jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハロウィン

アメリカでは大騒ぎなハロウィンですが
今回は全く片鱗もなき場所にて
温泉を満喫しております。

そして今日はなんと出雲大社まで汽車の旅。

念願の出雲ですよ(幸)
大社の足下のおそば屋さん、ちょい歩きますが、美味しかったです。
さらに海岸まで歩き、美しい浜辺の小島にある小さな神社の足下で
戯れて来ました。

住宅の並ぶ路地を歩いて戻る途中で
小学生の子ども達に「こんにちは」
と屈託なく挨拶されて
これまた感動。

清々しい1日でした。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/31(水) 23:33:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯治

湯で治すと書いて「とうじ」と読みます。
今日は1日のんびりお湯に三回。
温泉町をぶらりと歩いて1日が過ぎました。

まさに、命の洗濯日。

懐かしの人との電話は別だけど
時折、東京の知らない人との連絡電話が
気持ち的に非常に浮いて思えます。
  1. 2007/10/30(火) 23:30:45|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早朝便

早朝1便とは、羽田発7:10am。
朝5時半に起きて出かけましたわ~。

8時過ぎには鳥取空港へ到着。
懐かしのS先生とえっちゃんが出迎えてくださいました。
久松山の麓経由で遅めの朝食をして
えっちゃんの車で早速鳥取周辺の神社巡りをしながら
三朝温泉へ。

ここの当時のお宿のお湯は本当に、今までで一番のヒットです。
また来れて本当にうれしいです。

そんなこんなであっという間に1日は過ぎてゆきました。
  1. 2007/10/29(月) 23:19:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不在届けー鳥取篇

明朝7時の飛行機で鳥取に2週間。
湯治&コラボレーションパフォーマンスです。
この機会に温泉ときれいな空気で体質改善して参ります。

昨年も苦労しましたが、ネットがほぼつながりません。
携帯はつながるということは昨年実証済み。
が、しかし、寄りに寄って携帯の調子が悪い。
メールは問題ないのだが、電話がかかってきても鳴らない。
取ろうと思ってボタンを押しても取れない。
どんな電話も全て不在着信になってしまう。

よって、全ての電話をこちらからかけ直さねばなりません(涙)。
しかも着信音は鳴らないけど目覚ましセットしようとすると音が鳴り止みません。
こんなことってあるんでしょうか?

電話の場合気づくまでに多少時差はあるとは思いますが、
不在期間中御用の際は携帯までご連絡下さい。
メール受信ならオッケーでっす。たぶん。これ以上電話が壊れなければ...(祈)。

さてさて、
三徳山、再び。
登りまっせ。
  1. 2007/10/28(日) 22:37:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

面白い人面白い縁

面白い人。
お笑い芸人のことだけではありません。
面白い人。ユニークな人。興味をそそる人。刺激を受ける人。

こういうお仕事をしていると
面白い人に出会う確率がかなり高いです。

毎日の出会いが知らない間に積み重なって
頂くお名刺の数も気がつけば相当な量になっています。

面白い縁。
その場限りの出会いもあれば
ずっと続いてゆく出会いもあります。

全く音信不通だったのに数年の時を経て再会したりすることも。

例えば、先日の文学座の公演の時の舞台監督さんは
7年前に帰国して初めて、野和田恵里花さんも含めた日本のダンサーさんに
振り付けた作品を俳優座で上演した時の舞台監督さんでした。
お互い名刺交換もしていなかったのですが
最後に映像に紛れて全裸になるシーンがあって上演するかどうか大問題になり
最終的に舞台監督さんの判断に任せるということで一件落着したのですが

