jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フラッシュバック

今日は稽古前に、LAから来たダンサーに会いました。
懐かしのカリフォルニア英語です。
初めての外国暮らしはカリフォルニアでした。

そうそう、こんな感じの人、イッパイいた~♪
そして、懐かしの西海岸英語アクセント。

昨日に引き続き、記憶のフラッシュバック=☆
蘇る~。。
学校の先生の名前とか同級生の名前とか
昔っからすぐ忘れて思い出せない性分なのですが
ふいにお世話になったCollege先生の名前を思い出しました。
Karen ShanleyとLinda Shelldonel
確か、こんなような名前でした。

Karenは当時でももう結構な年でしたが、今頃どうしているのでしょうか。
まだ生きてるのか~??

恩を忘れているわけではないのですが、その後
感謝の気持ちを何一つ形にしたわけでもない
こんな薄情な生徒をお許し下さい m(_ _)m

その分自分も行く先々で出会うこれからの若者達に
機会ある毎に
自分がもらった恩を返したい
と思うとります。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 16:49:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わお。

久々に香港のユーリンと会い、香港大学の先生と彼のやりとりでこぼれる中国語を
懐かしく聞いていました。マレーシア時代がフラッシュバックするわあ。
脳みそが昔の記憶の断片を少しばかり取り戻したところで
場所を移動して文学座へ。


お芝居のお稽古も少しずつ形になって参りました。

お芝居ができてくると、今度は私の入る場所を作りながら合わせてゆきます。

見ていると、台詞との関係の中で
やはり身体と空間を見てしまうのは
我ながらダンサー的視点です。

今日はお稽古の後、
女優のAさんが稽古場にある台所に立ち
皆で片付けをしているわずかの間に
ちゃっちゃっちゃと見事な手さばきで
タラコキノコスパゲッティを作って下さり
食べながら飲みながら話に花が咲きました。

美味しかったわあ。
お料理の上手な人、大好きです☆

そういえば、マレーシアのご飯も美味しかったなあ♪
  1. 2007/09/29(土) 00:24:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連続打ち合せ

さて、今日は稽古休みですが
打ち合せが場所を変え人を変え
延々と続きます。

でも、それぞれ楽しい人達ばかりなので
いい時間を過ごしました。
が、それにしても、最後の打ち合せ終了時間が25時。

がんばりました。イエイ。

深夜の東東京を自転車で帰宅。
ぷは~☆
  1. 2007/09/28(金) 23:34:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お稽古

さて、SANYO HALLという場所は
元救世軍の集会所だった所だそうです。

ちょうどいい大きさ。
トイレの間仕切りやドアの高さが昔サイズ
つまり、低い感じとか
洒落たタイルのデザインとか
イスの背に付いている小さな木の折りたたみテーブルとか
シックな壁紙とか木の感じとか
いろいろ調和して素敵です。

そんな場所の持つ魅力を受けて
お芝居のお稽古も少しずつ輝きが増してきました。

楽しみです。
  1. 2007/09/27(木) 23:16:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毒ガスに包まれて

今回の現場では舞台監督兼演出助手のAさんと私以外
全員スモーカーなので、気をつけないと
たちまち噴煙に包まれて会話する事に。。

休憩中のお話も皆さん煙を噴きながらなので
一緒にお話ししたいのは山々ですが
煙はねえ~どうもねえ~。。

で、今日はお稽古の後、役者さん達と四ッ谷で寄り道を。
私以外の4人とも毒ガス常用者なので
終盤はかなりの煙度に包まれ
翌朝も衣服や持ち物から煙草臭が。。(涙)

まあ、でも会話は面白かったです。
ヒト様の話を聴くは面白い。
  1. 2007/09/26(水) 23:49:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中秋の名月

本日は十五夜。
月が綺麗でしたねえ。

昨日の疲れもそのままに、朝からインド人ダンサーズは成田空港へ移動。
引率のM氏に成田への道情報をメール送信するなど
私も引き続き陰ながら働いておりました。

そして午後からお稽古。
今回のホールは昔救世軍の集会所だったところなんだそうで
壁紙とかイスの作りとか何気なく垢抜けていてかわいらしい感じ。
メンソレータムの白いエプロンの婦人姿が似合いそうな
不思議な雰囲気の、素敵な場所です。

