jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

街角で部屋の中であるいは風が動いた時何もない時
ふとした瞬間に

いろんな言葉やストーリーの断片や感覚が
ふいと浮かんでは消える。

いろんな情景や色や形や匂いをしていて
心にぐうっと近づいては離れて消えてゆく

シャボン玉みたいな泡みたいな

その瞬間を捕まえてちゃんと再現できる
あるいは再現しているかのごとくそれらしき形を作れる
そういう人をアーティストと呼ぶのでしょうか。
**********************
さて、そういうアーティストと呼ばれる人達の多くは
この資本主義社会でも泡みたいなもんです。
ごく一部にはビジネス的に成功している人達もいますが。

で、その小さな存在の個々が自分たちの小さな世界で一生懸命。
そんな印象を受けるのは私だけでしょうか。。
世の中の多くの人々は「コンテンポラリーダンス」という言葉すら知りません。

自分の世界を確立していくことも大切ですが
広く世間の中で「コンテンポラリーダンス」ができることや有益性
を、世間にわかってもらえるようなやり方でアピールしていくこと
それは個人個人で奮闘するより力を合わせて何かやった方が絶対いいと思う。

その為の意識作りと言うか下地作りとして
言葉のやりとりで会議なんかするより
きっとダンサー同士、一緒にお客さんの前で力を合わせて踊る
とか、そんな肌擦り合わせのコミュニケーションの機会がもっと必要なんじゃないかなあ。
**************
オムニバス公演で同じ舞台に立っても、
どうしても自分の作品の完成に気を取られて他の振付家との
コミュニケーションは一歩引いたモノになるし
誰か1人の演出や振付けの下に雇われダンサーとして出演する時には
上下の関係や責任の所在が明確だからその間には隔たりがある。

それなら、全員対等にライブセッションで即興していく
とかね。
ある種の同じ盆に乗るというか
それぞれが船頭みたいな責任感を持って同じ船に乗るというか。
*****************
即興ダンス(インプロビゼーション)というとこれまでぐだぐだな公演が
多かったため、見る方も踊る方もどうしても二の足を踏みがちだけど
個人の身体能力や引き出しの豊かさ、意識の広さ深さが充分にあれば
本当に面白いものが生まれるんです。

多少の構成演出は必要かもしれないけど。
全体のルールなんかを構成された即興のことを
ストラクチャーインプロと言います。

そういう機会をもっと作っていったらいいんじゃないかな。

という構想の下に、いろいろな人に呼びかけているのですが、
今回の横浜赤レンガ倉庫
アートリンクのオープニングパフォーマンス
では、それがじゃあ実際どういうことか?
という試みを実際にやってみる
ということなわけもあります。
*************
いろいろなやり方が有ると思うけどまずは一例として。
とにかくやってみる。
それが大事と思う。

私が思う可能性が少しでもそこに現れて、
誰か他の人にも見えてくれたら
業界的にも、次の新しい一歩が展開するんじゃないかな。

それを期待しつつ、そうなれるように自分にできること、頑張ります。
*****************
自分の心に浮かぶ泡は
舞台の上の自分作品だけでは収まらないのかもしれないなあ。
そこには「まずはオレオレ、自分自分」みたいな力強さや求心力がない分
理解されにくいし弱いのかなあ。
でも、自分一人じゃ絶対に何も実現しないことばかり。。

などと思う今日この頃。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/30(金) 14:49:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道々

さて、行く先々で活躍しているかのような印象を受けがちなJOUですが
実は行く先々で巧みに道を阻まれあるいは閉ざされてもいるわけです。

おそらく基本的にJOUが躍り出ることに対して
面白くない気持ちを抱く人々がどこかにいるらしく
その仕事に引っ張り上げてくれた人に対して
「なんでJOUなんかを」と文句を言ったり
あるいはつまりは
デキてるからなんじゃ?とかいう噂をされたり...
本人もびっくりな話だ。

なんてことがあるのかないのか
まあ、そういう時に、大物がバックについていてくれたりすると
風当たりもないんでしょうが~いいなあそういう人。が、しかし
細腕一本
どうも風当たりを受けやすいキャラなのか?
口のきき方悪いし可愛気ないし態度でかいし...(反省)