文学座の現場の合間にそんな思い出話しをしたところ、
お互い「もしやあの時の?!」となったわけです。

本当に不思議な感覚でした。

恵里花さんは信じられないことに
この春もうこの世にはいなくなってしまって

「何故彼女が生きているうちにもっと話をしなかったのだろう?」
と、常々つい余計な気を使って遠慮してしまいがちな自分の軟弱さに
時を経れば自然とそういう時間が来ると悠然としていた自分の横着さに
時折、逝ってしまったというもはや取り返しのつかない事実に愕然と我に返り
地団駄踏みたくなる思いに襲われるのですが

でも、彼女の縁がひょっこりいろんな所で生きています。

「エラい人は亡くなった後も仕事する」
と彼女の大学時代の友人の方曰く。

本当に、その通りと実感することしきり。
面白い人には面白い縁がついています。
野和田恵里花、本当に偉大なる面白い人でした。
  1. 2007/10/27(土) 11:08:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一日千両

千両とは約八千万円のことらしい。
一日千両がゆきかう吉原
とかそんな風な言い回しで使われる。

景気の良さそうな話である。

それとは少し意味合いが違うけど

今日という日はもはや昨日ではない。

明日という日ももはや今日ではなく

日々同じように時が流れてはいても

今日は今日でしかないわけで

今日やっても明日やっても同じこと

も沢山あるかもしれないけど

やっぱり今日は今日なんだなあ。

今日やるべきこと

今日やりたいと思ったこと

そういう気持ちは大事にして

実行してゆきましょう。

今日は今日しかないですから。

今日の千両は明日の千両とは違うのですからねえ。

ふぃとそんなことを思いました。
  1. 2007/10/26(金) 08:31:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どぜう

久々の駒形どぜうです。

初どぜうの若者ちさちゃんに
どっぷり割り下臭を染み込ませ
新米をたらふく食べて
帰りました。

お米、旨いです。

日本人で良かった。。

と思う瞬間。

食事と温泉。

ひんやりとした空気に暖かいお湯が気持ちいい季節になって来ましたね。

来週は温泉ツアーです。湯治です。

仕事もするけど。

人生の垢をきれいさっぱり落として参ります。

楽しみ♪
  1. 2007/10/25(木) 22:32:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

六つゴト

超多忙な売れっ子E部長とのハリガネデュオ
お疲れの頭と身体にむち打って
久々のお稽古。

金沢、広島、京都と国内各地での話と
私の演劇体験話とリハーサルの合間にそれぞれの四方山話で
お互いの時間のブランクを埋めつつ
作品を掘り起こしてゆきます。

久々の再演の為の稽古は、身体が自然に覚えている箇所と
ぷっつりと記憶が空白になっている箇所と
とぎれとぎれのシナプスを辿っているかのようで
本当に面白い。

「身体が覚えてる」
って言葉は、一歩間違えるとエロ小説でも使えそうな表現だけど
「あ、そうそう!これっ」って身体が思い出した
その瞬間の何とも言えない感覚とか、
人間の身体と記憶って、つくづく面白いです。
  1. 2007/10/24(水) 17:42:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

準備

猛暑が嘘のようにめっきり冷えもする今日この頃。
でもまだなんとなく気分は「暖かい」
こういう時こそ風邪に注意ですな。

さて、このところ、冬の企画の準備をしています。
メールしたり電話したり
なんだかんだで時間が過ぎてゆきます。
夜は新宿で打ち合せ。
久しぶりのコマ劇場前待ち合わせ。
何時来ても不思議な場所だわあ。
噴水を埋めてしまったのはいつ見ても違和感。

裏路地に入って台湾料理。
豚足、苦手な記憶があったけど食べてみると意外と美味しい。

来週は鳥取温泉ツアー。
楽しみです。

準備準備。今週はいろいろ準備の週。
  1. 2007/10/23(火) 21:55:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご褒美マッサージ

お芝居でのパフォーマンスというものは、大体のところ
汗をかいてへとへとになるような踊りはしないが
長時間集中力を要するので
なんだかんだ終わると結構疲れてる。

台詞とか空気とか
いろんなことを汲み取って動くわけで。

で、まあ今日はそんな本番を終えて自分にご褒美。
マッサージに行ってついついバク睡。

良く寝たわあ~(至福)。
  1. 2007/10/22(月) 22:32:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッキー☆