本番は10/19,20。
それまで、文学座かこちらのホールでのお稽古になります。
両方とも素敵な場所なのでうれしいじょ~。

などとプリティplaceを思いながらプリティな名月を仰ぎ
これまたプリティ美味な最中を食しました。(至福)
  1. 2007/09/25(火) 22:13:56|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜インド人漬け

横浜印度days最終日。
今日は午後から通しリハーサル、マチネ(昼公演)、ソワレ(夜公演)
と1日3回も踊った彼ら。
アーティストとしてではなく、印度人お世話係としての視点から
こうしたプロジェクトに関われて
改めてコトを起こし運営することの大変さを発見。

ソワレでは本番前に急遽アフタートークの司会&通訳を頼まれて
こちらも初体験。
打ち上げ会場の手配やら買い出しの仕切りやらもやることになり
実はそんなことも初体験。
プチ初体験が発作的に続き
合間に冬の仕事の打ち合せ電話などもしつつで
のんびりしつつ何気に大忙し。

お陰でソワレ本番前にジャイに珈琲を手配するのを
すっかり忘れてしまいますた。
ジャイ、ごめん!

懺悔の気持ちも手伝って
終演後には大きな拍手を客席後方より贈りました。

仕事の合間の横浜コミュニケーションもなかなか楽しかったです。
印度人達もジャイ以外は全員日本初体験。

初体験が渦巻く横浜印度Daysでした。
  1. 2007/09/24(月) 22:27:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ペコちゃんはインド人

今日はインド人ご一行と桜木町で夕食を共にしました。
関内から移動する途中の路上で不二家のペコちゃんを発見。

その頭を押すとなんとインド人並に
ヘッドをぐりぐりと動かすではありませんか。

「彼女はインディアンガールであ~る」
とインド人達に紹介するとウケていました。
ほっほっほ~自分でも初めての発見。

外人と一緒に住み慣れたはずの日本を歩くと
新しい発見がありますねえ。
  1. 2007/09/23(日) 23:42:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インド人来日

今日からインド人コンテンポラリーダンスグループ来日。
横浜の関内に泊まって24日に赤レンガ倉庫で公演をして
25日には帰国します。

振付のジャイはロンドンで勉強し活動した後
故郷のバンガロールに戻り
コンテンポラリーダンス学校を創立し
自らのカンパニーを立ち上げたらしい。
年齢はもう40代後半らしいですが
自分もガンガン踊る元気なオヤジです。
  1. 2007/09/22(土) 23:34:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インド人ダンス公演@横浜

ヒト様の宣伝
PURUSHARUTA
9/24(月祝)15:00&18:002回公演
横浜赤レンガ倉庫1号館ホール
前売り1枚¥3000

予約india@dance-media.com
日本人の映像と音楽と舞台照明装置
インド人のコンテンポラリーダンス公演です。

8人のダンサーが踊ります。
これの見えないスゴいところは
インド舞踊全盛なインドにおいて
「コンテンポラリーダンス」を踊る彼ら
家族には反対されてるんだろうなあ。。
  1. 2007/09/21(金) 20:42:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台本の背景

台本を読む。
台詞は今回はなしです(ほっ)。
演目はテネシーウィリアムズの「ガラスの動物園」
1935年位のアメリカが舞台です。

その時代の背景をちょっと調べてみたり
そんな作業が楽しい今日この頃。

それにしても、役者さんって、しゃべるプロですね~。さすが。
よくこんな長い台詞をつっかえずにしゃべれるわあ
声も良く通ってまあ
すんばらしい
などと密かに思う日々です。
  1. 2007/09/20(木) 23:26:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新国立劇場

