jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Special Live VOL.4 @ 三鷹天命反転住宅 Mitaka

スペシャルライブ VOL.4 @ 三鷹天命反転住宅
special live vol.4
music and dance

日時 : 2012年2月19日(日) 
19th Feb. 2012 (sun)
会場 : 三鷹天命反転住宅 303号室

OPEN 16:30 / START 17:00 (2sessions)
in advance:2,800 yen at door:3,300 yen (with1dirnk)
定員:限定25名(先着順)

出演者performers:
石川 高 ( 笙 ) Ko Ishikawa
東京生まれ。宮田まゆみ、豊英秋、芝祐靖各氏に師事する。
雅楽団体「伶楽舎(れいがくしゃ)」に所属。笙の他、正倉院復元楽器である竿(う)や、雅楽の歌物でも高く評価されている。国立劇場公演をはじめとし、世界各地の音楽祭に出演。雅楽古典曲のみならず現代作品の演奏や、自主作品の演奏、improvisationも数多く行っている。

http://www.ko-ishikawa.net/

松本充明 (sound performance)Mitsuaki Matsumoto
1998年-2005年パリを拠点に活動。
live eletronics演奏、インスタレーション制作の他、特定の楽器を使った演奏も行う。即興演奏家との共演、コンテンポラリー・ダンスの公演での演奏も多い。
http://www.4-em.org

JOU (dance)
振付家。ダンサー。プロジェクトユニットOdorujouディレクター。コンテンポラリーダンス的身体とダンス的繋がりをベースに、文化や国を越えて 人やモノや場をつなぐ 草の根ダンス活動を国内外にて展開。http://odorujou.netにてweb日記更新中。2008年ソウル国際振付festivalにて外国人振付家特別賞受賞。
http://odorujou.net





music and dance
Special Live vol.4

@三鷹天命反転住宅 ( Mitaka Tenmei Hanten Jutaku )
Reversible Destiny Lofts MITAKA -In Memory of Helen Keller-


2012/02/19 (sun)


place :三鷹天命反転住宅 303号室
http://www.architectural-body.com/mitaka/

open 16:30
start 17:00

fee (1drink included):

Advanced: 2,800 yen

At the door: 3,300 yen

Architectural body live performance

Please come and enjoy to find the amazing place for the event, the 4th “Music and Dance Live” .which built by artists/architects ARAKAWA + GINS. with the concept “architecture against death”

performers:

Ko Ishikawa -Sho-music
Mitsuaki Matsumoto-sound performer, "audio-visualist"
JOU (Odorujou) dance



for more info. ticket
tel: 0422-26-4966
e-mail: info@architectural-body.com



access

Public Transportation Guide;

/Tokyo Station (JR Chuou Line) - Musashi-Sakai or Mitaka station (approx. 30min) - public bus (10-15min)

/Shinjuku Station (Keio Line) - Chofu station (approx.20min) - public bus (15min)

1,Musashi-Sakai station (JR Chuou line, South Exit) - Public Bus #91 (Track No.3) -Osawa bus stop

2, Mitaka station (JR Chuou line, South Exit) - Public Bus #51 (Track No.2) - Osawa-Jujiro bus stop

3, Chofu Station (Keio Line, North Exit) - Public Bus #91 (Track No.11) - Osawa bus stop

Taxies are available from every stations.



for more info.告知web←





横浜象の鼻テラスでの
ライフドローイングWSイベントを14:30、予定通り終わらせ、
15:11の電車に乗り、横浜から三鷹天命反転住宅へ移動。

TPAMの外人ゲストが1人、同行。

16:30に到着し、

ひと足先に、横浜の象の鼻テラスから 三鷹に移動していた映像の稲葉氏と合流。

17:00開始。

三鷹天命反転住宅と出会わせてくれた衣装作家のみっち~の衣装で
今日も踊りました。

1部は、音楽家2人による、音だけのセッション。

バンドネオンと笙なのですが、

どちらがどちらの音かわからなくなる瞬間とか

とても面白い。

繊細で浄化度の高い時間でした。


休憩を挟んで、2部ではダンスが加わり、トリオセッション。

先ほどまでの集団即興から一転、

1人の身体と2人の音。

時計を見ることをせず、

何か決め込むようなこともせず、

見えない流れに意識を合わせて、

最後まで泳ぎ切りました。

30分ちょい。

奇しくも、会場は、
昨年の5月に1週間滞在の144時間連続ustイベントをした場所。

新しい発見をしつつも、積み重ねた時間の流れを感じた何かがありました。

建物には、そこにいた人々の意識やエネルギーが

積み重なってゆくような気がします。

その地層の様な記憶の中に、

過去の自分の形跡も在った。

それがとても面白い感じでした。


深くて豊かでお茶目な時間でした。

仙台から遠路いらしてくださった方もいらして

「JOUさんスゴイ」

と喜んでくださった。

最後に、黄色い球体の部屋で、一緒に記念撮影をしました。





終演後、事務所に戻ると

お誕生祝いのシャンパンとお花が。

うれしかったです。

TPAMゲストの外人も混じって、いろんな話が咲きました。


昨日の小学校から引き続き、

豊かで温かくて輝いてる時間。

満たされている感じがあって、
全然疲れを感じないです。

ステキなお誕生日でした。

皆さんに感謝です。

ありがとうございました。


mitakajou






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



スポンサーサイト
  1. 2012/02/19(日) 09:28:06|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