名作ガラスの動物園の千秋楽が終わり
ほうっと一息。

通常、こういう公演の最終日は日曜日なのだが
今回は金土であったので
今日は日曜日。

1日得した気分です。
ラッキー☆

お疲れモードにむち打って
かつて野和田恵里花氏主宰のバオバブ公演で一緒だった
M浦君率いるグループのダンス公演を見に吾妻橋へ自転車を走らせ
なつかしワールドに再会。

お芝居の後ではなおさら不思議な気分。
ダンスってなんだろう。
ダンスワールドってなんだろう。

終演後はそのまま横浜へ移動して
打ち合わせ。

頭の中がどこかしらボケボケして
異次元感覚を抱えながら
忙し気にお得な日曜日が過ぎてゆきました。

昨日一昨日ご来場の皆様
本当にありがとうございました。

愉しかったね。
  1. 2007/10/21(日) 22:10:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガラスの動物園千秋楽

今日は2日目にして千秋楽。
マチネ(昼公演)とソワレ(夜公演)と昨日の初日と
それぞれお客様の層や反応が微妙に違っていて
とても面白かったです。

素敵なお花やお茶菓子も頂き、ありがとうございました。

舞台の裏を支えるスタッフさん達皆さんが
それぞれとても細やかに熱心に素敵にお仕事をして下さったことも
有り難かったです。

何より、未知の体験がわくわくな「ガラスの動物園」公演でした。
楽しかった~。

どうもありがとうございました。

  1. 2007/10/20(土) 23:23:55|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ガラスの動物園」初日

太陽の光が見えたのは朝だけで,今日は
晴れ女の私としては珍しく、雨の中の初日明けでしたが
大勢のお客様に来て頂き
無事に初日が明けました。

「高校演劇の皆さんに名作を見てもらいたい」
という三陽商会さんの企業メセナ(舞台芸術支援)としての公演なので
客席には沢山の若者の姿も。

上演の時間の経過とともに客席と舞台が打ち解けていった感じが面白かったです。

アンケートの多くには私のことを「白い人」と書かれていました。
お芝居と一見異質な存在でありながら
物語や空間の合間をたゆといながら紡いでゆくかのような感じが
随分と印象に残ったようです。

まあ、ある意味そりゃそうです。
だって、登場人物でない正体不明の人間がうろうろしているわけですからねえ
気にならないわけがない(笑)。

とはいえ、お芝居の一部になれて良かったです。

そういえば、私も観客として見たダンスの舞台で
一番最初に印象に残った公演で
踊っていたのが
「白い衣装の人」
だったことを思い出しました。

アメリカで暮らしていた頃のことです。

当時の私にとっての「白い人」は
その名前もその時の作品も音楽も振付も
何ひとつ具体的に思い出せませんが、
卓越してしなやかで美しい身体の動き一挙一動に
終始惹き付けられたことと
その印象深い身体性だけは
感覚として
今でも鮮明に覚えています。

不思議ですね。
  1. 2007/10/19(金) 22:35:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ガラスの動物園

「ガラスの動物園」
原作:テネシーウィリアムズ
翻訳:小田島雄志
構成/上演台本:野田治彦

演出/案内人:小林勝也(文学座)
出演:赤司まり子。松岡依都美。粟野史浩。川辺邦弘。JOU。

10/19(金)
19:00 開演

10/20(土)
13:00 開演
17:30 開演

SANYO HALL
外堀通り沿い四ッ谷と市ヶ谷の間徒歩5分

主催:株式会社三陽商会
問い合わせ:文学座企画事業部 03-3351-7265
限定ご招待。JOUブログ扱いでお申し込み下さい。

まあ、ダンス的にはそれほどガッツリ踊る舞台でもないですが
皆さん文学座の素敵な役者さん達で
名作「ガラスの動物園」に挑みます。

コンテンポラリーダンスを取り入れての演出はこれまでなかったそうですので
貴重な実験的舞台になるかと思います。

1930年代が舞台の、1940年代に書かれた戯曲ですが
親子関係や登場人物の様子は
今の時代にリンクする要素が沢山あって
台本を読み込んでいくのがとても面白いです。

