャールやフォーサイスと一緒にこれまでお仕事をして来た
超A級プロダンサーのアレッシオさんにとっても、非常に面白く楽しめた現場だったようで
「氷の上のアドベンチャーは踊っていても本当に楽しかった。誘ってくれてありがとう」
と言ってくださいました。

新国立劇場でギリシア悲劇3部作の1部で佐久間良子さん主役の演劇の書き下ろしをなさったり
と大活躍の川村毅さんも、本当に面白がって最初から最後までお付き合いくださいました。

出演の皆さんそれぞれ良い刺激になったようで、御礼を言われくすぐったいことしきり。

こういう一流のアーティストの皆さんが
喜んでくれて楽しく刺激になる現場を創れた事は
アーティストプロデュースとしては大成功だったかな
と思いうれしい限りです。

自分自身にとっても、良い刺激になり、何より気持ちが晴れ晴れとする
壮大なイベントでした。

ダンス業界に告知をしそびれていたこともあり、
それを見て楽しんでくださったお客様のほとんどがおそらくダンス初体験の
横浜観光客だったことがまた面白い。

そこから新しい何かが広がるように、あの日に野外で見たものが実はなんだったのか
といったことも含めて、うまく情報がつながっていってくれるといいのですが...。
その辺の策は横浜市の皆さんにゆだねましょう。

どうか少しでも多くの人にダンスの魅力や可能性が伝わりますように。
  1. 2007/12/11(火) 12:31:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六つゴト再び

横浜氷上パフォーマンスとWSが無事終わり、
昨日はWSの後ダンス学校のコーディネイター、キム校長と帰りに寄った赤レンガで
偶然会った横浜のMさんと3人でお茶して四方山話に花が咲き、
帰りにはアンコウ鍋で盛り上がり解散。

Mさんは今年大学を卒業して今の仕事に就いたらしい。
こういう、普段あまり接点のない人の話を聞くのは面白くてわくわくする。
何故今の仕事を選んで将来どうしたいのか?
人様のそんな昨日今日明日のお話を聞くのが大好き。

そして、戻って夜には秋葉原で印度カレーでプチ打ち上げ。

いろんな刺激や課題をもらって充実できた時間に感謝しつつ
なんとなくホッとしたのもつかの間、
今日は早速
今週末の栗東ダンス公演のリハーサルに入る。

これまでの公演、茅ヶ崎と佐世保の記録映像を見ながら
ハリガネ2人、雁首並べて
最終調整。

  1. 2007/12/10(月) 20:12:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中学生WS(ダンサーの必要条件)

横浜のお仕事が続いております。
今日はZAIMというところでユースワークショップ。

中高生対象でしたが、今日は中学生1年と3年。

この年頃の1年2年の差というのは、身体的には本当に大きいものです。

その開きの中で何を教えるかというのはなかなか難しいことですが
今回のテーマはプロのダンサー情報&女の生き方WSでありました。
***********************
ダンスを専門職として、特にダンサーとして幅広く活躍できるようになるには
3つの能力を磨いていかなければなりません。
1。与えられた振付(動き)がきちんと踊れること
2。与えられた条件に沿って自分なりの動きを作って提示できること
3。即興(インプロビゼーション)ダンスができること。

**********************
1の振付が踊れるためには、練習&トレーニングあるのみです。
やりたいダンスがすでに決まっている人は、自分の理想の動きや活動にできるだけ近いこと
をしている先生についた方がいい。

2の条件に沿った動きを創るという作業は特にヨーロッパのカンパニーなんかでは当たり前の様に
要求されることです。振付家から「こういうイメージで」とか「こういう条件で」とかリクエストが来て、それに対してすぐに反応できないといけない。自分の中にいろいろな引き出しがないとできない。

3の即興というのは、その場で創る自分なりの動きです。これができると2もできるし、振付家にもなり得る。身体能力に加えて、意識とか心とか精神的な自由さがないとなかなか身体は動きません。最初は恥ずかしかったり、途方に暮れたりしますが、一度これができるようになると、実は一番楽しいことでもあるのです。繊細で大胆で視野が広く聡明でないとできない。

大体において、人生だって日々の暮らしだって、即興じゃないですか。
何食べる、誰と何話す、どの道通る、、そんなことです。

********************

今日はそのほんのさわりだけをちょっとずつやったのですが
何だか伝えそびれたことも沢山あるような気がして、
終わってからも頭の中で言葉や思いがぐるぐるしました。

まだティーンエイジャーの時期にダンスに出会って
面白いと思えた人達はラッキーです。
その幸せを末永く楽しみ続けて人生の幸せにつなげていって欲しい
そう思います。
  1. 2007/12/09(日) 22:43:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