養老天命反転地と養老の滝

back to top←

朝、6時半には、近くのサービスエリアに到着。

ゆっくりと朝食休憩。

開園時間の少し前から、団体特別入館です。

公園所長さんが、ご挨拶&説明をしてくださいました。


雨は、ちょうど止みました。

しかし、すでに振った後で、地面は濡れています。


普通でさえ、滑って転んで、けがをする人が続出、という名物公園。

ABRFの本間さんと2人、靴を脱ぎ捨てて、

靴下で回ることにしました。


これが、スゴイ変化でした。

靴下は、たちまち濡れて、べちゃべちゃでしたが、

足の裏がしっかりと地面に着くやいなや、

身体の安定感が全然違います。


裸足で歩く、って、素晴らしい情報量が身体に入ってきます。

恐るべし、インド人。


インドでは、近年、近代化に伴い、富裕層から段々に、

裸足生活がなくなり、

西洋式の靴社会になっていますが、

この身体の叡智を手放した損失って、意外に大きいかも。


裸足まで強くなくても、

日本の地下足袋って、実に優れた文化遺産かもしれないです。

養老天命
養老天命反転地は、行ってみないとわからない。


舞踊評論家の石井達郎さんが、随分前に「毎朝、公園を裸足で歩くんだよ」

とお話してくださいましたが、

それって、確かに、頭脳労働者にとっても

最上のウォームアップかもしれません。


今の日本、被ばく状況や、通常の生活環境、公害状況なども含めて、

安心して裸足で歩ける場所が、

一体、どれくらいあるのでしょうか?


裸足で毎朝散歩できる、

そういう安全な場所に、住みたいものです。






8時半~10時位には、ひととおり公園を回り、

移動ダンスビデオの撮影もすませ、

すっかり一息つくモードに。


歩き回っただけですが、

全身で遊んだ気持ち良さが身体の中にあります。


お腹も空いてきました。


事務所棟の室内で集合して、再びお話を伺い、

しばらく館内の不思議な風景の中でお休みした後、

養老天命反転地の入り口にある児童館のお部屋で

お昼ご飯を食べました。






午後は、近くの養老の滝に行くチームと、

公園に残って遊ぶチームとに分かれました。

30分位というので、滝チームに参加。

滝って、山の上にあることをすっかり忘れていました。


山路を、ひたすら歩きます。

思ったよりもしんどかったですが、

道々の緑と水の風景の美しいこと。


ただ、養老天命反転地のでこぼこの地面に慣れた身体にとっては、

歩道がコンクリートやアスファルトでまっすぐに舗装されているのが、

唯一残念でした。


まっすぐの平面って、意外に疲れるのです。





養老の滝


しかし、滝は、本当に気持ちよかった。

パワースポットとしても注目されてるらしいですが、

確かに、エネルギーもらえます。

浄化作用もあります。


「滝に打たれて修行する」

って、わかる気がする。

(絶対やらないけど)


本当に気持ちよかった。

癒されました。


帰り道、

石畳の横の、石垣の苔も美しかった。



いつもながら、一番最後になってしまった私に、

ABRFのきよきよが、しんがりお目付役で

付き添ってくれました。


皆でワイワイする時間も楽しいですが、

こうしてしみじみ歩く時間が、意外に宝物だったりします。





養老


午後15時。

バスの出発を待ちかねたかのように、

再び雨が降ってきました。

雨の中、帰路へ。


養老天命反転地、養老の滝、ありがとう!!

夕食休憩の足柄SAで、食事の前にトイレに行った帰りに見つけたお風呂。

食事時間を削って

無理矢理大急ぎで、温泉に入りました。


炭酸風呂、1日遊んだ後に、最高、気持ち良かったです。


温泉がある日本は、自分にとってやはり、世界最高の土地です。


この、癒しの温泉達が、被ばくで汚染されることのないよう、

いつまでも癒しの場所であり続けることができるよう、

原発事故処理、がんばってくれ~。


と思わずにいられないです。











































  1. 2011/05/28(土) 09:58:49|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

養老天命反転地バスツアー

夜、22時に三鷹天命反転住宅集合。

行ってみると、40名ほどの大人数。

親子ご家族から老若男女、入り混じった世代が

三鷹天命反転住宅に集っています。


私は、大抵、晴れ女なんですが、今日は、雨。

バスで移動するだけなので、雨もまた、良いモノです。

あちらに着いた時に、多少は上がるのかもしれません。


「車中2泊」の強行軍、と聞いていましたが、

結局、車中1泊、

明日の朝、公園に着いて、

午後15時には帰路、夜22時過ぎには、新宿に戻るのだそうです。


入園料とお昼ご飯(お弁当)とドリンク(お水のペットボトル)がついて15000円の旅。


久しぶりの、集団行動です。ドキドキ。

今回のバスツアー、三鷹天命反転住宅にお住まいのWS講師、榎本さんリーダーで、
三鷹天命反転住宅の管理もしているABRFが主催です。

303号室で楽しいオリエンテーションをして、旅のしおりを頂き、

名札をつけてから、バスに乗り込みました。




正直、

自分が責任を持ってナビゲーションするイベントの場合は、頑張ってスイッチ入れてますが、

基本的に、集団行動では、いつも遅れがち。

早生まれの宿命というか、本来の気質というか、

食べるのも遅いし、歩くのも遅いし、

寄り道脇道回り道は大好きだし、、、

ということで、集団行動では、いつも困ったヤツでした。


困ったやつと言っても、別に、

先導して空気を乱すことをするわけではないのですが、

いつも何かと、遅れすぎて時間を延ばします。



集団の中に、お行儀良く収まる感じ=自分の周りの空間密度が高くなる

という現象が、どうも、苦手みたいです。


生理的な適応現象の度合いに近い。




御託はさておき、今回は、サービスエリアの休憩時間の後、

バスに乗り遅れないように、

それだけはしっかり頑張りました。




あまりにもさり気なくて、最初は気づかなかったのですが、

ABRFの松田さんが、添乗員のごとく、マイクを持って、車内で休憩時間の案内してます。

まるで、プロの添乗員さんの声のようです。

さすが、三鷹天命反転住宅で日々働くABRF。

なにかとオールマイティですね。




>




back to top←















  1. 2011/05/27(金) 09:14:21|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三鷹お礼参り

JOU[project144]おうちカフェの清算と
お礼参り。

オープニングの店長、茶会記を訪ね、お礼して
火曜日の店長、フルートのMiyaさんとも茶会記で会い、
ずっとお茶で話していました。

これから少しずつ、お礼をしていきます。


結果報告書、作るのは
とても時間がかかることですが、

それはそれで、自分達がやったことの結果が

数字になって出て来たりするので、

楽しかったりします。



しかし、三日三晩、ようやっとります。

ここまで三鷹天命反転住宅漬けになってみると、

これはもはや、週末の養老天命反転地バスツアーに参加すべきなんじゃないか?