お席に限りはありますが
粋な三陽商会さんの企業メセナ企画で、
演劇教育プログラムの一環でもあり
基本は限定御招待の入場無料公演です。
素敵ですね。
コンテンポラリーダンス業界にも
こういう企業サポートが出てくるといいなと思います。

この機会に、是非!
お時間ありましたら、どうぞお越し下さい☆
  1. 2007/10/19(金) 12:17:15|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

公開ゲネ

今日は昼と夜の2回、公開ゲネをやりました。

文学座の関係者のお客様の前でプレ公演です。

今回のお役目は演っていて本当に面白いです。
名前のない変化自在な存在です。

台本の台詞に書かれきれない行間のようなものが
体現できれば成功かなと思っています。

ハッキリと言葉にならない感覚を身体で表現する
言葉にならない感覚でそれを受け取る
それがダンスの醍醐味でもあるわけですし。

台本の言葉がようやく身体に染みてもきました。
毎回いろいろな発見があります。

明日明後日、ご来場できる方はどうぞお楽しみに。
  1. 2007/10/18(木) 22:50:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チェックとギャップ

ビデオカメラに通し稽古を録画して
帰宅してからセルフチェック。
1回の通しだけでテープ2本。2時間。
チェックするのも結構時間がかかります。
とにもかくにも、一度は必ず見て、
傾向と対策を練って翌日の現場へ。

そんな日々も今夜は休憩。
照明を作りながらの止め通しだったので
録画しなかったからです。

そういえば、お芝居で「抜き稽古」というと
途中のシーンだけを抜いて稽古する
という意味です。
ダンスでもそういう「抜き」はやりますが
「マーキング」
つまり、踊りを100%でやらず、力を「抜いて」
段取りやタイミング合わせで通してみる
というのが照明作りの時は多いので
つい、スタート前に聞いてしまいました。
「これ、ちゃんと演るんですか?」
「?」

考えてみたら、
お芝居で力を抜くって、それほどできないんですね。
台詞を「マーキング」ってわけにもいかないし。

役者の皆さんはもちろん、いつでも「ちゃんと」演じていました。
「抜き」方の違いもあるんだなあ
とちょっと独りで密かに面白かった。
芝居開始直前の小さなカルチャーギャップ。
新鮮でした。
  1. 2007/10/17(水) 22:32:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お墨付き

今日の2回目の通し稽古には
O田島先生??この戯曲の本家本元的翻訳の大先生であり、よって
宇野重吉さんがトム役を演じられたという舞台なども含めて
20本以上の「ガラスの動物園」をご覧になっているエキスパート??
が自ら見にいらして
一同密かに緊張な瞬間でしたが、
終わってみるとなんと。
パフォーマンスもお芝居も
お褒めのお言葉と
暖かくも鋭いご指摘を頂き
一同、有り難くもうれしいことこの上無く
全員に向かってどんと背中を押して頂いたような
そんな気がしました。

休憩前の1幕最後に演る月のダンスのシーンでは
いろいろなバージョンを試しながら
試行錯誤の最中だったのですが、
思い切って一番おふざけバージョンでいってみた所、
意外に好評を頂きました。

いいのかしら~?