いつも思うが本当にコミュニケーション下手。
ばばばバカバカ馬鹿。

最近では、大義名分といいますか
大志といいますか
自分を売ってなんぼということより、
何か世の中の役に立つとか、ダンス界が発展するとか
それぞれの枠や壁を越えてできること、
そんなあれこれを考えたりそのための何かをする
自分の欲を捨てて広義の利益を考える
そんなことが気持ち良い。

誰に頼まれたわけでもないのに。
つくづくおめでたい。
何やっとんじゃあ。とも思いますが

時には自分勝手で独りよがりに空回りしてるよなこともあるでしょうが
自分にできるコトを世の中に落としてゆくことで
寿命を全うしたい思いが強いです。

願わくば天命を全うして安らかに昇天したい。。(祈)

でもまあ、来年はもっと真剣に精進しよう。今も真剣だけど。
自分の身体と思う存分深々とつき合いたい。
そして心がもっと逞しくなれたらいいのに。
  1. 2007/11/29(木) 01:23:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自主練

今日は都内某所で12/7に備えて
「即興は苦手」と言う
すがぽん&山田、そしてJOUの自主練日。

身体能力の高さもさることながら
人間性の高さとでも申しますか
初対面とは思えないなごやかさで
真摯かつ面白く取り組む姿に
清らかさ漂う時間が流れ、思わず心洗われました。

さらに全員揃ったらどうなるんでしょう。
楽しみです。

衣装のOさんも駆けつけてくれて
衣装イメージも頭に入り

よっしゃ、これから各自作り込みです。

川村テキスト、改めてもう一度読んでみる。
  1. 2007/11/28(水) 23:12:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜イルミネーション

氷上ダンスの打ち合わせに横浜桜木町に行くと
元東横線の改札部分で
京都のY下君が週末の公演のリハーサルをしていた。
相変わらず植物のような素敵な風貌の人。

数日前に行った時はキムが赤レンガ倉庫前で月を見ているのに
遭遇するなど、世間は狭い。あるいは横浜に人は集まる。

赤レンガ倉庫までの道はすっかりクリスマス装飾。

ここは観光&デートコースなんですよねえ本当に。

普段は袖もすり合わないような人々を集めて

同じ船に乗せる

そういう試みが今回のアートリンク氷上ダンスです。

ひょんなことから関わらせて頂くことになったこの企画。

いろんな売れっ子さん達に片っ端から声かけて

全く返信のない人、やる気はあるがすでに仕事が入っていた人等々多々通過後

たまたま空いていた天が与えたもうた偶然の組み合わせが

今回のダンサーの皆さんです。豪華です。

それに演劇界川村毅が加わり、映像高橋匡太のリンクインスタレーション世界で踊るわけです。

JOUはそうしたパフォーマンスの大枠についての演出構成プランとプロデュースを担当し

諸々仕掛けベースを作りましたが、

現場入りして後は

パフォーマンス演出をどんと川村さんにお任せして

自分はダンサー兼演出助手的な立場に身をおいて

映像と演劇とダンスのコラボレーションにがっつり参加します。

いろいろ複雑なレイヤーの中で前代未聞の氷上ダンスとあっては

諸々本当にチャレンジングな試みではありますが

本当に面白い人が集まって来ました。いい感じです。

普段から現場での関わり方により
裏方から表、トップから雑魚的まで
いろいろな立場や角度自由自在に視点を変えられる
自分の特異面も生かされている気がします。

お客さんはダンスなぞ知らん道行く人々がメインであるところも

これまたいい感じです。

頑張ります。ホカロン必須です。

何か立ち上がるか、楽しみです。
  1. 2007/11/27(火) 20:44:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の心

日舞の基礎に触れる。
着物という特殊な衣装の束縛を前提とする動き。

着物を来た身体の感覚は洋服やダンスウェアのそれとは
当然ながら異なる。

軸や重心の支え方の異感覚が面白い。

再発見☆ザ・ジャパン。

その動きをすると、身体の中の日本人DNAが喜んでいたみたい。
  1. 2007/11/26(月) 17:57:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共生