と思えてきたので、申し込んじゃいました。


さすがに、引っ越し荷物片付かないまま、

相方は残って、家の片付けをするそうです。


すまん!!


行ってくるぜ。岐阜県。





back to top←













  1. 2011/05/26(木) 22:02:59|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOU[project144]@三鷹天命反転住宅2011を終えて

「実は存在を際立たせないで、それでいて

それぞれが何かを包み込むように。

何なんだろうこのあたたかさは。

天命反転の感想です。」

後日、花輪洋治さんから、素敵な感想が届きました。




ご協力くださった皆様、ご参加くださった皆様、

三鷹天命反転住宅で、出会い、繋がれましたことを、

心からうれしく思います。


本当にありがとうございました。




総延べ来場者数 269名

総ust視聴者数 3304名

当初の目標、「144人」を大きく上回る出会いの数と成りました。

慣れない受付作業も兼任していたので、

実はお金をもらい忘れてたりも、多々ありましたが、

誠実なお客様から逆に「まだ払っていませんよ」

と、渡されたりも多々あり、

温かい気持ちになりました。


世の中、まだまだ、捨てたもんじゃありません。


何から何まで、本当に有り難いことです。





今回、「荒川修作さんの1回忌月間イベントとして、三鷹天命反転住宅で何かやりませんか」

と有り難いお申し出を受けて、自分がここ数年考え、震災後にまたいろいろ考え、

そして「三鷹天命反転住宅にとって自分ができること」を考え、

それらを繋ぐアイディアとして、ABRFの皆さんとコミュニケーションを取りながら

形になっていったJOU[project144]のコンセプト「繋がる」「身体」は、

今後のOdorujouの活動にもまた、

引き続き、生き続けます。



死なない住宅、

三鷹天命反転住宅...つづく。

の遺伝子を受け継いで、

場所や土地を旅しながら、

生き続けます。


それもまた、「死なない...」ということなのかもしれません。


三鷹天命反転住宅、この後も、時々、建物見学会、やってると思います。

ぜひ、機会があれば、訪ねてみてください。


「百聞は一見にシカズ」を実感しますよ。






そして、草の根ダンス活動、Odorujouも、引き続き、

これからもどうぞ、宜しくお願い致します。



また、お会いしましょう!!





ありがとうございました。



JOU[project144]144hour、ust。
5/16
http://www.ustream.tv/recorded/14743437

5/19-21
http://www.ustream.tv/channel/project144
5/21-22
http://www.ustream.tv/channel/8327970




back to event page←












  1. 2011/05/23(月) 18:21:37|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOU project 144 @三鷹天命反転住宅

三鷹天命反転住宅...つづく。
で行う、滞在型イベントです。ぜひ、お越し下さい☆

「繋がろう」「集まろう」「動こう」~私達の未来のために!


2011/5/16(mon)-05/22(sun)
JOU [project 144]
@三鷹天命反転住宅



これから日本が元気になるには、きっとますます必要になるのでは?
と思う3要素、
「集まる」「繋がる」「身体」
をテーマに、
三鷹天命反転住宅内にて、
じっくり時間をかけて、
ささいな出来事を積み重ねてゆきたいと思っています。

どうぞ、お待ちしております。

三鷹天命反転住宅site
http://www.architectural-body.com/mitaka/201105event.html
project 144 more info.←

こんなことを考えています。

Odorujou 「project144」2011/05/16-05/22開催にあたって:

非日常の前の日常を過ごすダンス的イベントのきっかけ:

3.11の震災後、世界は一見同じようでいて、全く違うものになってしまいました。
「非常時」に私達を支えてくれたのは、「日常」からの繋がりであったように思います。
何よりもまず必要な行動は「命を守ること」~その後の避難生活では、「衣食住に必要なものを整えること」。震災後の様々な対応状況を見ていると、日常から「人や情報と繋がること」の大切さがそこにはありました。

ダンス的身体と繋がり:「舞台芸術としてのダンスは、こういう時には、一番最後まで役に立たない」と無力感に囚われました。けれどももし、日常の中に「ダンス的身体」があるとすれば、避難生活にも少しは役に立つかもしれない。そうした種まきを、ダンスで生息する立場の者として、日常から怠ってはいけないのではないか? そのような動機もあいまって、Odorujou “project144”では、何もない時間をダンス的に過ごすことをしたいと思いました。

人+身体+三鷹天命反転住宅:「集まろう!繋がろう!@三鷹天命反転住宅」を大きな目標に、114時間に及ぶ滞在ライブ中継を実施しながら、周辺の地域の皆様と繋がりたいと思っています。この場所ならではの身体体験を通して、人と人との繋がりを育む最初の一歩を作りたく思います。それが、「非日常の前の日常」をより豊かな可能性に満ちた未来に、繋がってゆくことになるのではないでしょうか?                      
                                             2011年4月 
                                               JOUより


JOU[project144]144時間、ust中継しました。ustream2
http://www.ustream.tv/channel/8327970

前半アーカイブはこちらから。(途中でチャンネルアドレス、変わりました)ustream1
http://www.ustream.tv/channel/8291507





project 144
5月16日(月)15時~5月22日(日)15時 計144時間



レギュラーイベント~期間中、毎日開催!