帰りには、O田島先生を囲んで一杯。
満州の話から文学座の創始者の創始者の方のお芝居のお話まで
時代を遡るお宝話しを拝聴。
結構長く飲んで食べてお話ししましたが
かように残られることも珍しいのだそうです。

照明合わせは明日からで今日は素明かりでの稽古だったのですが
どうしてもスケジュールが都合つかず、今日の観劇になったとかで
本番見れない事を残念がっておられました。

もう80歳近いらしいのですが元気イッパイ。
良いエネルギーを沢山頂きました。

舞台に対して非常に的確にツボを心得えて尚かつ励ましになるような
そういうシンプルで率直で嘘のない、でも暖かい物言いがとても印象的で素敵でした。
自分が70,80にまで生きているならば、
そういう物言いができる大人になっていられたら良いなあと思いました。

明日は照明と合わせます。楽しみ♪
  1. 2007/10/16(火) 23:12:32|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞台は皆でつくるもの

昨夜のビデオセルフチェックで傾向と対策を考えては来たものの
いざ通してみると、そりゃ、他の出演者の皆さんの台詞あり音楽あり
間合いだなんだかんだ、いろんなライブ要素を鑑みながら
自分を動かしていかねばなりませぬ。

舞台の上の役者さんのお芝居と
音響のFさんの音入れのタイミングと
それだけじゃなく、
照明やら衣装やら
いろんな要素のバランスと関係の中で
ひとつひとつのシーンが立ち上がってゆきます。

自分のやる事が決まったからといって油断は大敵。
一瞬一瞬にアンテナを張り巡らせて
嘘のない瞬間を作っていかなきゃですわ。
  1. 2007/10/15(月) 21:24:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ本番マジか?

本番間近となって参りました
「ガラスの動物園」

今日は通し稽古をビデオにおさめて帰り
自分で自分にダメだし。。

最後のひと絞りだわあ。

明日から毎日2回通すそうです。

最後の最後まで丁寧にしぶとく
そう、傍目にはわからないかもしれない細かいひとネタを
ちょっとずつ作り込んでいきます。

折角の機会です。
満喫して楽しまなくっちゃ。
  1. 2007/10/14(日) 23:33:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンタクトインプロ

アメリカ在住時代はNYの合宿WS&ショウイングまで参加してなかなか濃い~時間を過ごしましたが
日本に帰って以来めっきりやらなくなりました。
ハリガネ体型がコンタクトの心地よさを邪魔するということも原因のひとつかも。

でも、体験したコト無い人は一度してみるといいかも。
新しい感覚が開けます。

江東区南砂町の真島バレエスタジオでは毎週土曜だか日曜だか忘れましたが
割と定期的にコンタクトインプロのWSとジャム(フリーお手合わせ)をやっています。
興味ある方はどうぞ。

Eri Majima Ballet Studio/Dance Emerge
5-9-5 Kitasuna Kotoku Tokyo 136-0073

Tel.03-3646-5558
Fax.03-3646-5592
http://www.t3.rim.or.jp/~emajima/
  1. 2007/10/13(土) 12:47:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四ッ谷のごま塩

明日は稽古休み。
今日は照明のMさんが再び見にいらして
1回止めながら全部通したら、それで終わってしまいました。

お芝居って、上演時間が長いからお稽古も長くかかります。
今回は前半後半それぞれ1時間弱。合計2時間。

踊りのシーンの1つ1つはそれほど長くありませんが
なんだかんだ出たり入ったりするので気が抜けません。

取りあえず、演出的には絡みは全部決まったので
明日のお休みに見れるようビデオを回して
細かいところは明日研究。

帰りに四ッ谷界隈で久々に皆さんと寄り道。
飲み屋横町のような通りには背広姿のサラリーマン密度濃厚。
女性の姿は皆無。。赤飯とごま塩みたいな比率でした。

  1. 2007/10/12(金) 23:20:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

声量

声の通る人はいいなあ~。。
どうしたらちゃんと耳に届く声が出せるようになるんでしょう?