病気と共生

という言葉を聞いた事があります。

完治ではなくて、折り合い付けながら共に生きる。

私もこのハリガネ体と、そして虚弱さとに折り合い付けながら

一度に一つずつ、欲張らず焦らず背伸びせず
丁寧に誠実に、お仕事していきたいですし
そうすることしかできません。

右と左の足を1つずつ前に出すことでしか
歩いてゆけないのと同じように
目の前の1歩。まず1歩。

ちょっとずつでいいから納得しながら。


  1. 2007/11/25(日) 14:27:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

来年の下見

ひょんなご縁で来年ご一緒させて頂くことになりました。

来年の会場下見。

小さなプロジェクトではありますが

非常に楽しみです。

そして、ここの会場オーナーが

久々にお目にかかったあっぱれなご婦人でした。

素敵だわあ。

豊かな老後だわあ。

こういう人生のセンパイを拝見しますと

本当に元気になります。

素敵なオトナは存在しているだけで

実は社会の希望,光です。

その点では社会の宝物、コドモ達と同じかもしれません。

いるだけで周りが輝きます。
  1. 2007/11/24(土) 22:20:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アートリンク自主練

来月の氷上ダンス企画のテキストが

演劇界の大先生、K村さんから上がって来ました。

早速ダンサー&スタッフの皆さんに流すと

...むふ。

愕然 騒然 唖然 にやり

皆さん、テキストを前にいろいろな反応をされたようで

まずは滑り出し好調

とでも申しましょうか。

今日は、そのテキストを前に、

出演者のひとり元オリンピック日本代表YMさんと

自主練の名の下に長々おしゃべりして

最後は一緒に温泉に入って帰って来ました。

  1. 2007/11/23(金) 23:50:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチ浦島

昨日寝倒し今日もお昼近くまで意識を失い
今日はちゃんとご飯を食べて
午後ちょい外に出て人と話しました。

それから片付けやら何やら
気がつくと日は沈み
気がつくと
あれっ;
今日は22日?

夜公演を見に行くとか
言ってたような気がしましたが
時既に遅し。

すみません。
ゆっくり休ませて頂きます。

明日の午後はリハーサル。
これは忘れちゃなりません。
頑張ります。

  1. 2007/11/22(木) 19:51:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

充電日

旅行中の洗濯をしてから
飲まず食わず1日寝倒しました。

心と身体の充電、睡眠療法。

ONとOFFの差が激しき今日この頃。

頑張ったもんなあ~。。

それでも以前の様にバッタリ倒れて悶絶することがなくなったのは
日々の心のこもった手料理お食事のお陰です。ご飯は大事。(感謝)

そして日が暮れた頃、打ち合せ連絡等々、
電話やらメールやら少々。

夜はご飯を食べて再び寝倒れ。。
貯蔵の効かないハリガネ体型には必須の充電time。
食う、寝る。
大事です。
生きる基本だわあ。
  1. 2007/11/21(水) 16:28:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平戸~佐世保~長崎

実は昨日の島訪問で
フェリーで着くなり密かに涙しました。

埠頭を自転車ですれ違ったおばあちゃんの顔が
10年前に亡くなった自分の鹿児島のおばあちゃんになんだか似てたのね~。

ただでさえ懐かしい九州の風景に
そんなリアルなフラッシュバック。
思わず涙です。

10年経って普段は何事もなくケセラケセラと生きてるというのに
こんなことでまだ泣ける。

思いがけず心の深淵に触れた気がしました。

今日は小学校に出勤のKさんと佐世保で別れ、
お昼の便で帰るK太さんを長崎空港にお見送りして
E部長とI藤さんとJOUの3人で
さらに車で1時間の長崎市内へ。

まずは美味しいお昼ご飯!
どこがおススメか全く見当がつかなかったので
元長崎美術館館長のIさんに電話し直撃インタビュー。
月曜日のお忙しい時でしょうに親切に教えて下さいました。