体験WS & dance live「work in progress」
昼食時の短い体験WS&ダンスです。
日時 : 5月17日(火)~ 5月21日(土) 12時~12時40分
料金 : ¥1,000(小学生以下無料/定員20人)



workshop & performance
「体験道場」

三鷹天命反転住宅を体験しながら、ダンス的な身体の時間を過ごします。ダンス経験や年齢は不問。どなたでも参加できます。身体と意識に、心地よい刺激を与えて、心身をリフレッシュさせてみませんか?思いがけない新しい発見やヒントがあるかもしれません。

日時 : 5月16日(月)~ 5月21日(土) 19時~20時
料金 : ¥3,000(定員20人)

参加希望の方、寝転がっても良い、動きやすい服装でお越し下さい。
パフォーマンス観覧希望の方も、ご予約できます。ご予約時にお知らせください。
(同料金となります。ご了承ください。)



参加型スペシャル・イベント~お見逃しなく!!


ALLNIGHT 体験WS
三鷹天命反転住宅での夜更かし体験WS。朝まで体験を目指しますが、寝たい方は、寝袋持参でお越し下さい。食料も各自持参でお願い致します。
日時 : 5月21日(土)22時~5月22日(日)6時am 8時間
料金 : 事前予約のみ¥5,000(高校生以上一般/定員6名)

**上記いずれも、動きやすい服装、寝転んでも構わない服装で、お越し下さい。
**リピーター割引、あります。担当までお知らせください。




SUNDAY special live music and dance
日時:5月22日(日)14:00-16:00

滞在週間、最終日。ファイナル・イベントです。

料金: ¥3,000(定員20人)
出演:JOU(ダンス)/細田茂美(ギター)/松本充明(sound)/Mori-shige(チェロ)





net talk & WS

荒川語録を作ろうWS

第1回
2011/05/17(火)20:30-21:30

料金:1000円+1drink 

ナビゲーター:JOU
skype ゲスト:sato endo

# arakawagoroku で、荒川修作+マドリンギンズ著書「建築する身体」を中心とした
荒川語録リストを作りませんか?

何気なく選んだ言葉達の中に、これからの私達へのメッセージやヒントが、隠されているかもしれません。





net talk cafe event

建築とダンス~鳥取 五臓圓ビル 

2011/05/20(金) 13:00-14:00

参加:1drink order (予約不要)







同時開催:
■特設「おうちカフェ」
5/16(月) 15:00-18:00
5/17-21(火-土) 13:00-18:00
日替わり店長メニューでおもてなし。
お待ちしております。

日替わり店長 
月:喫茶茶会記 福地店主 / 山麻衣子(まいこの部屋)
火:Miya
水:MILLA
木:花輪洋治
金:鳥取ダンス連(田中悦子/藤下)


■三鷹天命反転住宅の日常を覗くust 144 hours


お問い合わせ/お申し込み:
http://www.architectural-body.com/mitaka/event.html




Engish information
:http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1624.html

2011/05/15(before)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1623.html

5/16(opening)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1625.html

2011/05/17(day2)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1626.html

2011/05/18(day3)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1627.html

2011/05/19(day4-memorial day)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1628.html

2011/05/20(day5)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1629.html

2011/05/21(day6)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1630.html

2011/05/22 (closing-final event)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1632.html

2011/05/23(after)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1633.html

2011/05/26 (after)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1636.html

2011/05/28 (yoro)
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-26.html
  1. 2011/05/22(日) 22:11:45|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

JOU[project144]@三鷹天命反転住宅2011 最終日7日目

2011/05/21 (sat) 22:00-05/22(sun) 06:00 AM
ALL NIGHT DANCE


ALL NIGHT DANCEの、美しい夜明けのセッションがしめやかに終わり、

その後の最後の1セッション、これがまた、眠気との戦いでした。

休憩時間の皆さん、床に寝転んで仮眠を取っています。

そうまでして、私達、何を頑張っているのでしょう?

