jou日記

コンテンポラリー・ダンサー、振付家JOUの日記です。。。Odorujouダンスパフォーマンス日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

即興道場 Impro-dojo

即興道場について

How it is started in Japanese since 2006
主旨概要
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-889.html



What the concept /rule is in both English and Japanese
即興道場心得
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1574.html


History of Impro-dojo
これまでの経緯

1. 2006.10. 稽古場カフェ @Asahi Art Square

2. 2009.07/10-07/16 Odorujouプチダンス学校
レジデンス・アーティスト@Session House
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1480.html

3.2009. 10/04 acci-cocci festival@sado island
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1002.html

4. 2010. 06/24 WWF2010 @Morishita studio
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1224.html

5. 2011/07/28 (thu) 14:30-17:10
WWF2011 @Morishita studio
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-entry-1631.html



























My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト
  1. 2013/08/28(水) 21:38:22|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

即興とは

ムサビのパフォーマンス授業。
最初に、今年のOdorujou活動の中から
パフォーマンスのヒントになりそうな映像を見せているうちに、
即興の話に。

即興には、3種類ある。

1。作品を作るためのブレーンストーミングとしての即興
2。ルールや構成を決めた縛りの中で行なう、パフォーマンスとしての即興
3。完全フリー、何も決めずに行なう100パーセントピュア即興

自由奔放で恐れのない自我の外し方と、第三の目的な全体と己を捉える知性とを兼ね備えることができれば、
3番の完全即興程、演じる方も見る方も、楽しいものはない。

それには、恐れからの自己解放と、常に成り行きを見極める冷静な知性とが必要になって来る。

一番良い状態の即興は、バランスボールの上で手足を自由にして、
空中でバランスを取り続けている状態に似ている。

これは、やってみなければわからないが、

やってみて一度わかると、一生その人のモノとなる。

縛りの多い世の中、せめて即興の時間くらいは

自由に伸びやかに、自己を解放し、

自分や他者を信じる経験を、

楽しみたいものだ。

完全即興は、大人の知的動的遊びと言っても良いかもしれない。





今日のメニュー

1. 即興ライブ事例紹介 ~Odorujou草の根ネットワーク活動での国内外ダンス映像
   即興には3種類ある 
(1) 作品を作るための経過、ブレーンストーミングとしてのネタ探し即興
(2) ルールや構成(ストラクチャー)など、予め決められた枠内でのパフォーマンスとしての即興
(3) 完全フリー即興~なんのルールも決めないで行なう
2.即興演習
(1) 全体空間の重力はどこか?
(2) 映像カメラが作る第三の視点~多重視点、多重意識を持つための練習
(3)パフォーマーと演奏者に分かれて、時間を決めてフリー即興する
(4)役割分担の選択も自由にし、時間を決めてフリー即興する



最後のフリー即興、オモシロカッタ!!




武蔵野美術大学メディアアート演習Ⅲ 2011
back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







  1. 2011/11/30(水) 22:09:49|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

即興道場レポート2011


三鷹天命反転住宅 JOU project144とWWF2011での
Odorujou即興道場に参加してくれた岡本氏が、
レポートを記述してくださいました。
こうして、言葉にして頂くと、また違う世界が開ける気がします。

言葉とは、
人と人、世代と世代、時代や社会の共有財産となる情報を
切り取り、伝えることのできる、人間特有の
tool(道具)です。

言葉を紡ぎ、共有財産としての情報を、伝えること。

大切にしていきたいと思います。


レポート

http://bal2.exblog.jp/







My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



  1. 2011/09/19(月) 21:30:06|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

即興道場 @WWF2011

日本で活動後、NYに渡り、現在はNYを拠点に
暮らしている振付家の山崎広太さんが声をかけて始まった
WWFというダンサーが集まって開催するフェスティバルも
今年、3年目。

即興道場WSで、また参加させて頂きます。

お時間ある方は、ぜひ、いらしてください。

舞台芸術の支援の一環として、セゾン文化財団が運営している
江東区の「森下スタジオ」というところでやります。
http://www.saison.or.jp/studio/access.html




Whenever Wherever Festival 2011


JOU|Odorujou 即興道場
セルフ・コーチング

7/28[木] 14:30-17:15

2,500円(他クラス受講者は500円割引)

会場:森下スタジオ Sスタジオ

人生は即興の連続です。とにかく、やってみること。自分も周囲も、想定内では進まないのが人生です。その時、どう対処するのか? それが即興。「即興道場」では、ノンストップ60分の即興を参加者全員で行います。終了後に、時間を取り、己の姿をきちんと見据え、受け入れ、経験をポ ジティブに活かす、という新しい習慣の会得に努めます。
Odorujouの極意「わくわく心躍る状態」を、積極的に探求していきましょう。