「アルゴス坂の白い家」
新国立劇場で上演のギリシャ悲劇三部作シリーズの最初は
K村さん脚本のお芝居で始まりました。
明日が初演だそうです。

K村さんの脚本をこれまで拝見していると
いつも軽さと深さとが絶妙に入り交じり
馬鹿馬鹿しいことこの上ないノリの良さで政治や暴力や闇の部分を語り
最後は何故か救いが残って終わるのですが
今回のお題はギリシャ悲劇。
どう終わるのかと思いきや...ほおう。

...それは語らないでおきますが
芝居素人の私でも長編、楽しめました。
S久間R子さん、さすが大女優さんだわあ。
着物的な身体性が美しいです。
衣装はドレスなんですが。。

着物、いいなあ~着慣れたい☆

あとは、身体のこととか声の調子とか
結局、ダンス的要素というか音楽性や身体性のような感覚とか存在の部分だけ見ていて
どこか何かを素通りして見ている自分が面白かった。

新国立劇場、ご興味ある方はぜひどうぞ。
そしてご感想お聞かせ下さい。
  1. 2007/09/19(水) 23:07:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文学座アトリエ

信濃町と四ッ谷三丁目にある文学座は
古い由緒ある木像二階建ての旅館を買い取って
作ったお稽古場だということで
本当に、その中に入ると
どこか懐かしい田舎の家にいるみたいな
不思議な癒しの気持ちになります。

でも、建物の老朽化が進み、
いよいよ新しい近代的な建物に改築されるのだとか。

本物の木の柱とか、天井の天然素材とか床板とか、
昔の家では当たり前でも
今ではもう手に入らないような逸品が
あちらこちら。。。
本当に惜しまれます。

でも、立て直しの前に来られて幸せです。
  1. 2007/09/18(火) 23:18:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総裁選

な~んか、本当に人材不足?!
な感を拭えない日本の自民党総裁選。

あのお二人、本当に対照的な個性で
お生まれも経歴も含めて
どちらも甲乙つけ難いというか、
このままふたりで一緒に二人三脚コラボ政治とかしたら
丁度バランス取れそうな感じですよねえ。

政治改革:史上初の二人総裁制度決行
とかね。。面白そう。
  1. 2007/09/17(月) 23:39:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボランティア

今日は久々のボランティア実行委員会会議に参加。
これは今年の試み「ヒト様に奉仕」活動の一環で
それに加えて自分の生息する業界以外の人々と
何か活動なり作業なりを共にするということをしたかったからです。

狙いはばっちりで、
本当に職業も年齢も性別もボランティア経験値も本当に
多種多様な人が集うひとときで

かような余裕とやる気と能力のある人達に出会うと
日本もまだまだ捨てたもんじゃない
などと思ったりします。

自分の知らないことも知らない世界も
まだまだ沢山あるのでしょうねえ。

楽しみです。
  1. 2007/09/16(日) 23:15:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうひと辛抱

9月1日に初交通事故に遭遇して以来、
最初の1週間はショックで、
次の1週間はおそるおそる
結局ずいぶんと辛抱して
過保護に静養中。

でもいい加減に来週から打ち合わせなど
諸々の社会生活活動が待っている。
幸い本格的に身体を動かすのは来月から。

体力&筋力減退のリカバリーも大変そうだわあ。
まあ、何事も、まずは命あっての
そして身体あっての、ですからね。
有り難い事です。
  1. 2007/09/15(土) 10:51:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大相撲

久々の大相撲であ~る。

最近の相撲界はスター横綱不在につき
淋しい感は拭えないが
観客席に欧米系とおぼしき外人率が高くなった。

日本人のサイズでさえ狭い枡席なのだが
さすが、ユーロ強国。
4人席に2人で座ったりしている。
その様子は有料ビーチにて
くつろいでいるかのごとく。

相撲業界も時代の波が~。

相変わらず愛くるしいのは子どもの絶叫。
「がんばれ~」
絶叫する機会も早々ない昨今、
そうそう、精一杯叫んで国技館を体感しておくれっ。

そういえば、何年前かに、この国技館で
市川海老蔵になる前の新之助演じるヒーロー役の刀の前に
バッタバッタとなぎ倒され(雑魚役ですな)
中村勘太郎演じるかぐや姫と一緒に月のダンスを踊ったのですよねえ。

懐かしく思い出す。
  1. 2007/09/14(金) 21:53:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辞職入院?!