日頃、ダンスをしている人も、していない人も、一丸となり、

あっぱれな、踊る馬鹿揃いで、眠気と戦いながらも

なんだか世にも愉快な気分になってきました。


これまでも、MID NIGHT DANCEで幾夜も、

眠気との戦いの中で

キツい時間がありましたが、

この最後の回が、マジで一番、キツかったです。


しかし、この一番キツい時間、独りではなく、沢山の人達と乗り切れたことは、

何かしら、今後の世界の象徴的なことではないかと、

何の根拠もありませんが、

うれしかったりもしました。

最後はどこかしら夢遊病者のような

不眠不休のALL NIGHT DANCEでしたが、

「ディスコクラブや居酒屋で過ごすALL NIGHTとは

全然違う爽やかさが不思議な、充実感」と

参加者の方。


終わってすぐから、それぞれがふわふわと帰路に着き、

朝の7時には、居残り組で、とにかく、仮眠。

今日、最終日のSUN DAY LIVEの準備時間まで

つかの間、爆睡しました。





13:00-18:00
おうちカフェ


朝9時過ぎには目覚め、

昨夜途中から参加してくれた鳥取のえっちゃんが再び、お掃除を手伝ってくれて、

ust係の稲葉さんも、なんだかんだお手伝いしてくれ、

気がつけば、お皿まで洗ってくれたりしました。


最終日の日替わり店長は、人形町のOMCHAN TONEというカフェのゆかりさん。


12時に来店し、お店開き準備を始めました。

今日の演奏musician、細田さんとmori-shigeさんも程なく、到着。

超・美人ママに、男性陣、心なしか、弾んでいます。


しかも、お料理、美味しいんです。

今日のメニューは、タイカレーと鶏肉のトマトソース。

カフェの時間からすでに、最終日にふさわしい、盛り上がりぶりでした。



14時からのライブの前のスキマの時間に、

偶然訪ねていらしたという、小さなお子様連れのご夫婦が、カフェに来店。

もう少し遅かったら、

イベントは予約制なので、入れない所でした。

こういいラッキーなご縁もあるもんですね。


本当に、不思議な家です。





14:00-15:30

SUNDAY LIVE



いよいよ、最終日のファイナルイベント。

music and dance specialライブは、

フランスのチェロ奏者、huge vincentという友人が来日した時に

「日本にいる間に、彼をここに連れてきてあげよう!」

と思い立って、初めてやらせて頂いたご縁で、

それ以後、ご好評頂いて、確か再来日の折にもまた、やらせて頂いています。


今回は、きっかけとなったhugeはフランスで、何故か連絡すら取れず、

これまで三鷹天命反転住宅一緒にやった

日本人メンバーが集まって、行いました。


いつも、晴れ女な私ですが、

今日は、珍しく、雲行き怪しく、

ライブの途中で、雨が降ってきました。

しかし、実に素敵なタイミングの、素敵な雨音でした。

最終イベントが、アゲアゲで終わることなく、

こうして雨の音の妙が、しっぽりと心に沁み入るような

深い時間になったことに、とても感謝しています。

会場には、親子参加のお客様もいらして、

これもまた、非常にうれしいことの1つでした。

子どもたちは、自由に踊る大人をもっともっと、

目の当たりにしながら育った方が良いのです。


身体には、無限の叡智と財産が宿っているのです。

言葉や数値の知識や、テクノロロジーですら、及ばない様な可能性を秘めているのです。

誰もが、何度も転びながら、当たり前のように自転車を乗りこなしてゆくように、

人類レベルで、この身体の叡智を、使いこなす日がくれば、

世界は圧倒的に豊かに変わるかもしれないのです。


少なくとも、私達が今現在、抱えてる沢山の深刻な問題解決のヒントが、

「身体と意識」の多様化と変容の中に、含まれていると感じています。


これは、あくまでも、ダンサーの戯言です。

科学者達はまだ、誰もこの領域に科学的なメスを入れていません。


ここから先は、

未来の研究者達に、期待したいと思います。


私はただ、1踊り人として、

「身体が自由にのびやかに動く様」を、

それを見てくださる方と、共有し続けることしかできませんから。

そしてそれは、「今、ココ」の一瞬でしか共有し得ないという儚さなのです。


「今ココ」の一瞬にこそ、本当の強さと豊かさがあるのです。






ライブ終了後、おうちカフェは、天候のせいもあってか、

お客様の足も思ったより早く

17時にはなんとなく、一段落。


疲れが溜まっているはずの最終日でしたが、

ゆかりママの美しい笑顔に、随分と光を頂きました。


終了後、再び、お食事を注文して食べてしまいました。

美味しかったです。
OMCHAN TONE
http://omchantone.at.webry.info/
@OMCHANTONE 東京都中央区富沢町4-11





おうちカフェのオープニングが、喫茶茶会記で、クロージングがOMCHAN TONEというのも、

なんだかうれしい、良い感じでした。

途中、まいまい、フルートmiya、MILLA、花輪ナイト、鳥取...

Odorujou活動で日頃、ご縁がある方、古くからの方も、新しい方も、総出演。

美味しくて楽しい時間でした。

袖触れ合うもなんとかの縁、と申しますが、

こうして、イベントの折々に、人間的なお付き合いを育んでいくことができれば、

それが何よりの財産な気がします。


お金は、どこかでなくしたり盗られたり、

モノは墓場には持っていけないが、

繋がりの記憶は、死んだ後も感覚として残るように思います。


見えない財産、数えられない財産を増やすことをしていけたら、

それが一番、幸せなことかもしれません。



JOU[project144]、

関わってくださった全ての皆様、

そして、この無謀な企画を

実現可能にしてくださったABRFの皆様、

ももさん、まっちゃん、きよきよに

深くお礼申し上げます。

ありがとうございました。








back to event page←





































  1. 2011/05/22(日) 17:29:55|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOU[project144]@三鷹天命反転住宅6日目

今日は、土曜日。
でこぼこの床で目覚めました。

ファイナルイベント週末。

今夜は、ALL NIGHT DANCE LIVEがあるのですが、

朝、いきなりustの録画が落ちていて、

プチパニック。

パソコンの前で独り、悪戦苦闘して時間を取られていたのですが、

朝のお掃除を、昨日の店長えっちゃんとじゃこが手伝ってくれたので、

実に、大助かりでした。

世の中、うまくできてるもんです。

本当に有り難かったです。

ustは、とりあえず自分で考えた応急処置で復帰させましたが、

チャンネルを新しく作ったので、

折角のファイナル週末にかけて、

新しいust中継チャンネルに辿り着かない人も出る可能性大。

冷や汗。


こうした新しいテクノロジーツールを使う時は、

自分の身体なんかと違って、

最後の最後まで不測の事態を予想しておかないと、

本当に、何が起きるかわからんもんです。


ustネット中継程度でこうなんだから、

原発に至っては、相当の余白と最悪の事態を想定して操業せんといかんだろう、本来は...