で、茶碗蒸しの老舗でどでかい茶碗蒸しを食し、
長崎美術館の美しさに踊り心をくすぐられ
グラバー園にかつて住んでいた貿易商会を営む
オランダ人グラバーさんと奥さんのツルさんの
日本の幕末の歴史における功績を知り

なんだか心晴れ晴れと大きな気分になって
1日観光を満喫し、濃くも楽しい休暇をともにした
アルカスのI藤さんと空港でお別れして
E部長と2人、角煮肉まんをほおばりながら
身も心も満タンになって東京に戻りました。

  1. 2007/11/20(火) 23:05:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

踊りに行ったぜ!

本番&打ち上げ終わって3時半に就寝。
翌朝8時前に同じ公演でソロダンスを踊り
8月と直前と2階に渡りWSして現地の人々と作品を作り
WS受講生に大人気、昨晩は最後まで飲んでいたY崎K太さんから元気な電話。

延泊組の遊び計画の始まりであります。
K太さん、部長、アルカス佐世保のI藤さん、WS生のKさん。そして私。

9時のフェリーに乗って佐世保から20分。
小さな島の小学校分校見学。
こちらには今日の最終便で帰る予定のA子さんも便乗。

訪問先は、WS生の中で地元の小学校の事務員をしているKさんの職場でもあります。
島の小学校でたまたま今日は、音楽の特別演奏という催しがあるらしく
着くなり男性は体育館でピアノの移動に駆り出され
私はその横で
休み時間中だった10人余の全校生徒の何人かから
「何弾くの?」
と声をかけられ
「ダンス」...

彼らの様子があまりにも屈託なく
心に直球ストレートで入って来たので
こうなったら
折角だから、こんな踊りもあるんだよと
この子達に見せて帰らにゃあ
という気持ちが沸き上がり
Kさんに「踊る」「踊りたい」「踊り見せたい」
とぼそっと言うと、
早速校長先生に掛け合って下さり
とんとんと話しは進んで
次の休み時間に体育館に再び集合してもらえることに。

突然の展開だったので
「踊りたければJOUが踊ればいい。見てるから」
という選択もできたでしょうが、
朝早くて頭が回っていなかったのが幸いしたのか
ダンサーの皆さんも快くというかボケボケ巻き込まれてくださり
4人が夢のインプロ(即興)ダンス共演。

短い時間でしたが
コンテンポラリーダンスという言葉と存在を紹介し、
4つの違う身体がバラバラに
あるいは共鳴し合いながら踊る様を見てもらい
最後は子ども達も一緒に踊り出し、

小さいながらも純度の高い状態で
自分の中で夢見ていた
インプロというダンスを通して
やりたかった理想郷が
思いがけずこの時に実現しました。

産みの苦しみのなく、ポロっとね。
気がついたらそこにあった
そんなさり気なさで
そう、確かにそこにあった。

個々の作品や世界観を売り出すことだけじゃなく
踊りという共通項を使って力を合わせて
目の前の踊り知らない人々に踊りの魅力を
働きかけてゆく
それも同時にやっていけたら
世の中もっと豊かになるんじゃないかしら~?

今回の旅の一番の思い出です。
Kさん、学校の先生方、そして一緒に乗っかってくださったアーティストの皆さん
本当にどうもありがとうございました。

宝物の時間でした。

皆帰りのフェリーに急ぎ足で向かう道々
「これが本当の『踊りに行くぜ』だねえ!」
と、突発的に起こった
半ばゲリラ的やり逃げダンスパフォーマンス
わくわく感の余韻を共有し
短くも濃い~島の訪問でした。

自分が、自分に出来る事で、誰かのために何か残せた
と思えることが確かにできた
ささやかなる幸せなお宝時間。
  1. 2007/11/19(月) 23:03:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

佐世保本番

昨晩はリハーサルの後、出演者皆で夕ご飯を食べ
遅くに寝ましたが

今朝は10時から劇場に入り、昨日の手直し。

スタッフの皆さんはアルカスの職員らしいのですが
本当に献身的に協力してくださり
「それはできません」などと切られることもなく
細かい注文にも力一杯応えてくださいました。