JOU|ジョウ
1990年代をアメリカ、マレーシアで活動後、2000年より東京を拠点に国内外で活動中。しなやかで軽やかな動きを特徴とする踊り手であり、様々な分野の専門家との恊働、教育、地域活性などにも、積極的に取り組んでいる。2008 Seoul International Choreography Festivalにて外国人振付家特別賞受賞。公開web日記執筆中。
http://odorujou.net

WWF2011
http://bodyartslabo.com/wwfes2011/education/joucl.html



ご予約・お申し込み
odorujou(a)yahoo.co.jp
または、WWF事務局
bal(a)bodyartslabo.com

Streaming video by Ustream





森下スタジオに新しくできたSスタジオで開催。

猛暑が続いた日本の夏、

帰国後のここ数日は、曇り~雨模様で、湿気があるが

やや過ごしやすい。

一昨日、5週間ぶりに帰国して、お陰様で体調も崩さず、

昨日の野外での秋葉原ダンスビデオWSも無事に終了。

今日は再び気持ちを切り替えて、

久しぶりの即興道場。

震災後、即興的対応力や判断力が必要とされた状況が続く中で、

特にこのイベントの意味合いは強まったように感じる。


原発や放射能汚染の問題が、今後どのように終息に向かうべきなのか、

一市民の自分の力の及ぶ範疇を軽く越えている話ではあるが、

未来の世代に豊かな社会を相続できるだけの何かを、

自分なりの力の及ぶ小さな範囲内で、実践し続けてゆきたい。

その1つの提案が、即興道場のコンセプトの中に隠されている。

それは、賢者の本には必ず書かれている、ごくごく当たり前の一言に尽きるのだが。

「他者を受け入れて、自分を生き、自他を最大限に活かすこと」


そしてそれは、

誰かの指示ではなく、自分の判断で自分の道を創造することの中で

実現すべきことなのではないか。


即興道場は、身体表現と時空間を用いた
多視点知覚習得のためのトレーニングであり、

この時間を通して、
視野を広げること、多くの視点から物事を見ること、
の体験を積み重ねてゆくことは、

「自分の判断で自分の道を創造する」
自主的行為の判断を誤りから遠ざけるのに
必要なことでもあると思う。





back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2011/07/28(木) 17:19:57|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

即興道場心得

ようこそ!

Welcome
Odorujou 即興道場へお越しの皆様

Odorujou Improvisation Dojo

本日は、ありがとうございます。

当道場では、以下の規則に従ひ、即興を行なひます。

A TASK for Today “Let’s make a 60 min. dance video together!”

1、 ビデオ映像をライヴにて創る、即興ダンス作品である

It is experimental improvisation WS with Video

2、 待ったなし!の、六十分一本勝負である

It will be 60min. non stop shooting time.

3、 場内に居る者、皆、撮影画面上の出来事を充実させる志を持つこと

All participants have responsibility for making interesting
video during the time.

4、 時間中、コントロールできるのは、自分のみであること

Try not control or force the others, but only you

5、 撮影終了後、場内全員にて、撮影映像を、見ること

After shooting, we all stay and watch the video we just make.

6、 己の行なひ、人の行なひを、批判、批評すること禁ず

Without critic, just observing what we have done in important.

7、 後に、何も残さなひこと

This should be a simple and pure time only for your experience.



以上、7原則にて、どうぞ、Odorujou 即興道場をお楽しみ下さい。

Please enjoy your self. Thank you very much for coming.
For more information, please ask JOU




状況に合わせて創造する身体。









back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2011/01/09(日) 03:44:26|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セッションハウスOdorujouダンス学校2009 連続即興道場

2009 セッションハウスレジデンスアーティストプログラム
Odorujouプチダンス学校内 
6日間連続 即興道場 日記より

会場:セッションハウス2F ギャラリー


2009/07/10
1日目

2009/07/11
2日目

2009/07/12
3日目

2009/07/13
4日目

2009/07/14
5日目

2009/07/15
6日目




2009/07/08 番外編







back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2010/08/01(日) 17:39:06|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

即興道場

WWF参加WS

2010年6月24日
13:00-17:00


即興道場

森下スタジオ

こればっかりは、体験ありき。
何はなくとも、ぜひ。
即興道場について



詳細&他にも盛り沢山のプログラム情報
WWF




本日、雨も降らず、気持ちの良い初夏なお天気。
自転車で、森下スタジオへ。

初めての方も、そうでない方も、一緒くたになって、

即興道場が始まりました。

汗だくになって遊んだ感は、相変わらずですが、
人数が去年より多い分、少し、
エネルギー消費を万遍なくした人と、そうでない人、
バラつきがあったかもしれません。

それでも、1時間のノンストップ即興を通して、
初めての顔合わせとは思えない、見事な時空間が
表出しました。

本当に、いつもながら、思うのですが、
「全ての人間は、自然治癒力、天然のバランス感覚を有している」

のではないか?