語りと眠りの1日

昨夜のオープニングからずっと打ち上げは続き
3回しか合わせていないとは思えない見事なパフォーマンスを披露した面々が
夜明け近くまでお酒も飲まず、和気あいあいと話は盛上がり、
なんだかとっても良い時間を過ごしました。

その横では、リンク上の映像と照明の最終調整が夜明けまで行われ、
一応オープニングパフォーマンスをやらせて頂いたことでもあるし
挨拶がてら夜明け前に赤レンガに再び独り戻ってみたが、
現場は時間との戦いで最後の詰めをしており
なんだか緊迫していたのですごすごと帰って来ました。

映像って本当に大変なんですねえ。
その甲斐あってか、美しいインスタレーションができあがってきたようです。
でも、きっと創る立場としては、まだまだやり足りないことが本当はあるのでしょう。

「夜明けが来るのは一般には希望溢れることのはずなのに
外で映像を仕込む人々にとっては、太陽が昇ってしまうと作業ができなくなる
というある種絶望的な時間でもあるわけですなあ。。」
と、主催の担当のKさんが詩人のようにつぶやいておられました。

濃い~日々でした。
本当に素晴らしい経験でした。
実施できて本当に良かった。
どうもありがとうございました。

連日の徹夜作業で緊迫した表情のK太さんも、この夜明けの後、
一眠りしたら笑顔が戻るのでしょうか。
そうだといいなあ。

私も朝起きて、お昼までさらに朝ご飯を食べながらおしゃべりしていましたが
午後には横浜を後に再び東東京に戻り、夕方家に戻って泥眠しました。

眠りは何よりの休息です。
  1. 2007/12/08(土) 22:11:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中学高校生のためのユースダンスワークショップ

2007年12/8(土)&9(日)
14:00-16:00
ダンスのワークショップをします。
@ZAIM 401号

横浜関内駅より徒歩5分

一般1000円
学生500円

横浜市芸術文化振興財団
「みんなのダンス学校」係
045-221-0212
http://www.yaf.or.jp

ダンスをはじめとした芸術活動を積極的に市民イベントや教育に力を入れている横浜市。
芸術力を伴った市民力強化の効果は、きっと早くて数年後、ゆっくりでも10年後20年後には
確実に現れてくることと思います。
  1. 2007/12/08(土) 14:28:36|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜アートリンク オープニングイベント制作メモ

昨夜はゲネの後、今回のリンクでの常設インスタレーションを手がけている高橋匡太チームの
映像と照明の調整作業が朝まで続き、
私も横浜に泊まり込みで様子を伺っていました。

日没から日の出までの時間しか作業ができないので、大変そう。。

なので、結局オープニングの合わせもゲネではダンスを見ながら様子を見て頂いて
後はぶっつけ本番。
でも、川村さんの台本をもとに音楽担当の松本氏が作ってくれたパフォーマンスの進行表が
しっかりしているので、それに合わせて常設作業の合間に匡太さんも映像と照明の用意をしてくださったようです。

さて、夕方、川村さんも到着して、お化粧で様変わりしたダンサー達にOKサイン。
衣装&メイクの力です。

私は横浜メリーさんの役だったのでつけまつげバッサバサで厚化粧だったので
子ども達に怖がられるかと思っていましたが、案外皆平気で、こちらがびっくり。

子ども達は今日はさらに可愛さ爆発です。

ダンサーチームもそれぞれ割当のキャラクターになり切り、
大勢のお客様に囲まれての本番を充分に満喫しました。


ダンサー情報:7人以下登場順
誰が誰だか知りたい方は以下の通りです。*********************

■「水と油」という今は休止中ですが人気のマイムのグループメンバーすがぽん
(最初に登場してマイムをしていました)
http://sugapon.at.webry.info/200712/article_7.html

■日本に来る前は欧州で、20世紀のモダンダンスの巨匠モーリス・ベジャールカンパニーや
フォーサイスカンパニーで踊っていた世界的ダンサーのアレッシオ・シルベストリンさん
(白い帽子にコートで背の高い不時着した星の王子様役)、

■アトランタ&バルセロナオリンピックで新体操女子選手だった山田海蜂さん
(美しいミニスカートでセレブ風な女性ソロを踊りました)
http://homepage2.nifty.com/miho-y/

■ロンドンのラバンセンターでデュプロマ取得後、日本だけでなく、
香港やパリなどでも活躍のコンテンポラリーダンサー松本大樹さん
(中盤に唯一の着物で酒精役)