などと思うけど、何しろ、この1週間、日々のイベント生活に追われて、

全くニュースを追えておりません。。

震災以来、ずっとネットニュース情報にしがみついて来たので、

ココへ来て初めての小休止。

それが結果的に、良いのか悪いのか、わかりませんが、

「普通の生活」「避難生活」「非日常の生活」

が三つ巴に交差した、不思議な時空間を、ここ、三鷹天命反転住宅にて、送っております。





12:00-12:40
work in progerss


今日は、この時間の前には見学会はないので、
ご予約のお客様は、前段階なしに、いきなりこちらへお見えになります。

土曜日というせいか、ご家族親子連れの方がほとんど。

中でも、お子さんが同級生同士で、偶然それぞれいらした、という、ご近所のご家族2組と

子連れダンサー2家族が、それぞれ、三鷹天命反転住宅で奇しくも再会し、

話に花が咲いておられたのが、面白かったです。


この場所は、人と人を繋ぐ、不思議な縁があります。

わずか30-40分ではありましたが、体験WSの最後にしたダンスパフォーマンスでは、

皆さんにボイス演奏をして頂きながら、

お客様である知人のママダンサーとパパダンサーも、踊りに誘い込んだところ、

ご近所のパパさんも、一緒に踊りだしてくださいました。

これはまた、滅多にない、というか、今期においては、初の素敵な現象でした。

この家で自由な意識で身体を動かすと、皆、ダンサーになれるのです。

昨日の親子見学会の時とはまた違った、テンションと色でもって、
一体化した素晴らしいパフォーマンス時間でした。




13:00-18:00
おうちカフェ


work in progressの後は、

そのまま、おうちカフェに突入。

今日の店長は、JOUしかいなかったので、

独りでカフェの切り盛りから、お客様への説明など、

大忙しではありましたが、

work in progressの流れから、仲良しご家族同士が

話に花を咲かせていて、

とても良い感じでした。

加えて、近隣に住む、子連れダンサーや舞台関係者が、

続々集合。

普通では見られない、ダンサーファミリーの集いが出現。

小さなお子さんが沢山増えても、

この家では、おもちゃは必要ありません。

家の中をあらゆる方法で、遊び尽くせるからです。

親は親で、遊んでいる子どもたちに目を配りつつ

畳のお部屋、台所のカウンター、球体のお部屋...と

集う場所を点々を変えながら、

たっぷりお話しもできたようです。


カフェのランチメニュー、独りでは到底、用意できなかったのですが、

ママダンサーの浜口彩子が、急遽、にわか店長になって、

ランチメニューを作ってくれました。

さすが、ママ。

美味しかったです。

しかし、こういうママの顔は、今までの舞台だけのおつき合いでは、

絶対に見られない一面です。


「近隣のご家族の皆さん、パパママ、小さいお子さん達と繋がりたい」

「ダンス業界の人達と、人間同士の繋がりを持ちたい」

という当初の願いが、奇しくもここへ来て、ぐっと実現しました。


かねやん、はまあや、虹さん、ふくちゃん、e.t.c.

パパママの皆さんは、夕方に、遊び疲れた子どもたちと一緒におうちに帰り、

その後の時間は、カウンターで、ダンサー・レイレイの毒舌トークが超・面白かったです。


これもカフェの醍醐味かも。



ついつい、カフェの営業を忘れてサービスしてしまい。それは良いのか悪いのかわかりませんが、

特にこの業界、お金がない同士とはいえ、社会的な人間として、存在することや、

お互い、まずは、人として出会うことの必要性を痛感する今日この頃です。


何はともあれ、業界に限らず、どの世界でも、

こうした日常の、仕事だけでない温かい人間同士の繋がりこそが、今一番必要なものであり、

それこそが、

非常時に私達を助け、活かしてくれるのだと、そう思っているのです。






19:00-20:00

体験道場


今日、最後の体験道場。

珍しく、これまでになくダンサーの予約が集まりました。

家に入るなり、「わあ~面白い」と、反応するのは、職業や専門性に関係なく、

万人共通。

その後の、即興timeは、住み慣れた舞台~客席とパフォーマンス空間が明確に線引きされている~

とは異なる、異体験。

意識する視点も身体も、全く違う多重構造になっています。


「視点の多角化」をいうのも、この体験道場の1つのお題なのです。

私達は、通常、いつも1つの視点や価値観を大切にして、

その上で、自分達の活動や生活を営んでいます。

それが、複数にぶれた時、全く違った世界の可能性が開けるのです。

牛乳瓶を、上から覗いたときと、下から覗いたときの世界が

全く異なるように、

私達が1つしかないとおもっている世界は、

視点を変えるだけで、いくらでも可能性を創りだすことができるのです。


そして、その創造の可能性こそ、命の力であり、金の卵なのだと思います。


そうした提案を、Odorujou「即興道場」では、し続けてきましたが、

この三鷹天命反転住宅では、それを、よりアクティブに、

より楽しく効果的に、体験させてくれているみたいです。





5/21(sat)22:00-5/22(sun)6:00AM

ALL NIGHT DANCE



今回の1週間のシメの1つとも言える、

前代未聞のオールナイトダンスイベントに、いよいよ突入。


当初、予約する人はいるのだろうか?

と心配していましたが、

体験道場参加からのリピーター、ダンサー夫婦、など、

意外にも、賑わいを見せてのスタートでした。


コンテンポラリーダンス界では有名な伊藤キムさんのカンパニーダンサー出身で、

現在はそれぞれ振付として活動中の斎藤栄治&田畑真希夫妻も来てくれました。

体験道場から居残り参加のダンサーの伊東祐輔&石和田尚子がパンを差し入れてくれ
古里和歌子ちゃんが、ご飯を作ってくれました。


ust中に、昔ASKの舞踊メンバーだった時以来のご縁の松尾さんから電話があり、

TV電話の時間になったり、

スイスの振付家、ジル・ジョバンから、「がんばってるかい?音楽送ろうか?」

と、リンク貼付けて送られて来たり...と、

ネットの向こう、国内外からも繋がりながらのスタートが、


これまでにない感覚で、面白かったです。


そういえば、別の日には、韓国滞在中の、笠井叡ファミリーの三男坊、笠井瑞丈からも

スカイプがあり、これも、ust上でダダ漏れトークしていました。


ALL MIGHT DANCEでは、さて始まってみると、

遅れて来たりする人もいて、50分に一度の割合で、10-15分、休憩を入れて、

お互いの紹介をしたりする時間を設定しました。


22:00-22:50 1時間目 ダンサー加賀谷香、遅れて登場。
23:00-23:50 2時間目 ダンサー上村なおか登場。居残りチーム、途中帰宅。
24:00 加賀谷香 ハッピーバースデー
24:10-24:45 3時間目 ダンサー水内夫妻、カメラ持って乱入
夜食休憩
1:30-2:15 4時間目
2:30-3:15 5時間目 物音、怒られた~ここで、帰れる人、少し帰りました。
反省&自粛のサイレントモードで、
3:40-4:30 6時間目 夜明け 最も美しい時間
4:45-5:45 7時間目 最後のひと絞り

6:00 完結!!