一緒に作っている感ばっちりで
なんだかうれしかった。

もっと良くするにはどうしたらいいか
作品は小さなスタジオで初演されたので
そこでちょうど良く演出できていたことも
場所が大きくなると通用しないこともあり
演出方法の踏襲だけでは本来やりたかったこと
見せたいことが伝わらない部分も出て来る。

根っこの部分を成立させる為には
一度葉っぱの部分を切り捨てて
再び根っこに沿って新しい器で
映えるにはどうしたらいいのか
を考えださなければならない

そういう作業を茅ヶ崎から引き続き
試行錯誤しているわけです。

アルカスの皆さんがおそらくわけもわからぬまま、でもすっと
そこに一緒に乗ってくれたような気がしてとってもうれしかった。

ふたりで舞台に乗ってしまうと客席からチェックできないのが辛いところですが
そういった時に客席で見守って下さっているJCDNの
Sさんのアドバイスもとても心強かったです。

作品は作り手だけでは成立しないし育たないものです。
いろんな人に助けられて育っていく。
きっと、子育てなんかと一緒ですな。

御蔭様でお客様には楽しんで頂けたみたいです。

地元参加のおばさまSさんから

「心に衝撃を受けました。私の友人達も皆、また見に来たいと言っていたから
是非また来て、その時は連絡してもらったらいいですよ。そしたら皆見に来ると思う」

という有り難いお言葉を頂きました。

今回,佐世保で2回目の再演ができて、本当に良かったと思います。
皆様、どうもありがとうございました。

  1. 2007/11/18(日) 23:00:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

踊りにいくぜ 佐世保公演

JCDN 踊りに行くぜ

佐世保公演

11/18(日) 15:00開演

アルカスSASEBO イベントホール

料金 一般前売り 2000円 当日2500円
   学生前売り 1000円 当日1500円


予約問い合わせ:
アルカスSASEBO TEL 0956-42-1111

http://www.jcdn.org/

出演

遠田誠 + JOU(東京)
白井麻子(東京)
山崎広太(東京)
yummydance(松山)

他、地域でのWS作品を上演

オムニバス公演です。

北九州、楽しみです♪
  1. 2007/11/18(日) 12:59:27|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大物ブラックリスト?!

鳥取の時よりは1時間遅いとはいえ
8時羽田ということはなんだかんだ6時半過ぎには家を出なければならんわけで。
兎に角、1時間前には羽田につき、とりあえずチェックイン。

ところが、

昨日は結婚披露パーチーの祝杯で盛り上がったんでしょうなあ
E部長、出発15分前のギリギリ到着。

しかも、多忙な彼は舞台で使うテーブルを先に佐世保に送ることにまで
気が回らず、
スーツケースを引っぱり、小脇にテーブルを抱えて羽田に。

すでに荷物のチェックインは閉め切られ
大荷物を抱えてとにかく搭乗口へ。

ところが、まるでお約束の様に
手荷物検査で部長の所持していたアーミーナイフがひっかかり
さらに時間が経過。

機内入り口で再び手荷物の件で怒られ,
なんとか座席に着いたものの
時既に出発時間の20分遅れ。

さらに10分ほど待って
結局30分遅れで出発したのは
全て私たちのせいでした。

同乗の皆様、本当にご迷惑おかけ致しました;;

長崎空港へは予定の20分遅れで到着。

よって、空港からの乗り合いバスも待たせて
全て遅れ遅れで物事は進みましたが、
バスは特別に高速道路を走り
結局佐世保に着いたのはほぼ予定通りの12時過ぎでした。

そのまま劇場へ入り、リハーサル。

いやはや、なんだか随分と大物ぶり発揮な出だしでございました。

本当に本当にごめんなさい;;
  1. 2007/11/17(土) 23:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都政案

東京都の政策でどなたか是非改革して欲しい件がある。

都内に住んで表現活動をするということは厳しい。
稽古場所の確保もままならない。

ちゃんと予算のあるお仕事の場合はいいのですが
コンテンポラリーダンスの舞台なんて大体において
高いスタジオレンタル代なんて払えないような
ボランティア感覚な仕事が多いので
各区役所の所有する区民施設の集会所のような場所を使う人は多い。