ということ。

「自分をもっと信じていいんだ」

ということ。

「他者をもっと信じていいんだ」

ということ。

遊ぶ身体と心の生み出す、芳醇なエネルギーが、

ほんの少しでも、世界に影響を与えられるのだとしたら、

とてもうれしいことだと思います。

こうして再び即興道場を
開催することができましたこと、
フェスティバル主催のBAL、ご来場の皆様に、
心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。



当日の記録がアップされました。


http://bodyartslaboratory.blogspot.com/2010/06/jou.html





即興道場は、演者のためのものであると同時に、
人として、視点の多角化、分離化習得のための身体的エクササイズであり、
それを自分の体感として持つことができれば、ダンスに限らず、
様々な人生の可能性が広がるものと、思っています。
その意味では、「即興道場」すなわち「人生道場」ともいえるかもしれません。








back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2010/06/24(木) 00:04:36|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

即興道場in佐渡島

記念すべき、佐渡島即興道場の日。

プロジェクターやカメラを設置し、
機材の説明をして、
まずは、やってみよう!!

ということで、やってみました。

ヨガのゲスト講師のスジャータが飛び入り参加。

パワフルなエネルギーで、皆を引っ張る。

即興は初めて、という皆さんも、
終わる頃には、何やらそれぞれの完成や得意とする部分で、
良い感じの即興を展開していました。

そんなこんなの間に、相方は自転車を借りて、
佐渡巡り。

遠くのお寺まで行ったとかで、
何気にご満喫のご様子。
良かった、良かった。

終わったあとは、先に東京に帰る相方を送りがてら、温泉。

露天風呂。
お湯、最高です。

三朝温泉の油屋にも
負けずとも劣らず。

かなり、好きです。

フェリーの最終19:30に送り届け、
帰ってから、改めて、打ち上げ。

満月。

JOUの身体や動き、昨日のパフォーマンスのこと
質問を受けたり、
会場となった「えんや」の創設の話、
スジャータとカビールの、
出会いの話、
などなど、様々に
花が咲きました。