確か、こんな感じの時間を過ごしたと記憶しています。




即興中は、「人をコントロールしない」ということを大前提にしています。

それをしなくても、あるべき所に収まる能力を、本来、私達1人1人、

それぞれの能力に応じて、持っているはずなのです。


それを信じています。


途中、部屋を叩く音がうるさいと、苦情頂いたときは、

確かに「ちょっとうるさいかもな~どうしようかな~」とやりながら危惧していたのですが、

外からの絶対的な進言ということで、場の空気が、がらりと変わりました。


お陰で、夜明けの美しい静かな時間が表出しました。


非常に申し訳なく、また同時に、非常に有り難く、感謝しています。




back to event pafe←



2005年の三鷹天命反転住宅の記事を見つけました。
http://www.masslogue.com/archives/2005/02/26_1443.html








  1. 2011/05/21(土) 09:51:00|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOU[project144]@三鷹天命反転住宅5日目

昨日の荒川修作命日が明け、

今日、金曜日は、鳥取から夜行バスでやってくる

鳥取ダンス連の2人が日替わり店長さん。

朝のうちに、クール宅急便が届きました。

開けてみると、海の幸。

どうやら、今日の特別メニューの具材らしいです。

楽しみです。


午後一番の12:00からのwork in progressの時間に間に合うように、

お掃除と朝ご飯。

18日以降は、メールやネットにも繋がれるようになったので、

非常に有り難い。


ベランダで、マットをはたいて、掃除機をかける。


お店を持つという暮らしを、私はこれまで全くしたことがないのだが、

きっと、こんな毎日なんだろうな~。

お店を開くためのお掃除は、お客様の目線で、結構真面目にお掃除。

昨夜、ガラスのポットも割れてしまったので、

特に念入りにお掃除。


この場所は、裸足でゴロゴロしたい場所だし、自分も裸足で踊るので、

万が一にも、ガラスが残っていたりしたら、大変なのだ。

と、掃除にかかる前に、足に小さなガラスの破片が...。



テープや新聞紙、掃除機、あらゆる知恵を絞って、

何度も何度も、安全な場を取り戻す作業を繰り返す。

踊り手として、場の責任者として、神聖かつ静粛な気持ちで

黙々と、作業。




12:00-12:40
work in progress



さて、今日のwork in progressもまた、素敵な時間でした。

平日のお昼前なので、お客様、来てくださるかどうか、

とても心配だったのだけど、

「見学会」、うれしいことに、皆さんのご来場。

お天気も良く、のんびりと住宅とダンスを楽しんでくだざいます。





ちょうど、お昼のプログラムが終わる前に、鳥取チームが荷物を抱えて、到着。

お昼ご飯の時間と言うこともあって、

特別メニューのおにぎりセット、売れています。

しかも、到着して、注文受けてから、ご飯を炊いているという時間の流れ。


「ご飯、炊けるまで時間かかりますが」

という説明に、お客様は、意外にも「待つ」時間を楽しんでくださっている様子。


うららかな日差しに誘われるように、うららかで温かい気持ちの午後のカフェです。






カフェのお客様が一段落して、

お継ぎは、今週第2回目の「親子見学会」

2Fの、別のお部屋で、ナビゲーターをするので、

カフェ店長のえっちゃんとじゃこにカフェを任せて、

2Fへ出勤。

今回、本当に、軟禁状態での勤務で、

こうしてドアの外に出る時間は

ほとんどありませんでした。


門の外に出たのは、近くのコンビニにお買い物を2-3回したっきりです。





16:00-17:30
親子見学会


小さなお子さん連れがほとんどの会でした。

小さいので、集中力もないかな~と思いきや、

意外にも、時間たっぷり、親子皆で、仲良く楽しく

体験WSができました。


しかも!

最後にやった、皆の声とダンスの時間、

本当に美しかった。

感動です。


ustのないお部屋でやりましたので、

何の記録も残っていませんが、

あんな素晴らしい時間が作れたこと

本物の宝物の時間でした。






親子見学会の最後は、3Fに戻り、おうちカフェへご案内。

また違う雰囲気と色合いのお部屋で、

皆さん、のんびりといかれました。

おうちカフェ、やって良かった~。


19:00-20:00
体験道場


毎回、メンバーが違うこの体験道場も、今日で5日目。

昨日は、初めて大騒ぎな時間でしたが、

命日スペシャルで、あれはあれで良かったかも。


今日は今日で、新聞のお仕事されてる方とか、

カフェからだらだらと参加の方とか、

思いがけないメンバーで、繰り広げられました。


鳥取から空輸されたイガイという珍しい貝のお味噌汁が

今日のランチメニューだったのですが、

あれは美味しかった。

胃袋の幸せって、身体に余韻として残りますね。




24:00-24:30
MID NIGHT DANCE


この家では、四方に窓があるせいか、朝の目覚めが早いです。

その後、1日、目一杯活動すると

夜はもう、眠いです。

今日も、MID NIGHTの時間までの後1時間!

10時過ぎ辺りから、めちゃくちゃ眠くなります。

11時以降は、秒読み状態です。

今日も、頑張って、起き続けました。

そうやって、24時になり、30分の即興ダンスをし、

終わってから、シャワーを浴びて眠る。

眠る場所は、毎日、違います。

そんな日々です。

避難生活であると同時に、修行生活かもしれません。


「暮らす」ということの神髄に触れている気がします。




しかも、全部ダダ漏れ。

ust中継、意外に、沢山の方が見ている模様。

夜中とか、誰なんだろう?見てる人。

そっちの方が、興味津々。


見えない向こうとも繋がっている、繋がるプロジェクトJOU[project144}です。


最初の目標は、滞在中に「144人と繋がりたい」


だったのですが、

この調子だと、達成できそう!!