急に総理辞めたと思ったら
やはり入院ですか~。

大変そうなお仕事ですなあ、日本の総理大臣。

一国のリーダーを生むような
人間として地面に根を張り、のびのびと大志を抱くことができるような
教育環境、社会環境が日本には欠けているような気がします。

とりあえず右ならえ、事なかれ主義的な色合いは
昔に比べると随分なくなって
今は個性だの個人の自由だの言うとりますが
それでも、連れション文化は根強いですしねえ。

でも、地道に情熱的に日々闘っていらっしゃる現場の先生方の工夫とか、
学校外からの改革的教育プログラム(特別講師に寄るクラス等)とか

そこかしこでたゆまず頑張っている大人達がいることを幸いにも知っています。
それらの種まきが、数十年後に豊かに花開くことを願いつつ。

わくわく心躍る人々が集う世の中になるといいですね。
  1. 2007/09/13(木) 22:08:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職を賭して

と言われもうたのは政治家でしたが
私の場合、
「食を賭して」

このハリガネ矯正生活

1ヶ月に一度
シメ直す度に食生活に多大なる影響が...。

「ねじれを治しますからこれをはめます」
と奥歯に何かかぶせられたのは良いが
歯が噛み合わない;
先生曰く、
「はい、噛んで下さい」
「...」
「あはは、これじゃ噛めないなあ」
と笑って修正してくれるのかと思いきや
「はい、じゃあこれで」

って帰された後のこの1ヶ月。。
よく物のたとえに使われる表現
「奥歯に物の挟まった」
「噛み合ない」
を地でゆく状況。
これに耐えればいいことあるのか?

耐えるべきか耐えざるべきか?
  1. 2007/09/12(水) 21:51:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輝く未来へ

今日は、特別WSにて
未来に羽ばたくバレエの若者達に
コンテンポラリーダンスのめちゃくちゃさを
体験してもらう。

そう、バレエって、表現的なことは別としても
テクニック的身体的には、ひとつの正解に向かって
精進し続ける狭き門なダンスという面がありますが

コンテンポラリーダンスの正解は無数。
振付家やダンサーの数だけ
それぞれのこだわり=正解とゴールがあるので
ダンサーとして精進し続けるということは同じでも
その行き先は本当に人それぞれ、自分次第。

その違いを楽しんでもらえればと。

いろんな方法や世界観を知って、引き出しを一杯増やして
どこかの大先生の、あるいは誰かのミニコピーではなく、
自分自身の色が出せるように。
自分のダンスができるように。
自分の人生を味わえるように。

で、結局自分が一番楽しんでいます。



  1. 2007/09/11(火) 23:58:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9.10

明日は9.11。
2001年だというから年月の経つのは早いものです。

その日の夜のニュースを見る前の夕焼けの色はよ~く覚えている。
激しい空でした。

この6年間、私は何やってきたんだろう。
世の中に有益な影響力もなく害もなく
大した事もしてはいません。

それでも日々の営みがどこかで何かに繋がって
どんな小さなことでも決して無駄ではなかったと
何の根拠もありませんが
そう思います。
  1. 2007/09/10(月) 14:58:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言いまつがい?聞きまつがい!

駅前を歩いていると、ふいに至近距離、そうパーソナルゾーンに
見知らぬ女性がついっと切り込んで来たので
思わずびくっとして「ひゃあ」と声をあげて驚いてしまいました。
交通事故の後遺症もあるのでしょう。
本当にびっくりしました。

すると真面目そうなその女性は
「(驚かして)すみません」
と丁寧に謝り
「お笑いの勉強しているモノで...」
と言い出した
...のは私の聞きまつがいで、本当は
「手相の勉強しているモノで...」
と言っていたらしいのですが
もはや聞きまつがい妄想イメージが止まらず、
思わず私は彼女の顔をしっかり確かめつつ
「ふわっはっは」
と笑いながらその場を立ち去ってしまいました。

後ろの方で彼女はマニュアル通りにきちんと
「あ、じゃあ結構です」
などと小さな声で言っていたようです。

本日、見ず知らずの他人様にとりました
かような失礼極まりない言動を、ここに深く懺悔致します。

昨夜「金の言いまつがい」を読み、深夜の静寂の中
怪し気に声を立てて笑っていたせいでしょうか。
  1. 2007/09/09(日) 22:37:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再生

このままでは、本当にやばいっ!