ところが、こういった施設は区民のアマチュア団体やサークルが対象で
登録をしてそれが審査/受理されて初めて使える。

使用規定も5人以上とかね。

で、実際1人や2人で稽古したいときなんかは非常に困るわけです。

インディビジュアルアーティスト支援制度

みたいな特例使用規定を作って
一人で細々踊ってる人やなんかはそこに登録すると
区民サークルと同じように使えるとか
あるいは他の団体が予約した後空いた枠を無料で使えるとか
そういうシステムを作ったら
表現芸術関係はずいぶん充実してくるんじゃないかしらー。

三鷹市なんかは5人以上の使用
という枠はありますが、
登録団体の使用料そのものが無料らしいです。

どなたか宜しくお願いしますわあ。
  1. 2007/11/16(金) 23:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き直し

今週末の佐世保公演に向けて
先週の茅ヶ崎の課題も踏まえつつ
「六つゴト」リハーサル再び。

明日はコンテンポラリーダンス業界のホリプロともいえる某大手プロダクションに
所属するスターダンサーカップルの結婚披露パーチィーがあるとかで
同じ所属の相方のE部長は、宴会出しもの芸の準備に余念がない状態で到着。

私も明晩の体調どんなだかに若干の不安がある身ゆえ、
せめてお祝いだけでも今日のうちに部長経由で渡しておくか~
などと準備していたらリハーサル遅刻してしまいました;

いやいや、いかんいかん。遅刻はいかん。
祝い事の前にはついついたがが外れてしまうようで
本当にすみません。

が、しかしお互いリハーサルはゆるりとながらきっちりやりました。

セッションハウスという小さな器の中で生まれた作品の濃度を保ちつつ
大きな器での再演、どうするか。
再挑戦です。
楽しみです。佐世保。
  1. 2007/11/15(木) 18:52:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寛永寺公開

上野の北にある寛永寺。

特別公開に賜り、5代目と8代目の
徳川将軍の御霊前を拝んで参りました。

お寺のご住職さんのお話にほうほうと耳を傾けていると
会を仕切っていた台東区の職員の方から
「JOUさん?!」と声をかけられびっくり!

以前セッションハウスで御見知りおきしたらしい。
踊る職員が勤務しているとはさすが、台東区。

青色住宅の人々のイメージが強い昨今ですが、
こうしてみると
上野公園一体の美術館やら点在するお寺の数々やら
古くからの文化の色濃い台東区の奥深さに
改めて感心した1日でした。

東トウキョウ、やっぱりええですわあ。
  1. 2007/11/14(水) 22:45:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

洗濯日和

さて、穏やかな秋晴れの今日は
諸々冬の企画の連絡を取りつつ
お洗濯に励む。

これで今週末の佐世保公演の旅支度もバッチリである。

昨日は本当に疲労困憊していたらしく、
お腹も空かずひたすら寝倒しましたが
充分な睡眠の後にお蔭様でようやく食べれる状態にまで回復し
S先生から頂いたお祝いの器に煮物をよそって頂くも旨し。

明日は念願のお寺のご宝物拝見。
楽しみです♪
  1. 2007/11/13(火) 17:45:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静養日

久々の晴天。

洗濯物の続きをしたいーーと思いつつ
眠りの世界にて静養。

充電。

時々目覚める時にわずかに残っている
いろんな夢の記憶のかけらが愉しかったです。
  1. 2007/11/12(月) 15:29:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々発汗

昨晩は打ち上げで盛り上がり、
帰りそびれたM下M樹嬢を部屋に泊めて
朝、10時から横浜でリハーサルという彼女が起き始めた横で
まったり構えていたら、ふいに携帯コール。

10:30amからのバレエジュニアクラスの外人講師のWS通訳を
久々に引き受けていたのをすっかり忘れていたらしい(@0@)