小さい頃から隣近所の迷惑にならないようにと言われ
恥ずかしがりでもあったので
人前で大きな声を出す事という身体機能が欠落しています。

この2、3年、努力の甲斐あって?
マイクでは少ししゃべれるようになりました。
地声に底力のある人がうらやましいです。

来年の課題かなあ~。。(笑)
もちろん踊りもがんばりますけど。

どなたかいい方法あったら教えて下さい。
地声に底力をつける方法。
  1. 2007/10/11(木) 22:33:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京湾岸バレエ団

キンモクセイの香る季節がやってきました。
去年の今頃は吾妻橋のアサヒスクエアでの稽古場カフェに毎日通う道すがら
この香りを感じたのを思い出しました。

コンテンポラリーダンスを題材とした連載漫画を描く為の取材で知り合った
漫画家の朔田先生を、その後、あちこち連れ回し
事ある毎に色々な人にご紹介させて頂いたのもその頃です。

この業界、意外と最初は皆さん人見知りなので、
この紹介作業は少しはお役に立ったのではないかと思います。

で、どこの世界でもそうですが、一度顔見知りになれば、後は楽チン。
先生もお一人でスイスイぐんぐんと取材の海へ泳いでゆかれました。

気がつけば1年。
私がワクワク心躍る日々に惚けている間に
連載漫画は1冊の単行本になって出版されました。

講談社コミックkiss699巻
「東京湾岸バレエ団」第1巻
朔田浩美

現在でも引き続き
one more kiss
という講談社の偶数月刊コミック雑誌にて
好評連載中!

お近くの書店でぜひ!
390円。

そういえば、「コンテンポラリーダンスのマンガとか誰か描いて~」
なんてことも昔日記に書いていたような記憶が...
OH YEAR!願いが現実になりましたわあ。びっくり。

これで、この雑誌の購読者の方には
コンテンポラリーダンスとは何ぞやということが、
少なくともその存在が、
認識されるわけです。

うれしいなあ。

朔田先生、素敵案ダンス漫画を産み出してくださって、どうもありがとうございます!!
これからも引き続き、頑張って下さいっ♪
http://www.sakuta163web-the-left.com
  1. 2007/10/10(水) 09:49:49|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

文学座☆乱入ダンス

さて、今日は午前中にいろいろな電話をして
午後から夜まで「ガラスの動物園」のお稽古。

音楽が入って、できてきたお芝居がまたひとつ変わって
ダンスの乱入シーンも随分と決まってきました。

気がつけばあと1週間で本番。
早いですねえ。

演出のK林さんも週末に新国立劇場の出演お芝居が終わったばかり。
それまでの期間は、本番の前や後にお稽古に来ていました。
パワフルですわあ。

今日は衣装も届いて試着をしました。
衣装を着けるとまたお芝居が変わりそうで楽しみです。
  1. 2007/10/09(火) 23:43:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バレエの先生の為のコンテンポラリーダンスWS

そんなWSを頼まれたので
横浜ランドマークタワーの見える会場で
2時間ばかりやりました。

会場には全国から集まった先生方で大盛況。
地方の銘菓もどっさりで、ほくほくなWSでした♪

10年ぶりくらいにピラーテスの達人、 日本語ぺらぺらのH先生にも
クラスの入れ替わりにお会いできたのもうれしかったです。

*******

バレエとコンテンポラリーダンスの1番の違いはいろいろありますが
大枠で言うと、

身体の軸を垂直に保ち、重心をつま先から足に寄せていくことが
全ての動きの原則であるバレエに対して

身体の軸が垂直だけでなく斜めや横、オフバランスと
自由自在に変化し続け、
重心も足の裏だけでなく手や頭や胴体など
身体全部の場所に移動させながら動く自由性もある、
というのが、コンテンポラリーダンスと言えます。