■23歳でダンスを始め、アメリカ、マレーシアなどで踊ってもいたJOU
(ハマのメリーさん役で着物の大樹氏の後に登場、赤い靴などで踊っていました)

■舞踏家笠井叡家の息子さんで最初はブレイクダンスからはじめ
最近はコンテンポラリーダンスへ幅を広げ活躍中の笠井瑞丈さん
(後半に迫力のスーツ姿で登場)

■モダンダンス、コンテンポラリーダンス界では大活躍の上村なおかさん
(最後の方にショートパンツにピンクの網タイツ姿で登場)
http://naoka.blog48.fc2.com/
*******************
パフォーマンスプロデュース/演出というか諸々コーディネイト:JOU
台本/演出:川村 毅
http://kawamura.eplus2.jp/
映像:高橋匡太
衣装:岡崎イクコ(ロッカワークス)
舞台監督:村田 明
http://blogs.yahoo.co.jp/akira_shinagawa

音楽:松本充明

振付:台本進行に合わせて、ダンサー各自で動きを作りました。

*********************
■制作メモ:

ストラクチャーインプロビゼーション(構成及びルールのある即興ダンス)
という方法で作られた作品です。
大まかな外枠、出発点とゴールをJOUが作り、
外枠の中の諸々の要素や世界観を川村台本が提示し
それを共通言語としながら衣装やメイクが決まり
ダンサーが各自の動きや関係性を作り
そこから出て来たものをさらに外から川村チェックしてもらいました。
それらの作業を見ながら常設映像の仕込みをしていた匡太チームが
パフォーマンスの為の映像&照明プランを作って
そして、本番。

ただし、これは演劇ではないので、台本を説明するためのダンスである必要はないのです。
台本のお話を伝えるためのダンスではないのです。
台本を知らない人がダンスだけを見た時に、面白いと思ったり、何か感じてくれたり
触発されたり、感動したりしてくれたら、それでいいのです。

言葉にならない部分を身体で埋める。
言葉で説明できなくても、見ていて何かどこか腑に落ちる。ハッとする。心が打たれる。
それが、コンテンポラリーダンスの醍醐味だと思います。
  1. 2007/12/07(金) 23:51:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜アートリンク☆オープニング

横浜市開港150周年プレ企画
横浜トリエンナーレ2008連動企画
YOKOHAMA PERFORMING ARTS COMPLEX

横浜赤レンガ倉庫前広場
屋外アイススケートリンク

ART RINK in 横浜赤レンガ
オープニングパフォーマンス

2007年12月7日(金)17:00-17:30

氷上で踊ります。滅多に見られない組み合わせ♪
夢のコラボレーションイベントです。

パフォーマンスは15分位。寒いので暖かい服装でお越し下さい。
リンクの中程で踊りますのでオペラグラスあってもいいかも。

演出構成:川村毅/JOU
映像:高橋匡太

出演:アレッシオ・シルベストリン、上村なおか、笠井瑞丈、
JOU、すがぽん、松本大樹、山田海蜂

音楽:松本充明

  1. 2007/12/07(金) 22:47:06|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜氷上ダンスゲネ

暗くなるのを待って、初めて氷上の舞台に乗りました。
川越からスケートの子ども達も20人駆けつけてくれました。
幼稚園から小学校4年生。
本当にかわいい!!
そして、このスケートクラブからはジュニア選手権チャンピオンなんかも出ている位
優秀な子ども達らしく、スケートのレベルはかなり高い。

滑りの順番を振り付けて、最後の方にくるくるスピンをしてもらったら
おおお。すごい!回る回る!!

練習時間が少ないので、きっととっても不安なのかもしれませんが、
失敗したとしてもリンクで滑るその姿がキラキラしていて、
それだけで充分に魅力的です。

ダンサーの方も、普段は一緒に踊った事のない、畑違いの実力者揃い。
同じ舞台に上がる(しかも氷上!)という経験を心から楽しんでくれて
こちらも少ない合わせ時間の中、任せて安心な実力を十二分に魅せてくれています。

衣装のO崎さんが台本に基づいて用意して下さった
各ダンサーのキャラクター設定もこれまたいい感じで、
そういうキャラ設定のあるダンスというのも普段あまりしないので
それもまた楽しい。

台本をお願いしたK村さんも、先日は新国立劇場のギリシャ悲劇の台本など書かれたりしている
大先生なのですが、今回の試みを心から楽しんでくださって、
先日4日のダンス稽古と今日の演出にも楽しそうにお付き合いくださいました。

皆がわくわくしている現場。最高です。

明日が楽しみです。
  1. 2007/12/06(木) 23:39:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。