と、腹の底からシャンとした途端に、体重少し増加。
再び通った老舗のひれカツ丼のお陰かもしれないが。。

そう、病は気から、とはよく言うたもんです。

仕事がないから具合悪くなるのか
あるいはちょうど暇な時を見つけて疲れを一気に出しているのか
どっちもどっちな感じですが

今週は本当にゆっくり休めたので
この調子で引き続きがんばります。

怪我の方も引き続き治療中。

身体と対話しつついろいろ勉強&研究しつつ独自療法。

新しい発見がありそうな予感。

心身ともに、新しい自分に生まれ変われそうです。

楽しみ~♪

*******
そして随分前に届いていたMさんからの封筒を開けると
奇しくも、今年の1月にYOKOHAMA赤レンガ倉庫で上演した
「アイリメンバア」という小作品のビデオでした。

何が奇しくもかというと、
ここでは初夢の話ししてるのね。
臨終の際の自分が、ひょっこり生き返っちゃって
臨終待ちの人達も自分も、お互いバツの悪い思い
で目が覚めたという...
なんだか、先週の事故といい、ある意味
今年の私そのものぢゃないですか。
生まれ変わり、再生の年なんですかねえ?

それにしても、この作品。
最初のJOUしゃべりは長過ぎてどうもいただけないが、
ダンサー達の踊りの部分、小作品としてはなかなか好き。

横浜では、初演のアサヒスクエアから比べると
衣装もがらりと大人ぽくなって、素敵。

修正を加えて、またどこかで再演したいものです。
  1. 2007/09/08(土) 21:07:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

激やせ?

数ヶ月ぶりに会う人から

やせた?!

とびっくりされる。

確かに、この夏、痩せました;

やばいので頑張って食べています。

どうしたら健康的にふくよかになれるのか?

幼い頃からの課題であります。
  1. 2007/09/07(金) 12:04:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風

今年の猛暑
そしてこのじんわり台風。

降ったり止んだり
切り替えの早さ
メリハリきいていますねえ。
素敵です。

リズム感と言うか詩心のある雨ですな。
一緒に踊り出したくなります。

時速15キロって
自転車のスピードですね。

自転車に乗った雨。
交通事故にはどうぞ気をつけて(笑)。

**************
何か思うように運ばなかったりチャンスを逃したり失意だったりした時は
そりゃ相当がっかりしますけど
後々になってみれば絶対、
うまくいかなかったことがラッキー
と不思議と思えるような結果になっているもんです。
  1. 2007/09/06(木) 00:24:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

治療

しつこいようですが、やはり事故のことは
つい思い出してしまいます。

あの時、もう少しスピードを出していたとか
あるいは車のドアを開けるタイミングが
ちょっとでもずれていたら
きっと、真横にはじかれて隣の車線を越えてしまい
転倒したすぐ上を他の車がびゅびゅんと
通り過ぎていったわけです。

こうした心の衝撃と身体の衝撃は
時間をかけて浸透し、フラッシュバックで戻ってきます。

「何時死んでもいい」とか常日頃思いながらも
こうして好運にも紙一重で生きている無事に対して
「良かった~」
という言葉が自然と繰り返し口をついて出てくる。
面白いもんです。