日時や名前のメモリー機能に多少の障害がある私は
数年前にも自分のリハーサルをすっかり忘れて他の仕事を入れ
ダンサー達に大ヒンシュクを買った苦い経験などから
メモリー機能に関しては自分を信じる事を辞め
何か先のことを頼まれるときは
「念のため事前に確認の連絡ください」
といつも人様を頼り予防線を張っておくのである。

電話を頂いていて良かった。本当に良かった。
いやはや、電話が9時。間に合う最後の電車が9時22分。
無事に乗って1時間後にはスタジオへ。
ギリギリセーフな道中、久々に発汗。

  1. 2007/11/11(日) 16:56:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キラキラ

茅ヶ崎公演無事終わりました。

朝9時に劇場入りして、最後の手直し。
4作品のオムニバスなので、限られた割当時間を
必死で使いながら、ダンサーにできること、照明、音響、舞台監督さんにお願いする手直し、
思いつく限りのことをしました。

お蔭様で、無事好評に終わりました。

まだ間に合わなかった部分もありますが、
それは次回。来週の佐世保までの宿題です。

地元の小学校の先生が6年2組の生徒さん達の何人かを連れて来てくださっていて
かぶりつき最前列での子ども達の素直な反応がとてもうれしかったです。
客席がキラキラしていました。

授業でもないのに劇場へ子ども達を連れて来てくださる
そんな素敵な学校の先生のいる茅ヶ崎という地域はとても素敵と思いました。
そのことがなんだか本当にうれしかったので、
アフタートークの後にそのまま客席に下りてご挨拶しちゃった。
先生、どうもありがとうございました。

最後のアフタートークのQ&Aでは、その6年生の中の1人から
「今までに一番辛かったことはなんですか?」
という質問まで頂きました(笑)。

私は「辛かったことは忘れてしまうのであんまり覚えてないです」
と答えたのですが、後で思い出しました。

人を攻撃したり、人を押しのけて先に行こうとしたり
人の足を引っ張ったり、悪く思ったり...
そういうことをしたり思ったりする人が近くにいる時や
自分が少しでもそんな気持ちになってしまった時
嫌で嫌で仕方なくなります。それが一番辛い。

他人の事どうのこうの思う前に
自分の好きな道をひたむきに邁進して
毎日キラキラしてる人ばっかりになったら
世の中どんなにか暮らしやすいだろう
といつも思っています。

  1. 2007/11/10(土) 15:00:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

踊りに行くぜ

11/10(土)18:00開演
茅ヶ崎市民文化会館 小ホール
http://www.chigasaki-arts.jp/hall/
0467-85-1123

JCDN全国パフォーマンススペース間のダンス巡回プロジェクト

初参加第一弾でし。
お近くの方はぜひ。
  1. 2007/11/10(土) 12:14:56|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

創籍と創作

本日、茅ヶ崎入りする前に朝、区役所に届け出を出して来ました。
新しく本籍を作って、相方が筆頭者になり、
私の名字が変わったわけです。

手続きが終わると窓口のお姉さんはやおら立ち上がり
90度のお辞儀をしながら
「おめでとうございました」
とおっしゃいました。
 
ほほう~恐縮。

して、茅ヶ崎では「六つゴト」の最終ツメ。
「小劇場」とはいえ、大きな舞台に広々とした客席。
受け入れの財団の方は皆さん笑顔の眩しい気持ちの良さで満ち満ちています。
そおして、茅ヶ崎といえばサザンオールスターズ。

などと少々開放感に浸りつつも

器が変わると中身も変わる。
チャレンジ魂満載。
時間との戦い。

こういうツアーでは、独りじゃないっていいなあ
などとつくづく思います。
ハリガネ2人、最後の知恵を振り絞ってがんばりまっす。
  1. 2007/11/09(金) 23:33:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ明日

さて、暮れのイベントの打ち合せは続き
昨晩はようやく諸々びっくりどっきり答えが出たところで
最終調整をかけつつ

午後は明日からの踊りに行くぜ
「六つゴト」ハリガネデュオの最終リハーサル。

昨夜は某ダンサーカップルの結婚パーティーの
余興のための出しもの練習で盛り上がり
そのまま飲み明かしてしまったという
シニア体にむち打ってがんばるE部長と
へこへこ練習に励む。