**********************

以下、即興 初参加の、まーさんからの感想文

まーさんは、佐渡島で、みかんや柿を作る人です。


******
受付でぼーとしていると、主催者のラララがやってきて、
「即興道場の会場、スゴイことになっているから、見に行きなよ」
といわれ、2階の会場の中に入った。

暗幕が張られ、ビデオカメラがあり、モニターがあり、プロジェクターがあり、
しかも、変な音がリフレインしている。

そんな会場の中で、ラララの
娘さん3才が走り回ってはしゃいでいる。
3歳なのに、ヨガのポーズも次々とやっている。

子供は何がそんなに楽しいのか分からないが、
楽しいことを見つける能力は大人より高い。
ナチュラルハイだなあ。

そんなMOSちゃんを見ながら、私はソファーでくつろいでいた。

しばらくすると、参加者が会場に入ってきて、JOUさんが説明を始めた。

「まーさんも参加するんだよ」と
JOUさんに誘われ、興味はあったので、いろいろ説明を聞いてみた。

マイクの音をリフレインさせ、重ねて録音し、再生する装置。
一人一人ちょっとずつ声を入れ、重ねていく。

オモシローイ。こんなのあるんだねえと思った。
のこぎりの音入れても面白いかもしれない。
実は私、のこぎリスト(ミュージカルソー)である。


「このビデオ画像を見る人が、面白いと思うような即興をしてください。」

結局、参加することとなった。
時間押してたので、45分間の設定で、即興の実践がスタートした。

どうしようどうしよう。

とりあえず歩こう。

あ、MOSちゃんと遊ぼう。

転がろうか。

みんななんか動いている。

4つんばいになって歩いてみる、ドーンとだれか乗っかってきた。

スジャータだ。(笑いヨガのインストラクター)
 いつの間にか参加している。

なんか子供みたい。子供のときこんなことしてたな。

だんだん子供っぽくなってきた。

だけど、行き詰ってくる。

同じ動きを繰り返しているうちに、
JOUさんが、コミカルできれのある動きで、よくわかんないことしている。

あーやっぱりパフォーマーは違うな、どうしようかな、どうしようかな。

途中から、ヨガマットを袈裟にして、僧侶になったりして遊んだ。

意外としっくりくる。

これでいいのか。


そうこうしているうちに、45分の即興実践が終わった。



次は、今やったばかりの即興を、ビデオで見るのである。

あんまり、自分の声を聞くのとか、姿を見るのは好きでないのだが、
それは置いておいて見ることとなった。

「自分にダメ出ししないで」
「ゆっくりした動きと速い動きと、
全体でいろんな動きがあると面白いね」

いろいろと振り返りながら見た。

スジャータが私の上に乗っているとき、
彼女はなんと、力強くガッツポーズしている。

こんなことしてたのか。笑えるな。

意外と面白いシーンがいつくかある。

自分の僧侶姿も、なかなかいいねえ。


「行き詰ったとき、同じ動きを続けるか、次の面白い動きをみつけるか。」
「新しい動きになったとき、新しい展開が生まれる。」

ごく当たり前なことだけど、意味が深いな。


ようやく、この即興道場の説明文の意味が理解できた。


“人生は即興の連続です。
あるがままをうけいれて、自分で自分の行動を選び、実行する。”


普段の生活でも、今ここ、この瞬間、毎瞬毎瞬、
面白いこと、楽しいことを、見つけて、感じて、行動していこうと思う。

それが、人生になっていくんじゃないかな。

素晴らしいね、ぴかぴか(新しい)即興道場ぴかぴか(新しい)

*********

以上、まーさんからの、ぴかぴかの感想文でした。

楽しかったね☆




back to top←








My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

  1. 2009/10/04(日) 22:20:09|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

即興道場について

即興道場 Improvisation Dojo  since 2006




Odorujouプチダンス学校で、
7/10-15の6夜にわたって開催する、
「即興道場」。

これは、2年前、アサヒスクエアでの
稽古場カフェ店長任務中に、企画をしたのが始まりです。

昨日の森下スタジオでのスペシャルも含めて
実際に、参加してくださった方は、皆さん間違いなく、
その効用を実感されたことと思いますが、

体感経験のない方によっては、
全然ピンと来ない、らしいので、
今一度、言葉にして、整理してみました。

即興道場は、2006年秋に開催された稽古場カフェ(アサヒアートスクエア)
2代目店長のお役目を、岩渕貞太君と一緒にしている期間中に、Odorujou千円WSや即興ライブ,
DMJのマムシュカなど、その他いろいろな企画を誘致&発案実施した中の1つでした。

60分間、ノンストップで即興と言う時間を紡ぐ、
そこに、ビデオ映像という第3の目を入れ込む、
というコンセプトで行いました。

これまで、場所や機会を移しながら、同じコンセプトで緩やかに継続。

老若男女、沢山のダンサーやアーティストの皆さんにご参加頂いています。


*****即興道場

即興道場では、3つの機会を提供します。

1. 個々が本来持っている、潜在的な表現力、想像力を呼び起こす場
2. 60分という、大きな時間を体験する場の提供
3. 客観的、多角的な第三の目を養う場


1。個々が本来持っている潜在的な表現力、想像力を呼び起こす場


Odorujouでは、人間の誰もが、潜在能力として、表現力、想像力を持っていると考えています。これまで、WSというと、スタイルやノウハウ的なテクニックを与える教育の場、というのが一般的ですが、そうした先人の、スタイルやノウハウを習得することにより、本来持っているはずの自由な想像力や表現力を、ある一定のスタイルで均一化してしまう危険性も包有しているのです。

均一化を避けながら、つまり、ノウハウを伝えず、個々独自の方法で潜在能力を開花させるための方法としては、例えば、スキーの初心者をいきなりリフトに乗せて、山頂に連れて行く。後は、勝手に降りて来なさい、というようなことがあります。あるいは、赤ん坊がプールに投げ込まれると、自然に、必然として、浮かぶこと、泳ぐことを始めるなど。それと同じように、即興道場では、時空間でのある枠組みを与えて、有無を言わさずそこに存在させる、ということをします。