そんな違いを体験して頂くべく、
そして何よりも枠に囚われず、そのまんまの身体を実感して
その身体と仲良く遊んで頂きたく、

そんな2時間を致しました。

********

自分と仲良く自分と遊ぶ。
そんな人達が増えたら
世の中もっと楽しくなると思います。

今日もわくわく心躍るOdorujouな1日でした。

明日からまた、お芝居への乱入ダンス稽古も頑張りまっす☆
  1. 2007/10/08(月) 19:14:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プチフェスタ当日

夢の島プチフェスタ
親子国際交流イベント詳細:

http://yumenoshima.yokochou.com/event/event.html

**************

さて、前日から泊まり込み、当日は朝6時から準備をして
それでもギリギリ間に合わせた感のある
当イベント。
知らない大人同士が集まって、修学旅行と文化祭イベントを
再び体験しているかのような、なかなか興味深い面白い体験でした。

当日は気持ちの良いお天気に恵まれ
お蔭様で担当パフォーマンスもWSも大成功!

江戸里神楽の若山社中はオープニングパフォーマンスで
重要無形民俗文化財のさすが堂々たる芸を披露してくださり
大人も子どもも惹き付けられて集まってきました。

初めてのコンテンポラリーダンスパフォーマンスは
インプロセッションを25分位やりましたが
こちらも青空の下、のんびりと過ごしていた人達に
面白がって見てもらえました。

今回の私の声かけを機に初結成のダズドダブの2人は
かなり気合いを入れてのデュエット作品15分。
がんばって良い第一歩ができました。
コンテンポラリーダンスならでのは不思議ワールドに
ダンスを見た事ない人達もしばし魅入ってくださった40分間でした。

親子WSのお母さん達も本物のママさんダンサー親子と一緒に
遊び感覚で身体を動かし、30分はあっという間に楽しく過ぎました。

元オリンピック新体操選手山田さんの子どもリズム体操も
体操をやっている子ども達に加え、
楽し気にやっている様子につられて
飛び入り参加した子どもも加わり大盛況に終わりました。

今回私の知り合いでお願いしたパフォーマンスの
カポエラとチアリーディングのグループも
普段はしっかりとしたプロの集団なので
こちらはアテンドは他のボランティアスタッフにお任せ。
諸々至らない対応も気にせず、会場をバッチリ盛り上げてくれました。

快く特別に今回参加に応じて下さった皆さんには
しばし頭があがりません。。本当にありがとうございました m(_ _)m

ビジネスの仕事でもそうですが
パフォーマンスや芸術の世界でもプロって、
歴然とした差で、本当にすごいです。
特に小さい子どものうちに、パフォーマンスや芸術作品において
本当に良いものを見せてあげたいなあ。
そこから磨かれていく感性は、必ずや未来のパワーとなり財産となります。

教育的な企画においては、企画運営する側が
そういうことをもっと評価して認識して欲しいし
物品予算だけでなく、プロの技を持った人への人的予算というものを
きちんと確保した形でのイベントが
これからもっと増えていくといいなあと思います。

自分の、本当に独りよがりで自分勝手な「社会貢献」願望をこっそりやろうと
そんな心づもりで始まったことでしたが
ふと気がつくと結局のところ
影に日なたに、内に外に、
あまりにも沢山の人達を巻き込んでの実現でした。
つくづく、人間て独りでは何もできないですねえ。


感謝と懺悔で一杯。。


それと、今回のもう一つの目標は、
自分のダンスをアピールすることよりも
自分の知っているダンサー達も含めて

ダンスなんて見た事ないという人達に見てもらって
「ダンスって面白いかも」
と思ってもらえたら
その存在を知ってもらえたら
という思いでもあったので

今回のボランティア実行委員の人達や
来場したコドモ達、お父さんお母さんの中の
何人かの心に届けば
それで良し
と思っています。

そういう意味でも目標達成できたかな?