テロとか、事故とか、自分が紙一重で助かったすぐそばで
明らかに誰かは死んでいる
そんな状況を生き延びた人々の心身の後遺症というもの
改めて思い及んだりもします。

さて、本当にラッキーだった軽症の自分も、
むち打ちの将来の可能性の不安とともに
日々自分の身体の様子を覗き込んでいます。

で、さらに面白いのは、こういうトピックのせいなのか
あるいはたまたまなのかわかりませんが
JOU日記のアクセスが増えてるのね~。

うん、でも皆さん、事故には気をつけましょう。
不幸にもそんな状況になった時には
まずは親兄弟友人知人、経験者の話を聞くことですわあ。

で、治療情報、むち打ち情報、諸々
何かもしご存知でしたらぜひ!なんでも結構ですから
どうぞお知らせ下さいませ☆
  1. 2007/09/05(水) 11:15:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

交通事故捜査課

さて、土曜日にぶつかった車のヒトと
待つ会わせて警察署に行く事に。。

ところが、時間5分前に着いたのに
先に独りで行って事故報告なんか始めちゃっている;

こういう微細なところから他人同士の
信頼というものは失われていくわけですなあ。

で、調書をそれぞれ取って
現場検証をして
後は保険屋さんからの連絡待ち。

現場検証の時は
チョークで書かれた自分の転倒場所の
すぐそばをびゅんびゅん車が通り過ぎるのを
改めて目の前にして、
あと数十センチずれていたら
本当に、今頃 命はなかったんだあ~;
と、つい涙目になりそうでした。

ひゃああ コワイよお。
しばらく自転車コワイっす;

それにしても生きてて良かった~。
ありがたや~。

そして奇しくも今日は祖母の命日。
もうずいぶんになります。
97年の今日の朝でした。

昏睡状態であの世とこの世を行き来していた数日間の中で
私が付き添っていたある日
意識を取り戻して
「まだ生きてるの?」
というので
「まだ生きてるよ」
と言ったら誰にともなく
「ありがとうありがとう」
と祖母が言ったことを思い出しました。

  1. 2007/09/04(火) 15:24:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

事故事後

「それまで平気だったのに突然1ヶ月後に
むち打ちの症状がひどく出て寝たきりになったヒトもいる
だからちゃんと診てもらうべし」
などと恐ろしい話を聞き、

今日、ようやく起きれるようになったので
早めに病院に。。

病院から帰ってやっと
ぶつかった車のヒトに連絡が取れて
急遽会う事に。。

「すみませんでした。誠心誠意対処致します」
とおっしゃりつつも、
「今日の診察費をお支払いしますので、示談で」
と「一筆」をご所望。

検査費が思いの外多額だったので
診察費頂けるのはうれしいが
身体の調子がこの先どうなるかわからぬまま
1回の治療費の保証だけでコトが集結してしまう
その事態には多少の不安が残る。。

とりあえず、何も決まらぬまま
調子悪いので、帰って寝る。

鋼鉄とぶつかって地面に落ちた生まれて初めての体感は
どうやらゆっくりと身体中に浸透していって
その新体験を消化し衝撃を吸収・修復するのには
ただならぬ長さの睡眠が必要らしい。

とにかく、眠る。

いや、本当に、車に引かれなくて良かったっす。
生きてる。ラッキーだわ。
  1. 2007/09/03(月) 15:44:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眠眠

昨日の事故ショックがさらにじんわり
身体にいきわたったのかのごとく
飲まず食わず、珍しくお腹も空かず
今日はず~~~っと眠り続け

改めて身体の繊細さ脆さを実感致しました。

何かこう、眠りの世界に逃避しているのか
休息してリカバリーしているのか
よくできたもので人間の身体と心って
本当、不思議。
  1. 2007/09/02(日) 22:31:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

命拾い

生まれて初めて交通事故
のような体験をしました。

自転車に乗って走っていたら
ちょうど駐車している車のドアが開いて
そこに突っ込むような形でぶつかり
車道に転がっていました。

頭の近くを後続車がかすめました。

こんな風に人生終わったりすることもあるんだなあ

と感慨深く横たわっていました。

車に引かれないで良かった~。

その日はそれからずっと借り着みたいな自分の身体
鋼鉄の物体の前に非力な生身を実感して
何時間もした後からじんわりショック状態が。。

生きてて良かった~。
  1. 2007/09/01(土) 22:31:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。