うれしいです。




back to event page←






  1. 2011/05/20(金) 17:52:00|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JOU[project144]@三鷹天命反転住宅4日目=荒川修作命日

12:00-12:40
work in progress


今日、5/19は、荒川修作さんのご命日。

荒川さんと縁のある、早稲田大学の塚原先生が、午後の授業で、

荒川さんの講義をされるそうです。

そのため、三鷹天命反転住宅事務所のスタッフの皆さん、

総出で、出払っています。

JOU、独り、お留守番状態。

なので、毎日のお仕事、WS見学会もなく、

work in progressだけのご予約もなかったため、

ustの前で、初めて、1人だけで

work in progressのダンスをしました。

静かな、集中の時間。


無の中で、静かなダンスをしました。


今まで、ずっと人が出たり入ったりして、

それはそれで、非常に有意義な時間でしたが、

今日、荒川さんの命日に、

このように静かな時間を頂けたこと、

自分一人で、「建築とダンス」に没頭できる時間は、

至福でした。

独りお留守番をしているJOUに、

荒川さんからの、あるいは、この場所からの、

贈り物だったのかもしれません。


そして、この時間のust視聴率が、意外にも

これまでで一番多かったです。


ustの向こうで見てくださっている方と、密やかで豊かな時間でした。


1週間滞在のまん中で、荒川さんの命日。

この日のギフトが、「自分一人で静かに踊ること」

だったこと、この先も、きっと、

特別に覚えているであろう、印象的な時間でした。

ありがとうございました。



13:00-18:00
おうちカフェ


午後のカフェに、フランスのアンジェから帰国して

大阪を拠点にしているダンサーの芽里ちゃんが

男の子2人を引き連れて、訪ねてくれました。

芽里ちゃん来てくれて、うれしい。

しかも、仙台に、たこ焼きの押し掛け炊き出しに行った

勝手にボランティア活動の、帰り道なんだそうです。

ドリカムのように、一緒にやってきた大阪の男子2人、浪速な感じで面白かったです。

浪速のドリカムか~。




3時から、山形出身の舞踊家で、現代舞踊協会理事でもある

花輪洋治さんも、今日の店長として、いらしてくださいました。


花輪さんは、舞踊の傍ら、建設関係のお仕事もされておられ、

今回の震災でも、仮設住宅の供給に関わるお仕事をしておられるそうです。

今夜は「花輪ナイト」

と称して、東北トークイベントをします。


静かな時間で始まった荒川さんの命日は、

後半にかけて、どんどん賑やかになってきました。




19:00-20:00
体験道場


フランス語の先生とか、内装のお仕事の方とか、

デザイナー、イラストレーター、などなど、

三鷹天命反転住宅に、初めての顔ぶれが続々と集まり、

今までで一番賑やかな体験道場となりました。

大阪男子チーム、勢い余って、紅茶のポットを割ってしまいました。

割れたことに気をつけながら、

体験道場の即興タイムは、パフォーマンスとして、最後まできちんと

遂行しました。

即興道場って、楽しいけど、ふざけてやっちゃいけない。

スキーやスノボーと一緒です。

目一杯楽しんで、でも、目一杯気を付けて、

場をリスペクトして、謙虚に大胆に、全身で遊ぶ時間です。

よそ見したら、たちまち、自己に繋がります。


パフォーマンスって、真剣かつ神聖な遊びなんです。

最後の最後まで、開きながらにして、集中力が必要。





20:30-21:30
花輪ナイト


東北トーク


その後の、花輪ナイトでも、引き続き、

「荒川修作」「建築と身体」「東北被災地」

周辺を話題が、行ったり来たりしながら、

なんともエネルギッシュな時間でした。

こちらへ来てから

度々、絶妙なタイミングで

ブレーカーが落ちたり、

荒川さんの講義のビデオの音量が急に上がって

(マイクと顔の距離によるボリュームの変化のタイミングなのですが)

まるで、荒川さんが、会話に参加したかのような現象が起きたり、


面白い現象が引き続いております。


命日の夜、なんだかんだ、こんなに未来を見ている人々が

集ったことは、いかにも大成功、なのかもしれません。


私は、超現象とか心霊現象は全然、信じてはいませんが、
今回は、昨日のスカイプ会議でもそうでしたが、
ノイズやブレーカーなどの対処不能のテクニカル問題は、
割と荒川さんのせいにしちゃってます(笑)。



24:00-24:30
MID NIGHT DANCE


毎日、同じ時間に同じことをやっているというのに、

毎日、全く違う世界が現れます。

これが、世界の豊かさなのでしょう。

私達は、このことを、忙しさにかまけて、ついつい忘れがちかのかもしれません。

今日のMID NIGHT DANCE は、私自身も全く知らない人達と行いました。

この三鷹天命反転住宅で出会った若者達です。

荒川さんすら知らない人達が、少しずつ集まり、賑やかに集った、不思議な荒川命日。


知らない人、新しい人と繋がることは、

賭けな部分もあります。

がっかりすることもあるかもしれない。

けれど、それを止めてしまったら、

未来は続いていかないのでしょう。


何か、見えない示唆に富んだ、象徴的な1日でした。






静かに始まって、賑やかに終わった、特別な1日、


荒川命日の4日目でした。



この日のギフト、

独りのダンスの時間も、

大勢の雑多な交流の時間も、

どちらも、必要な現実です。



以下は、花輪マスターに誘われていらしてくださった参加者の方のblogからの感想です。
http://yaplog.jp/lblossom/archive/1268



back to event page←




  1. 2011/05/19(木) 22:10:57|
  2. 三鷹天命反転住宅The “Reversible Destiny Lofts MI
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。