2. 60分という、大きな時間を体験する場の提供

ここには2つの問題を解決する可能性があります。

その1:自然栽培は時間がかかる。
潜在能力の開花は、60分という大きな時間の流れの中で、自然に行なわれていきます。
すぐに成果を出さなければならない、近代の教育制度の中では、自然の実りを待つ、などということは、実行困難な方法であるのが現状です。しかし、自主的に気づき、習得までの時間を悠長に待つ、といった手法は、実は、自然の摂理に叶った、効率が悪いようでいて、結果としては、本物の味を育成するためには、最も効果的な方法なのです。

例えば、人口的な照明を使って成長を早めたハウス栽培の野菜と、天然の太陽の光のモトで、自然の時間にまかせて栽培された野菜の味の違い。その違いと同様の差を、ダンス表現に転換して、想像してもらえると、わかるかと思います。

その2:小さな時間しか知らない身体
細切れの小さな時間ではなく、
60分という時間の流れを、実際に体感することにより、
身体と意識に、大量の情報が蓄積され、そこから初めて生まれるものがある、
とOdorujouでは考えています。

しかし、集客や運営上などのやむを得ない問題から、
日本では、複数の団体でのオムニバス公演や
コンクールでの小作品が、多くの人にとっての
発表の場の主体となっています。

そうした現状においては、
60分の時間を身体でつむぐ体験ができるのは、
ごくごく少数の人々、でしかありません。


ここでは、単純に、
長いからいいとか、短いから悪いとか、
という問題ではなく、

短編小説も、長編小説も、
両方を知っているのか知らないのか?
ということを考えた時、

その両方を体験することにより、
個人の持つ能力が、より豊かになるのでは。
ということです。


3. 客観的、多角的な第三の目を養う場

即興道場では、ビデオカメラという、物理的な制約を設けます。
カメラにより、映像という客観的な視点と、
カメラが創る、空間的な制約による、多角的な視点、
それらを意識しながら行なうことで、
世阿弥のいう「第三の目」的な意識を養うことができます。

また、縛りがあるからこそ、身体表現を生み出すことができる、
という人間的な傾向においても、これらの制約は、
60分という大きな時間を、紡ぐ助けとなってくれるのです。



back to top←






My Great Web page




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/06/28(日) 12:14:54|
  2. 即興道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

odorujou

Author:odorujou
コンテンポラリーダンス作家
振付家/ダンサー
Odorujouディレクター
2009年ソウル国際振付ファスティバルにて、外国人特別賞受賞。

■ダンサー/振付家■
「長い手足、自由度の高い身体、それを繊細にもダイナミックにも動かし、半径1mの円の中で踊り続けて飽きさせない身体のボキャブラリーを持っている。なのに、いきなりマヌケなネタを平気でかます面もあり、気が抜けない」(乗越たかお著:コンテンポラリーダンス徹底ガイド)

■プロデュース■
「Odorujou」時々主宰。すなわち、わくわく心躍る企画担当。「個性ある身体」を起点に、皆さんの問題解決や目標に向けて真剣に取り組み、社会貢献を目指します。
創造的身体資源の開発と芸術文化環境の向上は、世に恩恵をもたらし、個人のより良い生活と、豊かな社会作りができるのではないか?

身体不在の現代社会において、コンテンポラリーダンスが包有する、社会にもたらすであろう様々な有益な可能性と、その価値を信じて活動中。

■芸術環境向上企画■
海外の話を聞く会
http://odorujou.blog100.fc2.com/blog-category-8.html
こんなことやってみました。
Independent Artists Japan TPAM2010
http://artistsjapan.blog29.fc2.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/dancartscom

■願望
週末はひっそりとする東トーキョー暮らしを愛おしく思う。温泉&旨いものツアー希望。



■WSクラス講師■
基礎身体能力の開発や、即興(インプロ)、コミュニケーション学習、コンテンポラリーダンスなど、様々なアプローチから提案するクリエイティブなWSは、主催者側の要望に添ってオーダーメイドで作成され、語学力と柔軟な発想力にて随時対応可能。
WS対象は、ダンサーやアーティストはもちろん、ダンス未経験の老若男女、学生、子ども、日本人から外人(英語圏)まで、自分のダンスを踊りたい人、人とのコミュニケーションを楽しみたい人、、どなたでも大丈夫。

■クリエイション■
ソロパフォーマンス、コラボレーション、グループ作品の上演、振付なども随時対応。

■最近多く担うお役目
何かと何かを繋ぐ。
全体の中でバランスを取り、足りないものを提供する。
場を浄化させる。
物事を前向きに進ませ、発展させる為の介助。


■お問い合わせはこちら
OdorujouまたはJOU宛にどうぞ。
odorujou@yahoo.co.jp
http://odorujou.net

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。