そしてその後四谷に移動して、
お芝居の照明スタッフ見せのための通し稽古に参加し
家に直帰して速攻泥眠。
  1. 2007/10/07(日) 09:58:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢の島プチフェスタ

「ダンス以外の人々に混じって
ボランティアで社会貢献したいなあ~

どうせやるなら
子どもの未来に役立つ事とか
これまで海外でお世話になったことの間接的な恩返しとか

自分に出来る事で何かないかなあ~」

などと考えていたら
「ボランティア実行委員募集!」
の東京都教育委員会のチラシを区の施設で目にして
応募してみたのが今年の春。

あの時はしばし時間に余裕もありましたが
今じゃなんだか忙しく
「副委員長」の肩書きが申し訳ない位の乏しい出席率となってしまいましたが
他のボランティアスタッフの皆さんに大いに助けられながら
なんだかんだ仕事の合間にがんばってはいます。
当日は本業のお仕事も断り、1日ボランティアで最後までやり遂げたいと思います。

お時間ある方はぜひ遊びにきてください☆
お待ちしております。
軽く踊りもします。たぶん。
10:10-10:30 江戸里神楽(若山社中)
11:30-12:00(親子WS 講師:佐藤昌枝)
12:30-13:30(コンテンポラリーダンス パフォーマンス)
14:00-15:00(子どもWS 講師:山田海蜂)
が担当枠です。

パフォーマンスではダンスなんて見たコト無い~
であろう親子の前で青空インプロセッション♪
ダンス出演参加希望の方、是非ご連絡下さい!(^o^)/

夢の島プチフェスタ
親子国際交流イベント詳細:

http://yumenoshima.yokochou.com/event/event.html


  1. 2007/10/07(日) 00:00:00|
  2. News お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

jelly+

オンワード梶山と三宅事務所のコラボ作品だそうです。
ニットのお洋服ブランド。

そのキャンペーンイベントでちょい踊りました。
Odorujouの衣装を何回か作ってくれた後、
三宅事務所に就職したM英ちゃんの名前をデザイナーさんに言ったら
「知ってる!というか、こないだ仕事で一緒にパリに行った~」

って、本当、世間は狭いですね。
パリコレの出張で行ったそうです。
忙しく活躍している様子、何よりです。

それにしても、朝8時新宿集合の今日のお仕事。
ハリガネダンサー3人集まって楽しかったけど
夜にはかなり眠かったです。

そうそう、振付とパフォーマンスはお蔭様で大好評。
商品イメージにバッチリハマったみたいです。
良かった良かった♪
  1. 2007/10/06(土) 20:05:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お芝居に躍る

ようやっと「ガラスの動物園」の通し稽古に
私のパフォーマンスシーンが決まってきました。

これまではお芝居が出来てゆくのを見ながら
さて、どう関わっていくのがよいのやらと
頭の中で試行錯誤しながら見ていたのですが、
出る場所と出方が決まってくると今度は
一緒に作り上げてる感が出てきてとても楽しいです。

まだ前半だけですが
前後の台詞も覚えなきゃだし
これからの作業は沢山。

ビデオを取って自分で自分にダメだし
する予定が、セットしただけで
撮影ボタンを押し忘れていました(涙)
  1. 2007/10/05(金) 19:58:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸里神楽

7日の国際交流親子フェスティバルでは
10時の開会式の後に
重要無形民俗文化財の江戸里神楽
若山社中の皆さんに「寿獅子」(獅子舞)と「両面」(おかめひょっとこ)
を踊って頂きます。

これ、なかなかの逸品です。
ぜひ、早起きして見に行く価値ありです。

さて、私は明日のお仕事ダンスの諸々やらなんやらで
今日1日があっという間に過ぎてゆきました。

この連休が終わるまでは
目まぐるしくあちらこちらと
振付、ダンサー、講師、コーディネイター、プロデューサー、、、
小さいながらもいろいろな役目をそこかしこで同時平行進行
それぞれちゃんと任務遂行できるよう
がんばらねば。
  1. 2007/10/04(木) 23:25:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。