明日はいよいよ茅ヶ崎ざんす~。
楽しみだわあ。

茅ヶ崎2泊3日の旅。
行ってきま~す☆
  1. 2007/11/08(木) 22:37:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職人耳鼻科

どうも鳥取で鼻風邪を引いたらしく
ぐすぐす具合悪いので
ここは一発、そう、一発で治す名医
神田西口の某耳鼻科へ。

相変わらずシニアな医院である。

看護婦さんがちょっぴり若返り
でも、東京とは思えない今時珍しい素朴な娘さん
という言葉がぴったりな。

そう、ここのお医者さんは昔ながらの鼻に管を通し
ずいいい~っとお掃除して泣かせてくださる
荒治療。

ほぼ毎回、一発で症状は改善してしまうので
「1週間くらい通いなさい」
と言われても通った試しがないのである。
ごめんなさい。。

いつも処方してくれる
薬局調合の点鼻薬は、もはや他に比類を見ない逸品であ~る。
  1. 2007/11/07(水) 22:25:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

線路は続くよどこまでも

東京に帰って沢山の打ち合せや連絡をしなければならないのに
週末の茅ヶ崎の練習やらなんやら

とにかく、眠いです。

でも、今日の稽古ではとりあえず、繋がった~!!
再演に向けて、作品も一歩前進したような気がします。
本番が楽しみです。

明日は稽古中休みで打ち合せDayです。
諸々連絡遅れている皆様、すみません。

がんばります。
  1. 2007/11/06(火) 23:58:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

無事帰宅

朝7時に宿を出て砂丘へ。
広すぎる砂の上を十分に歩いてから
9時10分の飛行機で鳥取から羽田空港へ。
空港には思いがけず朝なのにMさんやKさんがお見送りに来てくださって
とってもうれしいびっくりでした。

機内でしばし意識を失いバク睡。
羽田空港で大荷物とともにガッツリご飯を食べてから
一度家に帰って荷物を置き、
少し休んだら
早速リハーサルへ。

そして夜9時にリハーサルが終わり、
その後には打ち合せ。

眠いです。
意識朦朧。
  1. 2007/11/05(月) 23:25:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4日目本番

あくびをかみ殺しながらバスに乗り、
朝10時に劇場に入っていくと、
9時からすでに舞台は始まっていて
今回の会の中心となっているダンスコングの皆さんが
朝一番で踊っていました。
学校の先生をやったりしながら、忙しい合間を縫って
集まっては練習し、また、会の運営なんかもしながら
こうして公演を実現しています。

その姿を見た瞬間に、再び涙腺がうるうるしてしまいました。
このひたむきさ。美しいです。

一番最後まで毎日がんばって、一番最初から活動しているというのに
楽屋にはお手製のお芋煮なんかあったりして
それもまた感激ひとしお。

心が洗われる思いでした。

30人近くの若さ爆発「3days+」も増々勢いを増し
洗練されてどんどん形になって成長して来ました。

他の作品も、ろうあ学校の生徒やシニアの市民の皆さんの純粋な動きに
心底打たれました。

魂の洗濯に来たみたいだわあ。
清流で洗われた都会のゴミみたいな気分です。

なんだろう。ダンスでできる社会的なこと。
大上段に構えなくても、ここでは日常の中ですでに当たり前の様に
慎ましやかにきちんとできている。

参加できて本当に良かった。
素晴らしい時間を、どうもありがとうございました。
  1. 2007/11/04(日) 22:53:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳥取市民文化祭参加

2007年11月4日(日)
15:00開演
鳥取県民文化会館 小ホール

主催:こころとからだのharmony実行委員会
0857-31-5130

鳥取の全世代の踊る人々が集い舞うひとときに参加して参ります。

昨年に引き続き、松本大樹氏とのコラボレーション
鳥取ダンサーズの皆さんと現地でクリエイションします。

何ができるか楽しみ楽しみ♪
  1. 2007/11/04(日) 00:00:00|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。